恋愛スタイル:出会い系・風俗の総合情報サイト

恋愛スタイル:出会い系・風俗の総合情報サイト

異性と出会って夜の生活を楽しんだり、風俗を活用して夜遊びをすることは重要です。性生活が充実するだけで、日々の生活がやる気にあふれるようになります。

このとき、最も性生活を充実させる方法としては、出会い系を使って彼女を作ったりセフレにしたりすることがあります。もちろん、一夜限りの仲にしても問題ありません。そこで当サイトでは、風俗だけに留まらず「どのようにして素人女性との出会いを実現すればいいのか」まで踏み込んで解説していきます。

異性との付き合い

夜遊びの基本

風俗の移り変わり

出会い系サイト体験談

異性と良い出会いを実現するには

多くの人は出会い系サイト(出会い系アプリ)に対して偏見をもっています。これは、出会い系で騙されたり大金を失ったりなどの悪いイメージがつきまとうからだと思います。

そして、その判断は間違っていません。実際、世の中には悪徳出会い系サイトが無数に存在します。それらを利用してしまうと、異性と出会えないどころかお金だけ搾取されてしまいます。

これを避けるためには、一般女性が多く利用している優良出会い系サイトを活用しなければいけません。出会いの場を広げるためには、まずは適切な出会い系サイトを選ぶところから始める必要があります。そこで、ここでは私が実際に活用している4つの出会い系サイト(出会い系アプリ)について、お勧めランキングを記していきます。

 PCMAX

pc恋人探しからアダルトな出会いまで、すべてに対応した老舗出会い系

アダルト可の出会い系サイトとして、最も活用されている老舗の出会い系がPCMAXです。彼女探しからセフレに至るまで、多くの出会いを実現させることができます。

PCMAXはポイント制の出会い系サイトです。つまり、ポイントを消費することでメールを送るなどのアクションを起こすことができます(1ポイント=10円)。こうしたポイント制の出会い系のうち、最も女性と出会うことができるのがPCMAXです。

 

2 ラブサーチ

真面目な出会いに特化した出会い系サイト

アダルトの要素がまったくなく、純粋に真面目な出会いだけを提供している出会い系サイトがラブサーチです。エロ目的ではないため、当然ながらその分だけ業者と遭遇する確率は減ります。

彼女を作って恋愛したり、結婚相手を本気で探したりすることを目的としているのであれば、必ずラブサーチを活用するようにしましょう。私もこれまで、ラブサーチを活用して小柄女性と遠距離恋愛をしたり、エステサロン店員と彼女になったりしたことがあります。

 

3 ワクワクメール

wakuおしゃれで容姿レベルの高い女性が多い

ワクワクメールはPCMAXと同じく、ポイント制を採用したアダルト可の出会い系サイト(出会い系アプリ)です。ワクワクメールでは女性ファッション誌などにたくさん広告を出しています。そのため、おしゃれに敏感で容姿レベルの高い女性が多く集まっています。

また、ワクワクメールでは「プロフィール検索に自分が出てこないようにする機能」が搭載されています。これを活用すればプロフィール検索されることがないため、既婚者であっても誰からもバレることなく安全にワクワクメールを活用できます。

228f1e7f7459c42140b5d255034705dd

 

4 ハッピーメール

happy女性の年齢層が若く、地方の出会いに強い

会員数500万人を超えているアダルト可の出会い系サイト(出会い系アプリ)として、ハッピーメールがあります。PCMAXやワクワクメールなどに比べると会員数は劣りますが、イメージキャラクターに芸能人を起用しているせいか、他の出会い系サイトに比べて若い女性が比較的多いです。

また、本社を九州に置いており、地方の出会いに力を入れている会社です。そのため、地方在住者の方であっても多くの出会いを実現させることができます。

 

会社と家との往復だけで満足してはいけない

社会人になって働き始めると、急に出会いがなくなって異性と出会う機会が少なくなる人が多くなります。場合によっては、学生であっても女性と接する環境にない人がいるかもしれません。

そうしたとき、どのようにして出会えばいいのか迷ってしまいます。合コンを開催しようにも、そうした人脈がなければいけません。街コンに参加しようにも、友人と参加しなければ話が弾まず、異性との会話を満足に実現できずに終わることが多くなります。

さらに、こうした会では費用もかかります。例えば合コンであれば、女性よりも多く支払うことになるので二次会まで参加するとなると一回で1万円を超します。街コンであっても、参加費だけで男性は7000円以上が必要です。

さらに、都市部であればこうした会がたくさん開催されているものの、地方にいくほど難しくなります。

彼女なしで過ごしていた20代での社会人時代

実際、私も異性との出会いには苦労しました。私の場合、新卒社会人として初めての勤務地はそれまで縁もゆかりもない島根県でした。田舎の町に配属され、海と山の大自然による新鮮な空気を吸いながら生活していたものです。このとき、社会人になってからは新たな彼女を作れていませんでした。

ただ、そうした田舎生活をしてはいたものの、30代になって会社同僚の後輩から出会い系サイトを勧められ、活用し始めるようにしました。

それからというもの、鳥取・岡山・広島と隣の県も含め出会い系サイトを通じてアプローチを行った結果、女性に困ることがなくなりました。出会い系には多くの女性が在籍しており、何十万・何百万人もの中から一人の異性と出会うことができればいいため、そこまでハードルは高くなかったのです。

例えば、後輩から出会い系サイトの存在や活用法を教えてもらってからというもの、2ヶ月後には岡山で彼女を作ることができました。

また、同時にセフレの作り方についても、その後輩に教えてもらいました。結局、出会い系を活用し始めて3ヶ月後には3人もの女性と大人の関係を築くことに成功したのです。

<関連記事>
モテない恋愛初心者が彼女やセフレを作るには

彼女やセフレを作る方法を理解する

かつての私は生身の女性ではなく、どちらかというと二次元(アニメ)の女性の方をこよなく愛していました。見た目では、私は「真面目そうだね」と言われる方ですし、性格は非常に人見知りであり、少なくともチャラい感じではありません。

そうすると必然的に恋愛経験は少なくなりますが、この原因としては「どのように恋愛を進めていけばいいのか分からず、さらには固定概念で固められている」ことがあります。そこでまずは、彼女を作る正しい方法を理解し、固定概念を崩さなければいけません。

例えば、彼女を作るときは「告白する → OKをもらう → セックスをする」という流れだと勘違いしてはいないでしょうか。

ただ、実際は違います。「セックスをする → 告白する → OKをもらう」という順番が正しいです。先に告白をしてしまうと、女性はあなたと付き合うことに対してメリットとデメリットを冷静に判断してしまいます。その結果、よほど好かれている状態でなければ告白を受け入れてもらえません。

一方で先に女性とエッチしてしまえば、女性はあなたのことを気にするようになります。あなたと体の関係をもったことに対して、女性は「あなたのことが気になっていたからセックスしたのだ」と自分を納得させるのです。

そのため、エッチをした次の日からの方が女性からのアプローチが強くなります。また、告白を受け入れてくれる確率は格段に上昇します。

<関連記事>
社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント

デートではボディタッチを意識する

ただ、当たり前ですが何の前触れもなく女性を家やラブホテルに連れ込み、エッチできるわけではありません。その前振りとして、ボディタッチを含めスキンシップすることを意識しましょう。

大人のデートでは、多くの場合で飲みが基本です。ランチでの食事デートに誘っても問題ないですが、勝負を決めるのは必ず夜デートにしましょう。たとえあなたがお酒に弱かったとしても、夜デートでなければセックスまで誘うことはできません。

デートの座席としては「対面で座る」「L字で座る」「横並びで座る」の3パターンがあります。

このとき、対面で座るのはダメです。女性と仲良くなりにくいどころか、ボディタッチしにくいです。そこで、L字か横並びの居酒屋を予約しましょう。

昼からデートをした後、夜になったのでその場で飲み屋を決める場合など、どうしようもないケースはあります。ただ、飲みデートだけの場合は必ずあなたが予約して、L字か横並びの席を予約するようにしましょう。

高級フレンチなどの店を予約する必要はありません。むしろ、そうした高級店であると女性が萎縮してしまい、親密になりにくいです。それよりも、席の形だけを意識して店を決めましょう。

その後、席についた後は軽く腕に触れたりしながら女性の様子を見ます。このとき嫌がられたら、まだ手を出してはいけません。ただ、手や足が触れたとき、「女性が手や足を引っ込める」などの動作をしないのであれば、女性はあなたに対してある程度の好意をもってくれている可能性が高いです。

これらを確認した後は「手がキレイだね」などと言いながら手を握るなど、徐々にスキンシップを強くしていきましょう。

女性をお持ち帰りするときは言い訳を用意する

そうして、女性をお持ち帰りすることを考えます。このときは家やラブホテルに女性を連れ込むことになります。

ただ、当然ながら「これから家に行こうよ」「ラブホテルに行かないか」と伝えても拒否されます。そこで、こうした直接的な誘いは絶対にしないようにしましょう。

そうではなく、例えば「ワインセラーのある場所があるから、そこで飲みなおそう」といって連れ出します。実際には自宅の冷蔵庫にワインを入れているだけですが、それで問題ありません。

または、家にプリンでも買ってきておいて「スイーツがあるから食べようよ」と誘うのも大丈夫です。ラブホテルであれば「カラオケができるところへ行こう」「ちょっと休憩できる場所へ移動しよう」などになります。

要は、何でもいいから言い訳が必要になります。女性にとって、「あなたと一緒に家やラブホテルに行きたいわけではなく、あくまでも他の目的があったから」と納得できる材料がほしいのです。

そうして家やラブホテルに女性を連れ込んだ後は、部屋の明かりを暗くしてキスをして、エッチするようにしましょう。

もちろん、どれだけスキンシップが良好で家への連れ込みに成功したとしても、その後のセックスに発展せずに女性が帰ってしまうことがあります。これについても、私は何度も経験しました。

ただ、その次も何事もなかったようにデートに誘い、同じように家やラブホテルに連れていきましょう。一度、エッチを拒否して帰った女性であっても、二度目は確実にあなたとのセックスを受け入れてくれます。

初回デートでセックスできることがあれば、3回目のデートでようやくエッチできることもあります。これについては、女性次第だといえます。しかし、「3回目のデートまでには必ずセックスする」ことだけは意識しましょう。

<関連記事>
社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
社会人男性が女性とキスをする適切なタイミングと場所とは
女性と付き合う前、正しい初回デートの方法とは

セフレ作りも彼女作りも理論は同じ

ここまでのことを理解して実行できるようになれば、セフレ作りであっても問題なく行えます。ただセフレ作りと彼女作りであれば、間違いなく彼女作りの方が簡単です。そのため、現時点で彼女がいない場合、まずは彼女作りを最優先させてください。

つまり、彼女ができてある程度の余裕が生まれるようになれば、セフレ作りも行えるということです。

先ほど、彼女を作るときは「セックスをする → 告白する → OKをもらう」という順番が正しいと説明しました。このうち、セフレ作りであれば「セックスをする → 告白はせず、そのままの関係で付き合う」という流れになります。

要は、彼女とセフレでは「告白をして相手に受け入れてもらっている状態かどうか」という違いしかありません。

そのため、セフレとしてはあなたに対して気がある状態です。しかし、告白などはしていないので、セフレとしては今の関係に対してモヤモヤすることがあります。その結果、セフレから「私たちってどういう関係なの?」と聞かれることはよくあります。

そのため、ある程度の期間が過ぎれば「本当に愛されているかどうか分からない」という言葉を残して、多くの場合でセフレは去っていきます。

ただ、これについてある程度は仕方ありません。彼氏彼女の関係であったとしても、徐々にすれ違っていくことはよくあります。セフレについても、同じことがいえます。

なお、私の経験上から「たとえ彼氏持ちや既婚の女性であっても、問題なくエッチできる」ことは伝えておきます。真面目な人であるほど、相手女性に彼氏がいたり結婚していたりすると諦めてしまいます。ただ、その必要はまったくないということです。

もちろん、彼氏持ちや既婚者である場合、「彼女にする」というよりも、「一夜限りの関係をもつ」「セフレにする」という意味合いが強いです。そのため、こうした彼氏持ちや既婚の女性であるほどセフレにしやすいです。

いくらその女性に彼氏がいるとはいっても、あなたはその彼氏と会ったことがなく、顔も知らないと思います。そのため、あなたは会ったこともない男性に対して気を使っている場合ではありません。「どれだけ目の前の女性を楽しませ、濃密な一夜を過ごせるかを考える」ことだけに集中しましょう。

<関連記事>
女性をお持ち帰りしてセフレにする方法

一度に何人もの女性にアプローチすべき理由

このとき重要なのは、複数の女性に対して同時にアプローチすることです。真面目な人であるほど、「いま頑張っている女性がいるため、他の女性とは食事に行かない」などのようなことをいいます。

ただ、そうした人では「女性からメール返信があったことに一喜一憂し、すぐにメールを返信しようとする」「デートのとき、そわそわして落ち着かない」などの状態に陥ります。

女性からいわせてもらえば、こうした落ち着きのない人は正直気持ち悪いです。そのため、いくら女性にやさしく接したとしても、結果として無視されて連絡が取れなくなったり、フラれたりするのです。

そこで。こうしたどうでもいいプライドを捨て、固定概念を崩すことから始めましょう。そのための第一ステップとして、「何人もの女性へアプローチする」ことが必要となります。同時に複数の女性を攻略しようとすることで、「もしこの女性がダメだったとしても、他の女性候補がいるから問題ない」と思えるようになり、余裕をもてるようになります。

女性は「誠実な男性がいい」と口ではいいながら、実際には余裕のある男性(=何人もの女性が周りにいる男性)に好意を寄せます。この事実に気がつけば、あなたが行うべき行動が見えてくるはずです。

また、何人もの女性を相手にしていると、「途中でメールが返ってこなくなる」「デート後に急に連絡を取れなくなる」などを何度も経験することになります。そうすれば、失敗に慣れて徐々に女性に対する免疫がつきます。

免疫がつけば、「この女性とは縁がなかっただけであり、連絡を取っている他の女性へアプローチすればいい」とプラス思考になれます。こうして女性の扱いに慣れ、攻略中の女性を何人も用意することでより男性として余裕をもてるようになるのです。

実際のところ、学生時代のころの私は気になった女性に対してメールを送ったとき、返信が返ってこないことに対して携帯電話をずっと眺めているなど、恋愛に対しての免疫がありませんでした。

ただ、いまでは出会い系サイトなどを活用し、多くの女性と会って関係を築いた結果、過去の恋愛コンプレックスは存在しながらも、ある程度は余裕をもって女性に接することができるようになったのではと感じています。

たとえあなたが真面目な性格であり、「彼女は一人だけ」だと考えていたとしても、彼女がいない段階では必ず同時並行でアプローチするようにしましょう。

実際に彼女ができたとき、それまで同時並行でデートしていた他の女性との連絡をやめればいいだけなので、これについては問題ないはずです。

もちろん、私のように彼女ができたとしても他の女性を攻略し続けても問題ありません。これまで彼女にバレたことはほとんどありませんし、基本的には大丈夫です。

<関連記事>
並行して何人もの女性へアプローチする重要性

出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用し、女性と会うには

それでは、どのようにして女性と会えばいいのでしょうか。これについては、前述の出会い系サイトが最も効果的です。

出会いがないと嘆く人は多いです。ただ、少しでも出会い系サイトを活用すれば、多くの異性と出会えるようになります。実際、私は島根県のド田舎に住んでいながら、多くの女性と会って彼女やセフレを作ることに成功しています。

住んでいる地域は関係ありません。重要なのは出会い系サイトを活用し、異性と良い関係を築きたいと思って行動できるかどうかにあります。

ただ、出会い系サイトの利用にはいくつかのステップがあります。例えば、出会い系サイトを活用するとき、必ず年齢を確認する必要があります。これは、法律で18歳未満の利用が禁止されているからです。

実際のところ、年齢確認を実施している出会い系サイト(出会い系サプリ)であるほど安全だといえます。例えば18歳未満と性交渉すると、どのような理由があっても逮捕の対象となります。こうしたことから、年齢確認は必須になります。

ちなみに、出会い系サイトでの年齢確認では「名前」「住所」「顔写真」などを隠した状態にして、証明書類(運転免許証など)のコピーを送れば大丈夫です。個人情報を送る必要はなく、あくまでも年齢確認できれば問題ないのです。

ただ、このときは必ず有料の出会い系を使いましょう。無料の出会い系サイトにはサクラしかおらず、メールのやり取りをした後に高額な費用を請求される可能性が高いからです。このように無料の出会い系サイトには、それなりの理由があるのです。

しかし、有料とはいっても前述の通り合コンや街コンなどに比べると、圧倒的に低価格で多くの素人女性と会えるのが出会い系サイトです。

<関連記事>
出会い系で女性と会うために必要な4ステップ

出会い系サイトで女性と会うための思考法

ただ、いくら出会い系サイトを使っても女性と会えないと嘆く人は多いです。しかし、そうした人には以下の共通点があります。

・プロフィールの写真や自己紹介文が微妙

・数件しか女性にメールを送っていない(行動量が少ない)

まず、プロフィールの写真がなかったり自己紹介文が少なかったりするのは最悪です。そのような人からメールが来たとき、女性は「こんな怪しい人にメールを返信するのは無理」と思ってしまい、結果として無視されます。

例えばあなたが女性だったとして、以下のような人から「飲みましょう!」というメッセージがきたらどうでしょうか。

写真がないし自己紹介文も少ないため、謎が多いです。こういう人に対して、返信したいと思えないはずです。

一方で以下のような人であればどうでしょうか。写真はしっかりと用意されており、プロフィールも充実しています。この場合であれば、女性が良さそうと感じてくれればメールが返ってきます(表示の関係上、自己紹介文は途中で途切れています)。

もちろん、写真を載せることに抵抗のある人はいると思います。ただ、その場合でも問題なく、正面からの撮影を避けた写真などを掲載し、あなただと分かりにくい写真を載せれば大丈夫です。実際、私は何年も出会い系を活用していますが、いまだに知人にバレたことはありません。

また、写真を掲載した後は、プロフィールを充実させましょう。このとき、自分の性格や趣味などを詳しく載せるほど、女性から返信が返ってくるようになります。時間はかかりますが、自己紹介文は上限文字いっぱいまで使いましょう。

多くの人はプロフィール写真と自己紹介文がダメなため、返信が返ってこないだけです。

また、いくらプロフィールが完璧であったとしても、当然ながら行動しないと結果を得ることはできません。このとき、「5人の女性にメールを送ったが、返信がない」などという人がいます。ただ、このような少数の女性にアプローチしてうまくいくわけがありません。

いまの私であっても、10人にメールを送って1~3人ほどの女性からメールが返ってくる程度です。出会い系初心者であれば、返信率は1割程度でしょう。

ただ、そういうものだと考え、どのようにすればメールの返信率が上がるのかを考え、諦めず多くの女性へアプローチすればいずれは苦労せず女性と会えるようになります。

<関連記事>
アプローチされる出会い系の写真掲載と身バレを防ぐプロフィール
出会い系サイトでのメッセージの書き方と掲示板活用法
出会い系サイトで女性と会い、ホテルへ連れ出すまでの流れ

出会い系には種類がある

実際に出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用するとき、出会い系には種類があることを理解しておきましょう。出会い系サイトによって、それぞれ特徴が異なるのです。

例えば、アダルト可の出会い系サイトであれば、一夜限りの仲を築いたりセフレを作ったりすることができます。一方で真面目な出会いだけを提供するサイトもあるため、この場合は彼女作りに適しています。

また、ポイントを消費することでメールを送ったり掲示板での返信を行えたりする出会い系サイトがあれば、定額制によって「月3000円などの料金を支払えば、いくらでも女性へアプローチできる」というサイトもあります。

また出会い系サイトによっては、自分をプロフィール検索にヒットしないようにできるサイトもあります。

この場合、基本的に女性からアプローチされることはなく、まずは自分からメッセージを送らなければいけません。女性の検索自体は問題なく行えるため、「あなたのプロフィールが検索されない」こと自体は問題ありません。この機能を活用すれば、たとえ既婚者であっても誰にもバレることなく出会い系サイトを利用できます。

<関連記事>
出会い系サイト・アプリを選ぶときの基準と目的
PCMAXの詳細
ラブサーチの詳細
ワクワクメールの詳細
ハッピーメールの詳細

アダルト可の出会い系では「割り切り」も可能

割り切りとは、出会い系を活用することで金銭の伴うセックス(売春)をすることを指します。アダルト可の出会い系サイトを利用すれば、割り切りも可能です。

このとき、割り切り希望の女性のプロフィールには「パパ募集」「理解のある人だけお願いします」「支援してくれる人が希望」などと書かれているため、簡単に見分けることができます。割り切りを望む場合、そのような女性へアプローチすれば問題ありません。

このときはホ別2やイチゴ(1万5000円)などの料金提示があるはずです。ちなみに「ホ別2」とは、ラブホテル代をあなたが出し、それとは別に2万円を女性に支払うことを意味します。

割り切りの場合、風俗では会えない素人女性を相手にすることになります。また、店舗を構えているわけではなく、女性に対して直接お金を支払うので風俗などよりも低価格で楽しめます。そのため、彼女やセフレ作り以外の目的としても効果的です。

ちなみに、いくら出会い系サイトを活用して割り切りをしたとしても、男女ともに逮捕されることはありません。自由恋愛の範疇として捉えられるからです。そのため、安心して利用して問題ありません。

援助交際(18歳未満とのセックス)は逮捕されますが、割り切り(18歳以上とのセックス)は逮捕されません。この違いを理解すれば、出会い系サイトを活用して金銭のやり取りがあったとしても、怖くなくなるはずです。

<関連記事>
援助交際と違い、割り切り(売春)で逮捕されない理由
風俗よりも出会い系の方がコスパが良い理由

出会い系サイトを活用するときの注意点

さて、優良出会い系サイトを活用すればサクラに会うことはありません。ただ、どれだけ優良であったとしても、完全に業者を排除するのは現実的に難しいです。そこで、どのような対策をすればいいのか確認するようにしましょう。

業者には特徴があります。例えば、エロい過激な写真を掲載している女性はほぼ確実に業者です。たとえ割り切り(売春)が目的の女性であっても、そのような写真は載せないからです。

いくら割り切り目的であったとしても、女性は真摯な男性を好みます。当然ですが、暴力を振るわれることは嫌だからです。

過激な写真を掲載するとセックスのことしか考えていない「本能だけで動く男性」ばかりが集まってしまいます。これを避けるため、割り切り目的の女性であったとしても掲載写真は一般的なものなのです。

また、投資を臭わせるプロフィールを掲載している人には近づかないようにしましょう。「不動産投資に興味をある人は話しかけてください」「バイナリーオプションをしていますが、偏見のない人だけお願いします」などのような自己紹介文の女性は要注意です。仲良くなった後、高確率で詐欺商品を勧めてくるからです。

こうした注意点はあるものの、常識の範囲内で活用すれば出会い系サイトは非常に良いツールです。どのような人を避ければいいのか理解したうえで、出会い系サイト(出会い系アプリ)を利用しましょう。

<関連記事>
出会い系でのサクラや業者の特徴と見極め方
投資を勧める女性は出会い系で注意すべき

普通では会えない女性との出会いを実現できる

風俗遊びによって性欲を満たす男性は多いです。ただ、そこに少しでもいいので出会い系サイトを取りいれれば、違った世界が見えるようになります。

出会い系サイトは女性に会いやすいだけでなく、普通に生活していたら絶対に会えないような女性と出会い、彼女にしたり大人の関係を築いたりできるからです。

例えば私はCA(客室乗務員)の女性と一夜だけのセックスをしたことがあります。そのほかにも、キャバ嬢をセフレにしたこともあります。目を疑うほどの巨乳女性とエッチした思い出もあります。

もちろん成功談だけでなく、「アイドルの卵に恋をして彼女にしたものの、一週間後に破局した」などの失敗談もたくさんあります。失敗と成功を重ね、いまがあるわけです。

このように女性と会ってきたわけですが、真面目な話をすると、こうした経験は仕事でも活きてきます。

女性と会って話をするとき、何年も交友関係があった人と会話をするわけではありません。あくまでも数回のメールのやり取りをした人と会って話を交わさなければいけません。

そうした会話の中で女性をその気にさせ、セックスをして彼女やセフレにするわけです。そのため、必然的にコミュニケーション能力が磨かれます。出会い系を活用すれば人生が豊かになるだけでなく、仕事で成果を出しやすくなるなど人生そのものがプラス思考になるといえるのです。

<関連記事>
大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談
25歳スレンダーなキャバ嬢をセフレにした経緯

少しの勇気があれば、誰でも良い出会いを実現できる

まったくモテなかった私でも可能だったことを考えると、出会い系を使えば誰であっても女性に困らなくなります。

厳しめにいうと、「それでも自分は無理に決まっている」と考えている時点で異性と良い関係を築くのは不可能です。行動して挑戦しなければ失敗することはないですが、成功することもありません。

今でこそ、私は女性に困ることが無くなりましたが、これは他の人よりも多くの失敗を経験しているからだといえます。また、それだけ行動してきたからだともいえます。

ただ、オリンピック金メダリストのように尋常ではない練習をしてきたかというと、必ずしもそうではありません。私が行ったことは、出会い系サイトに登録してプロフィールを充実させ、できるだけランダムに多くの女性へメールを送り、試行錯誤したということだけです。

少しでも自分を変えたいと考えて行動すれば、かつての私のように女性から相手にされなかった人であっても、モテるようになれます。少し勇気を出して出会い系サイトを活用するだけで、それまでとは違った人生を送るようになります。

 

PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

京都で広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

 注目の人気記事

社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。

 

女性をお持ち帰りしてセフレにする方法
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。

 

社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。

 

出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。