香港141(ピンポンマンション)体験談と料金・場所・プレイ内容


日本には全国各地にさまざまな風俗店があります。ただ、世界に目を向けてみると、国ごとに違った特色をもつ風俗店があります。

私が以前から「香港とマカオの風俗店」を利用したいと思っていました。香港とマカオは、日本の南西部に位置する国です。香港には「香港141(別名:ピンポンマンション)」、マカオには「サウナ」という特徴的な風俗店があることから男性に人気で、私も興味をもつようになりました。そして、これらの国の風俗店を実際に体験してみることにしました。

ただ、「香港やマカオに行きたい」と考えて計画を立てても、現地の具体的な点について分からないことが出てくることがあります。書籍やインターネットの情報を確認しても、なかなか知りたい情報がないことがあるのです。

そのためここでは私の体験を通して、「香港の風俗遊び(夜遊び)」について詳しく紹介します。「香港の風俗店で遊んでみたい」と考えている場合には、ぜひ参考にしてください。

香港・マカオに向かう準備を始める

私が香港に興味をもったのは、「香港141(ピンポンマンション)」と呼ばれる風俗店の評判を聞いたことがきっかけでした。「香港の141は楽しい。日本の風俗店とは別の雰囲気を感じることができるため、一度は体験してみると良い」という話を聞いたため、私は香港に強い興味をもつようになったのです。

私は日本だけでなく、さまざまな国の風俗店を体験してみたいと考えています。そのため評判を聞いた私は、香港に行ってみることにしました。

香港へ向かうにあたり、最初にしたのは「必要な物の準備」です。

夜遊びガイドブックを購入

まずは「香港のガイドブック」と「インターネットのホームページ」で情報収集をすることにしました。インターネットの情報は無料で閲覧することができますが、細かな情報が掲載されていないことが多いです。そのためガイドブックも購入して計画を立てるほうが良いです。私はマカオも合わせて行くことにしたため、香港とマカオのガイドブックを購入しました。

香港のガイドブックは、一般的な観光情報を紹介している書籍以外に、風俗店の情報を紹介している「夜遊びガイドブック」があります。これを私は読み込み、知識を得ておきました。

私は3冊のガイドブックを確認しました。1冊でも良いと思いましたが何冊か確認すると、さらに良い旅を体験することができます。書籍の購入代として4,000円ほどの費用がかかりましたが、「その後の風俗遊び(夜遊び)が有意義なものになる」と考えれば、必要な投資だといえます。香港・マカオへ遊びに行くときには、ぜひ購入しておくと良いです。

香港に持っていったもの

旅行に向かうにあたり、私はノートパソコン・スマートフォン・変換プラグ・ボールペンを持っていきました。

充電器の準備

香港・マカオの電圧は220Vで、差し込み口(プラグ)のタイプは「BFタイプ」というものです。私が使用しているノートパソコンやスマートフォンはApple社製で、これらは世界的に使われている製品です。そのため220Vの電源に対応していますが、BFタイプのプラグで充電器を使えるように、変換プラグを持っていきました。

スマートフォンの料金を確認

スマートフォンに関しては、「海外でインターネットを使ったときの料金」を前もって確認しておきました。携帯ショップに行くと、海外でのインターネット料金を教えてもらうことができます。私の場合は香港では1日定額で約1,000円、マカオでは一定量までは2,000円、それを超えると3,000円でした。そのため4泊5日の旅行で、携帯料金として1万円ほどだと考えました。

パスポートとボールペンはすぐ取り出せるように用意

さらに、ボールペンとパスポートをすぐに取り出せるようにしておくと良いです。「香港に向かい、ホテルにチェックインするまで」と「香港からマカオにフェリーを利用して行き来する際」には、パスポートを提示する必要があります。また、入国の際に簡単な書類の記入が必要になります。そのため、ボールペンとパスポートを準備しておくとスムーズに対応できます。

ちなみに、コンドームを用意する必要はありません。香港やマカオの風俗店ではセックスをすることができますが、どの店でもコンドームを用意してくれます。私はペニスが大きいため、風俗店で用意されるコンドームが合わない可能性がありました。そのため一応コンドームを準備して向かったのですが、結局使わずに旅を終えました。

香港・マカオの気候は温暖、時差は1時間

私が香港・マカオに行ったのは12月上旬です。香港・マカオの気候は一年通して温暖で、過ごしやすいです。特に快適なのは「9~11月」で、この時期の香港やマカオは日本の春~初夏のような気候です。私は日本から向かう際には厚手の上着を着ていきましたが、香港ではこれを着ることはありませんでした。薄手のカーディガンなどを着ると、快適に過ごすことができます。

また、香港・マカオと日本との時差は「1時間」です。日本のほうが早く時間が進んでいて、例えば日本が午前10時であれば、香港・マカオは午前9時です。そのため身体の生活リズムが崩れてしまう、いわゆる「時差ボケ」になることは少ないです。

日本から香港に向かう

私はまず、日本から香港の「香港国際空港」に向かいました。日本から香港までの搭乗時間は、4時間半ほどでした。ある程度長い時間を飛行機の中で過ごすことになるため、機内で何をするかを決めておくと退屈せずにすみます。

香港に到着して入国手続きをする際には、短い電車に乗ることになります。空港内で電車に乗ることになるのは珍しく、私は「本当に電車に乗って良いのかな」と不安になりました。香港に行く際にはこうしたことがあることを覚えておくと、私のように戸惑わずにすみます。

香港国際空港には日本円を香港・マカオの通過である「香港ドル」に両替することができます。ただ、交換レートが香港の街中で両替するよりも悪いため、ひとまず5,000円だけ香港ドルに両替しました。

入国手続きを終えると、香港国際空港から電車に乗って各地に向かうことができます。

オクトパスカードの入手

香港の空港で両替した後、次に行うべきことはオクトパスカード(八達通)を手に入れることです。オクトパスカードは電車に乗るときの電子マネー(プリペイド式のICカード)であり、日本でいうSUICAかPASMOと同じように使えます。

また、オクトパスカードはコンビニやスーパー、自動販売機でも使える非常に優れてカードです。海外では小銭が多くなると非常に不便なので、こうした状況を避けることができます。

オクトパスカードは各駅の「客務中心(カスタマーサービスセンター)」で手に入れることができます。空港にも鉄道会社が運営しているサービスセンターがあるため、そこへ出向いて「オクトパスカード!」といえば問題ありません。

このとき、「最低入金額100香港ドル+デポジット50香港ドル=150香港ドル」を要求されます。150香港ドルを用意して、駅員へ渡せばオクトパスカードを発行してくれます。

オクトパスカードは後で払い戻しが可能なので、必ず手に入れておくようにしましょう。

香港での移動は電車が基本

香港は大きく分けて、北側の「九龍(カオルーン)」と南側の「香港」に分かれています。私はカオルーンの中心部である「尖沙咀(チムサーチョイ)」というエリアにあるホテルを予約していたため、チムサーチョイに向かうことにしました。

香港国際空港から九龍駅に向かうまでに乗った電車は非常に綺麗で、日本よりも洗練された雰囲気が感じられました。私は「東京は大都市」という感覚があったのですが、「香港は東京以上に発展しているのかもしれない」と感じました。

香港から電車に乗ると、20分ほどで「九龍駅」に到着します。九龍駅からは無料のシャトルバスが運行されていて、周辺の主なホテルを巡回しています。私はK2と表示されているバス乗り場でしばらく待ったあと、バスに乗り込んでチムサーチョイに向かいました。行きたいホテル名をバス停にいるスタッフに伝えると、どのバス乗り場から乗れば良いかを教えてもらうことができます。

ちなみにチムサーチョイには、電車で向かうこともできます。

お得に風俗遊びをするなら、「両替レート」にこだわる

香港でお得に夜遊びを楽しむなら、日本円を香港ドル(HKD)に両替するときの「レート」にこだわると良いです。香港には各地に「両替所」があり、両替レートは店によって異なります。日本円をより多くの香港ドルに両替してくれる店を利用することが大切です。

両替するのにお勧めなのは「重慶大厦(チョンキンマンション)」という建物です。チムサーチョイ駅の近くにあり、香港の特徴的な風俗店である香港141(ピンポンマンション)を楽しむにも便利な場所にあります。チョンキンマンションは香港では有名な建物で、両替所がたくさん店を構えています。そして、良いレートで両替をしてくれる店があります。

チョンキンマンションの外観は古びていて、少し怪しげな雰囲気がただよっています。そのため私は建物内に入るのを少し怖く感じました。しかしチョンキンマンションに入ると、たくさんの人でにぎわっていました。

両替をするときに避けるべき場所は「香港国際空港の両替所(入国直後は例外だが、必要最低限の両替をすべき)」と「チョンキンマンションの入り口付近の両替所」です。これらの両替所は、レートが非常に悪いです。特に空港の両替所は入国してすぐに目に入るため、つい利用してしまいがちです。しかし全ての所持金を両替すると、損をしてしまうことになります。

私は空港では最低限の交換ですませて、チョンキンマンションの両替所を主に利用しました。

私が空港で両替をしたときには、5,000円で302香港ドルに両替してもらえました。つまり、「1万円=604香港ドル」というレートです。これに対してチョンキンマンションの両替所に行った際には、「1万円=680香港ドル」で両替してもらうことができました。つまり約75香港ドルの差があり、私が香港に行ったときのレートでは1,125円に相当します。

このようにかなり大きな差が出てくるため、お得に風俗遊びを楽しむなら、両替レートにはこだわることをお勧めします。

また、香港141は「現金支払いのみ」です。クレジットカードを利用することはできないため気を付けましょう。海外では買い物をするときにクレジットカードを利用することが多いですが、香港141に向かう前には必ず現金を用意しておきましょう。

ちなみに他のお店でクレジットカードを使うときには、「VISA」か「Master」のカードを使うことをお勧めします。「JCB」や「アメックス」は使えない店が多いため、あまり役に立ちません。私はアメックスを使おうと思っていたのですが、使える店がほとんどなかったため、仕方なくVISAのクレジットカードを使うことにしました。

また、お金が足りなくなったときに「クレジットカードのキャッシング機能」を使えるようにしておくことをお勧めします。

海外のATMでは、銀行のキャッシュカードは使えません。現金が必要になったときのために、キャッシングを活用すると良いです。VISAやMasterのクレジットカードであれば、香港の街中にあるATMでキャッシングをすることができます。帰国後に借りたお金をすぐに返済すれば、それほど利息は大きくなりません。

香港で使うクレジットカードの「暗証番号」と「キャッシングの限度額(借りることができる上限金額)」を前もって把握しておきましょう。

香港のちょんの間にあたる「香港141」へ向かう

チムサーチョイにあるホテルに到着して食事をしたあとに、私は香港の「141(ピンポンマンション)」という風俗店に向かうことにしました。

香港141は、日本でいう「ちょんの間」にあたる風俗店です。ちょんの間は「4畳(6.62m2)ほどの狭い部屋で、セックスを行えるサービス」のことを指します。ちょんの間では女性とセックスをすることができるものの1回のプレイ時間は短く、20分ほどであることが多いです。

香港141はマンションにある4~6畳ほどの部屋に風俗嬢が待機していて、男性とセックスをしてくれます。1回のプレイ時間は30分と、日本のちょんの間より長くなっています。そのため時間に余裕をもって、射精をすることができます。

香港141は、九龍のチムサーチョイ周辺にたくさんありました。しかし現在は警察により摘発されてしまい、店の数が少なくなっています。しかしまだ営業している店はあるため、行ってみるのはお勧めです。

私は事前に情報収集しておいた「香港内で最大級の香港141(富士大廈)」に行くことにしました。富士大廈(富士ビル)は香港島にあり、銅鑼湾駅が最寄駅です。

かつて、香港141としては「香港大廈B座」という有名なマンションがありました。ただ、現在このマンションは閉鎖されています。そこで、私は他に香港141として有名な富士大廈へ行くことにしました。

私が向かった香港141は、入口が小さく分かりにくかったです。ただ、マンションへの入り口だけは無駄に豪華でした。入口の写真を撮っていたら、何人もの男性がマンションの中へと入っていきました。

マンションは22階建てになっていて、私たちは最上階まで上がりました。そうすると、少し歩いた先にピンク色の廊下が広がります。ちなみに、富士大廈ではマンション一棟すべてがこのようになっています。

マンション内にある部屋のドアには、「Please Wait(少しお待ちください)」もしくは「Welcome(いらっしゃい。どうぞ)」の看板がかけられています。

ドアに「Please Wait」の看板がかけられている部屋では、部屋の中で風俗嬢が男性客とプレイをしているか、風俗嬢が次のプレイのために準備をしています。「Welcome」の看板がかけられている部屋では風俗嬢が待機していて、男性客が来るのを待っています。

男性客は「Welcome」の看板がかけられているドアのそばにあるインターホンを押して、中にいる風俗嬢を呼びます。女性がドアを開けて出てきたら、男性は女性の顔や体型を確認して、エッチをするかどうかを決めます。

もし「女性とエッチをしたい」と思ったら、男性は開けたドアを閉めずに、「OK?(部屋に入って大丈夫?)」のように女性に声をかけます。そして部屋に入り、女性とのプレイを楽しみます。

これに対して「別の女性と遊びたい」と感じたら、「バイバイ」や「サンキュー」などの言葉を女性に伝えて、その場を離れます。このようにして女性が好みに合うかどうかを直接的に確かめて、プレイする相手を決めるのです。

香港141は現地の香港男性も多く出入りしており、男性客は次々に部屋のインターホンを押しては、女性の容姿を確認していきます。部屋にいる風俗嬢を確認してプレイする女性を決めるため、マンション内ではインターホンの音がたくさん鳴り響いているのです。

私も周りの香港人男性が行っているのを真似して、インターホンを押してみました。私は正直なところマンションの汚さから、「部屋で待機している女性は、あまり可愛い女性ではないかもしれないな」と思っていました。しかしドアを開けて出てきた女性は、非常に可愛かったのです。最初に見た女性は20代前半と思われる容姿で、しかも胸が大きく、魅力的な体型でした。

私は思わず「可愛い! これはすごい!」とうなってしまいました。最初に見た女性とエッチをしても良かったのですが、マンション内には他にもたくさんの部屋があります。そのため他の部屋で待機している女性も確認してみることにしました。

複数の部屋のインターホンを押してみると、さまざまなタイプの女性が出てきました。年齢が高めの女性もいれば、胸が小さめの人もいました。ただ、私は「香港141の女性は、全体的に質が高い(可愛い)」と感じました。

香港141の料金は、サービス内容や女性の容姿によって異なります。私が香港に行ったときの基本的な料金は「30分で480香港ドル」でした。両替するレートにもよりますが、香港141は「30分の間に本番行為(セックス)を行えるサービスで、8,000円以下で遊べるほど」と考えると良いです。

風俗嬢選びに迷う

香港141のマンションを訪れる男性客は、最上階から下の階に下りながら、それぞれの部屋にいる風俗嬢を確認するのが基本です。可愛い女性を見つけたときに迷っていると、他の男性客が部屋に入ってプレイを始める可能性があります。そのため、どのタイミングで女性とのプレイを決断するかが大切なポイントです。

私は「香港の女性とエッチをしたい」という思いをもっていましたが、同時に「香港の風俗事情を知り、このサイトで伝えたい」と考えていました。そのため可愛い女性を見つけても我慢して、22階の部屋から順番にインターホンを押して女性を確認しては、次の部屋の女性を確認、ということを繰り返していました。

また、香港141にいる女性は、基本的に日本語をほとんど話せません。「可愛い」や「気持ち良い」くらいの日本語は、女性に理解してもらうことができます。ただ、日本の風俗店で楽しめる「疑似恋愛を体験できるような会話」をすることはできません。

私が確認していた風俗嬢の中には、「Are you Japanese?(あなたは日本人ですか?)」と聞いてくれる女性がいました。私が「Yes!(そうだよ)」と返事をすると、女性は「Japanese Come on!(エッチしようよ)」と返事をしてくれました。

ただ、容姿が気に入らなかった私はその女性とエッチをせずに立ち去りました。

私は11階の部屋にいる女性を見ていたとき、突如として非常に可愛い女性が部屋から出てきました。私は香港141にいる女性を十分に確認したため、その女性とプレイすることに決めて部屋に入りました。

香港141の女性とセックスを楽しむ

私はインターホンを押して部屋から風俗嬢が出てきたときに、「How much?(エッチの値段は?)」と伝えました。すると女性は480香港ドル(約7,200円)を提示し、私はそれに納得したので部屋に入ることにしました。

香港141の女性が待機している部屋に入ると、ピンクのライトで室内が照らされていました。そしてトイレとシャワーが一体になった浴室があり、部屋の奥にはプレイをするためのベッドがありました。全て女性がやるべきことを指示してくれるため、指示に従ってプレイの準備をします。

まずは服を脱いで全裸になり、浴室で身体を洗います。そして日本のピンサロやヘルスなどの風俗店と同じように、裸になった女性が石けんを使って身体を洗ってくれます。

浴室はあまりきれいではなく隣に便器が見える(シャワーとトイレがほぼ一体になっている)ため、私は少しテンションが下がってしまいました。しかし女性の裸を見ることに集中して、興奮を保つようにしました。

身体を洗い終えたあとは水分をタオルで拭き取り、ベッドに移動してプレイを始めます。基本的には男性は仰向けに寝ていれば良く、風俗嬢が主導権を握ってエッチをしてくれます。

私が選んだ女性は小柄な身長で、可愛い雰囲気が感じられる女性でした。そして胸が大きく、私の好みにピッタリでした。さらにこの女性はコスプレが好きなようで、部屋にさまざまな衣装がたくさんありました。私が会ったときには、この女性はメイド服の格好でした。私はメイドコスプレが好きなため、女性の姿は好印象でした。

私の場合、まずは女性がコンドームをつけてくれて、その上からフェラチオをしてもらいました。フェラチオであってもコンドームをするのは、性病を予防するためです。

このとき私はコンドームを装着しない、いわゆる「生」の状態でフェラチオをしてもらいたいと思いました。ただ、性病には感染したくないため、コンドームの上から女性にペニスをくわえてもらうのは仕方ないと思いました。

フェラチオを10分ほどしてもらったあと、女性はコンドームを新しいものに交換してくれました。そして、私が仰向けになっている状態でペニスを女性器に挿入してくれて、騎乗位でのセックスを始めてくれました。

ここで私は、香港141の風俗嬢にもう一度驚くことになりました。私が選んだ女性は、騎乗位が非常に上手かったのです。準備としてフェラチオでペニスを刺激されていたため、私の興奮は一気に高まり、5分ほどで射精に導かれてしまいました。

私は自分の早漏(そうろう:短時間で射精をしてしまうこと)ぶりを悔やみました。本当はもう少し女性と騎乗位を楽しみたかったのですが、仕方ありません。しかし私は「これだけ可愛い女性とセックスをすることができて、料金は1万円以下なのか。すごいな!」と感動しました。

日本では大坂の「飛田新地(とびたしんち)」というエリアにあるちょんの間で、可愛い女性や美人な女性とエッチをすることができます。ただ「15分で12,000円」もしくは「20分で16,000円」の料金が基本であるため、香港141のほうが安いです。

香港141は「料金の安さ」と「女性の質」という2点のバランスが非常に良いです。そのため、香港に立ち寄ったら香港141を訪れてみるのはお勧めです。

香港の風俗店「香港141(ピンポンマンション)」の体験談は以上です。私は香港で遊んだあと、フェリーで1時間ほどで向かうことができる「マカオ」の風俗店にも行きました。ただ、料金とサービス内容のバランスを考えると、1万円以下で可愛い女性とセックスを行うことができる香港141は非常に良いと思いました。興味が湧いたら、ぜひこの場所へ行ってみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。