マカオサウナ体験談:初心者が行くべきお勧め3店と観光情報


マカオでは「サウナ」という施設で風俗遊び(夜遊び)をすることができます。日本とマカオのサウナは全く別の施設で、マカオサウナでは女性とのセックスを楽しんだり、日本にある「スーパー銭湯」のようにのんびりと過ごすことができたりします。マカオサウナは日本の風俗店とは大きく違うため、一度体験してみるのはお勧めです。

ただ、「マカオサウナに興味はあるけれど、実際どのような感じなのか分からない」、「利用の仕方や料金の仕組みが分からない」などの疑問が湧くことがあると思います。

そこでここでは、私のマカオサウナ体験談を紹介します。私はマカオサウナとマカオの飲食店、カジノ、世界遺産を回ってきました。ここではマカオサウナについての情報を中心に、観光情報も合わせて解説します。詳しく紹介しているため、マカオへ夜遊びのために訪れる際にはぜひ参考にしてください。

香港からフェリーでマカオに向かう

私は4泊5日で香港とマカオに行きましたが、マカオには香港からフェリーを利用して向かうのが一般的です。日本から香港には航空機の直通便がたくさん運行しているため向かいやすいです。また、日本‐香港の飛行機代は安く私は往復3万円(燃料サーチャージ込み)で利用できました。そのため1度香港に行き、そこからフェリーでマカオに行くのがお勧めです。

また、後述しますが香港のフェリーターミナル(フェリーの乗り場)には、「マカオサウナのクーポン」が販売されています。これを購入すると、香港・マカオ間の往復フェリー代金が割引になります。

香港には「九龍(カオルーン)」と「香港」という大きな駅があり、これら2つの駅付近に「マカオ行きのフェリーターミナル」があります。フェリーに乗れば、約1時間でマカオに到着します。

ただし、マカオサウナのクーポンが販売されているのは「香港駅に近いフェリーターミナル」だけです。これは間違えやすいため気をつけてください。風俗遊びを目的にマカオに行くなら、クーポンを購入するほうがお得なので、必ず香港駅近くのフェリーターミナルに向かいましょう。

香港駅のフェリーターミナルに行くための道順

香港駅に近いフェリーターミナルに行くためには、電車に乗って最寄り駅である「香港駅」もしくは「中環駅」まで向かいます。そこから徒歩でフェリー乗り場まで向かいます。

または、中環駅から乗り換えをして「上環駅」まで行ってもいいです。上環駅であればフェリーターミナルに直結されています。

私は「中環駅」で電車を降りました。中環駅を出ると、長い歩道橋があります。これを歩いていくと、フェリーターミナルに到着します。

フェリー乗り場は「信徳中心(Shun Tak Centre:シュンタックセンター)」という建物の中にあります。歩道橋を歩いて行くと、信徳中心への入口が見えてきます。信徳中心の3階にフェリー乗り場がありますが、歩道橋から入ることができる入口は、信徳中心の2階につながっています。

マカオサウナのクーポンを購入

私は信徳中心に入ってから、まずは「マカオサウナの料金が割引になるクーポン」を購入することにしました。信徳中心には旅行会社のテナントがあり、ここでクーポンを買うことができます。

マカオサウナのクーポンを販売している旅行会社は「成功旅行社(325区画)」、「東方旅行社(319区画)」、「捷輝旅遊社(308区画)」の3つで、いずれも信徳中心の3階(フェリー乗り場と同じ階)にあります。行きたいサウナが決まっている場合、そのサウナのクーポンが販売されている旅行会社に行く必要があります。

それぞれの旅行会社とも、店の窓ガラスに「クーポンを取り扱っているマカオサウナの広告」を貼っています。そのため入店する前に行きたいサウナのクーポンがあるかどうかを確認して、旅行会社に入店すると良いです。

例えばマカオサウナの中でも非常に人気が高い「18サウナ(十八桑拿:エイティーンサウナ)」のクーポンは「成功旅行社」のみしか扱っていません。このように自分が行きたいサウナのクーポンをどの旅行会社が扱っているかを確認する必要があります。

私は成功旅行社に入店して、「18サウナ」と「ダーリンマッサージサウナ1」という店のクーポンを購入することにしました。また、「リオスパ(リオサウナ)

」という店もお勧めです。この3店はマカオサウナ初心者が利用するのに適しているため、「どのサウナが良いか分からない」という場合は真似して利用してみてください。

ちなみに、旅行会社の店頭にはスタッフが立っていることがあります。広告を眺めていると、スタッフが声をかけてくることがありますが、強引な勧誘をされることはありません。私はその場を離れたいと思ったら、手をくるくると回して「Around(ちょっと他店を回ってきます)」と伝えていました。するとスタッフはそれ以上、話してこなくなります。

旅行会社での料金支払い

旅行会社の支払いにはクレジットカードを利用することができますが、VISAかMasterのクレジットカードを持っていると良いです。成功旅行社では、アメックスのカードを使うことはできませんでした。また、ATMが信徳中心内にあります。

クーポン代金をクレジットカードで支払う場合、手数料が加算されます。そのため、現金支払いの場合よりも2%高い金額になります。

私が成功旅行社に行ったときには、日本語を話すことができるスタッフがいました。そのため説明が分かりやすく、スムーズに対応してもらうことができました。私は最初、「ぼったくりにあわないかな」と心配でしたが、特に心配することなく、ていねいに対応してもらうことができました。

私が18サウナとダーリンマッサージサウナ1のクーポンを購入したときには、両方を合わせて2,500香港ドル(日本円で約38,000円)ほどでした。サウナを利用する正規の値段に比べて、1割ほど安い価格です。これに「香港・マカオ間の往復フェリーチケット」が付いてきます。

正規料金よりも安く、往復フェリーチケットを省けることを考えると、フェリー料金とマカオサウナの料金を別々に支払うよりも、信徳中心でフェリーのチケットとマカオサウナのクーポンを同時に購入するほうが圧倒的にお得です。

マカオ行きのフェリーに乗船

成功旅行社でサウナのクーポンとマカオ行きのフェリーチケットを入手したあと、私はフェリーの乗船までに1時間ほどの時間がありました。そのため私は信徳中心内をしばらく見て回り、フェリー乗り場に向かうことにしました。

余談ですが信徳中心の中にある飲食店は、1つの料理を注文するだけでも量が非常に多いです。私はビーフン(細長い麺を味付けした料理)と魚料理を注文したところ、食べきれませんでした。また、信徳中心はトイレの位置が分かりにくいため気をつけてください。トイレはフェリー乗り場や旅行会社と同じく3階にあります。

フェリー乗り場では、旅行会社で受け取ったフェリーのチケットをスタッフに見せます。するとスタッフが船の座席を決めてくれて、フェリーの乗り場まで向かうことになります。乗り場までは、細い通路を通って向かいました。私が乗船したのは火曜日でしたが、たくさんの人でにぎわっていました。

また、香港からマカオに向かうときには出国・入国の手続きがあります。簡単な用紙を書く必要があるため、前もってパスポートとボールペンをすぐに取り出せるように準備しておくと良いです。

こうして私は手続きを終えて、フェリーに乗り込みました。スーツケースはフェリー内の保管場所に置けるようになっています。先にスーツケースを置いてから、座席に移動します。

出航時間になると、船はマカオに向かって運行を始めました。船はそれほど揺れることはなく、比較的速いスピードで進みました。私はノートパソコンで仕事をしたり、本を読んだりして過ごしていました。到着までに約1時間かかるため、前もって乗船中の過ごし方を考えておくと良いです。

こうして乗船してから約1時間後、私はマカオのフェリーターミナルに到着しました。

マカオに到着後、サウナに向かう

私はマカオに到着して入国手続きを終えると、まずはタクシーに乗ってホテルにチェックインすることにしました。

マカオのフェリーターミナル内には、「Taxi?(タクシーに乗るのですか?)」と声を掛けてくれる男性がいます。マカオのフェリーターミナル内でこのように声を掛けてくる人には、気をつけたほうが良いです。

こうした男性はほとんどの場合、いわゆる「ぼったくり」です。通常料金よりも高いタクシー代を請求してくるため、フェリーターミナルの外に出て、直接タクシー乗り場に行ったほうが良いです。

私はタクシーを利用して、「グランドリスボア」という有名なホテルに移動しました。グランドリスボアはマカオ内でもランドマーク的(目印となるような)存在の建物です。

フェリーターミナルからグランドリスボアまでのタクシー料金は、約30香港ドル(約450円)でした。これに対してぼったくりの男性は100香港ドル(約1,500円)と言っていたため、3倍以上の料金を私に要求していたことになります。マカオのフェリーターミナル内では、タクシーのぼったくりに引っかからないように気をつけてください。

マカオサウナの特徴

私はサウナという言葉には、「蒸し風呂」のイメージしかもっていませんでした。しかしマカオサウナは日本のものとはまったく異なります。マカオサウナは「お風呂や飲食、マッサージを楽しむことができ、さらに女性とセックスを行うことができる店」のことを指します

温度はぬるめですが、マカオサウナには日本の銭湯にあるような大浴場があります。マカオサウナの女性スタッフが身体を洗ってくれたあと、サウナ内に設けられた広いスペースで休憩をしたり、飲食をしたりすることができるようになっています。

また、マカオサウナの多くは飲食が無料になっています。そして24時間営業しているお店が多いため、人によってはホテルの代わりにサウナで宿泊することがあります。

そして、マカオサウナの中心的なサービスが、「女性とのセックス」です。日本の風俗店では法律で本番行為(セックス)が禁止されています。ソープランドやちょんの間などの風俗店ではセックスを行うことができるものの、手軽に本番行為を楽しめる店は少ないです。しかしマカオサウナでは、セックスを基本サービスとして楽しむことができます。

マカオサウナの料金は、「女性とセックスをするかどうか」で料金が変わります。

女性とセックスをしない場合、マカオサウナに支払う料金は「入場料」だけです。これを支払えば、いつまで施設内にいても料金は変わりません。軽食やドリンク、ベッドでの休憩を無料で利用することができます。

女性とセックスをする場合、「女性とのプレイ料金」が発生します。この場合、入場料は無料になることが多いです。セックスサービスの料金は「女性の質」によって異なります。

サウナに在籍している女性はタイ人や中国人のほかに、白人や日本人などがいます。さらに、一般女性のほかにモデルの女性も在籍しています。さまざまな人種の中で最も料金が高いのは日本人女性です。また、一般女性よりモデルのほうが料金は高くなります。

タイ人や中国人など、一般的な女性を選ぶ場合は香港のフェリーターミナルで購入したときのチケット代だけで問題ありません。ただ、モデル女性や白人、日本人など料金の高い女性を選ぶ場合、後で差額分の追加料金が発生します。

しかしながら、白人を選ぶ場合ならまだしも、マカオで日本人を選ぶ理由はありませんし、モデル女性とはいっても中国では「背が高いかどうか」がモデル女性の基準になります。

日本人好みの小柄でかわいらしい女性は一般的な値段であるものの、背が高いだけで顔もガタイも大きく女性がモデルに指定されていることがあります。そのため、基本的にはクーポンチケットの料金だけで選べる女性で満足できます。

また、女性とのプレイ料金は「店に支払う料金」だけでなく、「女性に直接渡すチップ」も必要です。料金は店によって異なりますが、店に支払う料金の相場は2,000香港ドル(フェリーターミナルでチケットを購入した場合はそれを渡せば問題ない)、女性に渡すチップの相場は500香港ドルほどです。私が行ったときのレートでは、2,000香港ドルは約3万円、500香港ドルは約7,500円にあたります。

当然ですがモデルの女性やより質の高い女性を指名すると、さらに料金は高くなります。

もうひとつ、「サウナのスタッフに渡すチップ」も必要です。マカオサウナでは女性スタッフが身体を洗ってくれたり、男性スタッフが施設の案内をしてくれたりします。こうしたスタッフにチップを渡す必要があるのです。あげなくて良い場合はありますが、相場は1回の入店あたり200香港ドル(約3,000円)ほどです。

日本にある風俗店の平均相場は15,000~20,000円ほどであるため、マカオサウナはこれに比べると少し料金が高いです。しかしマカオサウナは日本にはない特徴があり、50~100人の女性がズラッと並ぶなど、初めて利用するときには驚くことが多いはずです。私も今回の旅で初めてマカオサウナを体験しましたが、その楽しさに大きな衝撃を受けました。そしてそれと同時に、マカオを好きになりました。

人気のサウナである「18サウナ」に向かう

ホテルに荷物を置いた私は、さっそく最初の目的地である「18サウナ(十八桑拿)」に向かいました。18サウナは「ゴールデンドラゴンホテル(金龍酒店)」というホテルの5階にあります。

「18サウナ」は、マカオの中でも非常に人気が高いサウナです。18サウナにはたくさんの女性が在籍していて、ピーク時間である夜の19時以降になると、約100名の女性からプレイする相手を指名することができます。私が行ったのは平日火曜日の18時ごろで、指名できる女性は50名ほどでした。

18サウナで女性とセックスをする場合、「店に支払うプレイ料金」、「セックスをする女性に支払うチップ」、「18サウナのスタッフに支払うチップ」の3つがかかります。

店に支払うプレイ料金は約2,000香港ドル(約30,000円)です。ただ、日本人女性や容姿が良いモデルの女性を指名する場合はさらに料金が高くなります。この場合には3,000~4,000香港ドル(約45,000~60,000円)の料金がかかります。

セックスをする女性に支払うチップは女性によって異なり、400~1000香港ドル(約9,000~15,000円)です。スタッフが「この女性に支払うチップは400香港ドルです」のように伝えてくれます。

また、18サウナのスタッフ(最初に洗体してくれる女性)に支払うチップは200香港ドル(約3,000円)でした。

料金については最初に18サウナのスタッフが説明してくれますが、スタッフは日本語があまり話せませんでした。そのため前もってどのようなお金がかかるのかを把握しておくと、支払いの際に慌てずにすみます。

18サウナに入場

18サウナに入場するとスタッフが案内してくれて、まずは服を脱ぎます。18サウナのスタッフは日本人客に慣れていて「すっぽんぽん(裸になってください)」と案内されます。着ている服を全て脱いだあと、大浴場に進みます。

大浴場には女性が待機していて、身体を洗ってくれます。このときに洗体を担当してくれる女性スタッフは、セックスをしてくれる女性とは異なります。洗体を担当している女性は、タイ人などの比較的年齢が高めの女性が多いように感じました。

身体を洗ってもらうときには、日本のソープランドにある「洗い椅子」に似た、特徴的な形をした椅子に座ることになります。日本ではあまり見かけない珍しい形をした椅子なので、私は「良い体験だな」と思いました。

身体を洗ってもらったあとは休憩室に通されて、リラックスして過ごすことができます。また、洗ってくれた女性へのチップとして、前述の通り200香港ドル(私が行ったときのレートでは、約3,000円)を支払う必要がありました。

18サウナの特徴として、約30分ごとに行われる「ショータイム」があります。指名できる女性全員が一斉に浴場の横にあるフロアに集まり、そこで男性客はエッチをする女性を選びます。私がショータイムを見たときには毎回50~70人ほどの女性が並んでいました。

女性はセクシーな雰囲気の衣装を着ていて、男性が目を向けると微笑みを返してくれることがあります。日本では風俗店で遊ぶときに、女性を実際に見て確認することができることは少ないです。これに対してマカオサウナでは、女性の表情や体型を直接的に見ることができるため、より好みに合った女性とプレイをしやすいです。

ショータイムは10分ほどで終了して、女性は待機部屋に帰っていきます。女性を指名しなかった場合、次のショータイムにもう一度女性を確認して、指名したい女性がいるかどうかを判断します。

夜の19時以降は出勤する女性が増えてくるためより自分好みのプレイ相手を選びたい場合には、19時以降のショータイムで女性を確認すると良いです。

私が18サウナに入店したのは午後4時頃で、19時からのピーク時間までにはまだ余裕がありました。そのため私はピーク時間までの時間を、休憩室で過ごすことにしました。

18サウナの休憩室で過ごす

18サウナの休憩室ではソフトドリンクを自由に飲むことができ、軽食も食べることができます。ドリンクを頼むときには、周囲にいるスタッフに声をかけると持ってきてくれます。軽食を取りたい場合は、食事スペースに行って注文します。

また、寝転ぶことができるベッドが設置されているため、のんびりと過ごすことができます。私もしばらく寝そべっていましたが、周りにはベッドで眠っている人がいました。また、別料金を支払うことで、身体のマッサージをしてもらうこともできます。

私はベッドで少し休憩したあとに椅子と机があるエリアにパソコンを持ち込み、仕事をしていました。18サウナでは、パソコンやスマホを持ち込むことができます。ただ、これらをバッグに入れて持ち込むことはできず、手にノートパソコンやスマホだけを持って移動することになります。

私は注文したドリンクを飲みながら仕事をして、30分おきに休憩としてショータイムで女性を眺めていました。

また、仕事をしている最中にセクシーな服を着た女性スタッフが笑顔で声を掛けてきて、「チンチンマッサージはいかがですか?」と聞かれました。チンチンマッサージとは「男性器を手で刺激してくれるマッサージ」のことで、日本でいう「性感マッサージ」のようなサービスです。これを頼むと別料金が発生するため、私はやめておきました。

18サウナはこのように、女性とエッチを楽しむだけでなく、日本のいわゆる「スーパー銭湯」のような設備を兼ね備えています。施設内はスーパー銭湯のような和風の雰囲気ではなく、薄暗く、エッチな雰囲気が感じられる内装になっています。

ちなみに私は、持ち込んだパソコンをショータイムの際に寝転がっていたベッドへ放置してしまいました。女性を指名せずに机に戻ったところ、置いてあったはずのパソコンがその場からなくなっていました。

私は「しまった! パソコンを盗まれたかもしれない」と思い、18サウナのスタッフに「パソコンがなくなってしまったのですが何か知りませんか?」と確認しました。スタッフは最初、私の言葉が聞き取れなかったためなのか、「I don’t Know.(知りません)」と答えました。しかし私が何度も確認すると、私のパソコンはスタッフが保管してくれていました。

この出来事には、私は非常に焦りました。パソコンは私の大切な仕事道具なので、盗まれてしまうと困ります。「マカオを含めて海外では、パソコンやスマホを放置しないようにしよう」と、私は心に誓いました。

また、私はマカオで日本人が経営している飲食店に行きましたが、そのお店の人は「友人がマカオでスーツケースから少し目を離した間に、ケースごと盗まれてしまった」という話をしていました。盗難には十分に気をつけるようにしてください

ただ、基本的にはマカオの治安は非常に良いです。私は夜まで繁華街を歩き回っていましたが、特に他人から声を掛けられることはなく、危険な目にもあいませんでした。荷物を肌身離さず持ち歩くようにすれば、風俗遊び(夜遊び)を楽しむことに集中できます。

3度目のショータイムで、女性を指名

18サウナに在籍している女性は、全体的に質が良いです。どの女性も魅力的で、可愛い女性や美人な女性まで、タイプが幅広く揃っています。モデルの女性も在籍しているため、「美女とセックスをしたい」という場合にはお勧めです。

また、18サウナには白人や黒人の女性も在籍していて、さまざまな人種の女性とエッチをすることができます。私は白人とエッチをしたいと考えているため、18サウナにいた白人女性は非常に興味が湧きました。ただ、別の女性のほうがさらに魅力的であったため、今回の旅では白人女性とのエッチをあきらめました。

18サウナには、中国人やタイ人の女性がたくさん在籍しています。また、日本人女性も風俗嬢として在籍していました。18サウナを含めてマカオサウナでは、前述のように「女性の人種」によって料金が異なります。

18サウナでは日本人が最も高い料金で、タイ人や中国人が最も安いです。ヨーロッパ人はその中間の料金になっています。日本人女性とのプレイ料金が最も高いことに、私は驚きました。

日本人女性とエッチを楽しむなら日本の「ソープランド」に行くほうが、質の良い女性と安く遊べます。マカオサウナでは日本人以外の女性とエッチをする方が、現地ならではの体験を楽しめるのでお勧めです。

私は巨乳で綺麗な雰囲気の中国人女性を指名することにしました。女性の衣装には「番号札」が付けられています。女性を指名するときには、ショータイムのときに立っている男性スタッフに声を掛けて、希望する女性の番号を伝えます。すると男性スタッフがプレイをするための準備をしてくれます。

また、スタッフは「指名した女性に、チップとして600香港ドルを支払ってくださいね」と説明してくれました。

「プレイルーム」に移動して、女性とセックス

指名後は「プレイルーム」という部屋に移動して、指名した女性が部屋に来るのを待ちます。18サウナのプレイ内容は、「女性によるシャワー・洗体」と「ベッドでのセックス」です。これらのプレイを合計して1時間で、射精は1回のみです。

プレイルームに入って女性が来たら、チップを渡した後に服を脱いで女性にシャワーをしてもらいます。女性がシャワーを使い、身体を洗ってくれます。そしてそのあと、シャワー室に置かれているビニール製のマットに寝転びます。

うつ伏せでマットに寝転ぶと、女性が自分の背中に石けんの泡をつけてくれます。そして乳房をすり付けるようにして、背中を洗ってくれます。これは日本のソープランドで行われる「マットプレイ」と同じ内容です。私が指名した女性は非常に巨乳だったため、柔らかい乳房の感触をしっかりと楽しむことができました。

次に女性から仰向けになるようにうながされ、私は体勢を変えました。すると女性は、身体の前側を背中と同様に、乳房をすり付けて洗ってくれます。このときは女性の乳房や表情を見ることができるため、背中を洗ってもらうときよりもさらに興奮を楽しむことができます。私は女性の可愛さやふくよかな乳房に、すっかり魅了されてしまいました。

私は女性に片言の英語で「You are very cute! Kiss OK?(とても可愛いね! キスしていい?)」と聞いてみました。しかし「No kiss.(キスはダメ)」と断られてしまいました。18サウナでは、キスは禁止されているようでした

こうしてマットプレイを終えたあとは身体に付いた泡をもう一度女性に洗い流してもらい、ベッドに移動します。

ベッドに移動すると、もう一度女性にうつ伏せになるようにうながされました。私がうつ伏せになると、女性は水のような液体を口に含み、私の背中に口に含んだ水を垂らしながら刺激してくれました。これは何ともいえない気持ち良さがあり、私は身体をよじらせながら刺激に耐えました。女性は私が快感を覚えていることに満足そうでした。

背中を刺激してもらったあとは、私は女性から仰向けの状態になるようにうながされました。そして女性は私のペニスにコンドームを付けてくれて、フェラチオをしてくれました。

日本の風俗店では、風俗嬢がいわゆる「生(コンドームなし)」の状態でフェラチオをしてくれます。これに対してサウナを含めてマカオサウナでは、女性がペニスにコンドームを装着してフェラチオをしてくれます。

私は生でフェラチオをしてもらいたかったのですが、コンドームを付けた状態でのフェラチオであっても、十分に興奮することができました。しばらくペニスを刺激してもらったあと、女性は私のペニスをおもむろに女性器にもっていき、挿入し始めました。そして女性は、騎乗位でのセックスを始めました。

女性はなめらかに腰を動かしてくれて、私の興奮はさらに高まりました。ただ、私のペニスは非常に大きいです。そのためしばらく騎乗位でのセックスを続けていると、女性が「I’m tired.(疲れたよ)」と話してきました。私のペニスによる刺激が大きく、女性がすぐに疲れてしまったのです。

そのため正常位に体位を変えて、私はプレイを続けました。私は「セックスをするなら、日本人女性が一番気持ち良いだろう」と考えていました。しかしこの中国人女性とのエッチで、私は「中国人女性であっても、日本人女性と同じくらい気持ち良いセックスをすることができる」と感じました。

私はしばらく女性を刺激し続けたあと、射精に至りました。セックスを終えたあとに女性は「Very hard.(とても激しいエッチだった)」と言っていて、私はマカオサウナの中国人女性を満足させることができたことに充実感を覚えました。

プレイを終えたあとはふたたびシャワーに入り、女性が身体を洗い流してくれました。シャワーを浴びたあとに服を着ながら、私は女性と会話をしました。女性は「来年は日本に行こうと思っている」と話していて、私は「僕が観光地を案内するよ」と冗談を言っていました。

このあとは女性が手をつないでくれて、プレイルームを出て休憩室に戻りました。女性は休憩室の手前で「バイバイ」と挨拶をしてくれました。私は満足感いっぱいの気持ちで、18サウナのプレイを終えました。

クレジットカードで料金の支払い

プレイを終えたあとにしばらく休憩室で時間を過ごして、私は18サウナを出ることにしました。そのときに、店のカウンターで「女性とのプレイ料金」を支払いました。

本来はフェリーターミナルでのクーポン料金だけで問題ありませんが、私が指名した女性はどうやらモデル女性だったようです。そのため、差額分の料金をここで支払うことになりました。

私はクレジットカードで支払いをすませて、店を出ました。18サウナではVISAかMasterのクレジットカードを利用可能です。アメックスは使えません。マカオサウナで遊んだり、マカオで観光をしたりする際には、VISAかMasterのクレジットカードがあると便利です。JCBやアメックスは使えない店があるため、気を付けましょう。

私が18サウナに関して総合的に感じたことは、「初めてマカオサウナを体験するなら、最初に利用するべき店」という印象です。

18サウナに在籍する女性の質は高く、幅広い男性の好みに合った女性を選ぶことができます。ただ、「施設内のスタッフに渡すチップ、女性の指名料などで料金が高くなりやすい点」と「スタッフに日本語が通じにくい点」がデメリットです。日本語が通じにくいとどの女性がモデルや日本人であり、追加料金が必要になるのか分かりにくいです。

しかし18サウナはデメリットを考慮したとしても、一度利用してみるのはお勧めです。個人的には非常に気に入ったサウナです。

「ダーリンマッサージサウナ1」に向かう

マカオに到着して18サウナを満喫した私は、次の日に「ダーリンマッサージサウナ1(打令浴室1)」に向かうことにしました。

ダーリンマッサージサウナ1は通称「ダーリンワン」と呼ばれており、18サウナと並んでマカオで人気のお店です。また、日本人観光客がたくさん来店していて、利用しやすいお店です。ダーリンワンは「マスターズホテル(萬事發酒店)」というホテルの3階にあります。

ダーリンマッサージサウナ1は「サウナ」という文字が店名に入っていますが、正しくは「サウナ」ではありません。ダーリンワンは18サウナのように施設内で飲食や休憩をして過ごすことはできず、女性とのセックスを終えると店を出ることになります

私はタクシーに乗り込み、「ダーリンワン」と伝えました。するとタクシーの運転手はすぐに理解してくれました。おそらくマカオのタクシー運転手はダーリンワンに男性客を何度も案内しているのだと思います。

ちなみにダーリンワンの系列店で、「ダーリンマッサージサウナ2(ダーリンツー)」もあります。ただ、ダーリンワンは「一般店」、ダーリンツーは「格安店」というイメージで、ダーリンワンのほうが人気は高いです。

ダーリンワンに入店すると、女性スタッフが出迎えてくれました。この女性は日本語が非常に上手で、ダーリンワンの料金システムや利用のポイントを分かりやすく説明してくれました。また、このときにドリンクを1杯無料で注文することができます。私はビールを飲んでくつろぎながら、女性の説明を聞きました。

ダーリンワンの料金は「女性とのプレイ料金」と「女性に渡すチップ」に分かれます。女性とのプレイ料金は、店を出るときに支払います。支払いにはVISAやMasterの他に、JCBやアメックスのクレジットカードを利用することができました。

チップは指名した女性とプレイをする際に、女性に直接渡します。女性とのプレイ料金は約1,800香港ドル(約27,000円)、チップは女性の質や人種により異なりますが500香港ドル(約7,500円)はかかります。私が指名した女性は中国人の女性で、チップは500香港ドルでした。

たくさん女性の中から、プレイする相手を選ぶ

ダーリンワンで店の説明を聞くのは、たくさんの女性が待機している広いスペースです。ひな壇のように段差のついた台があり、そこにたくさんの女性が並んで座っています。その様子を正面から眺めながら店の説明を聞き、プレイの相手をしてくれる女性を指名します。これは日本にはない光景で、初めて見ると驚く人が多いです。

私が女性を眺めていると、ひな壇に座っている女性とひんぱんに目が合いました。どの女性も指名してほしいため、最大限のアピールをしてくるのです。私は次々に振り向けられる女性の笑顔と、胸の谷間が露出したセクシーな衣装に、すっかり興奮してしまいました。そしてどの女性も可愛いため、誰を指名しようか迷ってしまいました。

店のシステムを説明してくれた女性は、「近くで見ても大丈夫ですよ」、「ゆっくり決めて大丈夫ですよ。どの女の子も可愛いでしょう」のように、気さくに声をかけてくれました。

私は「ダーリンワンの接客はていねいだな」と思いました。なお、女性を選ぶ際には「双眼鏡」が用意されているため、よりしっかりと女性を確認したい場合は双眼鏡で女性を見ると便利です。

私はビールを飲みながらしばらく女性を眺めて、小柄で可愛い雰囲気の女性を選ぶことにしました。その女性は胸が大きく、魅力的な体型をしていました。

指名する女性を決めたら、女性の胸に付いた札に書かれている番号をスタッフに伝えます。するとダーリンワンの従業員がプレイの準備をしてくれて、用意が整ったらプレイルームに案内されます。プレイルームに案内されるまでは早く、10分もかからないくらいでした。

女性とのプレイ時間は90分で、射精は1度だけです。日本の風俗店は射精後に残った時間で女性との会話を楽しむことができます。

マカオの風俗店では、一般的にセックスを終えると女性がすぐに服を着替えて、「プレイルームを出ましょう」とうながしてきます。そのためマカオサウナではプレイ後に女性と会話を楽しんだり、2度目のセックスをしたりすることはできません。

ただ、ダーリンワンでは射精をした後であっても女性がマッサージをしてくれるなど、2回戦をすることはできなくても、時間いっぱいサービスしてくれる点は非常に優れています。私は英語ができないのでカタコトで話すことになりましたが、それでも何とかコミュニケーションを取ることができました。

18サウナは60分で1プレイであるのに対して、ダーリンワンは90分です。そのためより長時間のプレイを楽しみたい場合には、ダーリンワンをお勧めします。

魅力的な女性とプレイ

プレイルームで数分待っていると、ドアのノック音が聞こえて、指名した女性が入ってきました。指名するときに少し離れて見たときにも可愛かったのですが、間近で見るとその女性はより可愛く見えました。

ダーリンワンのプレイルームは広くて、お洒落な雰囲気が感じられる内装になっています。部屋にはプレイ用のベッドとシャワールームがありました。シャワールームには浴槽があり、女性と一緒にお風呂に入ることができます。お風呂は石けんの泡が浮かんでいて、女性と自分の身体が触れ合ったときに気持ち良く感じるようになっています。

まずは女性が服を脱がしてくれます。私のペニスは大きいため、女性が「ワオ!」と声を漏らしていました。

私が服を脱ぐと、女性がベッドでマッサージをしてくれました。このマッサージはペニスに刺激を与える「性感マッサージ」ではなく、「身体を揉みほぐすマッサージ」です。私は「エッチの前にこのようなマッサージが行われるのは珍しいな」と思いました。

私はベッドにうつ伏せになるように女性から言われました。指示通りにベッドに寝ると、女性が私の背中に手をあてて、マッサージを始めました。

体内には「リンパ管」と呼ばれる老廃物を排出するための管があります。女性はリンパ管の流れを良くするような刺激の仕方で、マッサージをしてくれました。また、肩を重点的に揉みほぐしてくれました。私が指名した女性は小柄でしたが、しっかりと力が入っていて気持ち良いマッサージをしてくれました。

マッサージが終わると2人でシャワールームに移動することになり、女性が身体を洗ってくれます。そして身体を洗ったあとは浴槽に入り、女性が「お風呂でのプレイ」をしてくれます。

女性は私を浴槽に後ろ向きになって入るようにうながしました。女性に言われた通りに後ろ向きになると、女性は背中に乳房をすり付けて刺激してくれました。お風呂の湯船は温かくてリラックスでき、女性の大きな乳房が気持ち良く感じて、私は幸せな気分に浸りました。また、女性は「ああん」といやらしいあえぎ声を上げてくれたため、さらに私は興奮しました。

こうして浴槽の中で、後ろ向きで刺激してもらったら、次に女性は仰向けになるようにうながしてきました。私が仰向けになると、女性は身体の前側を乳房で刺激してくれました。私は女性の可愛い表情と大きな乳房を楽しむことができて、興奮がさらに高まりました。

乳房による刺激が終わると、浴槽から出て女性が身体をもう一度洗い流してくれました。その後にタオルで身体についた水分を拭き取り、ベッドに移動しました。

中国人女性と、激しくセックス

ベッドに移動したあとは、女性がフェラチオをしてくれました。仰向けの状態でベッドに寝転び、上から女性がペニスを舐めてくれます。女性がペニスにコンドームを付けてくれて、その上からフェラチオをしてくれました。

女性のフェラチオは気持ち良く、私は快感から射精してしまいそうになりました。しかしセックスをするために、何とか我慢しました。そしてフェラチオをしてもらったあと、仰向けの状態はそのままで、女性が騎乗位でのセックスを始めてくれました。

騎乗位でのエッチは、私も気持ち良かったのですが女性にとっても気持ち良さそうでした。しばらく騎乗位で刺激してもらったあと、女性は「change!(体位を変えよう)」と言ってきました。そのため私たちは正常位の体勢になり、さらにセックスを続けました。

私は前日に18サウナで女性とプレイしていたため、セックスをするのは2日連続でした。そのためイクまでに時間がかかってしまいました。最後は力を振り絞るようにして腰を振り、時間内に射精を終えることができました。

射精を終えたあと、女性は体力を使い果たしたような様子でした。そして3分ほど目をつむって、何も言わずに私の横で横になっていました。私はその間、女性の胸を触ったり、頭をなでたりしていました。

そして前述の通り、時間が来るまでカタコト英語で会話をしたり、マッサージをしてもらったりしました。

ちなみにダーリンワンの女性も18サウナの女性と同じく、キスを拒みます。また、女性の髪の毛に触れるとセットしている髪型が乱れてしまうため、嫌がる人が多いです。エッチのムードを壊さないため、女性に対して強引にキスをしたり、髪の毛に触れたりしないようにしましょう

こうして私はプレイを終えて、プレイルームを後にしました。その後はダーリンワンのカウンターに戻ってきて、会計をすませました。

ダーリンワンを利用して私が感じたことをまとめると、「女性を直接的に見て選べるのが楽しい。プレイ時間が90分と長く、可愛い女性とエッチすることができる。ただ、他のマカオサウナのように休憩室がなく、施設内でゆっくりできないことがデメリット」という印象です。

プレイ時間が長いことや女性の質が良いことは大きなメリットであるため、ダーリンワンを利用してみるのはお勧めです。

高級感のあるサウナ、「リオスパ」に向かう

ダーリンワンを堪能した私は、3日目に「リオスパ(利澳水療芬蘭浴)」というマカオサウナに行きました。リオスパは高級ホテルである「リオホテル」の5階にあるサウナで、ホテルと同じく高級感のある雰囲気のお店です。

「リオスパ」の特徴

リオスパは、前述した18サウナの系列店です。リオスパは「18サウナの高級版」として営業されていて、店のシステム自体は18サウナと似ています。

リオスパの中には大きく分けて「浴場」「休憩室」「プレイルーム」があります。浴場では広い湯船に浸かることができ、女性スタッフに身体を洗ってもらうことができます。そして身体を洗ってもらったあとは、休憩室でリラックスして過ごすことができます。

リオスパは24時間営業で、日本のスーパー銭湯と同じように、1度入場すれば出るまでの料金は変わりません。女性に直接手渡しをするチップ以外は、クレジットカードで支払いをすることができます。クレジットカードはVISA・Master・JCB・アメックスが利用可能です。

リオスパでは、1時間おきに「ショータイム」が行われています。ショータイムではリオスパに在籍している女性が浴場の横に設けられているステージに並び、好みの女性を指名してセックスをすることができます。18サウナは30分おきに女性を指名できるタイミングがありますが、リオスパは1時間おきです。

また、18サウナのショータイムは浴場の横にあるスペースに女性が並ぶのに対して、リオスパでは「ネオンが輝く専用のステージ」に女性が並びます。そのためより華やかな雰囲気の中で、女性を指名することができます。また、指名できる女性は中国人やタイ人、ヨーロッパ人や日本人がいて、幅広い女性の中から好みの女性を見つけることができます。

リオスパの料金体系

リオスパで支払う料金は、「入場料」と「女性とのプレイ料金」に分かれます。

リオスパに入場して女性とエッチをせずに、無料のドリンクや軽食を楽しんだり、ベッドで休憩したりする場合には入場料のみを支払います。

女性とエッチをする場合は、入場料は無料になります。女性とのプレイ料金は「店に支払う料金」と「女性に手渡しで支払うチップ」がかかります

プレイ料金は指名する女性によって異なります。私は中国人女性を選びましたが、プレイ料金は約2,600香港ドル(39,000円)でした。また、これとは別に女性に渡すチップとして500香港ドル(7,500円)が必要でした。

日本人女性やモデルの女性を指名する場合は料金が高くなり、日本人女性などの中には指名するために4,000香港ドルほど(約60,000円)かかる女性もいます。これは日本の高級ソープランド以上の料金であるため、リオスパで日本人とプレイすることはお勧めしません。

リオスパに入場

私は平日木曜日の17時ごろにリオスパに入店しました。店に入ると男性スタッフが「日本人ですか?」と聞いてきました。私が「日本人です」と答えると、リオスパのスタッフはていねいな日本語でシステムの説明をしてくれました。18サウナのスタッフは日本語をあまり話せませんでしたが、リオスパのスタッフは日本人客の接客に慣れているようでした。

システムの説明をひと通り聞き終えると、スタッフが「すっぽんぽん(服を脱いで裸になってください)」と言ってきました。私は「すっぽんぽんは、マカオサウナではかなり広まっている言葉なのだな」と思いました。

裸になって腰にタオルを巻いて入場すると、浴場に案内されました。浴場の広い湯船に浸かってしばらく温まったところで、お風呂のそばにいた女性スタッフが声をかけてくれて、身体を洗ってもらいました。18サウナにも置かれていた、特徴的な「洗い椅子」に座りながら身体を洗ってもらうことになります。

18サウナでも身体を洗ってくれる女性スタッフがいましたが、リオスパにいた女性のほうが少し可愛い印象でした。私は女性の胸を少し触りながら、カタコトの英語で女性と雑談をしていました。そして女性にしっかりと身体を洗ってもらい、良い気分になりました。

このとき私は女性の胸を触ることで興奮して、勃起してしまいました。すると女性が手コキの真似をするように手を動かして「Finish?(射精させてあげましょうか?)」と聞いてきました。私は「ここでヌイてもらったら追加料金が必要だったり、その後のプレイでフル勃起できず半立ちになったりするかもしれない」と思い、我慢しておきました。

こうして身体を洗ってもらったら、女性にタオルで身体を拭いてもらい、休憩室に移動します。休憩室に入る前に、身体を洗ってくれた女性スタッフが「チップをください」とお願いしてきました。

私はリオスパに入店する際に、「エッチをする女性以外の店内スタッフには、チップを渡さなくて問題ありません」と説明されていました。しかし女性はていねいに対応してくれて、甘えるようにチップをお願いしてくるため、100香港ドル(約1,500円)をチップとして渡すことにしました。

この女性スタッフは「気持ちいい」という言葉が気に入ったようで、その後は私を見かけるたびに「気持ちいい?」と声をかけてくれました。

ショータイムで女性を確認する

休憩室に入ると、のんびりと過ごすことができます。休憩室に最初に入るときには、スタッフが「ベッドのあるスペース」に案内してくれます。ベッドは自分の指定席になっていて、施設にいる間は同じベッドを利用することができます。

また、男性スタッフがベッドに案内してくれたあとは女性スタッフが来て、ドリンクの注文を取ってくれました。リオスパはソフトドリンクと軽食が無料になっています。私はオレンジジュースを頼みました。18サウナやリオスパで出てくるオレンジジュースは、果汁の粒が入っていておいしいです。

また、リオスパの男性スタッフは非常に気さくです。明るく対応してくれて、スタッフの話す日本語が分かりやすいです。私は男性スタッフの案内に、非常に感心しました。18サウナのスタッフが話す日本語は聞き取れないことが多いため、利用のしやすさは18サウナよりリオスパのほうが良いです。

リオスパはパソコンやスマホの持ち込みができて、Wi-Fiを無料で利用することができます。そのため私はパソコンをベッドに持ってきて、寝転びながら仕事をしていました。

しばらくすると「ショータイム」が始まったため、私は浴場の横にあるステージに移動しました。ショータイムが始まるときにはスタッフが「さあ、ショータイムですよ! みなさん移動しましょう!」のように声をかけてくれます。

ショータイムはきらびやかな雰囲気で、たくさんの女性が並んでいました。私は18時からショータイムを見ましたが、この時点で40人ほどの女性が並んでいました。どの女性も非常に可愛く、魅力的に見えました。

リオスパに在籍している女性は巨乳な人が多いです。私は胸が大きな女性を好むため、女性の容姿や体型に思わず「すごい! どの女性も可愛いくて巨乳だ!」と声を漏らしました。すると隣にいた男性スタッフが「すごいでしょう」と満足そうな笑みを浮かべていました。

また、このときにも男性スタッフは、女性の人種や料金について再確認をしてくれました。「どの女の子も可愛いでしょう。ゆっくり選んでくださいね」と、男性スタッフは私に話してくれました。

ただ、19時以降はサウナのピーク時間帯に入り、よりたくさんの女性がステージに並ぶ可能性がありました。そのため私は18時に行われたショータイムでの指名を見送り、19時のショータイムを見てみることにしました。

前述のようにリオスパのショータイムは1時間おきに行われます。この点では18サウナのように30分おきにショータイムがあるほうが、何度も女性を確認することができるため良いと思いました。

ショータイムで女性を指名して、プレイルームへ

ショータイムを1度見終わって休憩室に戻り、私はまたオレンジジュースを飲みながら仕事をしていました。ときどき女性スタッフが「マッサージしますか?」のように声をかけてくれます。マッサージを頼むと別料金が発生するため、私は「No.Thanks.(必要ないです。ありがとう)」のように伝えて断りました。

そして19時になり、2度目のショータイムが行われました。指名できる女性は50人ほどに増えていました。私は非常に迷いましたが指名する女性を決めて、エッチをすることにしました。女性の衣装に付けられている札の番号を男性スタッフに伝えると、プレイの準備をしてくれます。私が指名した女性は中国人で、小柄で巨乳な女性でした。

プレイルームへは男性スタッフが案内してくれました。ショータイムのステージからプレイルームに向かうまでの間、男性は冗談を言って雰囲気を盛り上げながら案内してくれました。そのため私は楽しい気分でプレイルームに向かうことができました。

また、プレイルームに向かう前には、「オプションで利用できるプレイルーム」がありました。SMプレイを楽しめる「SM部屋」や、いわゆる「お医者さんプレイ」を楽しめる「手術室」、女性にコスプレをしてもらうことができる「コスプレ部屋」などがありました。追加料金は必要ですが、興味があれば利用してみると良いと思います。

男性スタッフはプレイルームに私を案内し終えると、「お客さんが指名した女性は中国人です。女性にチップとして500香港ドルを渡してくださいね。あと、私にも50香港ドル、チップをくれると嬉しいです」と話してきました。私はこのスタッフが好印象だったため、50香港ドルを渡しました。

プレイルームで女性とエッチ

プレイルームに入ってしばらく待つと、女性がドアをノックして入ってきました。私が指名した女性は中国語以外の英語や日本語をほとんど話すことができませんでした。ただ、それでも女性の容姿は魅力的だったため、私はジェスチャー(身振り手振り)でコミュニケーションを取りました。

リオスパのプレイルームは18サウナやダーリンワンと同じく、ベッドがある部屋と浴室に分かれています。まずは女性が服を脱がしてくれて、浴室に案内されました。私は浴槽にうつ伏せになるように女性からうながされました。私がうつ伏せになると、女性は背中の上で乳房をすべらせるようにして、私を刺激してくれました。

また、背中への刺激が終わると、女性から仰向けになるように言われました。そして背中の前側を乳房で刺激してもらいました。これらのプレイは、マカオサウナにおける基本的な内容といえます。

リオスパの浴槽は浅くなっていて、湯船に浸かることができないようになっていました。そのため女性とお風呂に入ることはできませんが、その分うつ伏せや仰向けの体勢になりやすくなっていました。私はリオスパの浴槽に対してそれほど不満はありませんでしたが、お風呂に浸かりながら女性に刺激してほしい場合は、18サウナやダーリンワンをお勧めします。

こうして浴室から出たあとは、ベッドに移動してプレイをしました。ここでも他のサウナと同様に女性がコンドームを付けた上からフェラチオをしてくれて、その後に騎乗位でのセックスをしてくれます。

このとき、女性は口の中に氷を含んでフェラチオをしてくれました。その後、今度は温かいお湯を口に含ませてのフェラチオです。そして今度は、再び氷を含んでのフェラチオと交互に異なる刺激をしてくれます。

これはマカオ独特の「アイス&ファイアー」と呼ばれるものです。私はアイス&ファイアーを噂には聞いていましたが、独特の気持ちよい感触と何とも言えない感覚に昇天しそうになっていました。

アイス&ファイアーの後、騎乗位でセックスをすることになります。

しばらく騎乗位で女性が腰を振っていると、女性が「あなたも私を責めて」ということを伝えるジェスチャーをしてきました。そのため私は正常位に切り替えて、セックスを続けました。

女性とのエッチは非常に気持ち良かったのですが、私は前日にダーリンワン、2日前に18サウナと、2日連続でマカオの風俗店を楽しんでいました。そのため射精を上手くすることができず遅漏(セックスしてもなかなか射精できない状態)に陥っていたため、リオスパの女性には手コキで射精に導いてもらいました。ただ、それでも十分に満足のいくエッチを楽しむことができました。

こうしてセックスを終えると女性が休憩室の手前まで手をつないで見送ってくれて、私はリオスパでのプレイを終えました。

以上が私のリオスパの体験談です。私のリオスパに対する総合的な感想は「施設内の設備や女性の質が良い。また、男性スタッフと女性スタッフの対応もていねいで、施設の利用方法が分かりやすくて好印象である。ただ、ショータイムが1時間おきなのがデメリット」という印象でした。ただ、全体的には非常に満足できたため、18サウナと合わせて利用してみるのはお勧めです。

マカオサウナ3店のまとめ

ここまで、マカオサウナの中でも特に人気がある「18サウナ」、「ダーリンマッサージサウナ1(ダーリンワン)」、「リオスパ(リオサウナ)」の3店を紹介してきました。これら3店の特徴と、どのような人にお勧めかをまとめておきます。

18サウナは24時間営業で、女性とのプレイサービスは60分です。食事やソフトドリンクは無料で提供されていて、パソコンなども利用可能です。

18サウナではショータイムが30分おきに1回行われていて、好みの女性が見つかったタイミングで女性を指名しやすいです。また、選べる女性は非常に多く、幅広い男性の好みにあった相手を見つけることができます。内装は薄暗く、エッチな雰囲気がただよっています。スタッフは日本語をあまり話すことができません。

18サウナは総合的にバランスが取れたサウナです。そのため初心者が利用しやすく、「最初に行くサウナ」としてお勧めです。

ダーリンマッサージサウナ1(ダーリンワン)は、正しくはマカオサウナではありません。店に入るとドリンクを1杯注文することができ、飲み物を飲みながらプレイする女性を指名します。指名する女性が決まったら90分のプレイを楽しむことができます。プレイルームは紹介した店の中では最も広く、くつろぎながら好みの女性とセックスをすることができます。

射精が終わった後であっても、時間が来るまで女性がサービスしてくれるのも魅力的です。

ダーリンワンも在籍している女性が多く、さまざまな女性の中から好みの相手を選ぶことができます。また、スタッフの日本語がとても上手であるため、安心して利用しやすいです。ただ、90分のプレイを終えると店から出る必要があるため、ダーリンワンは「セックスのみを楽しみたい場合」に向いています

リオスパは高級感のある広々とした空間でリラックスして過ごすことができます。食事やソフトドリンクが無料で提供されていて、パソコンなども使うことができます。

リオスパはショータイムが1時間おきに行われます。そのため1度指名する機会を逃すと、次に女性を指名できるのは1時間後です。この点がデメリットですが女性の質は非常に高く、巨乳な人が多いです。

また、リオスパはスタッフの対応が非常にていねいです。リオスパがある「リオホテル」はマカオ内では高級な部類のホテルであるため、その接客がリオスパにも反映されているのだと思われます。また、男性スタッフは日本語が上手なだけでなく、日本人男性客を楽しませてくれます。

以上のようなことからリオスパは、より気分良く過ごしたい場合にお勧めのサウナです。

紹介した18サウナ・ダーリンマッサージサウナ1(ダーリンワン)・リオスパは、以上のような特徴があります。初めてマカオで風俗遊び(夜遊び)をするのであれば、この3店を利用すれば満喫することができるはずです。また、それぞれがどのようなお店なのかを把握して向かうと、より満足のいく風俗遊びを楽しむことができます。

マカオは風俗以外の観光も楽しい

ここまで、私のマカオサウナ体験談を紹介してきました。私はマカオで風俗遊びだけをしていたわけはでなく、その他の観光も楽しんでいました。マカオに行った際には風俗以外の観光をするのもお勧めであるため、以下ではマカオの観光スポットについて紹介します。

勝てば旅費を抑えることができる「カジノ」

マカオはカジノがたくさんあります。マカオは比較的小さな半島ですが、観光地化していてホテルが多いです。ホテルの宿泊料金が日本円で1万円前後であれば、カジノとサウナが両方ホテル内にあることが多いです。

カジノの大きさはホテルの大きさに比例する傾向にあります。「なるべく規模の大きなカジノに行ってみたい」という場合は、マカオ半島の北部にある「グランドリスボア」というホテル内にあるカジノか、マカオ半島の南部にあるホテルのカジノに行ってみると良いです。

マカオは北部と南部に分かれていて、2本の大きな道路でつながれています。北部にはカジノとサウナが設けられたホテルが多いですが、サウナに訪れる男性客のほうが比較的多いです。南部は「タイパ島」と呼ばれていて、リゾート地になっています。

マカオ北部はにぎやかな雰囲気があり、高級ホテルもありますが雑居ビルも多いです。南部は洗練されたリゾート地の雰囲気があります。マカオ南部にあるホテルはどのホテルも非常に大きく、カジノもそれに合わせて大規模なものになっています。

私がマカオ南部で訪れたカジノは、「ギャラクシーマカオ」というホテルにあるカジノです。規模の大きなカジノでは、有名なゲームをひと通り楽しむことができます。また、カジノ特有のゴージャス感も体験することができます。

カジノにはさまざまなゲームを体験することができるテーブルが並んでいて、各テーブルには「ディーラー」と呼ばれるスタッフがいます。ディーラーに香港ドルを渡すとゲームをするための「チップ」に交換してくれます。そしてチップを賭けて、ゲームを楽しみます。

マカオのカジノはゲームによって「賭けることができる最低金額(ミニマムベット)」が異なります。

例えば私はギャラクシーマカオのカジノで「ルーレット」をしましたが、ミニマムベットは25香港ドルでした。ゲームによってはミニマムベットが300香港ドルなど、大きな金額しか賭けることができないことがあります。

ミニマムベットが大きいゲームは勝ったときのリターンが大きくなるため、エキサイティングなゲームを楽しむことができます。ルーレットは初心者でもルールを理解しやすいためお勧めです。

また、カジノに向かう際の服装は、スーツやシャツなどを着ていく必要はありません。私はTシャツにジーンズ、スニーカーという比較的ラフな服装でしたが、清潔感には気をつけていました。そのため、問題なく入場することができました。

しかしあまり清潔感が感じられない服装の場合は、入場の際にパスポートの提示を求められる場合があります。カジノで遊んでいた周りの人たちも、カジュアルな服装でありながらも清潔感のある人が多かったです。

私は「カジノで風俗代を稼ごう」と考えていましたが、その思いはすぐに打ち砕かれました。結局1万円を30分ほどで失ってしまい、すぐにカジノ遊びをやめることにしました。

私の隣でルーレットを楽しんでいた中国人らしき男性は、一度に5~10万円ほどを賭けているようでした。その人は最初は勝っていて、私は「すごい!」と思いましたが、その後続けて負けてしまい、結局トータルではマイナスになっていたようです。カジノは予算を決めて遊ぶことをお勧めします

マカオは食事がおいしい

マカオは食事がおいしいです。私は風俗遊びとともに食べ歩きも好きなので、マカオでは入る飲食店にこだわっていました。おいしい店を見つけるポイントは、「店の前に日本語や英語などの記載がなく、現地の言葉が目立つ店を選ぶこと」「値段が安すぎる店を避けること」「店に入る前に料理の写真を確認できること」です

店頭に日本語や英語が目立つ場合、その店は「観光客を狙っている」といえます。もちろんおいしい料理を提供している店かもしれませんが、観光客向けなのでその分だけ値段は高くなります。

私は「せっかくマカオ観光に来たのであれば、マカオならではの味を楽しみたい」と考えていました。そのため、このような店を避けました。そしてなるべく「現地の言葉が目立つ店」に入るようにしていました。

また、値段が安すぎる店はおいしくない可能性が高いです。目安としては70~80香港ドル(約1,000円)以上のメニューが多い店を選ぶほうが良いです。店によっては25香港ドルや50香港ドルのメニューが多いところがありますが、こうした店はお勧めしません。

上にある写真のように、私はマカオ滞在中に「25香港ドル(約400円)で餃子、うどん、スープをセットで食べられる店」に入りました。私は「現地のような雰囲気が感じられるし安い! 食べてみよう!」と考えてこの店に入店しましたが、出てきた料理は正直なところ、微妙な味でした。要は、マズかったのです。

この店には比較的お客さんが入っていて、学生のような人もいました。おそらくマカオの人にはおいしく感じられる味かもしれませんが、日本人の私には合いませんでした。これを教訓にして、私は「50香港ドル以下のメニューが多い店には入らないようにしよう」と決めました。

マズい店の食べ物を残した私は、店を変えて他の飲食店で食べ直すことにしました。すると、以下のように非常においしい料理が出てきました。

70~80香港ドル以上のメニューが多い店であれば、おいしい料理を堪能することができます。また、どのお店も非常に量が多いため、1人あたり1つか2つのメニューを頼むだけで満腹になることができます。

なお、マカオサウナでは無料で軽食を食べることができます。そのためなるべくマカオで使うお金を抑えるなら、サウナで食事をするのは良いと思います。ただ、現地の料理を堪能するのであれば、サウナではあまり食事をせずに、街中にある飲食店に行ってみることをお勧めします。

ちなみに私は「サウナで食べることができる食事はどのようなものなのだろう」と考えて、リオスパで上の写真にある水餃子を注文してみました。出された水餃子は、シンプルながらもおいしく食べることができました。感想としては「すごくおいしく感じるわけではないけれど、そこそこ食べられるおいしさ」という印象でした。

ちなみに私が食事をしていたのは、ほとんどがサウナの周辺にある飲食店です。サウナで女性とのセックスを楽しんだあとは体力を消耗するため、その後に夕食を食べに行く流れで過ごしていました。

マカオで遺跡を楽しむ

マカオには世界遺産になっている遺跡があります

マカオは1999年までポルトガルによって統治されていました。1999年にマカオは中国に返還されましたが、マカオには現在でもヨーロッパの雰囲気が感じられる建物がたくさん残っています。

※隣にある香港は1997年にイギリスから返還されました。

マカオの歴史を最も感じることができるのが「セナド広場」という広場です。中央に噴水がある広場で、この周辺に歴史的建造物がたくさんあります。

セナド広場はマカオ北部の中心的存在のホテルである「グランドリスボア」の近くにあります。グランドリスボアからは徒歩で向かうことができます。

セナド広場に到着してから私がまず向かったのが、「聖ポール天主堂跡」です。17世紀ごろには大聖堂だった建物の正面部分だけが残っていて、マカオの歴史を感じることができます。近くまでいくと、その大きさに驚くはずです。また、中央の門をくぐることができ、表と裏から壁のようになっている天主堂跡を見ることができます。

聖ポール天主堂跡の周辺にはお店がたくさん建ち並んでいて、飲食店やお土産物屋、ブランドショップなどがあります。お土産物屋では店のスタッフが試食の食べ物を配っているため、試しに食べてみるのはお勧めです。

多くの店で配っていたものに、肉を平たくして乾燥させたジャーキーのような食べ物があります。味付けが濃くておいしかったため、お土産として購入してみると良いでしょう。

次に向かったのが「モンテの砦」という砦です。聖パウロ天主堂跡から比較的近くにあるため、合わせて向かうと良いです。モンテの砦は16世紀にポルトガル人によって築かれた建造物で、敵軍からの侵入に対抗するために建てられました。

モンテの砦は見晴らしの良い高台にあり、防御壁が築かれています。そして壁のところどころには、現在は使われていない大砲が並んでいます。また、モンテの砦からはグランドリスボアがしっかりと見えます。

また、同じくセドナ広場の近くにある「聖ドミニコ教会」もお勧めです。1587年に建設された建物で、教会内にはキリストの像が祭られています。建物内の装飾が非常に凝っていて、歴史を感じられる建造物です。

このように、マカオにはさまざまな世界遺産や歴史的建造物があります。特にマカオ半島北部にはたくさんの建物があるため、サウナと合わせて見に行くと良いです。私は「風俗遊びをしながら教会などを見て歩くのは、少し不謹慎かな」と思いながらも、遺跡を見て楽しんでいました。

マカオの一般的なマッサージ店

マカオには一般的なマッサージ店がたくさんあります。一般的なマッサージ店とは股間を刺激してくれるのではなく、身体を揉みほぐしてくれたり、足つぼをマッサージしてくれたりするお店のことです。

マッサージ店の多くは、全身の揉みほぐし45分が100香港ドルほど(約1,500円)で提供されていました。私は興味をもち、目に留まったマッサージ店に入ってみることにしました。マカオのマッサージ店は日本と同じく、部屋に案内されてベッドに寝転んで施術を受けるという一般的な形式でした。担当してくれたのは女性スタッフでした。

私は気持ち良くマッサージを受けていましたが、途中から女性の手つきがいやらしい動きになってきました。私のお尻を長く揉んだり、股間に近い部分を手でさすったりしてくるのです。さらに女性は「気持ち良い?」と私に日本語で尋ねてきました。私が「気持ちいいよ」と答えると、女性が「ああん」といういやらしい声を漏らしながら、マッサージを再開したのです。

私は「何かおかしい」と思いながら女性と片言の英語で雑談をしていました。すると女性は英語で「200香港(約3,000円)ドルを追加で支払ってくれたら、手コキをしてあげる」と話してきました。つまり私が入った店は「一般のマッサージ店でありながら、追加で裏メニューとして性的サービスを行っている店」だったのです。

ただし、店の女性は裸になったり、セックスの相手をしてくれたりするわけではありません。あくまでも行ってくれるのは「手コキのみ」でした。

私はマッサージ店に入る前にリオスパに行っていたため、その場は通常のマッサージのみで終えてもらうことにしました。私はスタッフによる突然の提案に驚いてしまいましたが、「軽く性欲を満たしたいときにはちょうど良いのかもしれない」と思いました。

また、マカオのマッサージ店はどの店もこのような裏のサービスがあるわけではありません。私はもう1つ、別のマッサージ店にも行きましたが、そこは性的サービスを行わない普通の店でした。

手コキなどをしてくれるマッサージ店の場合、スタッフが提案してくれます。一般的なマッサージ店のスタッフを強くプレイに誘ってしまうと、トラブルになる可能性があります。そのため店のスタッフが追加のサービスを提案してくるのを待ちましょう

私は「手コキで200香港ドルというオプションは、店にとっても利益が増えて良い商売なのかもしれない」と思いました。

マカオの観光情報は以上になります。サウナだけでなく、食べ物やカジノ、世界遺産も合わせて楽しんで、マカオ観光を満喫してほしいと思います。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。