妻の不倫における「不貞行為」を証明する証拠となるもの


妻が不倫したことを理由として離婚の訴訟を起こす場合、妻と不倫相手が「交際」していた事実だけでなく、「不貞行為(ふていこうい)」があったことを証明する必要があります。不貞行為とは「結婚している人(妻)が配偶者(あなた)以外の人とセックスをすること」を指します。

不貞行為があったことを証明するためには、そのための「証拠」が必要です。訴訟を起こすときには、「おそらく2人はセックスをしたはずだ」という曖昧な証拠ではなく、客観的に「2人はセックスをしていた」と断定できる証拠が必要です。

ここでは、「配偶者の不貞行為を証明するために有効な証拠」について紹介します。

不貞行為を証明するための証拠は2種類ある

「配偶者が不貞行為をしたこと」について証明するためには、大きく分けて2つの証拠が必要です。ひとつは「不倫相手が配偶者(あなたの妻)のことを、既婚者と知っていたこと」を示す証拠です。もうひとつは「配偶者と不倫相手の間に肉体関係(セックス行為)があったこと」を示す証拠です。

これら2つの証拠が揃ったときに、配偶者と不倫相手の間に「不貞行為」があったことを証明することができます。

不倫相手があなたの妻を既婚者と知っていた証明になるものには、例えば「メールの文面」や「音声」が挙げられます。「旦那さんにバレないようにね」のようなメールを印刷したり、写真やデジタル画像として残したり、音声として録音したりすると、証拠として認められます。

不倫相手とあなた妻の間に肉体関係があったことを示す証拠には、「セックスを行っている現場の動画や写真」が挙げられます。

「セックスの現場」を証拠として収めることは難しい

上記のように、不倫を証明するための証拠には2種類ありますが、このうち「肉体関係があったことを示す証拠」を収めることは難しいです。なぜなら「不倫相手とセックスをするときには、バレないように注意を払う人がほとんどであるから」です。

多くの場合、男女はエッチをするときに部屋の鍵をかけています。稀に「自分が自宅に帰ったときに、奥さんが不倫相手とセックスしている姿を目撃した」ということがあります。ただ、こうしたことは少ないです。セックスの現場を映像や写真として残すことは、非常に困難なのです。

そのため不倫が原因で離婚の裁判になるときには、「配偶者と不倫相手の間に、継続的な肉体関係があったことを「推認」できるもの」を証拠とすることができます。例えば「妻と不倫相手がラブホテルに出入りしている写真」や「ホテルを利用した際の領収書」などが挙げられます。

本来であれば、例えばラブホテルの領収書が妻の財布から出てきたとしても、それだけでは「妻が不貞行為をしていたことを示す、決定的な証拠」にはなりません。ただ、証拠となり得るものを複数組み合わせることで、妻の不貞行為を証明することができるのです。

ただ、上記のことは多くの場合、一般の人が1人で行うことができる行動ではありません。妻の不貞行為を証明しようとしても、不十分な根拠を元に不倫を立証しようとしてしまうのです。そのため妻が不貞行為をしている証拠を得たい場合には、探偵事務所や法律事務所を利用することが一般的です。

不貞行為の証拠になるもの

不貞行為の証拠になるものは、大きく分けて以下のものがあります。

配偶者と不倫相手を撮影した映像

不貞行為を証明する証拠として最も効果の高いものが「映像」です。「配偶者が不倫相手とラブホテルに入る姿を撮影した動画」を収めることができると、「妻と不倫相手が肉体関係(セックス)をもった」と推測することができます。また、ラブホテルに向かう様子以外にも、「不倫相手の自宅に行く様子」でも不貞行為の証拠になり得ます。

ただ、このような映像を1度だけ収めることができても、それだけで不倫の事実を証明することは難しいです。妻が「その場の雰囲気から、1度だけエッチをしてしまった」という場合は、不貞行為とみなされないのです。

そのため「妻と不倫相手の男性が、継続的にラブホテルや男性の自宅に向かう様子」を映像として収めることができると、証拠としての効果が高まります。一般的に3回以上ラブホテルに出入りする映像を撮影できると、証拠として認められやすくなります。

また、映像の場合は2人がラブホテルに入り、目安として40分以上滞在して出てきた様子を収めることができると、より良いです。40分より短い時間の滞在である場合、「セックスをするには時間が足りない。肉体関係はなかったのではないか」と判断されることがあります。そしてこの場合、ラブホテルへの出入りが確認できる映像であっても、不貞行為の証拠にならない可能性があります。

さらに、不倫をしている人はラブホテルではなく、シティホテル(都市部で多く営業されている、サービスが充実したホテル)を利用することがあります。

ラブホテルは一般的に「エッチをするために入る施設」と認識されています。これに対してシティホテルは、仕事や観光などで利用することがあります。そのため妻と不倫相手がシティホテルを利用している場合は、不貞行為を証明することがより難しくなります。

写真も不貞行為の証拠になる

妻と不倫相手がラブホテルに入る様子を撮影した写真」も、不貞行為の証拠とすることができます。この場合も1度だけでなく、できれば3回以上の様子を撮影できると、証拠としての効果が高まります。

スマホなどで撮影した「デジタル画像」の場合であっても、映像と同じように「ラブホテルでの滞在時間」を割り出すことができます。

映像として「ラブホテルへの入店から退店まで」を撮影することができれば、「妻と不倫相手は2時間ラブホテルで過ごしていた」とすぐに分かります。これに対してデジタル画像の場合は、「撮影した日時」が記録されます。そのため「2人の入店と退店の瞬間」を撮影することで、滞在時間も分かるようになります(ラブホテルの退店時間ー入店時間)。

ちなみに「妻と不倫相手が2人で歩いている様子」を撮影しても、不倫の証拠とすることはできません。この様子だけでは2人がセックスをした可能性はあるものの、断定することはできないためです。妻と不倫相手が、ホテルやホテルの部屋に入る姿を撮影する必要があります。

配偶者と不倫相手のメール文面

妻と不倫相手が交わしていた「メールの文面」も、不貞行為の証拠になります。また、前述のように「不倫相手が妻のことを既婚者と知っていたこと」を示す証拠にもなります。メールやLINEの文面は印刷して証拠とすることができます。

ただ、メールの文面を「肉体関係があったことを示す証拠」として使うためには、「昨日は2人で過ごすことができて楽しかったね」のような内容では意味がありません。こうした文面からは「2人が交際していること」を読み取ることはできても、「2人がセックスをしたかどうか」は分からないためです。

そのため「文面を読むことで、セックスをしていたことが分かるメール」のみが不貞行為の証拠になり得ます。例えば「昨日はとても気持ち良かったよ」などの言葉は、2人がセックスをした証拠になり得ます。

ただ、こうした言葉が何度も交わされることは少ないため、メールの文面が決定的な証拠になることは少ないです。しかし他の証拠と組み合わせることで「裁判を有利に進める材料」にすることができます。そのため、できるだけ用意しておくほうが良いです。

配偶者と不倫相手の「音声」を録音する

「妻と不倫相手の会話を録音した音声」が、不貞行為の証拠になることもあります。「今日のエッチはすごく気持ち良かった」などの声が録音できれば、証拠にすることができます。

このような音声を録音するためには、鮮明に声が残るように2人の近くまで近寄る必要があります。ただ、このような行為をすることは、多くの場合難しいです。

また、あなたがいないときに妻が自宅で不倫相手と電話をしている可能性があります。そのため人によっては、「自宅に盗聴器を設置して、妻の会話を録音する」という方法を実施することがあります。

法律において、この行為自体は問題ありません。ただ、「ひそかに音声を録音することは、プライバシーの侵害にあたる」として、録音した音声を証拠として用いることができない場合があります。

このように音声は証拠として利用できますが、録音することが困難な場合が多いです。

その他の証拠となり得るもの

上記のように、「ラブホテルへ入るときの映像や写真」「セックスをしていたことが分かるメールや音声」が不貞行為の証拠になります。ただ、これらの他にも不貞行為を立証するための材料になるものがあります。

例えば「妻が不倫相手とホテルに宿泊した際の領収書」は、不貞行為を立証するための証拠になります。妻と不倫相手が2人で利用した直接的な映像や写真ではないものの、領収書から「2人で過ごしたこと」を推測することができます。そしてそこから、不貞行為も推測することができます。そのため他の判断材料と組み合わせることで、有力な証拠となり得ます。

さらに、「友人や会社の同僚による証言」が不貞行為の証拠になることがあります。「2人がラブホテルに入る様子を見た」のような証言を得ることができれば、有力な証拠といえます。

また、「不倫相手からのプレゼントやメッセージカード」も証拠になります。これらは不貞行為を証明するものではありませんが、「妻と不倫相手の男性が交際していたこと」を示すために役立ちます。

こうしたものをできるだけたくさん集めることで、より配偶者の不貞行為を証明しやすくなります。自分で探したり探偵に調査してもらったりすることで、証拠を集めましょう。

不貞行為の証拠には、以上のようなものがあります。離婚をするための訴訟を起こすためには、根拠となる証拠を十分に揃える必要があります。明確な証拠の準備が不十分な状態で裁判に臨むと請求が棄却されてしまい、離婚をすることができない場合があります。

自分1人だけで証拠を集めたり、不貞行為を立証したりすることは難しい場合が多いです。そのため必要であれば、探偵事務所や法律事務所に相談をすることをお勧めします。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。