「彼女いない歴=年齢」のモテない童貞男性でも彼女を作れる


男性によっては「彼女いない歴=年齢」という、童貞(エッチ未経験)の人がいます。このような状態が長く続くと、「自分は女性にモテない人なのだ」と悲観的になってしまうことがあります。

私も彼女を作れない時期が長く続いたため、以前は「このままモテなかったらどうしよう」と悩むことがありました。しかし現在は出会い系サイトを活用することで、さまざまな女性と恋愛を楽しめるようになりました。

そこでここでは「彼女いない歴=年齢」で童貞の場合において、理想の女性と出会うために行うべきことについて紹介します。

今は女性との出会いがなかったり、女性と接することが下手であったりしても問題ありません。やるべきことを実践していけば、恋愛を楽しめるようになることは可能です。

「自分はモテない」と決めつけず、自分を冷静に分析する

彼女がいない童貞の期間が長く続くと、「自分は女性にモテない人なのだ」と決めつけてしまいやすいです。しかしこの思い込みが、さらにモテなくなる原因となっていることに気付く必要があります。

悲観的な考えは、その人の雰囲気や行動、言動に表れます。「自分はモテない」と思っていると、女性に対して挙動不審な態度をとってしまったり、無意識に女性を避けてしまったりしてしまいます。このようなことの積み重ねが、さらにモテない状況を招いてしまうのです。

まずは悲観的に考えることをやめて、冷静に自分を見つめ直しましょう。

例えばあなたが容姿に自信をもてず、毎日の生活が自宅と会社の往復で、女性との出会いがないとします。また、身だしなみや服装がだらしなく、普段から自宅でテレビや映画を見たり、ゲームで遊んだりしてばかりだとします。

このような状態の人は多くの場合、上記の行動を無意識のうちに続けてしまっていることが多いです。この生活を当たり前と考えており、状況を改善しようと試みないのです。

しかし上で挙げた例のような生活を送っている人であっても、少しずつ日常を良い方向へ変化させることは可能です。

例えば、いつも床屋で髪を切ってもらっているのであれば、「美容院」へ行ってみることは簡単にできるはずです。「美容院には今まで行ったことがないから緊張する」という心理的なハードルさえ乗り越えることができれば、お洒落な髪型に変えることは誰でも可能なのです。

また、「服装」についても、意識ひとつで変えることができます。ファッション雑誌を購入すれば「お洒落な服装がどのようなものなのか」や「流行のファッション」を知ることができます。また、雑誌代が勿体ないと感じるのであれば、インターネットでファッション関連のサイトを閲覧すれば、似た情報を得ることは可能です。

このように、自分について冷静に「分析」をすることができれば、今の状態を変えることはできるのです。

「彼女いない歴=年齢」で童貞の人は、「改善するべき点がたくさんある状態」と言い換えることができます。

まずは「自分はモテない」と決めつけることをやめましょう。「今は確かにモテないかもしれない。しかし現状を改善すれば、自分でもモテるようになるかもしれない」と考えて、行動していくことが大切です。

ただ、ここで多くのモテない男性は、「自分をモテるように変えるなんて、無理に決まっている。美容院に行ったり、ファッション雑誌を購入したりするなんて、自分にはできない」と考えてしまいます。

しかしこれも「思い込み」であると認識するべきです。今までと全く違う行動をとることは、確かに不安になったり、面倒に感じたりするかもしれません。しかしその気持ちを乗り越えて行動すれば、女性との楽しい時間が待っているのです。

以前の私がそうであったように、状況を改善することは誰にでもできます。あなたもまずは、1歩踏み出してください。

ポジティブに考える癖をつける

長く彼女がいない状況を続けてきた男性は、ネガティブな考え方であることが多いです。「どうせ自分にはできない」と考えることが、癖になっているのです。そしてその悲観的な考えが、あなたの雰囲気や行動、言動にも表れていることが多いです。つまり女性から「暗い」「元気がない」のように思われてしまうのです。

しかし考え方は、切り替えることができます。「ネガティブ思考は生まれつきで、変えられないもの」と思い込んでいる人がいます。しかしこのような人であっても、ポジティブ思考に転換することはできます。必ず「自分でも、やればできる」「できる方法があるはずだ」と考えてください。

このように考えることを習慣づけていれば、ポジティブに考えることが少しずつ当たり前になります。すると、よりモテるようになる行動をとりやすくなります。

「自分には無理だ」「自分には向いていない」「できない」のようなマイナス思考が頭に生じたら、できる限りポジティブに思考を切り替えるよう意識してください。

また、人によっては「ポジティブ」という言葉を聞くと、お笑い芸人のような「明るくハイテンションな人」を思い浮かべることがあります。

しかしネガティブな人がこのような高いテンションに切り替えることは難しいため、まずは「前向き、建設的に考える」ということを意識してください。「現状をプラスに捉える」「できる方法を考える」ということさえ意識できれば、ポジティブな人になることができます。

長期間に渡って続けてきたネガティブ思考を変えるには、数週間や数ヶ月など、一定の期間が必要です。ただ、継続して意識していれば必ずポジティブに変化させることができるため、頑張って考え方の切り替えを行いましょう。

女性との出会いに「投資」する意識をもつ

モテない男性は「お金が勿体ない」「節約して貯金したい」のように考えることが多いです。しかし女性と出会いたいのであれば、ある程度のお金が必要であることを認識してください。女性との出会いに対して、「投資の意識」をもつ必要があります。

女性と出会うためには、さまざまなお金がかかります。

服を購入したり、髪の毛を美容院で切ったりしてもらうためには、お金が必要です。人によっては太った体型を改善するために、スポーツジムへ通う必要があるかもしれません。

また、女性と出会うためにはお金を払って出会い系サイトを利用したり、合コンに参加したりする必要があります。さらに、出会った女性とのデート代も必要です。

彼女を作るまでには、このような費用がかかるのです。

人によっては女性と出会うための出費を「勿体ない」と感じることがあります。しかしそうではなく、「自分を磨くための投資」と考えるべきなのです。

彼女がずっといない状況であっても、「あの女性は可愛いな」のように感じることがあるはずです。

可愛い女性や美人な女性は、お金をかけずにその容姿を維持しているわけではありません。魅力的な女性は、必ず自分自身に投資しています。

女性は男性よりも「美意識」が高いです。美人な女性や可愛い女性は、さまざまな化粧品を試して自分の肌に合ったものを使い、ファッション雑誌を読んでお洒落な服装を研究しています。また、体型を維持するためにヨガなどを習ってダイエットをしたり、サプリメントを利用して食事に気を使ったりすることもあります。

このように自己投資をしている女性は、自分と同じく自己投資をしている男性に好感をもちます。また、自分を磨いている男性は必然的に魅力が高まるため、女性の興味を引きやすいのです。

出費が増えると、人によっては「将来が不安」と感じるかもしれません。しかし自分を磨くことができれば、女性との出会いが増えるだけでなく、仕事でも成果を出しやすくなる可能性があります。前述しましたが、建設的に考える必要があります。

「自己投資をするために仕事を頑張って、収入を高めよう」と思えば、恋愛と仕事の両面でモチベーションが高まります。自分を磨くために、お金を投資してください。

積極的に行動する

「彼女いない歴=年齢」という人は、何も行動せずに「自分に好意を抱いてくれる女性に、いつか巡り会えるはずだ」と考えていることがあります。

しかし残念ながら受け身の姿勢で過ごしていると、魅力的な女性に出会える可能性は低いです。

もしかしたら何も行動しなくても、「運命の出会い」があるかもしれません。しかし出会えるかどうか分からない女性を待ち続けることは、非常にリスクが高いです。もしかしたら魅力的な女性と出会えることなく、無駄な日々を過ごしてしまうことになりかねないのです。

特に「彼女いない歴=年齢」という人の場合、「将来もこのままの状態で過ごして、彼女となる女性を見つけられる可能性は低い」と考えるべきです。自分から新たな行動を起こす必要があるのです。

積極的に自分を磨き、女性との出会いを求めれば、魅力的な女性を自分で見つけ出すことができます。あなたがただ女性との出会いを待っているよりも、このほうが早く彼女を作れる可能性が高いのです。

そのため「彼女を作りたい」と考えるのであれば、自分から積極的に行動してください。

最初は重い腰を上げるような気持ちかもしれませんが、行動していると、少しずつ女性と会話やデートをする機会が増えます。すると、毎日が楽しくなってくるはずです。そしてさらに行動を続けると、女性とエッチをしたり、その女性が彼女になったりするタイミングが訪れます。

少しずつでも良いため、自ら行動する習慣をつけましょう。

「上手くいかないことは当然ある」と考える

彼女を作るまでには、上手くいかないことが出てきます。

「女性にメールを送っても、返信がこない」「女性との会話が弾まない」「1度はデートに行けるものの、2度目のデートに誘うと女性に断られてしまう」など、女性と出会うための活動に取り組むと、さまざまな問題に直面するのです。

ただ、このような問題は「生じて当たり前」と考えてください。女性からのメールが返ってこなくても、女性と上手く会話ができなくても、最初は当然のことです。このような問題が生じたときに「自分の何が駄目なのだろう」と考えて、改善することが大切なのです。

今はモテない状態であったとしても、自分について振り返り、行動や言動を改善しましょう。そうすれば、女性から好かれるようになることはできます。

もちろん、いわゆる「イケメン(容姿が格好良い男性)」のように、非常にたくさんの女性からモテるようになることは難しいかもしれません。しかし平均的な男性と同じように彼女を作ったり、複数人の女性とエッチをしたりすることは可能です。

「彼女いない歴=年齢」という人の場合、女性との接し方にさまざまな問題があります。他の人よりも、「恋愛面で改善すべき点が多いだけ」と考えてください。

人によっては前述したネガティブ思考が強く、「女性とデートをしても、楽しんでもらえない。やはり自分は彼女を作れないのだ」のように、途中で挫折しそうになることがあります。しかし行動を起こし、その結果を改善していれば、彼女ができるタイミングは訪れます。諦めずに行動を続けましょう。

人付き合いに慣れる

「彼女がなかなかできない」という男性はそもそも、女性だけでなく男性とのコミュニケーションにも苦手意識をもっていることが多いです。そのため日頃の生活で、人とコミュニケーションをとることを意識してください。

普段の生活であまり人と会話を交わすことがないのであれば、できるだけ自分から相手に話しかけてください。会社の同僚や友人、家族など、さまざまな人との会話に慣れることで、女性とも上手くコミュニケーションをとれるようになります。

人によっては「コミュニケーション能力を磨かずに、彼女を作る方法はないのか」と考えることがあります。しかしこのように考えることはやめて、会話力を高める努力をするべきです。女性と関係を深めるためには、会話が非常に大切であるためです。

女性は楽しく会話できる人に、好意を抱くことが多いです。会話はさまざまな人と話すほど上手くなるため、日々の生活で会話力を高めようと意識してください。

初対面の女性よりも、会社の同僚や友人、家族のほうが、慣れ親しんだ関係であるはずです。これらの人と上手に会話できるようになって初めて、女性とも楽しく会話を交わせるようになります。

話す相手がいなくて困ったら、家電量販店や美容室で接客を受けたり、キャバクラやガールズバーへ行ったりすると良いです。

家電量販店で商品を見ていると、スタッフが話しかけてくれます。スタッフに質問しながら話せば、会話の練習になります。また、美容室の女性スタッフであれば、髪をカットすることで自分の見た目を改善しながら話ができます。

キャバクラやガールズバーへ行くこともお勧めです。多少のお金はかかりますが、これらの店では女性とお酒を飲みながら会話を楽しむことができます。キャバクラでは女性が男性の隣に座ってくれて、ガールズバーではテーブルを挟んで女性と会話を交わすことができます。女性との距離が少し離れている分、ガールズバーのほうが料金は安いです。

キャバ嬢(キャバクラで働く女性スタッフ)やガールズバーの女性は、男性を楽しませるためにさまざまな話題を振ってくれます。本来は自分から女性に話しかけるべきですが、会話が苦手な場合、まずは女性に話題を提供してもらうと良いでしょう。

ただ、キャバクラやガールズバーにいる女性の多くは明るい雰囲気で容姿が良いため、人によっては好意を抱いてしまうことがあります。しかしこれらの女性は「仕事」としてたくさんの男性に接しているため、「自分に好意を抱いてくれることはない」と考えてください。

キャバクラやガールズバーは夢中になると、たくさんのお金を無駄に費やしてしまいます。しかし女性との会話を練習するために利用するのであれば、良い投資といえます。夢中になりすぎないよう気をつけてください。

身だしなみと服装に気をつける

「彼女いない歴=年齢」という人は、日々の生活で身だしなみや服装に気を使わない傾向にあります。自分1人で過ごす時間が多いため、「お洒落な服を着たり、身だしなみを整えたりする必要はない」と考えてしまうのです。

しかし彼女を作りたいのであれば、身だしなみと服装は整えるよう意識してください。

身だしなみについては毎日きちんと入浴して、顔から足まで念入りに洗いましょう。また、「床屋」ではなく「美容院」で髪の毛を切ってもらうことで、お洒落な髪型に整えてもらうことができます。

「どのような髪型がお洒落なのか分からない」という場合であっても、美容院の美容師に相談すれば大丈夫です。「自分に似合う髪型に整えてほしいです」とお願いすれば、美容師はあなたに合った髪型を提案してくれます。

床屋は2,000円ほどで散髪してくれる店が多いです。一方、美容院で髪を切ってもらう場合、5,000円ほどかかる場合が多いです。多少のお金はかかりますが、自分を魅力的に演出するために、必ず美容院へ行くべきです。

また、なかなか彼女ができない人は、服装も改善する必要のある場合が多いです。

モテない男性は全体のコーディネートを考えず、適当に服を選んだり、「とりあえず着ることができれば良い」と考えて、女性が好まないデザインの服を購入したりしてしまいます。また、全身真っ黒な服装や、いわゆる「オタク」のような服装をしてしまいがちです。

そのため必ず「女性から好まれる服装がどのようなものなのか」を把握して、服を購入するべきです。お洒落な服装については、ファッション雑誌を見れば理解できます。もしくはお洒落な服が売っているショッピングモールへ行き、店のスタッフに相談すると良いです。

服屋のスタッフは、あなたに合った服装をアドバイスしてくれます。そのため自分の感覚で選ぶよりも、確実にお洒落な服を購入することができます。

お洒落な服は1着につき5,000~10,000円かかることは多いです。また、冬の上着などを購入する場合、さらに高いお金がかかることもあります。そのため予算を決めて、「3万円で上下の服を揃えたい」のようにスタッフへ伝えましょう。

このように身だしなみと服装を整えると、あなたは今までと大きく違った雰囲気になるはずです。すると少し自信が湧き、「自分でも変わることができるかもしれない」と思えるようになります。

身だしなみや服装は、手間とお金をかければすぐに変えることができます。そのため「彼女を作りたい」と思ったら、早めに取り組むべきことのひとつです。

出会い系サイトを利用して、女性と出会う

彼女ができない人の多くは、新たな女性と出会う機会が少ない傾向にあります。

彼女ができるかどうかは、「出会える女性の人数」によって大きく左右されます。出会う女性の人数が多いほど、あなたと気の合う女性に巡り会える可能性が高まります。つまり、彼女ができる可能性も高くなります。

人によっては「日常生活で、女性との出会いがない」などと口にすることがあります。しかし「出会い系サイト」を利用すれば、誰でもたくさんの女性と出会うことが可能です。出会い系サイトはインターネットに接続できるパソコンやスマホ(スマートフォン)で利用することができ、日本全国どこに住んでいても女性と出会うことができます。

余談ですが出会い系サイトは、1990年代後半から人気が高まり始めました。

1990年代当時、出会い系サイトは詐欺行為や売買春の温床として、悪評が広まっていました。しかし国による「出会い系サイト規制法」の施行や、出会い系サイト運営会社によるセキュリティの整備などにより、出会い系サイトのイメージは改善されました。

現在はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が普及して、多くの人がネットを通じた出会いに抵抗をもたなくなりました。そのため出会い系サイトも「健全に男女が出会えるサービス」として、あらためて認知されるようになったのです。

男性は出会い系サイトにおいて、女性へメールを送ることでアプローチすることができます。

出会い系サイト上では男女がお互いに、「プロフィール」を登録することができます。女性のプロフィールの写真や自己紹介を確認して、興味の湧いた女性にメールを送ってアプローチを行います。

女性がメールを読み、あなたのプロフィールに興味をもてば、返信メールを送ってくれます。後はメールを交わして仲良くなったら、直接会う提案を行います。

できるだけたくさんの女性にメールを送る

出会い系サイトを利用する上で注意すべき点として、「すぐに女性と出会えるわけではない」ということが挙げられます。

男性によっては、2、3人の女性にメールを送って返信がなかっただけで、「出会い系サイトに登録している女性にメールを送っても、返信がこない。出会い系サイトで女性と出会えるという話は嘘だ!」と決めつけてしまうことがあります。

しかしこのような利用の仕方は、非常に勿体ないです。「出会い系サイトで1人の女性と出会うためには、10~20人の女性にメールを送る必要がある」と考えてください。

例えばどれだけ腕の良い野球打者であっても、ピッチャーが投げる全ての球を打ち返すことは難しいはずです。出会い系サイトでのアプローチも、この例と同じように考えてください。

出会い系サイトを利用している女性は、人によって状況が異なります。既に別の男性からアプローチされている人もいれば、新たな男性を探している人もいます。そのため10~20人ほどの女性にメールを送って初めて、良い反応を得られることが多いのです。

前述したネガティブ思考が強い人は、女性に興味をもってもらえる前にメール送信をやめてしまいやすいです。前もって「まずは50人の女性にメールを送ろう」のように決めてから、出会い系サイトを利用すると良いです。

質の良い有料サイトを利用するべき

また、出会い系サイトには無料サイトと有料サイトがあります。多くの人が「お金のかからない無料サイトを利用しよう」と考えがちですが、結論を述べれば有料サイトを利用すべきです。

無料サイトはお金はかからないものの、一般女性と出会える可能性が非常に低いです。無料サイトは「サクラ」と呼ばれる一般女性を装った業者が多く、女性とメールを交わしても実際には出会えないのです。また、代わりにワンクリック詐欺や架空請求などのトラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

そのため無料の出会い系サイトはお金がかからないものの、時間を無駄に費やしてしまいます。

これに対して有料の出会い系サイトであれば、サイト運営者が得た利益の一部を、サイトのセキュリティ整備や広告費に充てています。そのため一般の男女が利用しやすい環境が整っており、新規の女性も定期的に登録しています。つまり有料サイトを利用すればお金はかかるものの、一般女性と実際に出会える可能性が高いのです。

有料の出会い系サイトは費用がかかるとはいえ、予算については自分で決めることができます。初心者であっても、3,000~5,000円あれば十分に女性と出会うことが可能です。

有料出会い系サイトの料金体系は、「ポイント制」か「定額制」が主流です。

ポイント制の場合、男性はポイントを購入して女性にアプローチします。「女性へのメール送信に5ポイント(50円)」「女性から届いたメール閲覧に1ポイント(10円)」のように決められており、男性は自分が必要な分のポイントを購入します。知らないうちに自動で課金されることはないため安心してください。

また、定額制の場合、ひと月4,000円ほどでサイトを利用することができます。この料金さえ支払えば、女性にどれだけアプローチしても料金は変わりません。

最初のうちはポイント制の出会い系サイトで必要な分だけのポイントを購入し、徐々に慣れてきたら、定額制サイトの利用も検討すると良いでしょう。

また、有料の出会い系サイトにも、「悪質なサイト」と「優良サイト」が存在します。

悪質な有料サイトは無料サイトと同様にサクラが多く、いくらお金を支払っても女性と出会うことができません。悪質サイトの運営者は、「男性を騙すことでポイントを購入させて、利益を得ること」が目的なのです。

優良サイトでも正直なところ、サクラは存在します。しかしサクラについては「見分け方」があります。

「露出の高い写真」をプロフィールに掲載していたり、メールを交わし始めてすぐに「会いたい」のように言ってきたりする女性は、サクラを疑いましょう。

一般女性であれば、「素性の分からない男性とエッチをしたい」とは思わないはずです。「メールを交わしてこの男性について理解しよう」と考えるはずなのです。

エッチをすぐにほのめかす女性は、「女性とエッチをしたい」という気持ちを利用して、男性を騙そうと試みるのです。

また、「直接会う約束をはぐらかす女性」も、サクラの可能性が高いです。

サクラは「出会い系サイト内で、男性にポイントを消費させたい」と考えています。そのため「早く会いたいね」のように男性の興味を引きながら、約束をはぐらかしたり、キャンセルしたりします。そして結局、男性に会わないのです。

基本的な見極め方さえ把握していれば、サクラを避けて一般女性にアプローチすることは可能です。最初は戸惑うかもしれませんが、数日ほどサイトを利用していれば、誰でもサクラを見極めることができます。

無料サイトや悪質サイトは登録している女性のほとんどがサクラです。見分け方を把握しても、そもそも一般女性を見つけられないため意味がありません。しかし質の良い有料出会い系サイトであれば、サクラを見分けることで一般女性と出会うことができます。

ポイント制の優良サイトには「PCMAX」「ハッピーメール」「ワクワクメール」などがあります。定額制の優良サイトは「ラブサーチ」が挙げられます。これらは長年に渡って運営されている老舗サイトであるため安心して利用でき、実際に女性と出会うことができます。

プロフィールを細かく設定する

出会い系サイトでは上で述べたように、プロフィールを設定する必要があります。プロフィールは適当ではなく、しっかりと考えて設定する必要があります。

プロフィールには、「自己紹介」と「写真」を登録することができます。

自己紹介にはニックネーム・身長・趣味・好きな食べ物・職業・年収などを登録でき、自由に書けるコメント欄が設けられています。コメント欄は、「誠実さ」を意識して記入すると良いです。

「こんにちは! タカシです! ヨロシクね!」のように、簡潔なコメントしか入力しない場合であると、女性は「あなたがどのような人なのか」を理解することができません。

これに対して「28歳のタカシといいます。都内でITの仕事をしています。趣味はフットサルと旅行です! 最近は読書も好きです。気の合う人が見つけられたらと思って登録しました! よろしくお願いします^^」のように書くと、女性があなたを理解しやすくなります。そして「この男性は会ってみたいな」と思ってくれやすくなります。

プロフィールはこのように、「爽やかで誠実な内容」を意識してください。

また、「プロフィール写真」も掲載するべきです。あなたが女性を容姿で判断するように、女性も「男性の容姿を確認したい」と思っています。容姿に自信がなくても身だしなみや服装を整えれば、平均レベルの容姿になることは可能です。

友人と遊びに出かけて、スマホで写真を撮影してもらいましょう。「清潔感」と「笑顔」を意識した写真をプロフィールに掲載すると、女性からの反応が良いです。

出会い系サイト上に写真をアップすることに抵抗を感じる人がいますが、トラブルに発展することはまずありません。当サイトで紹介している優良サイトは、セキュリティが整えられています。そのため「プロフィール写真から個人が特定されることはない」と考えて大丈夫です。

また、知人にバレる心配もありません。出会い系サイトにおいて、男性は女性しか検索することができません。そのため友人や会社の同僚の男性にバレることはないのです。また、恋愛初心者の場合、女性があなたの出会い系サイト利用について言いふらすこともほぼありません。

出会い系サイトを利用する男性の多くは、「早く女性と出会ってエッチをしたい」と考えています。そして適当なプロフィールを入力して、写真も掲載しません。女性に送るメールも、下心があからさまに感じられる内容です。

このようなアプローチ方法では、女性が男性に興味をもつことはありません。

出会い系サイトではインターネットを通じて、男女がお互いに顔の見えない中でコミュニケーションをとります。そのため多くの人は上記のように、適当な行動をとってしまうのです。

しかし逆にいえば、あなたにとってこれはチャンスでもあります。適当な男性が多いということは、きちんとプロフィールを設定して誠実なメールを送りさえすれば、女性から興味をもたれる可能性が高くなるのです。

出会い系サイトは、費用対効果が高い

女性と出会うための方法は、出会い系サイトを利用する以外にもたくさんあります。合コン・婚活パーティ・友達からの紹介・習いごと・ナンパなど、最近はさまざまな出会いの方法があります。

ただ、このような出会いの方法と比べても、出会い系サイトは非常にお勧めです。その理由は「初心者であっても手軽に安く、たくさんの女性と出会えるため」です。

出会い系サイトは前述のように3,000~5,000円も用意すれば、たくさんの女性にアプローチすることができます。

出会い系サイトにおいて、女性に1通のメールを送るための料金は50円が相場です。つまり例えば1,000円あれば、20人の女性にアプローチすることができるのです。ちなみに女性からのメールを閲覧するための料金は、10円が相場です。

ただ、メールを送った20人の女性全員と、仲良くなれるわけではありません。女性20人のうち2人と仲良くなることができた場合、10往復もメールを交わせば、その女性と直接会える可能性は高いです。

メール10往復にかかる料金は600円(送信50円×10回+受信10円×10回)です。つまり2,200円(アプローチ費用1,000円+メールのやり取り600円×2人分)で、女性2人とデートできる可能性が高いのです。

さらに出会い系サイトは利用し続けるほど、「効果的なメールの送り方」や「プロフィールの作り方」が分かってきます。するとさらに女性からの反応が良くなり、より少ないメール回数で女性と出会える可能性が高くなります。すると上の例で挙げた金額よりも安い費用で、女性と出会えるのです。

これに対して合コンや婚活パーティは、1度の参加で5,000円ほどかかることが多いです。そしてこのようなお金をかけて出会える女性は、多くの場合1~2人です。合コンや婚活パーティは費用的に、1ヶ月で何度も参加することが難しいのです。

また、習いごとを始めることでも、女性と出会える可能性があります。例えば「料理教室」は1ヶ月5,000円ほど支払えば参加でき、料理を学ぶ女性と出会うことができます。

ただ、習いごとでデートできる女性は1~2人である場合が多いです。あまりたくさんの女性とデートを試みると、周りの人に「あの男性は出会い目的の遊び人だ」として警戒されてしまうためです。

また、習いごとには、新しい女性がどんどん参加してくるわけではありません。もちろん定期的に新しい参加者はいるものの、その頻度は低い場合があります。

そのため習いごとは女性と出会える可能性があるものの、費用対効果は低いといえます。

また、道ゆく女性に声をかける「ナンパ」でも、女性と出会うことができます。ナンパは自分が声をかければ出会いのきっかけを生み出すことができるため、お金がかかりません。

ただ、ナンパは「勇気と高い会話力が必要」というデメリットがあります。路上で道ゆく女性に声をかける行為は、多くの男性が抵抗を感じます。

また、ナンパでは女性をすぐに楽しませることができないと、女性はすぐにあなたを無視して立ち去ってしまいます。また、場合によっては「どっかいけ!」と罵声を浴びせられてしまうことさえあるのです。そのためナンパをする場合、「女性を楽しませる会話力」が必要です。

このようにナンパはお金がかからないものの、恋愛初心者にとって非常にハードルの高い行為といえます。

出会い系サイトであれば、PCやスマホ(スマートフォン)を使い、手軽に女性へアプローチすることができます。しかも費用は安く、人目を気にすることなくたくさんの女性と出会うことができます。

さらに現在はSNSの普及によって、一般女性が出会い系サイトの利用に抵抗をもたなくなってきています。そのため出会い系サイトを利用して彼女を作ることは、十分に可能なのです。

女性とデートを重ねる

出会い系サイトで女性と出会えるようになったら、女性とデートを重ねます。必ず受け身にならず、自分からリードして女性にデート先を提案するよう気をつけてください。

恋愛に慣れていない男性は、女性に「どこに行く? 君の好きな場所へ行こうよ」「好きな料理を注文して良いよ」のように話すことが多いです。

このように話す男性は「優しくて好印象な人」のように思えます。しかし実際は「全ての決断を女性に任せている」ということもできます。そして多くの場合、女性は後者のように受け取ります。

女性は昔から、男性に守られて生きてきました。そのため現代の女性にも受け身な気質が受け継がれています。女性は基本的に、いわゆる「M」な性格な人が多いのです。

つまり女性は「男性にデート先を決めてほしい」「注文する料理を男性に決めてほしい」と考えています。女性に決定権を委ねる男性は、女性から「頼りない」「男らしくない」と思われてしまうのです。

ただ、「デート先はここに決めたよ」「料理は僕が全て注文するよ」のように、極端すぎる態度も女性から嫌われてしまいます。女性を上手くリードする必要があります。

そのため「話題の映画を観に行くか、水族館へ行くか、どっちがいい?」「パスタとピザを注文しようか」のように、男性が決めながらも女性の意見を取り入れるよう意識すると良いです。このように行動すると、女性が「この人は、上手く自分をリードしてくれている」と感じます。

3~4回デートできれば、女性を彼女にできる可能性は高い

出会い系サイトを利用するメリットとして、「女性が出会いを求めている」という点が挙げられます。

出会い系サイトを利用する女性は、「彼氏を作りたい」「気の合う男性がいたら、エッチをしたい」のように考えていることが多いです。そのため女性とデートを重ねれば、彼女になったり、エッチをできたりする可能性は高いのです。

出会い系サイトで彼女を作りたい場合、女性と3~4回のデートを重ねることができれば、その人を彼女にできる可能性は高いと考えてください。

出会い系サイトを利用する女性の多くは1度目のデートで「男性と気が合うかどうか」を判断します。

1回のデートであっても、相手についてかなりの部分を理解することができます。出会い系サイトを利用する女性はたくさんの男性からアプローチを受けており、複数の男性を比較して彼氏候補やエッチの相手を選びます。そのため興味のない男性と、何度もデートをしようと思わないのです。

2回目以降もデートできるようであれば、女性があなたに興味をもっている可能性は十分にあります。

私の場合、2回目までは告白する素振りを見せずに、女性とのデートを楽しみます。そして3~4回目に、女性とエッチをしたり、告白したりすることが多いです。3~4回のデートを重ねると、女性は告白やエッチを期待しています。そのためホテルへの提案や告白を断られることは、あまりありません。

また、出会い系サイトでは、たくさんの女性と出会うことができます。さまざまな女性とデートを繰り返していると、徐々に女性とのコミュニケーションに慣れることができます。すると彼女にする女性を選べるようになったり、さまざまな女性とエッチを楽しめるようになったりします。魅力的な女性との出会いを楽しんでください。

セックスの準備をしておく

童貞で恋愛に慣れていない人は「セックスの仕方」に困ることがあります。そのため女性と関係が深まる前に、準備をしておくべきです。

女性とエッチをする場合、「自宅」か「ラブホテル」で行うことが一般的です。1人暮らしをしている場合、自宅に女性を連れてくることができるのであればお金を節約することができます。そして雰囲気が良くなったタイミングで、「愛撫(あいぶ:本格的なエッチを始める前の準備)」を始めましょう。

エッチを始める前には、自宅で女性と一緒にお酒を飲むことも効果的です。女性はお酒に酔って気分が高揚すると、開放的な気持ちになります。するとエッチに対しても寛容になるのです。お酒を飲んで冗談を言いながらボディタッチをしていると、徐々にエッチをするムードに移行することができます。

女性とラブホテルへ向かう場合は、お金がかかります。ラブホテルは「3時間5,000円」のように、料金が決められています。土日・祝日のほうが平日よりも料金が高い傾向にあります。

また、ラブホテルで長時間過ごす「フリータイム」や「宿泊」を利用すると、割安で利用することができます。フリータイムは12時間で6,000~8,000円、宿泊は10,000円前後であることが多いです。

「とりあえず2、3時間だけラブホテルを利用しよう」と思っても、いざ女性とホテルへ入室すると、長く過ごしたくなることが多いです。この場合、気付かないうちにラブホテルの利用料金が高くなりやすいため、気をつけてください。

また、女性とエッチをする際には「コンドーム」を用意しておく必要があります。コンドームはさまざまな種類の商品が販売されています。「サイズ」と「薄さ」に気をつけて選んでください。

コンドームのサイズはM・L・XLのように分かれています。多くの人はMサイズを選べば問題ありません。ただ、サイズが合うか心配であれば、前もって自慰行為(オナニー)をするときに試着しておきましょう。

また、コンドームの厚みは薄いほうが、女性の膣内にペニスを挿入するときに気持ち良く感じます。コンドームは「0.02ミリ」や「0.01ミリ」など、商品によって薄さが異なります。好みのものを選びましょう。コンドームは薬局(ドラッグストア)やコンビニで購入することができます。

童貞の人はコンドームの購入について、「恥ずかしい」と感じることがあります。この場合はインターネットの通販で、コンドームを購入すると良いです。ただ、多くの男性は、人目を気にせずコンドームを購入しています。

AVと風俗店を利用して、エッチの準備をする

セックスをするときには、「体位(エッチを行う体勢)」について知っておく必要があります。

体位には、さまざまな種類があります。ただ、初心者は最も基本的な体位である「正常位」と「後背位(バック)」を覚えておきましょう。

正常位は「女性が仰向けになって股を開き、男性が座るような体勢でペニスを挿入する方法」です。また、後背位は「女性が四つん這いになり、男性が女性のお尻側からペニスを挿入する方法」を指します。

これらの体位は男性が腰を振りやすく、しっかりと女性の膣内を刺激することができます。

女性とエッチをしたことがなく「上手くセックスを行えるか不安」という場合、「AV(アダルトビデオ)」もしくは「風俗店」を利用すると良いです。

AVは童貞の人であっても、普段からオナニーに活用していることが多いはずです。AVでは、男優が女優に対してさまざまな体位でエッチを繰り広げます。作品内では正常位や騎乗位も当然行われるため、参考にしてどのように女性を刺激するかについて把握しましょう。

ただ、AVで行われているプレイを、そのまま真似しないよう気をつけてください。AVはあくまでも「演出」のために、過激なプレイを取り入れています。AV女優が気持ちよさそうに大きな喘ぎ声を上げていても、「演技」である場合がほとんどなのです。

一般の女性はAV男優が行うような激しいプレイよりも、優しく刺激されることを好みます。そのためエッチに慣れないうちは、ゆっくりとピストン運動(腰を前後に振って、ペニスで女性を刺激する運動)を行なっても問題ありません。このようなプレイでも、女性は十分に気持ち良く感じてくれます。

また、エッチの準備をする方法として、「風俗店」を利用することもお勧めです。

風俗店には種類があります。その中でも「ソープランド」や「ちょんの間」などの風俗店では、女性とセックスを行うことができます。

ソープランドは「浴槽が設けられた個室で、女性とセックスを楽しめる店」を指します。また、ちょんの間は「4畳(7.30m2)ほどの狭い部屋で、女性と20分ほどの短時間でセックスを行える店(上図)」を指します。

日本の風俗店は風営法という法律により、セックスをサービスとして提供することが禁止されています。しかしソープランドやちょんの間は「店の女性スタッフが、男性客と自由恋愛に発展した」という建前で法律を逃れています。そのため法律的にグレーゾーンでありながら、これらの店では女性とのセックスを楽しむことができます。

童貞でエッチに慣れていない場合、これらの店を「セックスの練習」として利用することをお勧めします。

ソープランドやちょんの間を利用すれば、女性にとって男性は「お客様」です。女性がリードしてエッチを教えてくれるため、初心者でも安心してセックスを行うことができます。

逆に強引なプレイを行う男性のほうが、ソープランドやちょんの間にいる女性からは嫌われます。このような男性は、女性の膣内を傷つけてしまったり、女性に精神的なダメージを負わせてしまったりするためです。

ソープランドは90分や120分のコースが一般的で2~3万円が相場です。ちょんの間は一般的なプレイ時間が20分と短めであるため、20分で1万~1万5千円が相場です。

ソープランドは全国各地に「ソープ街」があり、東京の「吉原(よしわら)」、神奈川の「堀之内(ほりのうち)」、岐阜の「金津園(かなづえん)」、福岡の「中洲(なかす)」などは有名です。吉原は高級店が多く、場合によっては4~6万円の料金がかかります。

また、ちょんの間は大阪の「飛田新地(とびたしんち)」が有名です。20分1万6千円と高めの料金設定ですが、20代の非常に可愛い女性とエッチを楽しむことができます。ただしちょんの間はプレイ時間が短いため、エッチ初心者の場合はソープランドを最初に利用するほうが良いです。

エッチを上手く行えるか心配な場合は、以上のようにソープランドやちょんの間を利用しましょう。多少のお金はかかるものの、彼女候補の女性とエッチをする際に備えることができます。

「彼女いない歴=年齢」で童貞の場合、以上のような手順を踏み、女性との出会いを楽しんでください。初めて経験することがたくさん出てくると思いますが、あなたはその過程で大きく成長できるはずです。すると自分に自信が湧き、彼女を作ることも可能になります。ときには壁にぶつかることがあるかもしれませんが、理想の女性と出会うことを思い描いて、出会いの活動を進めましょう。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。