出会い系サイトにおけるサクラやキャッシュバッカーの特徴と見極め方


出会い系サイトを利用するときには「サクラ」と「キャッシュバッカー(CB:Cash Backer)」に気をつける必要があります。サクラは「一般女性を装った業者」であり、キャッシュバッカーは「ポイント目当てで男性と連絡をとる女性」を指します。

サクラやキャッシュバッカーは出会い系サイト上で、一見すると一般女性のように思えます。しかしこれらの女性は「業者」であることが多く、男性が出会えることはありません。つまり、どれだけメールを交わしたとしても、お金や時間を無駄に費やしてしまうことになるのです。

このように聞くと、男性によっては「サクラやキャッシュバッカーがいるから、出会い系サイトは危ない。利用しないでおこう」と考えることがあります。

しかしサクラやキャッシュバッカーは「一般女性と異なる特徴」があります。この特徴を知ることで、比較的簡単に一般女性とサクラ・CBを見分けることができます。これらを避けて利用すれば、出会い系サイトではたくさんの女性と出会い、エッチできる可能性があるのです。

そこでここではサクラとキャッシュバッカーの特徴を説明した後、それぞれの見分け方について紹介します。また、出会い系サイトで稀に遭遇する「ネカマ」や「いたずらをする女性」についても解説します。

サクラやキャッシュバッカーがいるからといって、出会い系サイトを利用しないのは非常に勿体ないです。これらの見分け方を把握して、一般女性との出会いを楽しみましょう。

もくじ

出会い系サイトにおけるサクラとは

サクラとはそもそも、「盛り上げ役」を意味する言葉です。出会い系サイトにおけるサクラは、「サイトを女性と出会えるように見せかける」という役割を担っています。

余談ですが、サクラは江戸時代(1603~1868年)の頃に登場しました。江戸時代には芝居小屋(しばいごや)という「役者が行う芝居を見ることができる店」が存在しました。

芝居小屋には役者に声をかけたり、大きな声を出して場の雰囲気を盛り上げたりする人がいました。こうした人は場の空気を盛り上げた後、すぐにいなくなりました。このように「短時間で華やかに盛り上げ、すぐに消える様子」が植物の桜に似ていることから、盛り上げ役のことをサクラと呼ぶようになったのです。

そして、ひとことでサクラといっても、大きく分けて3つの種類があります。

アルバイトのサクラ

出会い系サイトはインターネット上にたくさん存在します。その中には優良なサービスもあれば、悪質なサービスもあります。悪質な出会い系サイトで出会う女性は、ほとんどがサクラです。

悪質な出会い系サイトにいるサクラの目的は、「サイトの利益を上げること」です。

多くの出会い系サイトは「ポイント制」となっており、男性はサイト内の機能を使うためにポイントを購入します。そして「女性へのメール送信で5ポイント」「女性からのメール閲覧に1ポイント」のように、ポイントを消費します。ポイントの相場は多くの場合、「1ポイント=10円」です。

つまり出会い系サイト運営者は、サイト内で男性がポイントを消費するほど、利益を得られることになります。

そこで悪質な出会い系サイトは、アルバイトを雇います。アルバイトの仕事内容は、「サクラの女性として、出会い系サイトを利用する男性にメールを送る」という仕事です。

出会い系サイトを利用する男性は、女性から返信メールがくると嬉しく感じます。しかしその女性は実際のところ、「仕事としてメールを送るアルバイト」の場合があるのです。

サクラのアルバイトは女性が募集されることもありますが、男性である場合もあります。つまり出会い系サイトを利用する男性客は、「アルバイトの男性が装う女性のメール」で喜んでいることもあるのです。

出会い系サイトでは、男女が「プロフィール」を登録することができます。

サクラの女性は一般女性と同じように、プロフィール欄に自己紹介文や体型、趣味などが記載されています。また、プロフィール画像も掲載されています。しかしプロフィールはアルバイトによって偽装されていることが多く、一般女性ではありません。

プログラムで自動的に返信するサクラもある

悪質な出会い系サイトには、「男性客に対して自動で返信メールを送るサクラ」がいる場合もあります。

前述のようにアルバイトを雇う場合、悪質出会い系サイト運営者は「人件費」がかかります。人件費は高額になりやすいです。そのため運営者によってはアルバイトを雇わず、「コンピューターのプログラム」を利用することがあります。

この場合、男性がサクラの女性にメールを送ると、コンピューターが自動でメール文面を作り出し、男性に返信します。

コンピューターを利用すると、出会い系サイト運営者は人件費や手間がかからず、楽ではあります。しかしコンピューターは、男性が送るメール内容と噛み合わない返信をすることがよくあります。

例えば男性が「写真が可愛いよね! 休みは何をしているの?」というメールを送るとします。するとコンピューターのサクラ女性は男性のメール内容を無視して、「メールありがとう。車は何に乗っているの?」のような返信をすることがあります。

このようにコンピューターのサクラは、男性客が「この女性とは話が噛み合わない。おそらくサクラだろう」と気付きやすいデメリットがあります。

売春目的のサクラ

出会い系サイトでは、「売買春(セックスの対価として、金銭のやり取りを交わすこと)」が行われることもあります。出会い系サイトを利用する女性によっては、「男性とエッチをしても良いけれど、代わりにお金を得たい」と考えているのです。

出会い系サイトで女性が売春をする場合、一般女性が個人で行っている場合もあれば、「暴力団が運営する売春業者」が行っている場合もあります。後者の場合「暴力団が運営する売春業者」で働く女性が、一般女性を装って出会い系サイトを利用します。そして女性は男性と仲良くなったときに、売春を提案するのです。

売春目的のサクラは、男性とメールを交わしているときに「すぐに会えないかな」「条件付きでもいい?」「別いちごだよ」のような隠語を伝えます。

これらのフレーズは、出会い系サイトで売春をする女性がよく使う言葉です。これらは全て「私とエッチするなら、お金がかかるよ」ということを意味しています。

・「すぐに会えないかな」→男性がお金を払えばすぐに会える。

・「条件付きでもいい?」→エッチにお金がかかることを意味している。

・「別いちごだよ」→「ホテル代別で1万5千円」を意味している。

女性のメールにこのような言葉が含まれている場合、その女性はサクラです。

前述した「アルバイトのサクラ」と「コンピューターのサクラ」は、「出会い系サイトの利益を上げること」が目的でした。

これに対して売春目的のサクラは「出会い系サイトの利益を上げよう」とは考えおらず、「自分がお金を得よう」と考えています。そのためこのような女性は出会い系サイト運営者が管理している人ではなく、一般女性や暴力団関係者なのです。

例えば、上のメールでは「割り切り(=売春)で会えないか」「ホ別2(ホテル代別で2万円)でお願いしたい」という内容のメッセージです。

サクラのいない出会い系サイトは存在しない

出会い系サイトを初めて利用する人は、「サクラのいない出会い系サイトを利用したい」と考えることが多いです。しかし「優良な出会い系サイトであっても、サクラは存在する」と考えてください。サクラのいない出会い系サイトは存在しないのです。

優良出会い系サイトは、セキュリティ環境を整えています。サクラが登録できないように「年齢確認」や「電話番号認証」を設けたり、「通報機能」を設けて、サイトの利用客がサクラを排除できたりします。

しかしこのような対策を講じても、業者は女性になりすまし、次から次へとサイトに入り込んできます。そして売春の提案や悪質サイトへの誘導などを行うのです。そのため「サクラが完全にゼロの出会い系サイト」は、まずないのです。

このように聞くと、「出会い系サイトは危ない」と考えてしまいやすいです。しかし後述する見分け方を把握すれば、サクラを避けることは比較的簡単です。そのため、必要以上に不安を抱く必要はありません。女性と出会うためには、「サクラのいない出会い系サイト」を見つけるより、サクラの回避方法を知り、優良出会い系サイトを利用するほうが近道なのです。

また、暴力団が関係する女性に直接会ってしまったとしても、暴力団員に殴られたり、事務所へ連れていかれたりすることは、ほとんどありません。暴力団が関与する売春業者は、「売春によって利益を得ること」が目的です。暴力団が男性客に暴行を加えると、すぐに事件へ発展してしまいます。すると売春業者は警察によって摘発され、利益を得られなくなります。

売春業者は基本的に、「トラブルを起こさずに売春をしたい」と考えています。そのため、暴力団員とトラブルになる可能性は低いのです。

サクラの見分け方

サクラには、一般女性と異なる特徴があります。これを知ることで一般女性とサクラを見分けることができるようになります。以下では、「サクラの見分け方」について紹介します。

登録した直後にメールを送ってくる女性

悪質なサイトの場合、登録直後から「会えませんか?」「あなたに興味が湧いてメールしました」「エッチしたいな♪」のようなメールが大量に届きます。

このような女性は、全てサクラです。ポイントを消費して女性にメールを送ることは避けましょう。

人によっては「登録直後なのに、たくさんの女性から連絡がきた! このサイトはすごい!」と嬉しくなってしまうことがあります。しかし残念ながら、登録してすぐにメールがくる女性は、サクラと考えてください。

プロフィールの自己紹介文や自分の写真を登録しない段階から、たくさんの女性から誘いのメールがくることはありません。

女性は出会い系サイト上で、たくさんの男性からアプローチされています。基本的に、一般女性が自分から男性にメールを送ることは少ないです。女性は「受け身の姿勢」であることが多いのです。

また前述のように、素性の分からない男性にすぐ興味をもつ一般女性はいません。登録直後からすぐにあなたへ興味をもってくれる女性は、基本的にいないのです。

出会い系サイトでは、登録後にプロフィールの自己紹介文と写真を登録します。これを終えた後に10~20人ほどの女性にアプローチしたところで、ようやく1~2人の一般女性と出会えることが多いです。

上記のアプローチ人数は多いように思えます。しかし出会い系サイトで送るメールは短文であり、冒頭の「初めまして」や末尾の「よかったらメールしましょう! よろしくお願いします^^」のような文面は、使い回すことができます。そのため10~20人の女性にメールを送るためには、15~30分ほどの時間しかかかりません。

そのため「出会い系サイトを利用し始めた段階では、プロフィールの準備と女性へのメール送信が必要」と考えてください。登録してすぐに女性からメールがくることは、不自然です。

女性が掲載している「写真」の質が高すぎる

サクラを見極めるときには、「写真」に注目してください。プロフィール写真があまりにも可愛い、もしくは美人な女性は、サクラである可能性が高いです。もちろん中には本当に容姿の良い人もいるかもしれません。しかしこのような写真を掲載している女性は、サクラと疑うほうが良いです。

写真の質が良すぎる女性にサクラが多い理由は、「男性が興味をもちやすいため」です。

出会い系サイトを利用する男性は、「可愛い女性や美人な女性とエッチをしたい」と考えています。上記のような写真をプロフィールに掲載すると、多くの男性が「この女性とエッチしたい!」と考えます。そして思わずメールを何度も送ったり、女性のお願いを聞いたりしてしまうのです。

そして男性は、女性とメールを何度も交わしてポイントをたくさん消費してしまったり、悪徳サイトへ誘導させられたりするのです。

特に「露出度の高い写真」を掲載している女性は、全てサクラと考えるほうが良いです。

一般的に考えて、顔も分からない男性に肌を見せて誘惑する女性はいません。一般女性は「安心できる男性と出会って、恋愛やエッチを楽しみたい」と考えています。このような女性は不特定多数の男性から見られるネット上に、露出の高い写真を掲載することはまずないのです。

このようにプロフィール写真が「容姿が良すぎる」もしくは「露出が多い」場合、サクラであると考えましょう。このようなことを知っていても、男性はついサクラ女性のエッチな写真に惹かれてしまうことがあります。これらの女性に連絡をとっても実際に会えることはなく、お金を無駄に費やしてしまうことを肝に銘じましょう。

また、女性のプロフィール画像がときどき変更される場合も、サクラである可能性が高いです。

一般女性は一度プロフィール写真を設定すると、あまり頻繁に写真を変更しません。しかしサクラは、SNSなどで見つけた一般女性の写真をプロフィールに使用しています。そのためプロフィール写真が、ときどき別の写真に変わることがあります。

「以前掲載されていた写真とは全く別人に思える写真が掲載されている」と感じた場合、その女性はサクラです。連絡をとらないよう気をつけてください。

プロフィールに「早く会いたい」のような言葉がある

女性のプロフィールに「早く会いたい」のような言葉が書かれている場合、その女性はサクラと考えましょう。

上の項でも述べましたが、素性が分からない男性に対して「早く会いたい」と考える一般女性はいません。普通の女性であれば、「容姿も性格も分からない男性とは会いたくない。まずはメールを通して仲良くなりたい」「男性の容姿を確認したい」のように考えるはずです。

しかし出会い系サイトを利用する男性は、「早く女性とエッチをしたい」という気持ちが強すぎるあまり、我を忘れてしまうことがあります。そして「早く会いたい」というサクラ女性のプロフィールに興味が湧いてしまうのです。

また、「早く会いたい」というフレーズの他にも、次のような言葉を書き込んでいる女性もサクラです。

・「条件つきでお願いします」→エッチにお金がかかる。つまり売春目的。

・「困っています」「助けてください」→女性がお金を援助してほしい。つまり売春目的。

・「ホ別1」→「ホテル代別で1万円」を指す。売春の料金を示している。

このような言葉が女性のプロフィールに記載されている場合、明らかに売春目的です。一般女性と出会いたい場合、このような女性は避けましょう。

優良出会い系サイトはセキュリティが整えられており、常に監視されています。そのため女性がストレートに「エッチの料金は1万円」のように書いていると、すぐに売春目的として女性の登録が抹消されます。そのためサクラは上記のような「暗に売春をほのめかす言葉」を使い、サイト運営者による監視の目を逃れているのです。

売買春は違法行為です。しかし出会い系サイトで売買春をする男女は、「男性が好意を抱く女性に、お金を援助した」という建前で法律を逃れています。そのため警察に検挙される事態には、発展しないことが多いです。ただ、場合によってはトラブルに発展するかもしれないことを覚えておいてください。

「お金がかかっても良いので、出会い系サイトの女性とエッチをしたい」と考えるのであれば、上記のフレーズを書いている女性にアプローチしても良いでしょう。ただし、上記のリスクを念頭に置き、自己責任のもとで行動してください。

短文や簡潔な内容のメールが多い

男性にポイントを消費させる目的のサクラは、短文や簡潔な内容のメールが多いです。サクラはたくさんの男性にメールを送っています。そのため「、「こんにちは☆」「今は何してるの?」など、ひとことのメールで返信するのです。

男性はこのように短い文章であっても、女性からメールが届くと嬉しく感じます。そして、女性に返信してしまいます。

一般女性であっても、まだ関係が深まっていない段階では簡潔なメールを送ることがあります。しかしあなたに興味をもつと、通常であれば女性のメールは長くなります。

常に女性のメールが短文である場合、サクラである可能性が高いです。また、メールのやり取りをつまらなく感じることが多いため、途中で見切りをつけてやり取りを中断しましょう。

メールのやり取りを引き延ばされる

サクラは男性にポイントを消費させることが目的であるため、メールのやり取りを引き延ばすことが多いです。サクラ女性は男性の興味を引きながら、はぐらかすようにメールを続けます。

サクラは男性の「女性とエッチしたい」という感情を利用して、男性に「仲良くなったら会いたいと思っているよ」のようなメールを送ります。そしてメールを交わす中で直接会う話になったら、女性は「待ち合わせ日時を決めようよ」のようにメールを送ってきます。

このようにサクラとのやり取りでは、出会う約束を交わす段階まではスムーズに進みます。しかしここから、サクラ女性がはぐらかすようになります。

サクラは「待ち合わせ場所はどこにする?」「車で来てくれるの?」のように、一度で確認すれば良いことを、何度も細かくメールで聞いてきます。また、男性が待ち合わせ内容についてまとめて伝えても、「やっぱり明日は行けないから、明後日に変更できない?」のように、メールのやり取りを引き延ばしてきます。

また、待ち合わせ場所へ足を運んでも、サクラは「服はどんな服を着ているの?」「車は何色なの?」のようにメールを連続して送ってきます。そして男性は結局のところ、実際に女性と会えることはありません。

男性は「もう少しでこの女性と出会って、エッチを楽しめる!」という気持ちから我を忘れて、女性にメールを送り続けてしまいます。しかしどれだけメールを送っても、サクラの女性とは出会えません。そして無駄にポイントを消費してしまうのです。

このように、女性からのメールで「はぐらかされている」と感じたら、その女性とのやり取りを中断しましょう。

メールがかみ合わない

サクラの女性には前述のように、「コンピューターでプログラムされたサクラ」が存在します。このようなサクラは、メールの文面から見極めることができます。

コンピューターのサクラが送るメールは、あなたが送るメールと内容がかみ合わないことが多いです。

私はメールを交わし始めて間もないときに、女性へ「休みは何をしているの?」と聞いてみました。すると女性から「お疲れさま^^ 電話したいな♪」と返信がきました。

それほどお互いのことを知らない段階で電話を提案してきたため、私はこの女性を「怪しい」と感じました。上記のメールに「積極的だね(笑)仕事は何をしているの?」と返信してみたところ、女性からは「○○くん(私の名前)はかっこいいよね。早く会いたいな♪」のように返信がきました。

私はこの時点で、女性とのメールを中断しました。明らかに私が送ったメールの内容を無視していたため、サクラだと判断したのです。

このようにメールの文面で「おかしい」と感じた場合、その女性とのやり取りを中断するべきです。

少しの違和感である場合、その女性はサクラではないかもしれません。しかし出会い系サイトには、たくさんの女性が登録しています。そのため、よりコミュニケーションをとりやすい女性にアプローチするほうが良いです。

返信を催促するようなメールがくる

ポイント制の出会い系サイトにいるサクラは、男性に返信を催促するようなメールを送ってくることがあります。これも「男性にポイントを消費させること」が目的です。

出会い系サイトを利用していると、女性が男性に興味をもってメールを送ってくることがあります。

私は女性から「こんにちは~。よかったらメル友(メールだけを送り合う友達)になりたいな♪ よろしくね^^」のような内容のメールを受け取りました。しかし女性のプロフィール写真は明らかに露出が高かったので、サクラと判断しました。

しかしこのサクラ女性は私が返信していないにもかかわらず、「どうして返信してくれないの?」とメールを送ってきました。サクラは私に返信メールを送らせて、ポイントを消費させたいのです。上記のメールも無視すると、このサクラから連絡がくることはなくなりました。

このように返信を促してきたり、むやみに質問を投げかけてきたりする女性は、サクラである可能性が高いです。このような女性に返信すると、積極的にメールが届くため気をつけましょう。

ちなみに一般女性が面識のない男性とメールを交わす場合、最初は返信ペースが遅いことはよくあります。また、最初の段階から「どうして返信くれないの?」のような文面のメールを送ることはありません。サクラ女性のメールには、一般女性と全く逆の傾向が見られるのです。

「個人情報を聞き出し」や「他サイトへの誘導」を行ってくる

サクラの女性は、男性の電話番号やLINEのIDなどを聞いてくることがあります。出会い系サイト上でこのようなことを聞いてくる女性は、サクラと考えましょう。

女性は「サトシくんのこと、もっと知りたいな♪ よかったらLINEのIDを教えてよ」のように男性を誘い、出会い系サイト上で個人情報を聞き出してきます。

電話番号を教えてしまうと迷惑電話が増えてしまったり、LINEのIDを教えると「アカウントの乗っ取り」などが行われたりする可能性があります。

一般女性の中には「会う前に電話をしたい」などの理由から、出会い系サイト上で個人情報を聞いてくる人がいます。しかしこのような女性は稀であり、ほとんどがサクラだと考えて良いです。

私がメールを交わしていた女性は、最初の段階では一般女性のように自然なメールを送ってきました。そしてしばらくメールを交わした時点で、上で挙げた例のようにLINEのIDを聞いてきました。

私は迷いましたが、「メールの文面を見る限り、一般女性のようだ」と考えて、LINEのIDを女性に教えてしまいました。しかしLINE上で友達になった時点で、その女性はすぐに連絡がとれなくなったのです。

私はLINEの設定をすぐに変更して、「IDで友だち追加を許可」という項目をオフに切り替えました。この項目をオフに設定しておくと、業者(サクラの女性)がIDを検索しても、私をLINEの友達に追加することはできません。この後は何事も起こらず、トラブルに巻き込まれることはありませんでした。

このように電話番号やLINEのIDなど、個人情報を聞き出そうと試みてくる女性は避けましょう。

また、サクラの女性は他サイトへの誘導を行ってくることもあります。

「いつも使っているサイトがあるから、よかったらこのサイトに登録してよ☆ (URL)」

女性は上記のように、他の出会い系サイトへ誘導してきます。誘導先のサイトは、ほぼ間違いなく「悪質な出会い系サイト」です。ポイントを購入して女性にアプローチしても、実際に出会えることはありません。また、前述のように、登録直後から大量のメールがサクラ女性から届きます。

一般女性が出会い系サイト上で交わすメールにURLを記載して、他サイトへ誘導することはほとんどありません。

ポイントがなくなる直前にメールがくる女性

ポイント制の出会い系サイトでは、女性にメールを送っているとポイントが減っていきます。このとき、「ポイントがゼロになる間際でメールを送ってくる女性」は、サクラと考えましょう。

ポイントがゼロになると、男性は「ポイントを使い切ってしまったから、出会い系サイトの利用をやめよう」と考えることがあります。

そのためサクラ女性は男性のポイントがなくなる前にメールを送り、男性に出会い系サイトを継続して利用させる必要があるのです。

このようにポイントがゼロになる寸前でメールを送ってくる女性は、連絡をとらないように注意しましょう。

利用端末が「パソコン」である

出会い系サイトで女性のプロフィールを確認すると、「利用端末」が表示されます。利用端末の表示は、「PC(パソコン)」と「スマホ」どちらで出会い系サイトを利用しているかが分かるようになっています。

サクラはたくさんの男性へアプローチするために、PCでメールを送っていることが多いです。スマホでもメールを送ることはできますが、PCのほうがより早くメールを送ることができます。そのためメール送信の効率を上げるために、サクラはPCを使うことが多いのです。

スマホが普及したことにより20~30代女性のほとんどは、PCではなくスマホでインターネットに接続しています。そのため、利用端末がPCである女性は、サクラと疑うべきです。

サクラは「初心者」を狙っている

サクラが狙っている男性は、「出会い系サイトを利用し始めて間もない初心者」です。

サクラは比較的簡単に見分けることができます。しかし初心者の場合、サクラの手口に引っかかってしまうことがあります。

出会い系サイト上で「女性のプロフィール」や「女性から届くメール」をたくさん確認していると、一般女性とサクラをすぐに見分けることができます。サクラの特徴は分かりやすいため、どんな人でもある程度サイトを利用すれば、一般女性とサクラを見分けることは可能なのです。

しかし前述した注意点を知らない初心者は、サクラが実際どのように自分へアプローチしてくるのか分からないことがあります。さらに「出会い系サイトで女性と出会いたい」という期待から、サクラかどうか正しく判断できないことがあるのです。

初心者が出会い系サイトに登録して、すぐに女性から「あなたに興味が湧いてメールしちゃいました♪」のようなメールが届くとします。するとこの男性は、「すごい! もう女性からメールが届いた!」と喜んでしまうのです。

出会いの少ない男性にとって、女性から届くメールは嬉しいものです。しかし紹介したように、このような女性と出会えることはありません。そして初心者の男性は、ポイントを無駄に消費してしまいます。

サクラにとって出会い系サイト初心者は、いわゆる「カモ」なのです。

出会い系サイトを利用する前に、上で紹介したサクラの特徴を把握してください。そして女性にこれまで紹介したような傾向が見られた場合、すぐにやり取りを中断しましょう。

出会い系サイトでは「キャッシュバッカー(CB)」にも注意

出会い系サイトではサクラに加えて、「キャッシュバッカー(CB)」にも注意するべきです。

優良出会い系サイトは管理体制が整っているため、サクラがあまり活動をすることができません。しかしキャッシュバッカーは、優良出会い系サイトであってもよく見かけます。

キャッシュバッカーは「出会い系サイトでポイントを貯めて、お小遣い稼ぎをする人」を指します。

出会い系サイトにおいて、男性は女性へアプローチするためにポイントを購入する必要があります。

これに対して女性の場合、出会い系サイトの利用料は基本的に無料です。さらに「男性へメールを送ると、ポイントが貯まる仕組み」になっています。

女性が出会い系サイト上で貯めたポイントは、現金や商品券、ネットショップでの買い物に使える「WEBマネー」などに交換できます。つまり女性はポイントを貯めることで、「お小遣い稼ぎ」ができるのです。

そのため女性によっては男性と出会うためではなく、お小遣い稼ぎ目的で出会い系サイトを利用することがあります。

サクラは出会い系サイト運営者や暴力団関係者であることが多いです。一方キャッシュバッカーは個人で、一般女性であることが多いです。

このように女性が出会い系サイトでお小遣い稼ぎをすることができる理由は、「出会い系サイトには女性が必要であるため」です。

出会い系サイトは「男性がサイトへ登録している女性に興味をもち、お金を支払ってサイトを利用する」という仕組みで利益が生まれます。つまり出会い系サイトに女性がいれば男性が自然と集まり、男性がお金を支払うことでサイトの利益が増えることになります。

男性には「たくさんの女性に興味をもつ性質」があります。これに対して女性は、「1人の男性に好意を抱く性質」があります。そのため「出会い系サイトでたくさんの男性と出会いたい」と考える女性は少なく、女性は良い男性を1人見つけると、出会い系サイトの利用を止めやすいです。

そこで出会い系サイト運営者は、女性にできるだけ長くサイトを利用してもらうために、「男性と出会える」という以外のメリットを提供しています。それが上記の「ポイントを貯められる仕組み」なのです。

女性が男性に1通のメールを送ると、2~5円相当のポイントが貯まります。女性が1日に10通のメールを送れば20~50円、そして30日間送り続ければ、600~1,500円になります。女性によっては1日に100通ほどのメールを送る人さえいます。このような女性であれば1日に200~500円、1ヶ月(30日)で6,000~15,000円の副収入を得ることができるのです。

女性が出会い系サイトでポイントを貯める作業は、男性に簡単なメールを送れば良いだけです。メールの文章は短くて良いため、女性は空き時間や仕事の休憩中、移動中の時間を使ってお小遣い稼ぎができます。

メール100通というと、非常に量が多いように思えます。しかし女性は1通のメールを作成するために、1分ほどしかかかりません。そのため1時間メールを送り続ければ60通、1時間半で90通ほどのメールを送ることができるといえます。

キャッシュバッカーの厄介な点は、「出会い系サイト運営者に通報できない」という点です。

優良出会い系サイトには「通報機能」が設けられています。サクラに遭遇した場合、男性はその女性を通報することができます。すると出会い系サイト運営者が、その女性の登録を抹消してくれます。

しかしキャッシュバッカーの女性を通報しても、出会い系サイト運営者は取り締まることができません。キャッシュバッカーは売春の提案や悪質サイトへの誘導を行ったわけではなく、ただ男性にメールを送っているだけだからです。

男性が「どれだけメールを交わしても、女性が会ってくれない」と不満を伝えても、サイト運営者はとり合ってくれません。「あなたのメールに女性が興味をもたないだけ」と見なされてしまうのです。

このようにキャッシュバッカーの女性とメールを交わしても、男性はポイントを消費するだけです。そのためこのような女性は、避ける必要があります。

キャッシュバッカーの見分け方

キャッシュバッカーは上記のように一般女性であるため、メールの交わし方がサクラよりも自然です。ただ、「ポイントを得たい」という思いがあるため、キャッシュバッカーの行動には傾向が見られます。その傾向について把握しておくことで、キャッシュバッカーを避けやすくなります。

以下では、キャッシュバッカーの見分け方について紹介します。なお、キャッシュバッカーの見分け方はサクラと共通する部分もあります。そのためサクラの見分け方を前提とした上で、以下の点にも気をつけてください。

プロフィールを詳しく作っている

キャッシュバッカーは、プロフィールを詳しく作り込んでいることが多いです。

キャッシュバッカーは「とにかく男性とメールができれば良い」と考えています。つまりCBはメールを交わすために、男性から興味をもってもらう必要があります。そのため、プロフィールを作り込んでいることが多いのです。

サクラはプロフィール画像に「露出の高い写真」を掲載します。これに対してキャッシュバッカーは「容姿が可愛い、もしくは美人に見える写真」を掲載することが多いです。キャッシュバッカーは一般女性であるため、露出の高い写真を掲載することに抵抗を感じやすいのです。

ただ、CBであっても人によっては「胸元が見えるような服」や「背中が露出するような服」を着た写真を、出会い系サイト上に掲載することがあります。

また、キャッシュバッカーは、プロフィールの自己紹介文も詳しく書いていることが多いです。しっかりと自分の情報を書くことで、男性の興味を引くのです。また、サクラと同様に「エッチを期待させる言葉」を自己紹介文に書いていることも多いです。

プロフィールに可愛い画像が掲載されており、「彼氏が最近冷たくて、このサイトに登録しちゃいました。たまには遊べたらいいな♪」のように書いている女性を見つけると、男性は思わずメールを送りたくなります。

このようにプロフィールを工夫して、キャッシュバッカーは男性とメールを交わすきっかけを作ります。そしてキャッシュバッカーはメールを送り、ポイントを獲得するのです。

最終ログイン時間が「つい先ほど」である

キャッシュバッカーは頻繁にメールを送り、ポイント稼ぎを行っています。つまりキャッシュバッカーは、出会い系サイトを利用する頻度が非常に高いです。

出会い系サイトで女性のプロフィールを確認すると、「最終ログイン時間」が表示されています。

キャッシュバッカーでない一般女性は、昼間に学校や仕事に行っています。そのため昼間は、あまり頻繁に出会い系サイトへログインすることができません。つまり普通の女性であれば、最終ログイン時間が「12時間前」や「24時間以内」のように表示されることは多いです。

これに対してキャッシュバッカーは頻繁にサイトへログインして、男性にメールを送っています。そのため「5分前」や「10分前」など、「つい先ほどログインしていた」という状態を保っていることが多いです。

あなたが女性の最終ログイン時間を確認したときに、いつも最終ログイン時間が直近であれば、その女性はキャッシュバッカーだと考えましょう。

ちなみにCBではなかったとしても、頻繁に出会い系サイトへログインする女性は、「他の男性と積極的にメールを交わしている」ということです。このような女性はあなたに興味をもってくれる可能性が低いため、あまり固執せず他の女性を狙いましょう。

男性の感情を揺さぶるメールを送ってくる

キャッシュバッカーは、男性の感情を揺さぶるメールが上手です。

サクラは男性が女性になりすましていることが多いです。そのため女性らしいメール文面ではあるものの、違和感を抱くことが多いです。

一方、キャッシュバッカーは一般女性であるため、男性の心をしっかりと掴むメールを送ってきます。男性が「この女性に会いたい!」と思うように、キャッシュバッカーは会いたいことをほのめかしたり、「一緒に楽しく過ごしたいね」のようにエッチな言葉を含めたりします。

また、男性によっては「出会い系サイトの女性と、ワリキリをしたい」と考えることがあります。このような男性は前述のように、「ホ別イチゴでどう?(エッチしない?)」のように誘うことがあります。

キャッシュバッカーはこのような男性に「エッチしてもいいよ! でも最近少し忙しいから、来週や再来週で空いている日はある?」のように、「男性の提案に応じるふり」をします。しかし実際は男性に会おうとせず、メールを交わし続けるだけに留めます。

また、男性と会う約束を交わしたとしても、キャッシュバッカーの女性は当日に待ち合わせ場所へ現れません。そして男性と、連絡をとらなくなってしまいます。

このようにキャッシュバッカーはお小遣い稼ぎだけが目的であるため、悪質な行動をとることがあるのです。

さらに女性によっては、男性を怒らせるようなメールを送ることがあります。

「どうしてそんなこと言うの? あなたはバカなの? もう少し私のことを考えてよ!」

上記のように「男性の気持ちを逆なでするメール」を送り、男性にメールを送らせるのです。怒った男性は我を忘れて、どんどんメールを送ってしまいます。そして気付いたら、キャッシュバッカーにたくさんのお金を費やすことになります。

つまりこのような男性は「キャッシュバッカーの思うつぼ」なのです。女性が自分を怒らせてきても冷静さを保ち、その女性にはメールを送らないよう気をつけましょう。自分を怒らせる女性と仲良くなるより、最初から怒らない女性にアプローチするほうが効率的です。

女性からの返信が早い

出会い系サイトでは基本的に、女性と交わすメールのテンポが早いです。出会い系サイトでは男女がお互いに出会いを求めており、「良い人には早く会いたい」という気持ちがあります。そのため女性からも、比較的早くメールの返信がきます。女性によっては学校や仕事で忙しいものの、合間の時間を使って返信してくれるのです。

ただしキャッシュバッカーの場合、返信ペースが非常に早いです。男性がメールを送ってから、5~10分以内に返信することがよくあります。

キャッシュバッカーは、メールを送ればポイントを得ることができます。そのため女性はメールを送るたびに、「またポイントが増えた!」と嬉しくなるのです。そのためキャッシュバッカーは、つい早く返信してしまう傾向にあります。

また、男性も女性から早く返信がくると、「この女性は自分とのメールを楽しんでいる」と嬉しくなります。そのため女性からの返信が極端に早くても、男性は違和感を抱かないことがあります。

しかしいつメールを送ってもすぐに返信がくる場合は、「その女性がキャッシュバッカーではないか」と疑うべきなのです。

メールの関係から進展しない

出会い系サイトで女性と出会う場合、メール開始から1週間以内には直接会う約束を交わすことが多いです。しかしキャッシュバッカーの場合、いつまで経っても「メールを交わすだけの関係」が続きます。キャッシュバッカーは「メールを続けられればそれで良い」と考えているため、当然のことといえます。

通常であれば、しばらくメールで仲良くなった後に「お茶でも行こうよ」と誘えば、女性が提案に応じてくれます。十分仲良くなっているはずなのに女性が誘いに応じない場合、キャッシュバッカーであることを疑いましょう。

キャッシュバッカーは「ネカマ」である場合もある

上記のようにキャッシュバッカーは、基本的に一般女性であることが多いです。ただ、男性が女性を装い、出会い系サイト上でキャッシュバッカーとなっていることもあります。

インターネット上で女性を装う男性を「ネカマ(ネットオカマの略)」と呼びます。

男性によっては「出会い系サイトで、女性がお小遣いを稼げること」について知っていることがあります。男性はこのことを「知り合いの女性」や「出会い系サイトで出会った女性」から教えてもらうことがあるのです。

そしてお小遣い稼ぎに興味をもった男性は、「出会い系サイトに女性を装って登録して、自分もお小遣いを稼ごう」と考えることがあります。

出会い系サイトへ登録するためには、「電話番号認証」と「年齢確認」が必要です。

電話番号認証は「出会い系サイトに、携帯電話の番号を登録すること」を指します。電話番号認証により、1人が複数のIDを登録することができなくなっています。

年齢確認は「出会い系サイトに登録する人が、18歳未満でないか」を確認するために行われています。免許証の画像を出会い系サイトへ提示して、年齢確認が終了した後にサイトを利用できます。

年齢確認では免許証を提示する必要があるものの、出会い系サイト運営者が確認したい点は「年齢(生年月日)」のみです。つまり免許証の顔写真や名前は、隠しても問題ありません。そのため男性が女性を装って免許証を出会い系サイトへ提示しても、サイト運営者は「登録者の性別が本当であるかどうか」を確認することができません。

つまり出会い系サイトは、男性が女性を装って登録できてしまうのです。これは優良サイトであっても当てはまります。

ネカマは「男性心理」を理解している

ネカマは男性であるため、「男性心理」を理解しています。つまり「プロフィールをどのように仕上げれば男性が喜ぶのか」や「どのようなメールを送れば男性が嬉しくなるか」が分かるのです。

ネカマはサクラと同じように、「プロフィール文面」と「画像」を工夫します。

ネカマは「早く会って楽しく過ごしたいですぅ♪」「まずはメールで仲良くなりたいな☆ よろしくね(^▽^)」のように、「女性らしさが感じられるプロフィール」を作ります。そして「露出が多い、エッチな写真」をプロフィール写真として掲載します。

男性は少しエッチな女性の写真を、知り合いの女性に依頼したり、インターネット上にアップされている画像を無断でダウンロードしたりすることによって入手します。

このように出会い系サイト上のプロフィール文面と写真を整えると、ネカマにはたくさんの男性からアプローチのメールが届きます。そして受け取ったメールに返信することで、ネカマはポイントを獲得することができるのです。

ただ、ネカマによっては「露骨にエッチなプロフィールを掲載すると、出会い系サイトに慣れている男性は引っかからない」と考えることがあります。そして、より「一般女性に近い雰囲気」のプロフィールを作成することがあります。

このようなネカマの場合、プロフィールから見抜くことは難しいです。

「メールに違和感がないかどうか」に注意する

ネカマは男性であるため、「女性になりきれない部分」が生じやすいです。特にネカマが送るメールには一般女性と異なる点が見られ、違和感を抱くことがあります。

・「メール送ってくれてうれしいピョン☆ ありがとね☆」

・「メールくれてありがと♪ 私は横浜市に住んでますぅ」

上記のメールは一見すると、女性っぽいメールではあります。しかし本当の一般女性であれば、メールに「☆」のような記号を連続して使ったり、「ピョン」のような古さが感じられる語尾にしたりすることはありません。また、「ですぅ」のような語尾も、一般女性はあまり連発しないことが多いです。

このようにネカマは「女性らしさ」を意識しすぎるあまり、逆に違和感のあるメールになっていることがあります。上記のようなメールを送ってくる女性は、ネカマを疑いましょう。

ただ、ネカマによっては女性の言葉遣いを研究しており、より一般女性に近い文面のメールを送ってくることがあります。このようなネカマの場合、見抜くことは非常に困難です。

ただ、ネカマの目的は、「出会い系サイトでポイントを獲得し、お小遣い稼ぎをすること」です。つまりネカマは、「できるだけ簡単にお小遣い稼ぎをしたい」と考えています。そのためメール文面を真面目に工夫するネカマは少なく、男性を巧妙に騙せるネカマに遭遇することは、あまりありません。

また、ネカマはサクラやキャッシュバッカーと同様、出会い系サイトを利用する男性と会う気はありません。そのため、無駄にメールを引き延ばす傾向があります。メールを交わしていてなかなか出会いに発展しない女性(ネカマ)は、諦めて次の女性にアプローチしましょう。

出会い系サイトには「いたずら」も存在する

出会い系サイトで注意する必要がある女性は、主に上記の「サクラ」と「キャッシュバッカー(CB)」です。ただ、ときにはサクラやCBほどの悪意をもたない「いたずら・迷惑行為」をする女性に出会うこともあります。

このような行為の代表例として、「男性をからかう女性」が挙げられます。

このような女性は一般の個人であり、キャッシュバッカーのようにお小遣い稼ぎを目的としているわけではありません。単純に出会い系サイトを利用する男性に対して、「いたずらや迷惑行為をしたい」と考えているのです。

男性を怒らせて楽しむ女性がいる

ほとんどの出会い系サイトでは、男性よりも女性のほうが優位な立場にあります。

出会い系サイトでは多くの場合「男性が女性にアプローチして、そのアプローチに女性が反応する」という形で男女の出会いが実現します。つまり女性は受身であっても、十分に出会い系サイトを楽しむことができるのです。

ただ、男性の場合、自分から行動を起こさなければ女性と出会うことはできません。出会い系サイトを利用する男性は、「何とか女性と出会い、エッチを楽しみたい!」と必死になる人が比較的多いのです。

このようなことから、中には男性の必死さをからかって面白がるためだけに、出会い系サイトへ登録する女性がいます。このような女性は男性からのアプローチに対して、わざと腹を立てさせるような内容を返信して、その反応を楽しむのです。

例えば女性は男性に「つまらないメールを送っているからモテないんだよ」「あなたの写真、オタクっぽいよね」のようにメールを送り、男性を怒らせます。

女性からこのようなメールを送られると男性はむきになり、女性に反論のメールを送ってしまいます。しかしこれでは、いたずらをする女性の思うつぼです。男性はポイントを無駄に消費してしまい、女性はさらに男性をからかってきます。女性は自分の素性が男性に知られないことを利用して、このような状況を楽しむのです。

また、男性によっては、「自分を怒らせてくる女性の気持ちを変えて、自分に好意を抱かせたい」と考えることがあります。しかしこれは難しく、時間もお金も無駄に費やす可能性が高いです。

このように男性をからかう女性は、「無視すること」が一番良いです。最初からあなたに好印象をもってくれて、楽しくメールを交わせる女性とのコミュニケーションに集中するべきです。

出会い系サイトを利用するときには、常に「冷静さ」を保つことが大切です。女性に誘惑されたり、怒らされたりすると、自分を見失いやすいです。「これから出会い系サイトでとる行動は、時間やお金を無駄に費やさないか」と考えましょう。

サクラやキャッシュバッカーと連絡をとった場合の対処法

ここまで、サクラやキャッシュバッカーの特徴と見分け方について紹介してきました。

ただ、場合によっては、これらの女性と連絡をとってしまうことがあります。以下ではこれらの女性と遭遇したときに、どのような行動をとるべきかについて紹介します。

無視すれば問題ない

サクラやキャッシュバッカーであることは、「女性のプロフィールを見てすぐに気付く」こともあれば、「女性とメールを交わし始めてから気付く」こともあります。

前者の場合であれば、その女性を無視して他の人にメールを送れば良いです。後者の場合はすでにサクラやCBと連絡をとっていますが、途中で女性からのメールを無視して問題ありません。

サクラやキャッシュバッカーの女性は、あなたが無視し始めてしばらくの間はメールを送ってきます。「どうして急に返信してくれなくなったの?」「私が何かいけないことをしたの?」のように、メールを再開させようと促してくるのです。

しかしこのような催促のメールも、無視して構いません。むしろメールを送ったとしても、得する人はサクラやキャッシュバッカーだけです。あなたはお金と時間を無駄に費やして終わってしまいます。

このように届いたメールを無視してしばらく時間が経つと、サクラやキャッシュバッカーはあなたにメールを送ることを諦めます。

サクラが多い場合、利用するサイトを変更する

出会い系サイトの中には、「サクラばかりのサービス」があります。どれだけ女性に連絡をとってもサクラばかりである場合、利用する出会い系サイトを変更しましょう。

当サイトで紹介しているサービスは、全て「優良な出会い系サイト」です。このようなサイトは長年に渡って運営されており、きちんとした管理体制を整えて、定期的な広告によって新規の女性登録者を増やしています。

優良サイトであっても、一定数のサクラは存在します。しかし前述した見分け方を把握してアプローチすれば、サクラを避けて一般女性と出会うことができます。出会い系サイトを利用する際は、優良サイトから選んでください。

ただ、キャッシュバッカーは優良出会い系サイトでも存在するため、紹介した見分け方によって回避するしかありません。

出会い系サイトでは以上のように、「サクラ」「キャッシュバッカー(CB)」「ネカマ」「いたずら」を避ける必要があります。紹介したポイントに気をつければ、無駄なポイントを消費したり、トラブルに巻き込まれたりすることはほとんどありません。出会い系サイトを上手に活用して、女性との出会いを楽しんでください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


女性をお持ち帰りしてセフレにする方法
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。