ストレスによるEDを改善するために効果的な「ノンエレクト法」


セックスレスに至る原因にはさまざまなものがありますが、その中のひとつとして「ED(Erectile Dysfunction:勃起不全)」が挙げられます。男性が勃起しないためにセックスをすることができず、そのまま「長期間セックスをしない状態」に陥ってしまうのです。

EDにも種類がありますが、そのひとつとしてストレスが原因である「心因性ED(しんいんせいED)」というEDがあります。このEDを改善するために効果的な方法が「ノンエレクト法」というものです。ノンエレクト法を実践することによって心因性EDを改善でき、セックスレスの解消につながりやすくなります。

ここではノンエレクト法の内容や、実施方法について紹介します。

ノンエレクト法とは

ノンエレクト法は精神治療の一種である「行動療法」という治療方法に属します。

人によって「物事の受け取り方」は異なります。「物事の見方」を「認知」と呼びます。人は認知の仕方によって、ストレスを感じることがあります。

例えばあなたが女性に声をかけたときに、女性が素っ気ない態度をとったとします。このとき、人によっては「自分が何か女性の気に障ることを行ったのだろうか」と考えます。また、別の人は「この女性は今、忙しいのかもしれない」と考えます。このように、認知の仕方は人によってさまざまです。

ストレスから生じる「心因性ED」は、「男性がセックスをする際に、緊張や不安、焦りを感じること」が主な原因となっています。つまり心因性EDの男性は、「セックスに対してネガティブに認知している」ということがいえます

心因性EDの男性は、女性とエッチをするときに「勃起しないと、彼女の性欲を満たせない」「勃起したいけれど、勃起しない。どうしよう」のように考えます。

勃起は「男性の心がリラックスしているとき」に起こりやすくなります。男性が緊張状態になると、ペニスは勃起しにくくなります。そして勃起しない状態に男性はさらに焦りを感じてしまい、よりペニスが勃たなくなるという、悪循環に陥ってしまうのです。

しかし人は行動を変えることによって、認知の仕方を変えることができます。そして、それまで感じていたストレスを解消することができるのです。これが行動療法です。つまり心因性EDの男性も適切な行動をとることで認知の仕方を変えることができ、勃起できるようになるのです

ノンエレクト法は「ED治療を行っているクリニック」などで、実践方法を指導してもらえます。クリニックによってはノンエレクト法による心因性ED治療の成功率を、8割ほどと提示しています。ノンエレクト法は心因性EDに悩んでいる人にとって、効果的な治療方法なのです。

ノンエレクト法のメリット

ノンエレクト法には、大きく分けて2つのメリットがあります。

ひとつ目のメリットは、「副作用の心配がない」ということです。

薬を服用すると、場合によって副作用を生じることがあります。しかしノンエレクト法では、男性は薬を飲む必要がありません。そのためノンエレクト法は「身体に負担をかけないED治療法」といえます。

2つ目のメリットは「手軽に行うことができる」ということです。ノンエレクト法を実施する際には、器具などが必要ありません。男女が普段のエッチをする状態で実施することができるため、男女二人以外の人員が必要なく、時間にも融通が利く治療法です。

ノンエレクト法を実施する流れ

ノンエレクト法は「男女のカップルのみ」で行うことができます。医師が治療をしたり、男性患者が薬を飲んだりする必要はありません。ただ、カップルでノンエレクト法を行う前には、「ノンエレクト法の指導を行っている医療機関やクリニック」に出向く必要があります。

ノンエレクト法を実施する流れは、「医療機関でのカウンセリング」「ノンエレクト法の実施」「女性へのアフターケア」の3段階に分かれます。以下では、ノンエレクト法を行う際の流れについて紹介します。

医師による「カウンセリング」を受ける

まずはクリニックなどに出向き、「ノンエレクト法による心因性EDの治療」について、医師に相談します。このときに医師が行うことは、男性に対する「カウンセリング」です。医師は男性と会話を交わして、男性がもつ悩みや不安について聞き出します。

このとき医師は主に「受容(受け入れる)」「支持(支える)」「保証(安心感を与える)」という3つのポイントに気をつけて、カウンセリングを行います

医師が「男性の悩みを聞き出すとき」に意識していることは、「受容」と「支持」です。

男性はEDについて、真剣に悩んでいることがあります。「彼女とエッチをするときになると勃起できなくなる」「風俗店では勃起するのに、奥さんとエッチしようとするとペニスが勃たない」など、医師は男性が悩んでいることについて聞き出し、否定せずに理解しようと努めます。つまり男性を受け入れて、「精神的な支え」になってあげるのです。

次に医師は「大丈夫ですよ。ノンエレクト法を実施すれば、高い確率で改善が期待できます」と効果を「保証」して、男性に安心感を与えます。男性は医師からこのように言われることで、精神的なストレスを軽減することができます。そして、心因性EDが改善しやすくなります。

ノンエレクト法におけるカウンセリングは、以上のように行われます。ノンエレクト法のカウンセリングでは「きちんと医師と男性患者の関係を築くこと」が大切なのです。

ノンエレクト法では「勃起しないようにすること」がポイント

カウンセリングを終えると、医師はノンエレクト法の実施方法を男性に伝えます。

ノンエレクト法は「男女が普段通りのエッチをする状態」で実施しますが、男性は医師から「勃起しないように」ということを念押しされます。心因性EDの男性は「勃起できないこと」に悩んでいますが、医師は逆に「勃起しないでください」と男性に伝えるのです。そして男性は医師からこのことについて、何度も繰り返し念押しされます。

ノンエレクト法は「勃起しないように注意して実践すること」が大切なのです。

男性は医師からこのように伝えられると、これまで感じていたストレスがなくなります。男性はこれまでの「勃起しないといけない、という緊張した状態」から、「勃起しなくて良いのだ、というリラックスした状態」で女性とのエッチに臨めるようになるのです。

ノンエレクト法を実施

男性が勃起するとき、ペニスは「勃起していない普段の状態」から、少し勃起した状態である「半勃起」を経て、しっかりと勃起した「完全勃起」の状態に至ります。ノンエレクト法では、男性がペニスを「半勃起状態」に保つ必要があります。そして男性は半勃起の状態で、「女性の膣にペニスを押し当てる」もしくは「膣への挿入」を行います。

ペニスを半勃起の状態に保つ理由は、「半勃起したペニスは、最も刺激に敏感な状態であるため」です。

完全に勃起すると、ペニスは固くなります。固くなったペニスは、手でペニスに少し触れたり、パンツがこすれたりする程度の刺激に対して、あまり敏感に反応しません。これに対して半勃起状態のペニスは、小さな刺激に対しても敏感に反応します。

つまり男性はペニスを半勃起の状態に保つことで、「女性の膣による刺激」をしっかりと感じることができるのです。ノンエレクト法は「男性が膣の温かみや柔らかさ、気持ち良さを感じることで、自然に勃起するよう促されること」を狙いとしています。

女性への愛撫を行い、ペニスを半勃起状態に保つ

ノンエレクト法を行う場合、まずは通常のエッチと同じように、男性が女性への愛撫を始めます。そして女性の膣がいわゆる「濡れた状態」になったら、男性がペニスを半勃起状態に変化させます。

心因性EDの男性であっても、ペニスを半勃起の状態にできることは多いです。平常時よりもペニスが少し大きくなったら、ペニスの根元を指で圧迫します

勃起するときには、ペニスに血液がたくさん流れ込んでいます。ペニスの根元を圧迫することで亀頭に血液が流れやすくなり、半勃起状態であっても亀頭を大きくすることができます。ペニスをこの状態に保つと、亀頭を女性の膣に押し当てたり、挿入したりしやすくなります。

ちなみにこのときも、男性は「勃起してはいけない」と意識しておく必要があります。

亀頭に意識を集中させながら、ペニスを膣に接触させる

次に男性は、ペニスを女性の膣に接触させます。最初は膣にペニスを押し当てるようにして、膣の感触を楽しみます。そこから半勃起の状態で、ペニスを膣内に挿入します。そして「膣によってペニスが締め付けられる刺激」や「膣の温かみや柔らかさ」を感じるように意識します。半勃起の状態であればペニスを膣奥まで挿入することはできず、膣の半分ほどまでしか入らないはずです。

このとき男性は、女性に対して「気持ち良い?」と聞くような配慮を行う必要はありません。「女性を快感に導かないといけない」のように考えると、男性は緊張状態に陥りやすくなります。そしてノンエレクト法が、失敗に終わってしまいます。男性はあくまでも、亀頭に神経を集中させることが大切なのです。

このように男性が「勃起してはいけない。むしろ勃起しなくて良いのだ」とリラックスした状態で膣内への挿入を続けていると、ペニスが完全勃起の状態へ向かうようになります。

ただ、ノンエレクト法を実施している最中に、ペニスが完全に勃起しそうになった場合は、膣からペニスを抜く必要があります。ノンエレクト法では、「ペニスに膣内の感触を覚えさせること」が大切です。そのため「完全勃起に至るまでの過程」を、繰り返し行う必要があるのです。

ノンエレクト法を実践している最中にペニスが完全勃起しそうになったら、男性はペニスを膣から抜いて、半勃起の状態に戻るまで待ちます。そして再度、男性器を膣に挿入します。ペニスを挿入しているときには、「手を男根に添えながらピストン運動を行うこと」は許されます。ただ、「膣奥までしっかりとペニスを挿入して、女性を刺激すること」は禁止です。

これを繰り返して、「ペニスが十分に膣の温かみや感触を感じ取ることができた」と思ったら、ノンエレクト法を終了します。

女性へのアフターケアを行う

ノンエレクト法は以上のようにして行います。ただ、上記の手順を実行したあとは、「女性へのアフターケア」を行う必要があります。

ノンエレクト法において、男性は「ペニスを半勃起の状態に保ち、膣内に半分ペニスを入れては抜く」という動作を繰り返します。このとき女性は、「ペニスを挿入されるものの、十分な性的刺激を得られない」という状態です。人によっては「実験台にされている気がする」「高まった興奮を解消できない」と感じて、逆に女性がストレスを抱えてしまうことがあるのです。

このようなことを防ぐために、ノンエレクト法を実施したあとは「女性の性的欲求を満たす必要」があります。男性が女性を愛撫したり、電マやローターなどのアダルトグッズで刺激したりすることで、女性をイカせる必要があるのです。手伝ってくれたお礼として、ノンエレクト法を実施したあとは、女性をしっかり愛撫してあげる必要があります。

ノンエレクト法が失敗に終わる場合

ノンエレクト法は心因性EDを改善するために効果的ですが、場合によっては失敗に終わることがあります。ノンエレクト法を実施しても男性のペニスが勃起しない主な原因に「男性が『ペニスを勃起させないといけない』と思っている」「カップルの親密度が低い」という2点が挙げられます。

医師がある男性にノンエレクト法を勧めて、後日その男性に再度来院してもらいました。医師が男性に「ノンエレクト法を試してみていかがでしたか?」と聞いたところ、男性は「駄目でした。勃起しませんでした」と答えました。医師はこのとき、「これでは失敗に終わっても仕方ない」と思ったのです。

ノンエレクト法では前述のように、医師によるカウンセリングで「勃起してはいけない」ということを念押しされます。上記の男性は返答から「勃起しようと意識していた」ことが読み取れるのです。

医師が繰り返し「勃起したいと考えると、逆にペニスが勃ちにくくなります。勃起しないでくださいね」と確認するにもかかわらず、ノンエレクト法の実践中に「勃起したい」と意識してしまう男性がいます。このような人は、ノンエレクト法を実施しても失敗しやすいのです。

また、男性と女性の親密度が低いと、男性が半勃起状態のペニスを挿入することに、女性が協力的な態度をとらないことがあります。すると男性は緊張や不安を感じやすくなり、ノンエレクト法は失敗してしまいます。

この場合はノンエレクト法を実施する前に、カップルがコミュニケーションを増やし、親密度を高める必要があります。お互いが愛し合っている状態でノンエレクト法を行うと、男性は半勃起状態のペニスを膣内に挿入した際、女性の温もりを十分に感じることができます。するとペニスが勃起しやすくなります。

男女の関係が浅いことからノンエレクト法が失敗に終わった場合、医師は男性にカウンセリングなどを勧めることがあります。ノンエレクト法は「カップルの共同作業」です。女性の協力があることで、ノンエレクト法は成功しやすくなるのです。

また、ノンエレクト法によって男性の心因性EDが改善しなかった場合、医師は「バイアグラ」や「レビトラ」などの「ED治療薬」を男性に勧めることもあります。

ノンエレクト法は、以上のようにして実施します。ストレスによる「心因性ED」の改善には一定の効果が期待でき、セックスレスを解消するために役立ちます。心因性EDで悩んでいる場合には、ノンエレクト法を実践してみると良いでしょう。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。