ドイツ風俗 FKKでの白人女性との遊び方・値段・プレイ内容


男性であれば、一度は「目が青く、髪の毛がブロンドの背の高い白人美女とセックスしたい」と考えたことがあると思います。

日本でも外人専門のデリヘルは存在するものの、日本では本番行為(セックス)は禁止されていますし、パネルマジックによってデブで容姿の悪い白人女性が派遣される恐れがあります。また、日本ではどうしても値段が高くなってしまいます。

ただ、ドイツに行けばそうした問題をすべて解決できます。金髪の美女を実際に自分の目で見て確認し、一緒にプレイルームへ行くかどうか実際に会話したりおっぱいを触ったりした後に決めることができます。こうした施設としてFKKがあり、男性にとって極楽浄土の世界がドイツに存在します。

ドイツの風俗・FKKとエロスセンターの違いは何か

まず、ドイツに存在するFKKとは何なのでしょうか。ドイツには主にエロスセンターとFKKという2つの風俗があります。エロスセンターはちょんの間という形式であり、低価格で女性とセックスをするためのビル(建物)です。

ビル(エロスセンター)に入ると中はピンク色になっており、そこに女性が待機しています。

気に入った女性がいれば部屋に入り、短時間でセックスをします。30ユーロ(約3,600円)ほどで女性とエッチできるため、非常に安いです。

それに対して、FKKでは一つの施設の中に何人もの女性が在籍しており、施設の中をウロウロ動いています。部屋で寝そべっていたり、食事をとっていたりなど女性は思いのまま自由に行動しています。プールで遊んでいる女性もいます。

このとき女性の姿は多くの場合で全裸であり、服を着ていたとしても魅力的な下着をつけているだけのケースが多いです。外国美女が全裸で施設を歩いており、そうした人たちから「私と一緒にセックスしない?」と誘われるという普通ではあり得ない経験をすることができます。

ちなみに、FKKは「エフケーケー」ではなく、「エフカーカー」と読みます。ドイツであるため、ドイツ語に準じて「エフカーカー」です。

ドイツの風俗は合法である

ヨーロッパの国は風俗遊びがあまり発展していないことが多いです。フランスやイタリアなど、単純に観光するだけであれば楽しめますが、夜遊びという意味では良い国は多くありません。

一方でドイツでは風俗が合法であり、当然ながら逮捕されることはありません。安心して女性と遊ぶことができ、パツキン美女とのセックスを楽しめます。FKKやエロスセンターを含め、夜遊びを安心して楽しむことができます。特にFKKは多くの男性にとってパラダイスだといえます。

ヨーロッパの中でも、ドイツは風俗遊びができる国として有名です。そのため、他のヨーロッパ諸国の人が夜遊びをするためにドイツへセックス旅行をすることがよくあります。これは、日本人男性がタイやフィリピンへ風俗旅行をするのと同じ感覚です。

FKKの値段

それでは、ドイツのFKKでブロンドの白人美女と遊ぶときの値段はいくらになるのでしょうか。実は、FKKは非常に安いです。

まず、施設に入るときは入場料が必要です。このときの入場料はサウナによって異なり、50~70ユーロ(約6,000~8,400円)ほどです。施設に入ると裸同然の美女がウロウロしており、それぞれ営業してきます。

日本とは異なり、店に在籍している女性は雇われているわけではありません。そのため、店から女性に給料を支払うことはなく、女性は男性に対して個人的に売春の話をもちかけ、それに応じてセックスをしたらその女性に対してお金を支払うという形式になっています。

このとき、女性とセックスをすると30分で50ユーロ(約6,000円)が相場です。

つまり、入場料を支払って白人女性とセックスをしたとしても、1万5,000円以下で済みます。前述の通り、FKKでは自分の目で女性を見て、会話をして胸をモミモミした後で指名できます。さらには裸の美女が歩いている姿を見ることができ、施設内ではジャグジーには入れたり食事をとったりもできます。

これらがすべて含まれた上での値段であるため、非常に低価格でエッチを楽しむことができる施設だといえます。ドイツという先進国でこれだけ風俗遊びが低料金なのは珍しいです。

忘れてはいけないプラス料金

なお、上記の値段は最も安い価格で遊ぶときの値段です。私はいくつものFKKに通いましたが、基本的には入場料と30分の基本プレイで満足できました。

ただ、追加サービス(プラス料金が必要)を提案してくる女性が非常に多いことを理解しておく必要があります。例えば、「60分コースでプラス50ユーロ」「口内発射でプラス30ユーロ」「顔射でプラス50ユーロ」「アナルセックスでプラス100ユーロ」などです。

30分のセックス料金が50ユーロであるにも関わらず、口内発射するだけで30ユーロが上乗せされる(合計80ユーロ)のは変なように感じます。ただ、これがFKKでの普通だと考えてください。

当然ながら、女性は多くのサービスを提供してたくさんのお金を受け取りたいと考えています。上記のプラス料金が必要なサービスを積極的に提案してくるため、何も考えずに「Yes.」と言っていると非常に高額になるので注意する必要があります。

女性との会話は英語です。英語をまったく理解できないものの追加料金を拒否したい場合、女性から何かいわれても「Only normal play. 30 minutes and sex.(ノーマルプレイだけでお願いします。30分のセックスがいいです)」と言って乗り切るようにしましょう。

女性が追加料金の説明をしなくても、「In my mouth?(口内発射しない?)」「How about anal sex?(私とアナルセックスしない?)」などと提案してきたとき、承諾すると必ず追加料金が必要になると理解するといいです。

FKKにとって、女性もお客様である

なお、FKKにとっては女性も立派なお客様です。どういうことかというと、男性が入場料を支払うのと同じように、女性もFKKに対して入場料を支払います。日本の風俗店では考えられないかもしれませんが、売春するために店側へお金を支払う必要があるのです。

そのため女性にとって、男性客を取れなければ赤字です。こうしたこともあり、男性客に対して女性は積極的に「私と遊ばないか」と営業してきます。また、プラス料金が必要なサービスを提案してきます。

日本であれば、最初にサービス内容を伝えてお金を支払ったうえでプレイ開始です。一方でドイツのFKKでは、店側と風俗嬢は完全に切り離されています。合法ではあるものの、個人間でのやり取りになるので基本的に店側は女性とのトラブルに対して関与しないと考えてください。

サウナクラブに在籍している女性の国籍

FKKに在籍(厳密には「在籍」ではなく「入場」)している女性の国籍ですが、多種多様です。ロシア人やイタリア人、スペイン人、ハンガリー人などさまざまな国の女性が在籍しています。FKKは主にドイツにあるものの、ドイツ人女性はほぼいません。これには、FKKが低料金であることが関係していると思われます。

日本の風俗では、主に日本人が店で働きます。女性が風俗で働く理由は簡単であり、お金が欲しいからです。日本であれば風俗店で働くことにより、大きなお金を手にすることができます。

例えば、私が東京・吉原の高級ソープ(120分で5万円)に出向いたとき、その店で非常に売れている女性にこっそり月収を教えてもらったことがあります。その額、月300万円以上でした。風俗嬢として活躍すれば、普通のサラリーマンではあり得ない年収を実現することができるのです。

一方でFKKでは男性とプレイをしたとしても、得られる報酬は30分で50ユーロほどです。自分で客を見つける必要があり、コンスタントに男性客を見つけられる保証はありません。さらに、入場料を支払う必要があります。

そのため、日本の風俗店のように高額な年収を実現することはできません。そのため、FKKではドイツ人やフランス人など経済が発展している国の女性を見つけるのは非常に困難です。そのため、ヨーロッパの中でも年収が低いロシアやイタリア、スペインなどの人がFKKで働くのです。

なお、FKKで最も多いのはルーマニア人です。FKKにいる女性の半分以上はルーマニア人ではないのかというほど、ルーマニア人が多いです。そのため、FKKで遊ぶ予定のある人は以下のルーマニア語を必ずマスターするようにしましょう。

・こんにちは:ブナ ズィーワ

・ありがとう:ムルツメスク

相手がルーマニア人だと分かったとき、この単語をいうと良い反応をしてくれます。あなたも、外国人が「こんにちは! ありがとう!」とカタコトの日本語を発すると親近感を覚えると思います。これと同じ効果を期待するのです。

ルーマニア人とはいっても、黒髪の人がいれば、金髪で目の青い人もいます。その中から、あなたにとって最適の白人ルーマニア美女を選ぶようにしてください。

女性との簡単な会話を予習しておく

FKKでは多くの女性が歩き回っているため、あなたが歩いていると「Japanese? How are you.(こんにちは、日本人ですか)」などのように声をかけてきます。

このとき、最も行ってはいけないのが無視です。私を含め、日本人は英語を扱えない人が多いです。そのため、その気でないときに声をかけられると無視をしてしまいがちです。

ただ、相手は店に雇われている人ではなく個人的に店にいる生身の人間です。そのため、あなたが無視をしてしまうとその女性とセックスするチャンスはゼロになってしまいます。こうした事態を避けるため、少なくとも「Hi.(やぁ!)」と笑顔で返すようにしましょう。

また、たとえ英語ができなくて会話に困ってしまったとしても、相手とコミュニケーションを取ろうとする姿勢は崩さないようにする必要があります。英語ができないからといって、やる気のない姿勢を見せると相手女性は困ってしまいます。その結果、あなたはどの女性からも相手にされなくなります。

会話とはいっても、カタコトの中学英語で問題ありません。例えば、私がFKKでよく使う英語としては以下のようなものがあります。

・Where are you from?(どこ出身ですか)

・How old are you?(何歳ですか)

・Here is paradise for me.(FKKは私にとってパラダイスです)

・How long are you work here?(どのくらい、ここで働いていますか)

ちなみに、「どれくらい働いていますか 」を正式な英語でいうと「How long have you been working here for?」となるようです。ただ、そうした文法的に正しい英語はどうでもいいです。

文法的にめちゃくちゃであっても、単語を並べてジャスチャーを交えればある程度まで理解してくれます。重要なのはコミュニケーションしようとする気持ちであり、英語が正しいかどうかは問題ありません。

また、女性からよく聞かれる質問としては、国籍や年齢以外には以下のようなものがあります。

・Are you first time here?(このFKKに来るのは初めてですか)

・Did you go another club?(他のFKKには行きましたか)

※FKKのことを「Club」と表現します

・What’s your job?(仕事は何をしていますか)

このように、簡単な中学英語で問題ないので白人女性と積極的に会話するようにしましょう。私も英語はできませんが、それでも何とかなっています。

女性からの営業を断る方法を理解しておく

ドイツとはいっても、多国籍の女性が集まっているので会話はすべて英語になります。ドイツ語を話せなくても問題なく、カタコトの中学英語で文法めちゃくちゃであっても大丈夫なことを考えると、少しは気が楽になったのではないでしょうか。

ただ、FKKで遊ぶときは女性とコミュニケーションする簡単な英語を理解しておくと同時に、営業の断り方についても学んでおく必要があります。

女性があなたに話しかけてくるのは、あなたとセックスをすることでお金を得たいからです。決して、あなたが魅力的な男性だからではありません。

女性が話しかけてきたとき、基本的には会話に応じるようにしましょう。ただ、ある段階で断る必要があります。例えば、会話をしている中で「Let’s enjoy sex with me!(私とのセックスを楽しみましょう)」と部屋への移動を促してきたとき、私がよく使う言葉としては「Later.(後でね)」があります。

多くの場合、女性は「Why later?(何で後なの)」と引きさがってきますが、「Later.」を連発することで営業を諦めてくれます。

また、「I’m not yet ready.(まだエッチする気になれていない)」「 I will catch you, if I will ready.(その気になったら声をかけるね)」などのような会話も非常に活用できます。

基本的にこの3つの言葉だけで女性の営業を断ることができます。女性と簡単な会話をしておっぱいを揉んだ後、その女性とプレイする気がない場合はこうした言葉を活用して断るようにしましょう。

ちなみに、女性と長時間イチャイチャするのはお勧めできません。その女性とプレイする気であれば長時間拘束してもまったく問題ありませんが、セックスする気がないのに女性と長く話した後に断ると女性は怒ってしまいます。

お金を得るために女性は高い入場料を支払っています。あなたが何十分も拘束してしまうと、本来は他の客を捕まえることができたかもしれない時間を奪ってしまうことになります。

もちろん、会話して1分ほどですぐにセックスへ誘ってくる女性はお金のことだけを考えている可能性があり、セックス内容が微妙であるケースが多々あります。そのため、ある程度の会話は必要ではあるものの、プレイするかどうか見極めるために女性と会話する場合、5~10分ほどに留めるようにしましょう。

FKKで理解すべき施設の違い

ドイツで風俗遊びをするとき、どのFKKに入るのかは非常に重要です。小さいものまで含めるとFKKは非常に多くの数があり、施設によって女性の質が大きく異なります。ダメなFKKに行くと後悔してしまうため、優良FKKを選ぶ必要があります。

FKKによっては女性がぼったくることしか考えていないことがあります。例えば、プレイルームに入った瞬間に態度が変わって「おっぱいは触るな。当然、なめてもいけない」など非常にプレイが雑なケースがあります。

他には、30分50ユーロで同意して入ったにも関わらず、「30分を5分過ぎたから、60分コースの100ユーロだ!」などのようにふっかけてくることもあります。

実際問題、このように「男性客からお金をぼったくることだけを考える女性」がたくさん在籍している店舗が存在するため、そうした店を避けなければいけません。

そこで、ここでは私が実際に出向いた中でも優良なFKKを7つ紹介するため、この中から店を選ぶと失敗を避けることができます。

郊外型のFKK

ドイツの中でも、最もFKKを堪能できるのは郊外にあるサウナクラブだといえます。郊外にあるFKKでは庭が広く、非常にゆったりできます。プールに入って泳いだり、ハンモックに乗っかって昼寝をしたり自由に過ごせます。

FKKで遊ぶのに最も適した時期は6~10月であり、「裸で、外で過ごしても問題ない気温の時期」です。この理由は、庭でゆっくりと過ごしながら裸の白人美女を堪能でき、開放感あふれる至福の時間を過ごせるからです。

こうした時間を経験できるのが郊外にあるFKKです。郊外型のFKKで遊ぶ場合、気温と天気が重要になります。雨の日では庭を使えないため、温かい日で晴れた日を狙っていくといいです。

・Sharks

フランクフルトから比較的近く、手軽に行ける郊外型のFKKとしてSharksがあります。ダルムシュタット(Darmstadt)の街にあり、広い庭やプールがあります。

容姿の優れた女性がたくさん在籍している大型店であるため、必ず好みの女性を見つけることができます。

他の店舗に比べると女性はビジネスライクに接してきます。例えば、私の場合は「30分50ユーロならノーマルプレイ(フェラチオ、セックスだけ)だが、60分100ユーロなら胸舐めやシックスナイン、クンニを含めすべてありの恋人コースだ」とプレイ時に女性からいわれました。

ただ、ぼったくられることはないため非常に安心できます。ちなみに私は指名した女性に対して、せっかくなので100ユーロの恋人プレイをお願いしたところ、非常に濃密プレイを行ってくれました。

・World

フランクフルトから少し離れているものの、非常に性格の良い女性が集まっている施設としてWorldがあります。フランクフルトからギーセン(Gießen)の街まで電車で1時間ほどかけて行き、そこからタクシーで向かいます。

ギーセンにはホテルがほとんどないため、フランクフルトから日帰りで行くのが基本です。

庭は非常に広く、プールの他にも外でバーベキューが開催されていることがあります。暑い日であれば、複数の白人美女が裸で、プールサイドでキャッキャしている姿を見ることができ、そうした姿を鑑賞しながらゆっくりと時間を過ごすことができます。女性からの営業もしつこくありません。

庭には木で簡単に囲ったベッドもあり、外でセックスができます。開放感あふれる木漏れ日の中で白人美女と青姦するという、至福の時間を過ごせます。ちなみに、私は初めての青姦をWorldで経験しました。

・Oase

フランクフルトから比較的近く、知名度も高いFKKとしてOaseがあります。フリードリヒスドルフ(Friedrichsdorf)という街にあり、駅からタクシーで向かいます。

郊外型のFKKであるため、他と同じように広い庭とプールがあります。温かい日では多くの男性が外に出てゆっくりと過ごします。そのため、女性も営業するためにほとんどの人が外に出ます。暑い晴れた日に私がOaseに出向いたとき、Oaseの店内にはほとんど人がいないという状況がありました。

店内はローマを意識したような造りになっており、高級感あふれる内装になっています。

在籍している女性の特徴としては、営業が強い点があげられます。店内や庭を歩いていると、すぐに女性が声をかけて営業してきます。庭で寝転がっていても、何人もの女性が隣に座って話しかけてきます。

・Golden Time

数あるFKKの中でも性格の良い女性が多く、容姿も優れており、庭も広く最高の時を過ごせるFKKがGolden Timeです。難点はフランクフルトから遠く離れた場所にあり、オランダの国境近くに位置することがあります。

Golden Timeへ行くとき、オランダのフェンロ(Venlo)で下車した後、タクシーで向かうようになります。時間をかけても最高級のFKKを味わいたい人はぜひ行ってみてください。

プールはないものの、非常に広い庭があります。庭にはログハウスのようなプレイルームもあり、外で女性とセックスすることができます。温かい日の場合、中ではなく外でブロンド美女とエッチするのをお勧めします。

女性の性格も良く、無理な営業はしてきません。非常に落ち着いた、ゆっくりした時間を過ごすことができます。

ちなみに、私はGolden Timeでモデル級のイタリア美女とセックスしたことがあります。乳首舐めやキスを含め、スタイル抜群の白人美女と30分50ユーロであらゆる濃厚なプレイをしたという、素晴らしい時間を過ごすことができた場所です。

都市型のFKK

郊外型のFKKとは異なり、都市型のFKKは文字通り都市部にあります。郊外型FKKのように広い庭はなく、店内は狭いです。在籍人数はそれなりに多いため女性を選ぶのには苦労しないものの、白人女性が全裸で歩く姿をじっくり眺めたり、庭でゆったりと過ごしたりする場所ではありません。

ただ、ツアープランによる観光でドイツを旅行しているために自由時間が少なかったり、仕事でドイツを訪れているので少ししか時間を取れなかったりするときに行くのはお勧めです。

FKKは早朝5:00などかなり遅くまで開いています。たとえ旅行プランの関係で夜遅くにホテルへ到着することになったとしても、FKKは開いているので問題なく遊べます。都市型のFKKであれば2時間ほど滞在すれば十分すぎるほど満喫できるため、短時間でFKKを楽しみたい人に向いています。

また、郊外型のFKKでは冬の寒い時期であったり、天気が雨であったりすると楽しさが半減してしまいます。庭を使えないからです。それに対して、都市型のFKKでは庭が狭かったり存在しなかったりして季節や天気に関係ないため、どのタイミングで出向いても同じ条件です。

こうした都市型FKKの中でも、比較的気軽に行くことのできる優良FKKを紹介します。

・Mainhattan

ドイツへ飛行機で飛ぶとき、おそらくフランクフルト空港を利用する人が圧倒的多数だと思います。フランクフルト(Frankfurt)の中心部から近くにあり、美人女性の多い優良FKKとしてMainhattanがあります。フランクフルト中央駅からタクシーで向かっても、そこまで高額にはなりません。

Mainhattanにはプールありの庭があります。ただ、庭はそこまで広いわけではありません。

しかし、美人の女性が非常に多いのでセックスする女性を選ぶのにはそこまで苦労しません。私がここで遊んだとき、30分50ユーロでルーマニア美女とキスまで含めた濃厚セックスができたため非常に満足できました。

・Samya

ケルン(Köln)にあるFKKとして、Samyaが知られています。ケルンには世界遺産であるケルン大聖堂があるため、ケルンに宿泊する場合はSamyaに照準を絞って行くようにしましょう。Samyaへはタクシーで出向くといいですが、上級者なら電車を活用しても大丈夫です。

女性の美人率が非常に高いFKKの一つです。中にはおばさんがいるものの、若い女性を狙えばいいので問題ありません。

庭はなく、外にあるのは喫煙スペースくらいです。そのため、基本的に店内で過ごすことになります。女性からの営業を避けてゆっくりしたい場合、3階で上演されているアダルトビデオのシアタールームへ避難するようにしましょう。

ケルン大聖堂を見るためにケルンの街へ宿泊する場合、ホテルを抜け出してSamyaへ向かうといいです。

・Sunshine

ミュンヘンにあるFKKとしてSunshineが知られています。ミュンヘンの観光にはノイシュバンシュタイン城やロマンチック街道などがあるため、観光するときに起点となる街の一つです。

しかし、残念ながらミュンヘンの近くには優れたFKKが非常に少なく、フランクフルトのように充実していません。ただ、ドイツまで訪れたのにまったくFKKを経験せずに帰るのでは、何のためにドイツに来たのか分かりません。そこで、他のFKKに比べると少し劣ってしまうものの、ミュンヘンにいてどうしてもFKKを経験したい場合はSunshineへ出向くようにしましょう。

Sunshineの店内は広くありません。また、女性の容姿は普通です。女性とのプレイは30分60ユーロからスタートですが、胸舐めやクンニなど他のプレイまでするとなるとプラスで30ユーロ(30分で合計90ユーロ)が必要です。

こうした理由からフランクフルトへ立ち寄る予定がある場合は他のFKKへ行くといいですが、ミュンヘンしかFKKの予定を組めない場合はSunshineへ出向くといいです。初めてのFKKであれば、Sunshineであっても十分満足できます。

サウナクラブで遊ぶときの流れ

それでは、ドイツのFKKで遊ぶときはどのような流れになるのでしょうか。ドイツへ旅立つ前に予習しておくことで、実際にFKKへ入るときに困らなくなります。

まず、建物に入って受付を済ませるようにしましょう。受け付けの人からは「First time here?(ここに来るのは初めてですか)」と聞かれます。初めての場合は「Yes.」と答え、入場料を支払うようにしましょう。

初めての場合、ここで入場料や女性へ支払うチップ代、飲食に関する説明を受けます。FKKによっては、女性とのセックス代が30分50ユーロではなく、30分60ユーロの場合があります。また、ビールなどのアルコール類が入場料に含まれていることがあれば、ビールを頼むと別料金が必要になることがあります。

FKKによってシステムが異なるため、これについては入場時に確認しておくようにしましょう。

また多くの場合、FKKではクレジットカードが使えません。クレジットカードで支払いができたとしても、料金が10%ほど上乗せされてしまいます。クレジットカードを活用するメリットがないため、必ず現金を用意するようにしましょう。

なお、ホテルに荷物を預けておらず、大きな旅行カバンをもって出向いた場合であっても問題なく施設に入ることができます。大きな旅行カバンは受付で預かってもらうといいです。

ロッカーへ荷物を預け、シャワーを浴びる

入場料を支払った後、ロッカールームのカギを渡されます。サウナクラブによっては、入場料を支払った証として腕にビニールの輪っかを巻くことがあり、これについては店によって異なります。

ロッカールームのカギが渡されると同時に、多くの場合でタオル(またはガウン)とスリッパも配られます。もし、タオルやスリッパを渡されなかった場合、受付やロッカールームの周囲を見渡しましょう。必ずタオルやスリッパがあるはずなので、必要なものを取るといいです。

ロッカーへ移動した後、荷物を預けます。このときは全裸になり、タオルを腰に巻く(またはガウンを着る)ようにしましょう。

その後、シャワーを浴びます。シャワーを浴びた後は自分の体を拭くことになりますが、水分を含んだタオルが気持ち悪い場合は新しいタオルに変えるといいです。ロッカールームに新しいタオルが山積みになっているはずなので、それを取るようにしましょう。

FKKによっては、財布を預ける小さなコインロッカーを設けていることがあります。その場合、財布だけを取って小さなコインロッカーへ入れるといいです。

女性とセックスしてお金を払うとき、財布を小さなコインロッカーから取り出すとスムーズです。ロッカールームは離れている場所にあるのに対して、小さなコインロッカーは多くの場合で女性が在籍する店内にあることがほとんどだからです。

中には小さなコインロッカーを設けていない店舗もあるため、その場合はすべての荷物をロッカーに入れれば問題ありません。

裸の女性が歩いている施設を楽しむ

すべての準備が整った後、白人女性(風俗嬢)のいる部屋へ出向くといいです。施設には必ずバーカウンターがあるため、そこで飲み物を注文しましょう。入場料にアルコールが含まれている場合、ビールを頼むといいです。

また、郊外型の大きい店舗の場合、温かい日であれば庭で飲み物を注文できることがあります。庭の広い施設の場合、温かくて晴れた日は多くの男女が外に集まるため、外が賑わうようになります。

このとき、プールで女性たちが遊ぶことがあります。金髪美女たちがプールサイドではしゃいでいる姿を見られる施設がFKKであり、日本ではあり得ない光景を目に焼き付けることができます。

都市型のFKKでは、このように女性たちが屋外で遊んでいる風景を見ることはできません。ただ、ブロンドの目の青い美女たちが室内を全裸同然の姿で歩き回っている様子は問題なく鑑賞できます。

前述の通り、女性はお金を支払って施設に入場しています。また、お金を稼ぐために裸同然の姿で施設内を歩いています。そのため、「私と一緒にセックスをしよう」と非常に積極的に声をかけてきます。

すぐに部屋へ入ってもいいですが、入店して間もないころはじっくりと施設を見学してどのような女性がいるのか見て回るようにしましょう。私の場合、声をかけてきた女性に対しては会話した後に「I want to look around.(施設を見て回りたいから後でね)」などといい、断ることにしています。

女性とのセックスを楽しむ

気になる女性がいた場合、目線を送れば多くの場合で相手からあなたへ近づいてきます。ただ、そこまで営業の激しくないFKKの場合は目があっても女性が寄ってくれないことがあるため、その場合はあなたから話しかけるようにしましょう。

このときは女性と会話し、腰に手を回したりおっぱいを触ったりしてセクハラを十分に堪能しましょう。そうしていると、女性から「私と一緒に部屋へ行かないか」と提案してくるため、良さそうな感じであれば誘いに乗るといいです。

その後、女性と手をつないでプレイルームへと移動します。お金の支払いは後で行うため、ひとまず手ぶらでプレイルームへ移動すれば問題ありません。

郊外型のFKKであれば、野外でのセックスを楽しめることがあります。温かい日であれば、女性に対して「Outdoor OK?(外でもいいか)」などのように言えば、外でエッチしたいことを理解してくれます。外でセックスできる施設であれば、ぜひ体験してみてください。

女性とプレイをするとき、最初に値段の説明をしてくれることが多いです。30分50ユーロで、どのようなことまでプレイしてくれるのかは女性によって大きく異なるため、後で後悔したくない場合はプレイルームへ移動する前にサービス内容を確認するといいです。

また、プレイの途中に「口内発射はどうか」「顔射したいか」「アナルセックスしないか」などのように聞いてくることがあります。前述の通り、これらはすべてプラス料金が必要なため、興味のない場合は「N0.」といって断るようにしましょう。

女性とエッチしていると、「Oh! Oh!」「Baby!」などのように、日本を含めアジアの風俗では聞きなれない女性からの声を聞けます。まさに、欧米でのアダルトビデオで流れている世界を堪能できます。

そうして女性とのエッチを楽しんだ後、女性と一緒に部屋を出ることになります。女性と一緒にロッカールーム(小さなコインロッカーに財布を預けている場合はコインロッカー)へ行き、財布からお金を取り出して女性に渡します。女性からは「Thank you.」という言葉と共にハグをしてくれることが多いため、最後のハグをしてお別れしましょう。

セックス後も施設でダラダラと過ごす

女性とエッチした後であっても、施設内でダラダラと過ごして問題ありません。特に郊外型のFKKであれば、施設の中で寝たり食事をとったりして長時間過ごすのは普通です。

店舗の中にはジャグジーやサウナ、休憩室があります。マッサージコーナーもあるため、こうした施設を活用して長く滞在しても問題ありません。

たとえ女性とセックスしなかったとしても、施設の中で美女たちを鑑賞するだけでも満足できます。

日本でストリップを見る値段に比べると、50ユーロ(約6,000円)ほどの入場料を支払うだけで裸の金髪美女を何時間も鑑賞でき、さらには会話まで楽しめ、施設内でジャグジーに入ったり食事をしたりできることを考えると非常に格安だといえます。

そうして満足した後は服を着替えてFKKを出ます。FKKには多くの場合でタクシーがとまっています。また、タクシーがいなくても受付の人にいえばタクシーを呼んでもらえるので問題ありません。

なお、小さなコインロッカーを利用するとき、必ず忘れ物に注意するようにしてください。よくあるケースとして、「ロッカーの荷物はすべて取り出したものの、小さなコインロッカーに預けた財布を忘れてしまった」ということがあります。そうしたことがないように、FKKを出るときは忘れ物のチェックが必須です。

観光や仕事などでドイツへ立ち寄るとき、FKKへ行かずにそのまま日本へ帰ってしまう男性は非常に多いです。ただ、FKKを経験していない男性は人生の多くを損しているといえます。

白人のパツキン美女と夢のセックスを叶えることができる楽園がFKKです。ドイツへ出向いたとき、どこかのタイミングでFKKへ行く予定を必ず組むようにしましょう。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。