ドイツ・デュッセルドルフのFKK・Goldentimeでの遊び方


ヨーロッパの中でも、風俗遊びを楽しめる国としてドイツが知られています。ドイツにはFKKという施設があり、白人の金髪美女とエッチすることができます。

ドイツにはFKKがいくつもあります。その中でも、「施設の広さ」「女性の質」「提供される食事」を含め、最も優れているFKKとしてGoldentimeがあります。

Goldentimeにはモデル級の白人美女がたくさんいます。しかも、サービス内容は非常に良いです。パツキン美女とのセックスを考えているとき、最高級のサービスを受けるためにもGoldentimeへ出向いてみてください。

ドイツ・デュッセルドルフにあるGoldentime

施設や在籍している女性を含め非常に素晴らしいFKKであるGoldentimeですが、唯一の欠点があります。それは、「田舎のへんぴな場所にあるので交通が不便」ということです。

Goldentimeはオランダとドイツの国境にあります。ドイツを観光する場合、ツアーであるとフランクフルトやケルン、ミュンヘンなどの都市へ行くことが多いです。ただ、Goldentimeのある周辺の都市へ出向くことはまずありません。

フランクフルトからGoldentimeへ行くのは遠いため、日帰りで遊ぶのは骨が折れます。そのため、航空券だけをとってドイツでのエロ旅を楽しむ人でなければGoldentimeを楽しむことができません。

ただ、エロを目的にドイツに来た人であれば問題なく出向くことができるため、必ず行くべき施設だといえます。

Goldentimeへ行くには距離があるため、エロ旅が目的なのであればそれより前の日でフランクフルトやケルンなどのFKKへ行って遊んでいるはずです。そのためどのような女性がいるのかある程度まで把握した状態で行くことになりますが、Goldentimeの女性は非常にレベルが高くて驚くはずです。

Goldentimeの場所・行き方

それでは、どのようにしてGoldentimeへ行けばいいのでしょうか。デュッセルドルフにあるFKKとはいっても、Goldentimeへ行くにはオランダの国境を超える必要があります。そこで、デュッセルドルフ中央駅(Düsseldorf Hbf)からフェンロー駅(Venlo Station)へ行くようにしましょう。

私の場合、前日にケルンに宿泊していたのでケルン中央駅(Köln Hbf)からフェンロー駅へ行くことになりました。

もちろん、遠いですがフランクフルト中央駅(Frankfurt Hbf)からフェンロー駅を目指しても問題ありません。ただ、いずれにしてもGoldentimeで遊ぶときはフェンローの街でホテルを取るようにするといいです。

フェンロー駅に降りると、ドイツの駅や街並みとは少し違った雰囲気になります。

同じユーロ圏であるため、ドイツからオランダへはパスポートなしで通過することができます。特別な審査を含め、国境通過の際は何も変わったことはありません。ただ、国境を超えたオランダであるため、場合によっては携帯電話の通信を使えるように設定を変えなければいけないこともあります。

Goldentimeへ行くためには、タクシーを使うしか方法がありません。徒歩でもいいですが、何時間もの時間がかかります。おとなしくタクシーを使って行くようにしましょう。

フェンロー駅にはタクシーがとまっています。もし、タクシーがなかったとしてもタクシー乗り場で待っていれば来てくれます。タクシーの運転手に「Goldentime!」といえば問題なく認識してくれます。

駅から少し離れているため、タクシー代は片道40ユーロほどです。タクシーに揺られながら、オランダとドイツの国境を超えてドイツ側に行き、田舎の町を走っているとGoldentimeまで到着します。

FKK・Goldentimeのシステム・遊び方

Goldentimeの入り口までタクシーに案内してもらったら、中に入るようにしましょう。施設では多くの車が止まっており、周辺に住む地元の人たちが日々たくさん押し寄せています。

建物の中に入った後は受付を済ませるようにしましょう。FKKによって入場料は異なりますが、Goldentimeの入場料は一人65ユーロ(約7,800円)です。受付の人からは必ず「First time here?(ここは初めてですか?)」と聞かれるため、初めての場合は「Yes.」と答えてシステムを聞くといいです。

Goldentimeの場合、施設の中では食事だけでなくビールも飲み放題です。気にすることなくアルコールを飲めるため、非常に優れたシステムだといえます。

また、女性とセックスするときは30分50ユーロ(約6,000円)です。60分では100ユーロ(約12,000円)です。これに口内発射やアナルセックスなどを行うとなると、別料金がかかります。なお、クレジットカードは使えません。

ビールをいくらでも飲むことができ、裸の美女を鑑賞しながら広大な施設でゆっくり過ごすことができ、女性とのプレイ料金が低価格なことを考えると非常に優れたFKKです。

さて、受付を終えたら着替えるようにしましょう。まずはロッカールームへ行き、ロッカーへ荷物を預けて全裸になりましょう。その後、シャワーを浴びます。

シャワーを浴びたら、タオルで体を拭きます。水で濡れたタオルは周囲にあるカゴへ入れましょう。その後、ガウンを着て女性のいる部屋へと繰り出します。

晴れていて温かい日であれば、庭で過ごすべき

FKKには都市型と郊外型があります。都市型のFKKは庭がなく(または狭く)、施設も小さいです。ただ、都市部にあるので非常にアクセスが良いです。それに対して、郊外型のFKKは移動距離があるものの、広大な庭があってゆったりと過ごすことができます。

Goldentimeは郊外型のFKKです。そのため広大な庭があり、温かい季節で晴れた日であれば必ず庭を堪能するようにしましょう。

建物のメインフロアを抜けると、すぐに庭へ出ることができます。寒い日や雨の日では閑散としていますが、そうでない日であれば外に多くの人がいます。

メインフロアで飲み物を頼めますが、Goldentimeの外にあるテントでは「たくさんのビールを入れてあるショーケース」があります。ここから勝手にビールを取り出し、栓を抜いて飲めば問題ありません。

テントの中では食事ができます。FKKでは、提供される食事が微妙であることがあります。ただ、Goldentimeの食事はおいしいです。

ビールを手にしたら、庭を散策してみましょう。庭にはソファやベッド、ハンモックなどがあり、木陰でゆったり過ごすこともできます。

もちろん、ソファなどで寝ていると半裸(または下着姿)の女性たちがウロウロしている姿を見ることができます。

中にはマッサージを受けている人もいました。FKKでは多くの場合、施設の中にマッサージルームがあります。スタッフの人にお願いすれば、優良でマッサージを受けることができます。料金は後払い制です。

Goldentimeへ来たとき、温かくて晴れていたため私はビールを飲みながらソファに寝そべっていました。そうすると気づいたら寝ており、「裸の美女を鑑賞しながらゆっくり過ごす」という極楽の時間を過ごしていました。

ただ、郊外型のFKKではあるもののGoldentimeにはプールがありません。そのため、「プールサイドで全裸の金髪美女が戯れている姿」は見ることができません。

ジャグジーやサウナで体を癒す

庭で過ごすだけでなく、施設の中でゆったりと時間を過ごしても問題ありません。Goldentimeにはジャグジーやサウナがあるため、そこで体を癒すことができます。

私も庭でダラダラと時間を過ごした後、サウナに入ってジャグジーにつかりました。

ジャグジーのある部屋は通路の一つでもあるため、男性客や女性(風俗嬢)を含めて行き交います。ちなみに、このエリアにもプレイルームがあるものの、カーテン一枚で仕切られているだけなのでさすがにこの部屋のプレイルームを活用している男女はいませんでした。

Goldentime内で歩いている女性について、どちらかというと下着を着用している女性の方が多いです。ただ、おっぱい丸出しで施設の中を歩いている人もいます。そのため、廊下ですれ違ったときに思わず「おぉっ!」と心の中でガッツポーズしてしまうことがあります。

FKKの施設を歩いていると、必ず女性から営業されます。女性は男性客を取ってセックスすることでお金を得るために施設内にいるので、これについては当然のことだといえます。

ただ、庭でくつろいでいたりジャグジーに入っていたりするときは、女性はほとんど営業してこなくなります。ゆっくりと施設で過ごしたい場合、こうしたエリアを活用しましょう。

また、バーカウンターのあるメインフロアにも多くの人がいます。メインフロアでは飲み物を注文することができますし、セックスの相手をする女性を選ぶこともできます。

Goldentimeでは外にも中にもたくさんの人がいます。これだけ多くの女性がいて、さらには容姿レベルも高いとなると、必ず好みの女性が見つかります。

エッチする女性をメインフロアや庭で選ぶ

FKKに行ったからには、金髪の白人美女とセックスするようにしましょう。風俗施設であるため、やはりメインは女性とのエッチです。

一般的なFKKでは、女性からの営業が非常に強いです。メインフロアを歩いていると、100%の確率で何人もの女性から声をかけられます。

ただ、Goldentimeの女性は他のFKKに比べるとそこまで営業が激しくありません。そのため、メインフロアであっても比較的落ち着いて過ごすことができます。メインフロアで飲み物を飲んでいるとき、女性から声をかけられて一緒に話さなければいけなくなることは少ないです。

また、FKKでは女性と目が合った場合、「女性から近寄ってくる」「女性から手招きをされる」のどちらかになります。ただ、Goldentimeでは営業がそこまで強くないからか、たとえ風俗嬢と目が合ったとしても相手から近寄ってくることは少ないです。

そのため、Goldentimeでは気になった女性がいたら自ら話しかけてみるようにしてみてください。日本人は恥ずかしがりの人が多いので自ら声をかけるのに躊躇しますが、そのような必要はまったくありません。

女性との会話は英語ですが、たとえ英語を話せなかったとしても積極的に声をかけましょう。私もカタコトの中学英語しか話せませんが、名前や出身国など簡単な自己紹介だけで問題ありませんでした。

どの施設でも共通していますが、FKKでは毎日多くの日本人が訪れています。そのため、相手女性は日本人が英語をあまり得意でないことを知っていますし、シャイな人が多いことも知っています。また、「ちんちん、まんこ、おっぱい」などの日本語を言ってくる女性がたくさんいます。

こうしたことから、別に引け目を取る必要はないので声をかけてみましょう。女性からしてみれば、客を取るチャンスなのでむしろ喜んでくれます。

エッチする女性を選ぶとき、基本的にはメインフロアか庭になります。特に、本格的にセックスの相手を選別したいとき、メインフロアに行くといいです。FKKでは「メインフロアにいる男性客=セックスする気のある人」と認識されるため、それを狙って女性もメインフロアが多くなるのです。

私も庭やジャグジーなどでゆったり過ごした後、お相手してもらうパツキン美女を選ぶときはメインフロアに移動しました。

日本の風俗とは異なり、FKKでは実際の女性を見た後、会話しながらおっぱいを触るなどセクハラをした後に指名できるという完璧なシステムを採用しています。

メインフロアにいると、他のFKKほどではないものの女性が声をかけてきます。Goldentimeの特徴は多種多様な人がいることです。ルーマニア人やスペイン人などヨーロッパ周辺の人だけでなく、黒人もいます。太ったおばさんも在籍しています。珍しいですが、アジア女性が働いていることもあります。

ただ、美人率は非常に高いです。また、女性を断るときもしつこくありません。普通は女性とのセックスを断るときに「Later.(後でね)」などのようにいうと、「Why later?(なんで後なの?)」と引きさがってきます。ただ、Goldentimeの女性は「OK!」とそのまま行ってくれます。

Goldentimeは田舎にあるため、一見客ではなくリピーターで成り立っています。そのため女性はリピーター獲得のためにしつこい営業はせず、セックスのときもしっかりサービスをしてくれます。さらに美人率が高いため、こうしたことからGoldentimeは施設だけでなく女性も優れているのです。

そうしてメインフロアのイスに座って過ごしていると、新たに出勤してきたのかモデル級の美女が来て、私の目の前にあるイスに腰かけました。金髪ではないものの、顔だちがしっかりしてスレンダーでスタイル抜群です。

正直なところ、私はどちらかというとビビりまくりの性格です。先ほどは偉そうに「気になった女性がいれば、積極的に声をかけましょう」といったものの、やはり勇気が必要です。

そこで女性に1分ほど目線を送ったものの、気づいてくれません。そうしていると、白人男性が女性と会話をはじめました。5分くらい会話した後、男性と美人女性が一緒に歩いて消えていったため、私は「狙っていた女性が他の人に取られてしまった!」と後悔で心がいっぱいになりました。

しかし、その1分後には女性は元の場所に一人で戻ってきました。どうやら、先ほどの白人男性とセックスするわけではないようです。

ここでこの女性を逃がしてしまえば、私は再び後悔してしまいます。そこで、「モデル級の白人女性に英語で声をかける」という重役を果たすため、重い腰を上げて「Hi!」と女性に声掛けし、隣をキープすることにしました。

まずは名前や出身の国を聞きます。FKKでドイツ人が働いていることはほぼなく、基本は出稼ぎです。どうやら23歳のイタリア人であり、他のFKKで働いていたがGoldentimeで働き始めたようです。Goldentimeに来てまだ5日目のようです。

働き始めて間もないころに私と出会ったということから、「この子は私とセックスするためにわざわざここに来てくれたのだ」と私は都合の良い解釈をしました。

話をしたときの雰囲気もよく、「キスでも何でもするわよ!」と言われたため30分50ユーロでお願いすることにしました。

このとき、イタリア美女からは「中の部屋もあるけど」といわれましたが、私は外の開放感あふれるセックスをしたいと考えていました。Goldentimeは外にもプレイルームがあるため、そこでのエッチを提案しました。

「Out door OK?(外でもいいか)」と聞くと、白人美女は快く承諾してくれました。女性は「Wait a minute.(ちょっと待ってね)」といい、その場を離れます。おそらく、エッチするために必要な道具を取りにいくのでしょう。

そうした女性が来たら、一緒に外のプレイルームへ行くことになりました。

コテージのようなプレイルームであり、その中でエッチをすることになりました。部屋に入ると、窓を閉めてガウンを含めすべて脱ぐことになります。

女性からは「In my mouth. 30 euro.(口内発射なら30ユーロだけどどう?」などのように聞かれましたが、口の中に発射することにあまりメリットを感じなかったので「No thanks.(いらないよ)」と断りました。

ただ、プレイ自体は非常に満足できました。服を脱いだ後、お互いに抱き合います。このとき、イタリア美女の天然乳に顔をうずめました。巨乳というわけではないものの、シリコンなしの美乳です。

そうしておっぱいをモミモミした後、フェラチオになりました。スタイル抜群のモデル女性にフェラチオしてもらったら、当然ながら私の下半身は天にもそそり立つように勃起してしまいます。

そこにコンドームをかぶせられ、騎乗位でセックスすることになりました。

イタリア美女の中でしばらく挿入していると、今度は「Normal style.」といわれました。どうやら、正常位のようです。このとき私は、正常位のことを英語で「Normal style(ノーマルスタイル)」ということを知りました。FKKは英語の勉強にもなります。

正常位のとき、同時にキスもしました。女性によってはキスを拒みますが、この女性は問題なくキスしてくれます。白人モデル女性と正常位をしながらのフレンチキスです。

正常位の後はバックへと移行しました。白人美女をバックで突いていると限界が近づき、私はそこで射精することになりました。

30分コースでは、基本的に射精したらプレイが終わります。そこで、ガウンに着替えて後片付けをした後はイタリア美女と一緒にロッカールームまでいくことになりました。ロッカールームで50ユーロを支払い、女性とはバイバイすることになりました。

エッチ後もゆっくりと時間を過ごすべき

郊外型のFKKでは、女性とのセックスが終わった後にすぐ帰る人はまずいません。エッチした後も施設の中でダラダラと至福の時を過ごすのが基本です。裸の美女たちを眺めながら極楽浄土の世界を心行くまで堪能し、パラダイスを目に焼き付けなければいけません。

私の場合、庭に出てビールを取り、再び庭のベッドでくつろぐことにしました。

外で休憩していると、男女で一緒に歩いている姿を何度も目撃します。これは、私と同じように「外で開放感あふれるセックスを満喫したい」と考える男性の要望に女性が応えたためです。

また、同時に食事をすることにしました。前述の通り、Goldentimeの食事はわりとおいしいです。基本的には満足できるはずです。ここでは、男性客や風俗嬢を含め、多くの人が食事をとっています。

こうしてGoldentimeで時間を過ごし、満足したらホテルへ帰るようにしましょう。

フェンロー周辺に宿を取るのが基本であるため、ホテルのチェックインを済ませている場合はいつ帰っても問題ありません。十分に美女を鑑賞して施設を満喫したら、帰るようにするといいです。

Goldentimeの外にはたくさんのタクシーが止まっています。周辺に住んでいる男性客がメインで来るものの、私たち日本人のように最高級のFKKを求めて風俗旅行をするために来ている人もたくさんいます。そのため、たくさんのタクシーが止まっているのです。ひとまずタクシーを拾い、ホテルまで帰るようにしましょう。

このようにしてGoldentimeを楽しむことができます。あらゆるFKKの中でも最高レベルの施設がGoldentimeです。

郊外にあるのでアクセスが非常に悪く、少なくとも旅行ツアーでドイツを観光している人では訪れることはできません。ただ、航空券だけを取って自由に行動できる場合、男性であれば必ず来るべきFKKがGoldentimeです。Goldentimeで最高の時間を過ごしてみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。