トラブル事例を知ることで、浮気や不倫に対して慎重に考える


人によっては彼女や奥さんに浮気や不倫をされることがあります。交際相手や配偶者にバレなければ問題ありませんが、浮気や不倫が発覚してしまうと、大きなトラブルに発展してしまうことがあります。そして「自分が思っている以上に重大な事態」に発展することがあります。

ここでは、「男性が女性に浮気や不倫されて、復讐を行った事例」を2つ紹介します。これらの事例を通して、女性に浮気をされることがあることを理解しておきましょう。また、反対に自分が浮気や不倫をすると、復習をされることがあることも知っておきましょう。2つの事例を知ることで、浮気や不倫について、より慎重に考えることができるはずです。

2年以上に渡り彼女に浮気されていた男性

ある男性Aさんは、彼女とマンションで同棲をしていました。喧嘩をしながらも4年間恋愛関係を続けていましたが、Aさんはある日ふと「彼女が目を逸らす様子」が気になりました。このときAさんは「彼女が浮気している」と確信をもったわけではなく、「何となく勘がはたらいて、怪しいと思った」ようです。

次の日、Aさんは彼女がお風呂へ入った直後に、「彼女が持っている携帯電話のメール」を確認してみました。しかし彼女の携帯から、浮気をしているようなメールは見つかりませんでした。また、電話の着信履歴にも「見知らぬ男性と連絡をとっている情報」は残っていませんでした。

「何となく彼女が浮気をしているのではないかと思ったけれど、気のせいだったかな」とAさんは考えようとしました。

しかしあまりにも釈然としないので、悪いこととは思いながらもAさんは恐る恐る、彼女のバッグを確認してみました。すると彼女のバッグには、「Aさんが知らないもうひとつの携帯電話」が入っていました。その携帯のメールを確認したところ、Aさんは驚きました。なんと「2年以上にも渡り、彼女が他の男性と親密なメールをやり取りしていた履歴」が確認できたのです。

Aさんはこれを見て、大きく動揺しました。しかししばらくして冷静になり、「おそらく彼女は浮気をしている。ただ、お風呂から出てきてすぐに彼女を問い詰めるには、まだ早い」と考えました。

Aさんは、その携帯をふたたび彼女のバッグに戻しました。彼女がお風呂から出てきたとき、Aさんは何事もなかったかのように過ごしました。

ちなみにAさんの友人は、過去に「奥さんに不倫されてトラブルに発展した」ということがありました。このときAさんは友人の精神的支えになってあげて、「奥さんの不倫に関する証拠集め」を手伝ったことがありました。そのときの記憶が蘇ったため、Aさんは彼女の浮気に勘付くことができた可能性が高いです。

彼女に復習すると決意

Aさんは彼女と約4年間交際を続けていました。しかし「その半分以上もの期間を、彼女に浮気されていた」という事実に落胆しました。

Aさんは「彼女の浮気を許すべきかどうか」について、お風呂に入りながら迷っていました。しかしAさんがお風呂から上がったとき、彼女から「パンツ一丁で部屋を歩き回らないでよ! みっともない!」と怒られてしまいました。このときAさんは我慢の限界に達しました。そして「彼女が2年以上も浮気をしていたなんて許せない。彼女に復讐しよう」と決意したのです。

そこからAさんは「彼女が2台目として持っている携帯電話」を、機会を見計らいながら確認するようになりました。

Aさんはこの携帯を確認することで「彼女と浮気相手が、毎日のように連絡をとり合っていること」を知りました。また、やり取りの内容から「浮気相手は彼女が働いている会社の上司であること」も分かりました。

さらに彼女と浮気相手は、「今日もホテルで会おうね」「たくさん愛してね」などの「すぐに浮気と分かるメール」をたくさん交わしていました。

Aさんは、以前に不倫のトラブル解決を手伝った友人に手伝ってもらい、彼女の浮気相手について情報収集を行いました。この結果、「浮気相手にはAさんの彼女とは別に、婚約者がいる」ということが分かりました。浮気相手は「婚約者とAさんの彼女」両方と交際しており、いわゆる「二股」をしていたのです

Aさんは「彼女が浮気をしていることは確実で、証拠もたくさん用意できる」と判断しました。そして、「復讐計画」を立てることにしました。Aさんが考えたことは、次のようなことです。

つまり、「仕事で出張に行くと彼女に嘘をつき、彼女と浮気相手をAさんの家に来させる」「今住んでいるマンションを解約する。彼女と浮気相手が家に来る日を退去日に設定する」「浮気相手の婚約を破棄させる」「浮気相手の婚約者は浮気相手とAさんの彼女に対して、慰謝料を請求する可能性が高い」以上のことを、Aさんは計画したのです。

浮気相手の婚約者に会う

Aさんは友人と協力して突き止めた「浮気相手の婚約者」に、連絡をとることにしました。「突然連絡してしまい、申し訳ありません」と前置きをして、Aさんは浮気相手の婚約者に電話で事情を説明しました。

「私(Aさん)の彼女が、あなたの婚約者と浮気をしています。あなたにもご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありません。正直なところ、私は彼女とあなたの婚約者に謝罪してもらおうと考えています。謝罪の当日は私が住んでいるマンションに、彼女と浮気相手2人で足を運んでもらう予定です。もしよろしければ、その際にあなたも一緒に来て頂けませんか?」と、Aさんは女性に尋ねました。

Aさんは「自分の素性」や「浮気の事実」についてていねいに説明し、女性に「事態が本当であること」を伝えました。浮気相手と結婚予定の女性はAさんの話を理解して、「私も彼氏を許せません。あなたに協力させてください」と言いました。

復習計画を実行

Aさんは「計画の実行予定日」が近付いたとき、予定通り「今週の金曜日から出張だから、3日間は家に帰らない」と彼女に伝えました。彼女は浮気相手に連絡をとり、「金曜日に私の家で会おうよ」というメールを交わしました。Aさんはこのメールを、機会を見計らって確認し「予想通りだ」と思いました。そして、計画を実行に移すことに決めたのです。

計画を実行する当日、Aさんは出張に行くふりをして自宅を出ました。Aさんの彼女も仕事であったため、朝から会社へ向かいました。Aさんはこの日を「マンションの退去日」に設定していたため、仕事については有給を取得して、急いでマンションに引き返し自宅の荷物を新居へ移動させました。そして、彼女の少ない荷物だけを部屋に残しました。

Aさんは引越し作業のあとに浮気相手の婚約者と合流して、2人でAさんの解約したマンション付近で待機しました。夜になり、男性の彼女と浮気相手はマンションへやってきました。

彼女が部屋に入ると、「家の荷物がほとんどなくなっていること」に気が付きました。彼女が唖然としているところに、Aさんがやってきました。Aさんは「よくも長い間、浮気をしてくれたな」と、彼女に対して怒りながらも冷静に話しました

Aさんの彼女と浮気相手は、大きく動揺していました。彼女は「何のこと?」と、浮気について隠そうとしましたが、Aさんは「彼女が浮気相手との連絡に使っている携帯電話」のメール内容について尋ねました。「彼女の浮気に気付いていること」を示したのです。

彼女は「私の携帯を盗み見たのね! 最低!」と怒りました。Aさんは冷静な様子を保ちながら「確かに君の内緒の携帯を見た俺は最低かもしれない。しかし、君の内緒の携帯宛てに連絡を取った人がいる。この人(彼女の浮気相手)にも同じように怒ることができるのか?」と、言いました。そしてAさんの後ろから、「浮気相手の婚約者である女性」が入ってきました。

このとき、彼女の浮気相手である男性は震え上がり、すぐさま女性に謝り始めました。Aさんの彼女は、「この女性が浮気相手の婚約者であること」に気付き、青ざめた表情になりました。

さらにAさんは続けて言いました。「この部屋はもう解約してある。荷物をまとめて出て行くように。俺は君(Aさんの彼女)と別れる。あとは3人(彼女・浮気相手・浮気相手の婚約者)で話し合ってほしい」こう伝えてAさんは浮気相手の婚約者にも挨拶をして、部屋を出ました。

浮気相手の婚約者である女性も、Aさんの彼女と浮気相手に「近日中に私の家族を交えて、話し合いをしましょう」と伝えて、部屋をあとにしました。

この女性は後日浮気相手との婚約を破棄して、この男性に対して慰謝料を請求しました。慰謝料はAさんの彼女と浮気相手で折半(せっぱん:半分ずつに分けること)することになり、Aさんの彼女は両親にも迷惑をかけることになりました。Aさんは彼女に対する未練はなく、計画が上手くいったことに満足して、新しい出会いを探すことを決意しました。

不倫を続けた妻に怒りを感じた男性

もうひとつの事例は、「40代後半の男性Bさんが、妻に不倫の復讐を行った事例」です。Bさんは結婚して20年近くになり、高校生と中学生の子供がいました。

ある日Bさんが仕事をしていると、友人から連絡がきました。友人は「今、君の奥さんと思われる女性が、見知らぬ男性とラブホテルに入る様子を目撃した。スマホで写真を撮影したから送る」と話し、Bさんに撮影した画像を送信しました。画像を見たBさんは、「写っている女性が間違いなく自分の奥さんであること」を確信しました。

友人は「Bさんの奥さんを目撃した直後」に電話をかけてきていました。そのためBさんは画像の確認を終えたあと、すぐに妻の電話番号に連絡をしてみました。しかしBさんの奥さんは、電話に出ませんでした。

Bさんは次に、「奥さんの職場」に電話をしてみました。すると職場の人から「Bさんの奥さんは今、上司の外回りに同行している」との返事が返ってきました。Bさんは「妻が不倫をしている。相手は妻が勤務する会社の上司だ」と判断しました。

仕事から帰ってきた奥さんは普段と変わらぬ様子で、「慌ただしいことが多いから、仕事中はあまり電話をしてこないでね」とBさんに言いました。

Bさんはそのときから2年間、「離婚すると、子供が寂しさを感じてしまう可能性がある」と考えて、奥さんの浮気について追求せずに過ごしてきました。

しかし男性はこのような生活を続ける中で、精神的にストレスを感じるようになりました。「自分の妻が他の男性とセックスをしている。他人のペニスを握った手で、妻は料理を作っているのだ」と思うと、Bさんは奥さんの作った料理を食べることができなくなりました。Bさんは仕事と家庭の両方で疲れがたまり、病院に通うようになりました。

また、奥さんが不倫をしていた2年間は、Bさんの母親が体調を崩してしまいました。Bさんは定期的に病院へ行き、看病をしていました。Bさんの奥さんはときどきお見舞いに来るものの、あまり看病に積極的ではありませんでした。

そしてついに、Bさんは我慢の限界に達しました。Bさんは「もう許せない。妻はずっと不倫を続けていて、俺が母親の看病をしている間にも不倫相手と会っている。妻に復讐してやる」と考えるようになりました。

探偵事務所を利用して、証拠を集める

Bさんは奥さんへの復讐を決意したあとから、「不倫の証拠」を集めることにしました。不倫を追求するためには、「不貞行為(ふていこうい)の証拠」が必要です。不貞行為とは「配偶者が、結婚相手以外の人とセックスをすること」を指します。つまり「Bさんの妻と不倫相手がセックスをした証拠」が必要なのです。

Bさんは「自分だけで証拠を集めることは難しい」と判断し、「探偵事務所」に相談しました。Bさんは奥さんの不倫を2年間見逃していたため、「奥さんがいつ、どこで不倫をしているか」についてある程度把握していました。探偵事務所はその情報をもとに奥さんを調査して、「証拠となる画像や動画」を撮影してくれました。

探偵事務所が集めた証拠から分かったことは、「Bさんの奥さんと不倫相手は、6年以上も関係を続けていたこと」でした。Bさんは「奥さんに長い間不倫をされていたこと」や「奥さんが不倫をし始めたときに、自分が気付かなかったこと」に大きな怒りを感じました。

Bさんの奥さんが不倫している相手は、既婚者でした。4人家族で2人の子供がいて、会社での信頼も厚い人物でした。Bさんは不倫の証拠を提示することで、「Bさんが妻と離婚すること」「Bさんの妻に対して慰謝料500万円の請求」「不倫相手を離婚させる」という3つを計画しました。

子供に全てを打ち明ける

不倫の証拠が揃い、奥さんを追求する準備が整った段階で、Bさんは子供に全てを打ち明けることにしました。

Bさんが奥さんへの復讐を決意できた理由は「子供がある程度大きくなってきたため」です。Bさんは「子供はもう高校1年生と中学2年生だ。2人とも物心がついてきて、妻が不倫していることを打ち明けても、きちんと自分で物事を考えることができるだろう」と判断したのです。

Bさんは奥さんが外出しているときに子供2人を呼び、妻の不倫について全てを打ち明けました。

「お母さんがお父さんではない男の人と、6年前から交際している。つまりお母さんは、不倫をしている。お父さんは、お母さんの行動にもう我慢できない。お母さんの不倫を追求して、謝ってもらう。そして、離婚することになると思う。お前(子供)たちはお父さんとお母さん、どちらと一緒に暮らすかを選ぶことになる。もちろんお父さんについてきてほしいが、強制ではない。自由に選びなさい」

Bさんはこのように伝えて、子供の様子をうかがいました。子供は2人ともBさんの話に納得して、「お父さんと一緒に生活する」とすぐに答えました。

妻の実家で、話し合い

Bさんは離婚の証拠を奥さんに突きつけるため、奥さんの実家で「話し合いの場」を設けることにしました。8月のお盆休みのとき、Bさんの家族は奥さんの実家へ向かいました。このとき奥さんは実家で話し合いが行われることに気付いておらず、「実家にいる両親に、子供を会わせよう」と考えているだけでした。

この日の少し前に、Bさんは奥さんの不倫相手に対して、「不倫の証拠となる写真」と、弁護士に依頼して作成してもらった「離婚に関する書類」を送りました。そして書類により「Bさんの実家に来てほしい。また、Bさんの妻には当日まで連絡をせずに来てほしい」と伝えていました。

話し合いの当日、Bさん妻の実家には「不倫相手」と「不倫相手の奥さん」「Bさんの弁護士」が先に到着していました。Bさんの奥さんは、2人を見て「不倫がバレている」と気付きました。そして、青ざめた表情になりました。Bさんは冷静に「さあ、君の両親と一緒に話し合いを行おう」と奥さんに言いました。

話し合いの場で、不倫相手の奥さんは激怒しました。Bさんの奥さんに対して「私の旦那と6年以上も不倫をしていたなんて、一体どういうことなの?」と激しく罵りました。Bさんの奥さんに、反論の余地はありませんでした。

不倫相手の奥さんはその場で「私たちは離婚します」と宣言しました。Bさんも「私たちもそのつもりです」と答えました。

Bさんの奥さんは「ちょっと待って、離婚するの? 子供はどうなるの? 離婚したら子供に悪い影響があるかもしれない。考え直してよ!」と言いました。Bさんは「大丈夫。子供にはもう話してある。父親と母親、どちらと生活するかについては、あくまでも子供の意志で決めてほしいと伝えた」と話しました。

そしてBさんは、「ただ、むしろ6年以上も不倫を隠していた女性と生活するほうが、子供にとって悪影響といえる」と続けました。

さらにBさんは「君(Bさんの妻)に対して、500万円の慰謝料を請求する。また、妻が不倫相手と知り合ったのは、職場だと確認している。会社にもこのことを報告させてもらう」と伝えました。

不倫相手は「会社への報告だけはやめてほしい! お願いだ!」と言いました。しかしBさんは「会社の人材管理にも問題があると考えられるため、報告することは当然だ」と切り捨てました。

Bさん妻の両親は、「Bさん! 慰謝料500万円はあまりにも高額すぎないか? 考え直してほしい」とBさんに再考を願いました。Bさんの奥さんも「そうよ! 考え直して! もう一度やり直そうよ」と続きました。

しかしBさんは「6年も不倫を隠していた女性と、これ以上一緒に住めるものか! 慰謝料の金額は変えない」と怒りました。この言葉によって、Bさんの奥さんとその両親は納得しました。Bさんの奥さんや不倫相手は一切言い訳をすることができず、話し合いは終了したのです

Bさんはこうして奥さんと離婚して、子供と3人で生活を送ることになりました。Bさんは不倫相手の奥さんに了承を得た上で会社に連絡を入れて、不倫について報告しました。不倫相手は妻から慰謝料を請求されて、会社では左遷されることになりました。

ただ、結局Bさんは、元奥さんに対して慰謝料を請求することをやめておきました。「1度は本気で好きになった相手だし、十分に反省している様子を見せていたから、許してあげよう」と考えたのです。Bさんは子供と一緒に新しい生活を始めて、穏やかに過ごしています。また、今後は結婚することを考えていないようです。

このように、浮気は「壮絶なトラブルに発展する危険性」を秘めています。場合によっては上記のように、相手から復讐を受けてしまうことがあるのです。浮気や不倫はつい軽い気持ちで始めてしまいやすいですが、上記のような危険があることを認識しておきましょう。浮気や不倫は、あなたの人生を台無しにしてしまう危険があるのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。