カンボジア風俗の遊び方:KTV・キャバクラ・エロマッサージ・置屋


観光目的でカンボジアへ行く人はたくさんいます。カンボジアにはアンコールワットを含めた世界遺産があるため、これを求めてカンボジアへ出向くのです。

ただ、観光だけで終わってしまう人は多いです。カンボジアでは現地の風俗が存在するため、男性であるなら必ず体験するようにしましょう。旅の思い出を友人に語るとき、風俗のことまで話せると非常に盛り上がります。また、人生の経験値も増えます。

そこで、どのようにしてカンボジアにあるエロ風俗を利用し、夜遊びをすればいいのかについて確認していきます。

カンボジアで風俗遊び可能な都市

まず、カンボジアで夜遊びをするときはプノンペンかシェムリアップになります。それぞれの都市について、観光や風俗事情を理解する必要があります。

プノンペンでの夜遊び

プノンペンはカンボジアの首都であり、カンボジアの中で最も発展している都市です。それと同時にエロ風俗もカンボジアの中で最も盛んです。

カンボジアで純粋に風俗遊びだけを楽しみたい場合、プノンペンへ行くようにしましょう。

しかし、プノンペンには観光資源がほとんどありません。そのため、プノンペンで夜遊びをするときは「昼にホテルでじっと待機して、夜になってカンボジア女性を求めて活動を開始する」という行動パターンになります。

また、プノンペンで遊ぶとなると航空券やホテルを自分で取得し、自ら日程を組むようにしなければいけませんん。前述の通り観光資源のない都市なので、旅行会社を通してカンボジアツアーを組むと、プノンペン国際空港で降りた後、すぐにシェムリアップ(アンコール遺跡のある都市)へと旅立つような日程になるからです。

旅行会社を通してカンボジアへ旅行するとなると、プノンペンで遊ぶのは難しいです。ただ、カンボジアの中で最も風俗が発展しているのがプノンペンであるため、自分で航空券を取って勝手に遊びたい方はプノンペンで豪遊するようにしてください。

かつて、プノンペンは風俗都市として非常に有名でした。置屋がずっと続くストリートとして知られる63ST(63ストリート)や70ST(70ストリート)があったり、10前半から20代前半までの幼いベトナム少女と5ドル(約500円)でセックスできるスワイパー村など、風俗を謳歌できる都市として多くの男性が押し寄せていました。

ただ、現在は63STや70ST、スワイパー村は壊滅しており遊ぶことはできません。

シェムリアップでの夜遊び

プノンペン国際空港から1時間ほど飛行機に乗って到着する都市がシェムリアップです。アンコール遺跡はシェムリアップに存在するため、カンボジアへ行くとき日本人が必ず訪れる都市だといえます。

シェムリアップでは、以下のような景色を見ることができます。

シェムリアップでは多くの観光客が集まることから、当然ながら観光客目当ての風俗が発展しています。プノンペンで夜遊びをする時間がなかったとしても、シェムリアップでは必ずエロを求めて夜の街を散策するようにしましょう。

シェムリアップだけで夜遊びする場合であっても、十分に現地のクメール女性(カンボジア人の女性)を堪能することができます。

カンボジアで夜遊びをするための事前知識

実際にカンボジアでクメール美女とエッチする場合、事前知識が必要です。まずは、必要最低限のことを知る必要があります。

美人率はどうなのか

カンボジアを含め海外で風俗遊びをするとなると、実際の女性を見て指名でき、本番セックスできるのが当たり前です。日本のように風俗で女性を呼んだら「デブ・ブス・ババアがきた」となることはありません。日本では味わえない開放感の中、女性と一夜を共にすることができます。

ただ、風俗でエロを求めて練り歩くとなると気になるのが美人率です。いくら実物を見て選べるとはいっても、好みの女性がいなければ話になりません。

私の勝手な判断ですが、タイ・バンコクなどに比べるとカンボジアではブス率が高い気がします。ただ、カンボジアでも美人の女性はいます。

風俗店に入って選ぶ女性(セックスの相手をしてもらう女性)は一人だけなので、何人もいる女性の中から好みの子を指名すればいいため、これについては問題ありません。

カンボジアの風俗店では、女性を見るだけなら無料です。気に入った子がいない場合、そのまま店を立ち去れば問題ありません。日本の風俗店のように、入店したら必ずお金を支払うシステムではありません。いくつかの店を回れば、必ず良い子を発見できます。

会話の言語は何なのか

カンボジアの公用語はクメール語になります。ただ、観光客相手の風俗店であれば英語を扱える女性がたくさんいるため、基本的には英語でやり取りすることになります。

日本人は英語に自信のない人がほとんどです。ただ、実際のところまったく問題ありません。私もほとんど英語を扱えず、中学英語しか話すことができません。会話内容は「How old are you?(何歳ですか)」など簡単なものなので、これであれば誰でもできるはずです。

なお、プノンペンやシェムリアップの風俗店では、きれいなお姉さんが日本語で「お兄さん、わたしわたし!」「こっちみて!」などのように話しかけてくることがよくあります。相手はそれだけ日本人に慣れているため、英語を話せないことを気にする必要はありません。

ちなみに、現地カンボジア人が利用するローカル店へ出向く場合、相手女性が英語すら話せないことがあります。

実際、私は現地のローカル風俗店を利用したとき、地元の連れ出し可能なキャバクラ(ガールズバー)を利用し、「How old are you?」すら理解できない女性を隣につけて飲んだことがあります。ただ、それでも問題なくホテルへ連れ出してセックスできました。

こうしたことを考えると、言葉の壁というのはどうでもいいです。それよりも、どれだけ現地の女性に興味をもち、「何とかして目の前の女性とエッチしたい」と情熱を燃やせるかどうかが重要です。

風俗店の場所を知るにはどうすればいいのか

ただ、実際に風俗遊びをするとなると、必須となる情報として「どこに風俗店が存在するのか」というものがあります。

日本であっても海外であっても、基本的に「どこに風俗遊びできる場所があるのか」を調べたうえで出向くのが基本です。ただ、カンボジアの場合はそうした事前情報なしに出向き、現地で風俗店を探すのが最も効果的です。

なぜ、事前に風俗店の場所を調査するのが微妙なのかというと、風俗店の場所がコロコロと変わるためです。有名店であれば事前調査しても問題ないものの、キャバクラやローカル置屋などで遊ぶときに事前調査が無意味になることはよくあります。

それでは、どのようにして風俗店の場所を知ればいいのかというと、現地のトゥクトゥクを利用します。彼らのほとんどは風俗店の場所を熟知しており、夜の街を歩いていると彼らの方から「ブンブン!」といってきます。

「ブンブン」とは、セックスのことです。つまり、「俺が風俗店に連れて行ってあげるよ」とトゥクトゥクのドライバーが誘ってくるのです。

トゥクトゥクのドライバーにナイトツアー(風俗ツアー)を頼めば、さまざまな場所に連れて行ってくれます。多少の不安はあるかもしれませんが、最も確実に楽しい夜遊びを実現できる方法がこれになります。

ちなみに、私はトゥクトゥクのドライバーを捕まえて「20ドル(約2,000円)でアンコールワットやアンコールトム、タ・プロームの遺跡を回ってもらう」など、昼のツアーを組んで格安で観光しました。昼飯は観光ツアーを組んだトゥクトゥクのドライバーが案内するレストランへ案内され、おいしく食事ができました。

これと同じことを夜でも行います。ちなみに、私はカンボジアに到着した初日に8ドル(約8,00円)でナイトツアーを組んでもらい、さまざまな風俗店を回ってもらってカンボジアの風俗事情についてかなり詳しくなり、それからというものカンボジア旅行中は風俗遊びで困ることはなくなりました。

カンボジアの観光やレストラン、風俗遊びなどを知り尽くしているのは現地のトゥクトゥクドライバーです。彼らを最大限に活用することがカンボジアの風俗を制することになります。

カンボジアの風俗遊びの種類を理解する

カンボジアの風俗店の場所を詳しく理解する必要はなくても、どのような種類の夜遊びがあるのかについては事前知識が必要です。トゥクトゥクのドライバーに夜の街を案内してもらうとはいっても、どういう形態の店に行きたいのか希望を伝えなければいけません。

そこで、どのようなエロ風俗があるのか学ぶようにしましょう。

なお、プノンペンでもシェムリアップでも米ドルのやり取りが基本なので、お金は1ドル100円で計算しています。

KTV(カラオケ)

カラオケをすることができる施設として、KTVがあります。KTVは「Karaoke TV」の略です。

ただ、日本のカラオケと大きく異なることがあります。それは、カラオケ店で女性を指名してホテルへ連れ出すことができるという点です。そのため、KTVの入り口や店内には非常に多くの女性がいます。

女性を指名せずにカラオケだけを楽しんでもいいし、女性を指名して一緒にカラオケを歌ってもいいです。もちろん、カラオケなどはせずに女性を指名してそのままホテルでセックスをしても問題ありません。

KTVを利用する場合、以下のように女性がズラッと並ぶことになります。好みの女性がいれば、この中から指名します。

入店自体は無料であるため、積極的に店の中へ入るようにしてください。カラオケを利用したり、女性を指名したりすると当然お金は必要になりますが、入店して見学するだけなら無料です。

KTVはカンボジアの中でも高級風俗店に該当するため、女性は基本的に英語を話せると考えて問題ありません。また、日本語でアピールしてくる女性も多いです。

デメリットとしては、高額であることがあります。私の場合、どのKTVであっても総額150ドル(約15,000円)ほどの費用がかかりました。

内訳としては、「100ドル:女性を指名したときに店側に支払うお金」「10ドル:女性を統括するおばちゃんスタッフへのチップ」「20ドル:セックス後に要求される女性へのチップ」「20ドル:ホテル代」となります。

実際の女性を見て指名でき、セックスまで可能となると、日本の風俗店よりは安いです。ただ、発展途上国でこの値段は非常に高額だといえます。交渉すれば値引き可能ですが、基本的にはこれだけの費用が必要になると考えてください。

女性を指名して連れ出すとなると、女性と一緒に近くのホテルまで歩いていくことになります。手をつないで、疑似恋愛を楽しみながら歩きましょう。その後、ホテルへ入ります。

ホテルの部屋に入った後、シャワーを浴びてあとはセックスするだけです。楽しい時間を過ごしましょう。エッチが終わったら、部屋を出て女性を店まで送り、自分が宿泊しているホテルへ戻るだけです。

キャバクラ・ガールズバー

カンボジアにはキャバクラ・ガールズバーのような風俗店があります。好みの女性がいたら指名して隣につけ、一緒に食事をしたりお酒を飲んだりするのです。

ただ、日本のキャバクラと大きく異なるものとして「ホテルへの連れ出しが可能」ということがあります。つまり、隣で楽しい時間を過ごした女性とエッチすることが可能なのです。

KTVとは異なり、店側が女性を管理しているわけではありません。どちらかというと、売春について女性はフリーで活動しています。KTVのように店側へ連れ出し料を支払う必要がないた、KTVよりもかなり安く遊べます。

値段については、女性と要相談です。英語でのやり取りになりますが、店を出てホテルへ行く前にしっかりと価格やエッチの内容について交渉するようにしましょう。

ちなみに、私は現地のカンボジア男性が利用するローカルキャバクラ(ガールズバー)を利用しました。このとき、以下のように店の前に女性がズラッと並んでおり、その中から選びました。

女性と一緒に飲むことになるわけですが、ローカル店の女性だからかまったく英語を話せません。そこで、ジェスチャーで意思疎通を図ったり、これまでカンボジアで観光してきた場所の写真を見せたりして時間を過ごします。

当然、このときは女性と体を密着させて抱き寄せることも忘れません。

ただ、「Go hotel wiht me?(ホテルへ行こうよ)」などといっても英語を理解してくれないので伝わりません。そこで、英語を話せるボーイのお兄さんを呼んでもらい、その人に通訳してもらいながら女性と交渉することになりました。非常に恥ずかしかったですが、そのようなことを言っている場合ではありません。

そうして60ドル(約6,000円)で合意し、女性をホテルへ連れ出すことに成功しました。ちなみに、この日はキャバクラ店でビール8本以上あけ、食事を2品ほど頼み、女性を指名して2時間ほど滞在して店側に支払ったお金は11ドル(約1,100円)と激安でした。

KTVと同じように、女性と合意したら一緒に近くにあるホテルへ行きます。手をつなぎ、ラブラブな感じで行きましょう。

ホテルへ入った後はシャワーを浴び、セックスするだけです。エッチが終わったら、女性を店まで送り届けてバイバイです。

エロマッサージ

また、カンボジアにはエロマッサージ店が存在します。カンボジアには健全マッサージ店があるものの、それと同じくらいエロマッサージ店が非常にたくさんあります。エロマッサージでは個室でスペシャルマッサージ(チンチンマッサージなど)を受けることができます。

エロマッサージ店であっても、昼は健全マッサージ店であることがあります。要は、昼と夜ではマッサージの目的が大きく変わるのです。

見分け方は簡単です。エロマッサージであれば、化粧をした若いお姉さんが猛烈な勧誘をしてきます。腕をガシッと掴まれたり、抱き着かれたりして店の前まで連れて行こうとします。また、耳元で「チンチンマッサージ!」などのようにささやいてきます。

しかも、マッサージの値段提示が3ドル(約300円)と非常に安いです。もちろん3ドルで終わることはなく、店に入ると理由なく10ドルに引き上げられたり、他の女性が入ってきて「3人で16ドル」などのようになります。

また、最初に5~10分くらい軽く適当にマッサージをされたあとはスペシャルマッサージのお誘いがあります。要はヌキありのサービスですが、興味がある場合はここで価格交渉をします。

また、価格だけでなくサービス内容についても事前に交渉するようにしましょう。「テコキだけ」「本番セックスまで可能」など、人によってサービス内容が違うので必ず確認する必要があります。もちろん、テコキやフェラよりもセックスの方が値段は高くなります。

私がカンボジアのエロマッサージ店を利用したとき、上記のように猛烈な勧誘を受けました。その中で、日本語で「マッサージ3ドルだけど10ドル」と謎の勧誘をしてくる人がいました。要は、「3ドルを提示するけど店内に入ったら10ドル」とウソ偽りなく誘ってきたわけです。

そこでこの女性についていって店内に入ることにしました。顔も私好みだったので問題ありません。

エロマッサージでは基本的に勧誘してきた女性が夜のお相手になるため、必ず好みの女性からの誘いに乗るようにしましょう。

店内に入ると個室に通されます。ここで店の利用料である10ドル(約1,000円)を渡し、後は女性と一緒に個室で二人きりになります。

その後、エロマッサージでは全裸になります。タオル一枚で寝転がり、簡単にマッサージを受けた後はスペシャルマッサージの提案を受けました。

私の場合、テコキではなくセックスがしたかったので、これを女性に伝えて交渉開始です。ただ、エロマッサージでは店側が関与していないことが多く、女性と個人的なやり取りになります。そのため、ヒソヒソ声で息を殺しながらの交渉です。

人によって値段は大きく異なりますが、私が最初に出向いたエロマッサージでは55ドル(約5,500円)で話がまとまりました。女性にお金を先払いすると、エッチが始まります。

単なるマッサージ店でのセックスであるため、シャワーなどはありません。女性の服を脱がせて、そのままエッチを開始することになります。

ちなみに、射精した後は女性が用意したタオルでペニスを拭いてもらうことになりました。無事、スペシャルマッサージが終わって下半身がスッキリしたら、店を出ることになります。

ローカル置屋

カンボジアでの風俗では、置屋という選択肢もあります。一つの店に4~10人など数人の女性が在籍していて、気に入った女性がいればその中から選んでホテルへ連れ出します。

置屋の場所については、事前にネットで調べても出てくることはほとんどありません。摘発などによって既に壊滅しているなど、時間経過とともに場所がコロコロと変わるからです。

そこで、置屋へ行きたい場合は現地のトゥクトゥクを夜に捕まえて案内してもらいましょう。潰れかけの商店や普通の民家に連れていかれますが、そこに何人もの女性が待っている場所は置屋だといえます。

置屋はシェムリアップよりもプノンペンの方が栄えています。そのため、特にプノンペンであれば置屋めぐりをしてみるといいです。

ただ、プノンペンでかつて有名だった置屋街(63STや70STなど)は壊滅しているため、トゥクトゥクを頼って夜の探検をしてみてください。

たちんぼ

場合によっては、たちんぼの女性と一夜を共にするという選択肢もあります。プノンペンであれば、たちんぼ女性を見かけることがあります。

たちんぼとは、路上に立って男性に声をかけ、売春をする女性のことを指します。

ただ、たちんぼ女性は昔に比べて非常に少なくなっています。また、たちんぼ女性であれば最も安くセックスできますが、衛生面などさまざまな面からあまりお勧めできません。勇気のある人であれば、たちんぼ女性に挑戦しても問題ありません。

KTV・キャバクラ・エロマッサージ・置屋で遊ぶ

このように、カンボジアで夜遊びをするときの風俗について解説してきました。カンボジアにはKTV(カラオケ)、キャバクラ、エロマッサージ、置屋と種類があり、それぞれ値段も異なります。そこで、財布と相談しながら遊ぶようにしましょう。

また、日本のように値段が決まっているわけではないため、現地で価格交渉を頑張ってみるのも面白いのでチャレンジしてみましょう。

現地に出向いてトゥクトゥクのドライバーを捕まえて案内させれば、さまざまな夜遊びスポットへ連れて行ってくれます。トゥクトゥクはあなたの味方になってくれるため、必ず活用しましょう。

プノンペンやシェムリアップでは多くの風俗があり、現地のクメール美女とエッチすることができます。カンボジアへ旅行するとき、必ず風俗を経験してみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。