カンボジア・シェムリアップのキャバクラレストランでエロ風俗体験


カンボジアへ旅行するとなると、多くの人が出向く都市としてシェムリアップがあります。アンコール遺跡のある都市であり、首都プノンペンではなく多くの人がシェムリアップを観光します。

カンボジアには風俗が存在し、当然ながらシェムリアップにもあります。そうした風俗の中でも、クメール美女(カンボジア人の女性)と一夜の相手をしてもらえるものにキャバクラ(ガールズバー)があります。

主に現地の人が利用するローカルな場所ですが、非常に安くエロ風俗を体験できます。それでは、どのようにしてキャバクラレストランを利用し、クメール美女とセックスするのかについて確認していきます。

アンコール遺跡に存在するキャバクラレストラン

アンコールワットに存在する夜遊びスポットとして、シェムリアップ市内のパブストリートが広く知られています。以下がパブストリートの様子です。

パブストリートは女性向けのガイドマップに掲載されているほど、非常に健全なエリアです。

そのため、エロという意味ではそこまで面白い場所ではありません。パブストリートではクラブなどがあって夜は爆音が鳴り響いているとはいっても、そうした光景は別に珍しいものではなく、正直いって他のどこにでもあります。

ただ、どうせカンボジアに来たのであれば、そのような普通の遊びではなく男性としてもっとレベルの高い夜遊びをするべきだといえます。

そこで、同じパブストリートではあっても、パブストリートやナイトマーケットの北にあるクメールパブストリート(Khmer Pub Street)を目指してみてください。そこには、現地の人が利用する「ホテルへ持ち帰りOKのキャバクラ(ガールズバー)」があります。

キャバクラ(ガールズバー)が並ぶ、クメールパブストリートの場所

まず、夜遊びをするためには「夜遊びスポットの場所」を理解する必要があります。以下では、パブストリート(健全な夜遊びスポット)とクメールパブストリートの周辺に存在する「キャバクラレストランが存在する通り」を記しています。

このクメールパブストリート周辺には、大きな音楽が鳴り響き、ネオンが輝いているレストランがいくつも存在します。トゥクトゥクの人に「この周辺に行ってほしい」と伝えれば問題なく連れて行ってくれます。

どの店がキャバクラレストランなのかを見分けるポイントは簡単です。以下のように、入り口にイスがあって何人もの女性が並んでいる店はキャバクラレストランです。ただ、この周辺にはこうした店ばかりなので行けば誰でも発見できます。

こうした怪しい雰囲気のレストランを見つけたら、積極的に足を立ち入れるようにしてみてください。

キャバクラレストランの利用方法

店を利用するとき、最初に決めなければいけないことは「入店時に女性を指名するかどうか」ということです。レストランキャバクラとはいっても、エロ目的だけで利用するわけではありません。一般的なレストランとしても活用できます。

レストランの値段は非常に安く、パブストリートなど観光客相手の店よりもかなり安く食事できます。

私が利用したとき、レストランの中には女性客がいて普通に食事をしていました。要は、一般的なレストランとして飲んだり食べたりすることができます。

日本のキャバクラであれば、女性客が店の中にいることはあり得ません。ただ、普通のレストランでもある以上、女性であっても問題なく店を利用できるのです。

入店時に入り口の女性を指名せずに入れば、普通のレストランとして利用可能です。

一方で入店時に女性を指名することもできます。男性であれば、店に入ろうとすると入り口に座っていた女性が席を立ち、あなたに対してアピールしてきます。

このとき、気に入った女性がいれば指名して一緒に店の中に入りましょう。もし、入り口で女性を見て気に入った子がいなければ、歩いて他のキャバクラレストランへ行くといいです。

入店後は女性と会話する

店に入るときに女性を指名すれば、指名した女性が隣の席に座って一緒に飲んだり食べたりしてくれます。当然、料理は奢ることになります。

ただ、指名料などはありません。飲食代は現地価格なので非常に安いです。ビールを奢っても一缶で100円ほどです。日本のキャバクラで女性にお酒を奢ると、一杯だけで1,000円以上になるのは普通なので破格の値段です。

これは日本のガールズバーでも同じであり、女性がお酒を飲むごとに高額な値段が加算されていきます。

さらに、日本のキャバクラやガールズバーのように、「1時間で一人8,000円」などのような時間制での料金もかかりません。何時間でも、安心して女性と接することができます。もちろん、会話は日本語ではなく英語になります。

また、中には英語すら話せずクメール語(カンボジアの言葉)だけの女性もいます。ただ、それでも問題ありません。実際、私は何とかなりましたが詳細については後述します。

いずれにしても、海外の現地女性と一緒に楽しもうとする姿勢があれば言葉の壁を乗り越えることができます。ボディーランゲージだけで乗り切るのも思い出になります。

一緒に楽しんだ後はホテルへ連れ出してエッチする

キャバクラ・ガールズバーのような感じであり、一般的な風俗嬢のように「指名すれば100%の確率でその女性とエッチできる」というわけではありません。指名した女性とセックスできるかどうかは、会話の中でどれだけ親密な関係になれるかにあります。

そのため、たとえ英語ができなかったり、相手女性がクメール語しか話せなかったりしたとしても、良い関係を築けるようにいろいろ工夫しましょう。

また、ホテルへ連れ出すときの値段については女性と要交渉です。特に決まった値段があるわけではないですが、女性と価格交渉をしてエッチするときの値段を決めるようにします。

ちなみに、私がキャバクラレストランを利用したとき、60ドル(約6,000円)で女性とセックスしました。本来であればもっと安くエッチできたと思いますが、このような価格になりました。

こうして交渉がまとまり、先に女性へお金を支払います。その後、レストランで飲み食いした代金を支払い、ホテルへと移動します。キャバクラ(ガールズバー)の近くには必ずホテルがあるため、そこまで女性と一緒に歩いていきます。

その後、ホテルへ利用代金を支払って連れ出した女性とセックスするだけになります。念のため、コンドームを日本から持参しておくと非常にスムーズです。

英語を話せないクメール美女とセックス体験談

それでは、実際に現地カンボジアに住むキャバクラ(ガールズバー)の女性とエッチをしたので、このときの体験談を述べていきます。

まず、キャバクラレストランのある場所へ行かなければいけません。そのため、私は周囲にいるトゥクトゥクの人へスマホの地図を見せ、「Go around there.(ここへ行ってほしい)」と指し示すことにしました。

「Can I go Khmer Pub Street?(クメールパブストリートへ行ってくれますか)」などのように聞いても、クメールパブストリートの名前がそこまで有名ではないので理解してくれません。そこで、地図を指し示して移動してもらうのが最も確実です。

こうして、ひとまずクメールパブストリートの周辺でおろしてもらうようにしました。

到着すると、薄暗い道が続いています。店が軒を連ねているわけではなく、ぽつぽつと点在している感じです。ただ、この道沿いを歩くと「大きな音と共にネオンが輝き、入り口では多くの女性が座っているレストラン」がいくつも存在していました。

試しに一つの店の入り口に近づくと、それまで座って暇そうに携帯をいじっていたり会話していたりしていたりした女性たちが立って私に視線を送ってきます。どうやら、この中から一人を選ぶようです。

店のシステムがあまりよくわかっていなかったのと、その店に好みの女性がなかったため、ひとまず立っている女性たちをよそ眼に素通りしてそのまま店内に入ることにしました。そうすると、店員さんがメニューをもってきます。

ひとまず、ビールを注文することにしましたが、メニューには現地通貨のリエルで表記されています。ただ、プノンペンでもシェムリアップでも共通しますが、リエルを使うことはほぼありません。基本は米ドルであり、おつりも米ドルで返ってきます。

リエル表記での値段がわからなかったため、「How much is it in dollar?(ドルではいくらですか)」と聞き、缶ビールが一つ1ドル(約100円)と非常に安いことがわかりました。

※カンボジアでは米ドルが主流であり、現地通貨であるリエルを使うことはほぼないので、ドル表記で進めていきます。

ビールを飲みほした後、店員に1ドル札を渡して店を出ました。次に入る店では、女性を指名してどのような展開になるのか確認することを決意します。

キャバクラレストランで女性を指名し、アルコールを飲む

クメールパブストリートを少し歩くと、ネオン輝く店がいくつも目につきます。そこで、今度も目に付いたレストランへ適当に入ることにしました。もちろん、入店するときは入り口から3mほど離れた場所から「かわいい子がいるかどうか」を確認したうえでの入店です。

店に入ろうとしても、この店では他のレストランのように女性が立ってのお出迎えではありませんでした。ただ、そこはあまり気にしないことにしました。

英語を話せるボーイの男性が「Eat only or lady?(食事だけか、それとも女性を選ぶか)」と聞いてきます。もちろん女性を選ぶことが目的なので、その場でグルッと女性を目渡した後に細見のスラッとした美人系の女性を指名することにしました。

ひとまず、ボーイの男性によって店内の個室(外から中が見えないようになっている部屋)へ通されます。普通に食事するだけなら外のオープンテラスで食事することになりますが、女性を指名した場合は個室へ通されるようです。

席に着いた後、ビールをお願いすることにしました。冷やされたビール瓶がきて、指名した女性がビールをついでくれます。また、ボーイの男性が「Ice?(コップの中にアイスはいれるか)」と聞いてきたので断りました。

東南アジアではビールに氷を入れて飲むのが普通です。ただ、氷の質がよくないため日本人が現地の人と同じようにビールへ氷を入れて飲むと、お腹を壊すことがよくあります。そのため、基本的には断るのが無難です。

そうして乾杯するわけですが、困ったことが起こりました。私が指名した女性は英語をまったく話すことができません。私自身も英語力が高いわけではなく、かろうじて中学英語をうっすらと理解できる程度です。ただ、この女性は「How old are you?(何歳ですか)」などの英語がわからないほどでした。

「No English.(英語は話せません)」という言葉はどうやら知っているようであり、英語を扱えないことはアピールしてきます。話せる言葉はクメール語だけのようです。現地の人が利用するのであれば確かに英語は必要ないですが、この日、私は一人でキャバクラレストランに出向いているため、意思疎通が難しく雲行きが怪しくなってきました。

しかし、そこは何とかするしかありません。それまでシェムリアップでアンコール遺跡を観光しているため、写真を見せながら「ここに行ったよ!」みたいな感じで盛り上げるようにします。

また、この女性はアルコールが非常に強いです。そして、私に飲ませてきます。女性とのコミュニケーションの中で理解したのは、どうやら「乾杯」はクメール語で「チョルモーイ」ということです。女性は何度も「チョルモーイ」といっては、私と一緒にコップについだビールを空にさせようとしてきました。

さすがにフラフラになりそうになったため、途中からはコップにつぐビールの量を減らしてもらいました。

また、料理を注文するときは当然ながら奢る必要があり、このときは英語を話せるボーイの男性が通訳をしてくれました。「She say “ I want to eat chicken rice”.(彼女がチキンライスを食べたいそうですが、いかがですか)」などのように私にお伺いを立ててきます。

「How much?(いくらですか)」と聞き、「2 dollar.(2ドルです)」と返ってきたため、女性へチキンライスを奢ります。

女性を抱き寄せ、親密な関係を築く

ただ、このときはL字席でお互いに距離のある場所に座っていました。そこで、私はすかさず女性の隣に座り、体を密着させることにしました。左手を女性の腰にまわしながら、右手でビールを飲むことになります。

私の英語力は高くないものの、相手女性はさらに英語がわかりません。そのため、どうしても会話が途切れることがよくあります。そこで、女性の隣に座って抱き寄せることにしました。

女性の腰だけでなく、肩や背中、足など女性の体をサワサワします。この女性は嫌がるそぶりをまったく見せなかったので、ひとまずそのままセクハラをすることにしました。徐々にエスカレートさせていき、女性の胸に腕を押し当てても怒られることはありません。

また、英語を理解してくれないので相手女性の年齢はわからないままでしたが、肌は弾力があり非常に若いことが伝わってきます。女性の腕や足は細く、それでいて胸が主張をしておりスタイルは良いです。

そうなると、自然と私の下半身も反応してきてムクッとふくらみを生じるようになります。どうやら、心は平静を装うように頑張っても下半身は正直なようです。私の下半身が隣の女性を欲しがっています。

ボーイ男性に通訳してもらい、女性をホテルへ誘う

女性をセクハラしたり、抱き寄せたりしていると当然ながらホテルへ誘うことを考えます。ただ、困ったことがあり、女性をホテルに誘うにしても言葉を理解してくれません。

「Go hotel wiht me?(ホテルへ行こうよ)」などのように言っても、わかってくれないのです。「How old are you?」すらも理解してくれないため、これについては仕方ないのかもしれません。

ただ、それでは話しが進まないため、英語を話せるボーイの男性を呼んで通訳してもらうことにしました。

男性ボーイに「Can I go hotel with her?(彼女と一緒にホテルへ行きたい)」と伝えます。普通のレストランとしても使える男性店員に通訳してもらうので多少恥ずかしいですが、そのようなことを心配している余裕はありません。それよりも、私の下半身が隣に座っているクメール美女を欲しがっています。

私の英語を聞いたボーイの男性はクメール語で女性に話しかけます。女性もそれに返し、男性が「How much can you pay?(いくらだったらいいのか)」と聞いてきました。

どうやら、明確な連れ出し料金が決められているわけではなく好きなように設定できるようです。相場がわからなかったのと、他の日に高級KTV(連れ出し可能なカラオケ)で連れ出し料が100ドル(約10,000円)だったことから、ひとまずその半額の50ドルを提示しました。

「Fifry dollar.(50ドルでどうですか)」と男性店員に伝えた後、男性は再びクメール語で女性に話し、女性がこたえた後にボーイ男性は「How about sixty dollar?(60ドルでどうかと言っていますよ)」と聞き返してきます。

60ドル(6,000円)でクメール美女とエッチできるなら安いしいいかと考え、その場でOKしました。ただ、同時に「50ドルではなく、もっと安めの40ドルあたりを最初に提示していればもっと安くなったかもしれない」と少し後悔しました。

また、ボーイ男性が「Can you pay first?(女性への先払いは可能ですか)」と聞いてきます。どうやら、女性は「お金を先に払ってくれたらあなたとセックスしても良い」とのことです。

カンボジアの風俗では基本的に先払いシステムであるため、これについては仕方ありません。そのため、その場で60ドルを女性に手渡ししました。

その後、キャバクラレストランの会計をすることになったのですが、ビール瓶を8本以上あけ、料理を2品ほど注文し、隣に美女をつけて2時間ほど楽しんだにも関わらず飲食代は11ドル(約1,100円)と激安でした。

細身のクメール美女とセックスを果たす

言葉がほぼ通じないため、会話らしい会話はまったくしていませんが、お酒を飲んだり女性の体をなめまわすように触ったりして親睦を深めたため、女性をホテルへ連れ出すことにひとまず成功しました。

ただ、ホテルの場所がわからないのでボーイ男性に「Where is hotel? Near here?(ホテルは近くにありますか)」などのように聞きます。そうすると、どうやら女性が案内してくれるようです。近くにホテル(ゲストハウス)があるようです。

そこで、少し怖いですがレストランのすぐ脇にある街灯のない暗い夜道を歩くことになりました。

この道を50mほど歩くと、ホテルが見えてきます。確かに、看板にはゲストハウスと書かれてありました。

まずはホテル代を支払う必要があります。利用料は5ドル(約500円)であり、現地人が利用することもありやはり料金は低めに設定されていました。

ゲストハウスの人がカギを開けてくれたため、女性と一緒に中へ入ります。窓のカーテンがあいていたため、ひとまず閉めることにします。

部屋に到着したらシャワーを浴びます。最初に女性がシャワーを浴びることになりました。

服を脱いでタオル一枚だけになった細身のクメール美女が出てきた後、今度は私がシャワーを浴びる番になります。

お互いにシャワーを浴びた後、部屋を暗くしてベッドに入ります。裸の男女が部屋を暗くしてベッドに入った後、行うことは一つしかありません。そのまま、私はクメール美女を抱き寄せてエッチすることになりました。

先ほどは腕を胸に押し当てるまでしか行わなかったため、女性の胸をもむことにしました。ただ、乳首を発見することができません。どうやら、両胸とも陥没乳首のようです。

乳首がどこにあるのか非常に確認しにくいものの、陥没しているからといって私はそこまで気にしません。ひとまず、目の前にいるクメール美女を愛することだけを考えます。キスをしても嫌がられなかったので、唇も当然奪います。

そうして乳首や背中、足などいろんなところをなめまわした後、フェラチオをしてもらいました。ちなみに、カンボジアではこっちから申し出ないとフェラチオをしてもらえないことが多かったので積極的に伝えるようにするといいです。

女性へ生挿入する寸前に我に返る

その後、ペニスがギンギンにそそり立つようになったら女性の中へ挿入することになります。ただ、このときなんとコンドームなしでそのまま私を迎え入れてくれます。つまり、海外で生セックスすることになったわけです。

相手女性は嫌がることなく、生のままペニスを膣へと挿入しようとします。ただ、女性の中へ挿れようとした直前に頭の中で大きな不安がよぎります。それは、「もし海外でエイズ(HIV)などの病気にかかったらどうしよう」ということです。

日本の高級ソープであれば、生挿入可能なケースがあります。ただ、日本の風俗店では定期的に病気の検査をしています。しかし、ここはカンボジアです。そのような病気の検査をしているとは思えませんし、もし病気になってしまったら親が悲しみます。

そしてなにより、病気もちになると「他の女性とのエッチが困難になる」という大きな代償を負うことになります。

こうしたことを0.5秒くらいで考えた後、私は女性の膣へ挿入する直前になって「Wait a minute.(ちょっと待ってね)」といいベッドから抜け出し、私のカバンに常に忍ばせてある日本製のコンドームを取り出し、装着してセックスすることにしました。

生挿入で6,000円となると、非常に安いです。ただ、海外での生セックスは非常にリスクが高いため、私の場合は避けることにしました。

通常であれば、コンドームは女性側が用意します。ただ、この女性はコンドームを用意しておらず、私がコンドームを装着しなければ生セックスする予定だったのでしょう。

さて、セックスは正常位から開始しました。弾力のある肌を抱きしめ、若いからか膣の締まりは非常に良いです。陥没しているので乳首の場所はわかりにくいものの、おっぱいをもみながら正常位をすることになりました。

その後、バックに移ります。ただ、女性の中はきつく締まりが良いので背後から女性を突いていると射精感がこみ上げてきます。そうして、バックのまま射精することになりました。

セックスが終わった後、シャワーを浴びることになります。お互いにシャワーを浴びた後、一緒に外へ出て店まで歩くことになりました。先ほどのキャバクラレストランの前で女性とお別れし、私は宿泊しているホテルへ帰ることにしました。

カンボジア・シェムリアップの風俗で最も有名なのはKTV(カラオケ)です。ただ、カラオケは非常に高額です。そこで、カンボジアにあるこのようなローカルのキャバクラ(ガールズバー)を利用し、安い金額でクメール美女とエッチすることも可能です。

英語すら話せない女性もいるため、私の場合は「まったく言葉が通じない中でコミュニケーションをした後、セックスまで持ち込む」という、海外のエロ風俗であってもなかなかできない貴重な体験ができました。

興味がわいたら、アンコールワットなどの遺跡を散策した後にクメールパブストリートまで出向き、女性を指名して楽しいひと時を過ごしてみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。