「派遣コンパニオン」を活用して、女性と飲み会や宴会を楽しむ


男性は日々の生活において、飲み会や宴会に参加することがあります。男性だけで飲むことも楽しいですが、人によっては「女性と一緒にお酒を飲めたら、もっと楽しそうだ」と思うことがあります。

このようなときに利用すると良いサービスが「派遣コンパニオン」です。派遣コンパニオンとは、「飲み会や宴会に出向いて、接客を行なってくれる女性」を指します。飲み会への参加者が男性だけのときに派遣コンパニオンを利用すれば、男女で楽しく盛り上がることができるのです。

派遣コンパニオンを利用する人はまだ少なく、人によってはサービス内容や利用方法を知らない場合があります。そこでここでは、宴会コンパニオンの特徴や料金、利用方法について説明します。

派遣コンパニオンの特徴

一般的に男性が「女性とお酒を楽しみたい」と思ったら、キャバクラやガールズバーなどの店へ出向くことが多いです。この場合、男性は店へ足を運ぶ必要があります。

これに対して派遣コンパニオンを利用する場合、「女性が男性の元へ出向いてくれる」という点がメリットとなります。

キャバクラやガールズバーは薄暗く、これらの店特有のムードがあります。しかしときには、「普段よく利用する居酒屋で、女性と一緒にお酒を飲みたい」と思うこともあるはずです。また、場合によっては接待で、「大切なお客様のために、女性に店へ出向いてほしい」というときもあります。

このようなときに派遣コンパニオンを利用すれば、キャバクラやガールズバー以外の店でも、女性と一緒に楽しく過ごすことができるのです。

ちなみに派遣コンパニオンは、「宴会」で利用されることが多いです。男性社員が多い会社では宴会を行う際に、派遣コンパニオンを呼ぶことがあるのです。そのため派遣コンパニオンは、「宴会コンパニオン」と呼ばれることもあります。

また、派遣コンパニオンは会社の宴会や接待の他、男性がグループでお酒を飲むときに利用する場合もあります。派遣コンパニオンは、さまざまな利用方法があるのです。

派遣コンパニオンの種類

派遣コンパニオンは大きく分けて、4つの種類があります。これらの種類は「女性が提供するサービス」によって分かれています。目的に合ったコンパニオンを派遣してもらうことで、よりお酒の席が楽しくなります。

ノーマルコンパニオン

ノーマルコンパニオンは、最も一般的な派遣コンパニオンです。ノーマルコンパニオンは宴会の席へ出向いてくれて、男性にお酒を注いでくれたり、会話を交わしてくれたりします。また、場合によっては男性とカラオケを一緒に歌ったり、ダンスを披露してくれたりします。

ノーマルコンパニオンの服装は、「コンパニオンの派遣会社が用意している制服」が一般的です。ただ、場合によっては女性が私服で来てくれたり、温泉宿などに派遣されるコンパニオンは、和服で来てくれたりすることもあります。

人によっては、コンパニオンの身体に触れたくなることがあります。しかしノーマルコンパニオンに触れることは、コンパニオンの派遣会社によって禁止されています。

「飲み会の席に女性がいてほしい」「女性とお酒を飲みながら、会話を交わしたい」という場合、ノーマルコンパニオンを利用すると良いでしょう。

コスプレコンパニオン

コスプレコンパニオンは「好みのコスプレで接客をしてくれるコンパニオン」を指します。いわゆる「コスプレコース」と考えてください。コスプレコンパニオンは、「コスチュームコンパニオン」と呼ばれることもあります。

「女性にコスプレをしてほしい」と考える男性は多いです。そのためコンパニオン派遣会社は男性のニーズに応えるため、コスプレコンパニオンのサービスを用意しています。

コスプレコンパニオンを利用する場合、男性はナース・女子高生風の制服・メイド・CA(キャビンアテンダント:客室乗務員)・チャイナ服・バニーガールなど、さまざまな衣装を着た女性に来てもらうことができます。衣装によっては露出度が高いため、男性はお酒を飲みながら視覚的に楽しむことができます。

コスプレコンパニオンもノーマルコンパニオンと同じく、女性へのボディタッチを行うことはできません。ただしボディタッチが可能な他コースのオプションとして、コスプレを追加できる場合は多いです。

「ノーマルコンパニオンのような制服では視覚的に物足りないから、女性にコスプレをしてほしい」という場合、コスプレコンパニオンを利用してください。

ソフトコンパニオン

ソフトコンパニオンは「露出度の高い制服を着ており、軽いボディタッチが可能な派遣コンパニオン」を指します。

ソフトコンパニオンはノーマルコンパニオンと同じく、制服を着用しています。ただ、ノーマルコンパニオンとは異なる制服で、よりセクシーな雰囲気が感じられる衣装であることが多いです。

派遣コンパニオンには、可愛い女性や美人な女性が多いです。このような女性と一緒にお酒を飲んでいると、男性はボディタッチをしたくなることがあります。ソフトコンパニオンであれば、女性に軽いボディタッチを行うことができるため、より飲み会を楽しむことができます。

ただ、過度なボディタッチはサービスの範疇を超えてしまいます。あくまでも「女性の身体に軽く触れる程度」に留めましょう。

スーパーコンパニオン

スーパーコンパニオンは、「女性へのボディタッチが可能で、露出度の高い衣装を着て接客してくれる派遣コンパニオン」を指します。

スーパーコンパニオンはコンパニオン派遣会社によって呼び名が異なり、「ピンクコンパニオン」や「お色気コンパニオン」のような名称である場合もあります。ただ、「派遣コンパニオンのサービス中、最上位のサービス」と考えてください。そのため料金も、高い傾向にあります。

スーパーコンパニオンは飲み会や宴会を、さまざまな手法で盛り上げてくれます。宴会の席に入ってくるときには浴衣など、露出度の低い服を着ているものの、会の途中からセクシーな衣装に着替えてくれます。場合によっては女性の肌が透けて見える「スケスケの衣装」を着ていることもあります。

また、スーパーコンパニオンは、ゲームやダンスで飲み会・宴会を盛り上げてくれることもあります。くじを引いて「王様」となった人が他の人にエッチな命令をできる「王様ゲーム」や、ジャンケンをして負けた人が服を脱ぐ「野球拳」を行なってくれます。

このようなゲームを行うと、さらにエッチな女性の姿を見ることができます。スーパーコンパニオンは、体を張って場の雰囲気を盛り上げてくれるのです。

スーパーコンパニオンに対しては、ボディタッチが可能です。ソフトコンパニオンよりも積極的に触ることができますが、あまりに過度な触り方はコンパニオンから敬遠されてしまいます。

お酒に酔うと気持ちが大きくなり、男性によってはコンパニオンが嫌がる行為をしてしまうことがあります。しかしこれでは飲み会や宴会の雰囲気が悪くなってしまうため、マナーを守って楽しんでください。

人によってはスーパーコンパニオンと聞いて、「コンパニオンの女性とエッチできないのか」と考えることがあります。しかし派遣コンパニオンはキャバクラのような「水商売」に近く、女性と性的プレイを行える「風俗店」ではありません。

派遣コンパニオンに在籍する女性

派遣コンパニオンは、「コンパニオン派遣会社」に所属しています。コンパニオン派遣会社に在籍する女性は幅広く、主に18~35歳の女性が多いです。コンパニオン女性の職業も学生・OL・看護師・美容師・保育士など、さまざまです。

コンパニオン派遣会社は求人に応募してくる女性と面接し、容姿・性格・愛嬌・一般常識・マナーなどを確認しています。そのためいわゆるブサイクな女性は少なく、可愛い、もしくは美人なコンパニオンが多いです。

また、スーパーコンパニオンは20代の女性がほとんどである場合が多いです。派遣コンパニオンを利用する男性は、若い女性を好むことが多いためです。

女性の年齢層は、地域によって異なります。東京や大阪などの都市部であれば、幅広い年齢層のコンパニオンが在籍しています。一方で地方の温泉街などでは若い女性が在籍しておらず、30~40代の女性が中心、という地域もあります。

コンパニオンの派遣会社は、全国各地に複数あります。希望のコンパニオンを派遣してもらえない場合、他の派遣会社にも相談してみると良いでしょう。

派遣してもらうコンパニオンの「年齢」を検討する

また、派遣してもらうコンパニオンの「年齢」については、目的に応じて検討するべきです。

男性が3人や5人などの少人数である場合は、「20代のコンパニオンだけを派遣してもらう」という利用方法で、十分に楽しむことができます。

しかし会社の宴会などで男性が数十人いる場合、男性によって女性の好みはさまざまです。若い女性を好む人もいれば、30代の女性など、ある程度年齢の高い女性を好む人もいます。

このような場合、派遣してもらう女性の年齢層を絞りすぎず、20代のコンパニオンを6人、30代を2人、40代を2人のように依頼すると良いです。このように幅広い年齢層の女性に来てもらうことで、宴会に参加する男性全員がコンパニオンとのコミュニケーションを楽しみやすくなります。

派遣コンパニオンは「高収入アルバイト」として女性に募集されています。派遣コンパニオンで女性が得られる収入は、時給3,000~3,500円が相場です。

コンパニオンの女性は仕事に慣れている人もいれば、あまり仕事に慣れていない人もいます。「アルバイト」として募集されているため、正直なところコンパニオンによっては、プロ意識に欠けることもあります。

男性によっては派遣コンパニオンにキャバ嬢(キャバクラで働く女性スタッフ)のような、プロの接客を求めることがあります。しかし派遣コンパニオンはこのような接客をできないことがあるため、「大目に見てあげる気持ち」が大切です。

ただ、逆に「一般女性とお酒を飲みたい」という男性にとって、派遣コンパニオンは楽しめるサービスといえます。

男性にも「コンパニオンを盛り上げる気持ち」が必要

派遣コンパニオンを呼ぶときには、男性も「場の雰囲気を盛り上げる気持ち」をもつと良いです。人によっては「盛り上げ役はコンパニオンに任せよう」と考えて、男性はあまり女性に話しかけなかったり、自分から場の空気を盛り上げなかったりする場合があります。

しかしこれでは、派遣コンパニオンも飲み会や宴会を盛り上げにくくなってしまいます。

派遣コンパニオンはプロであり、どのような場であっても男性を楽しませる必要はあります。ただ、「コンパニオンにも楽しんでもらおう」と配慮する男性がいる飲み会・宴会と、上記のようにコンパニオンに盛り上げ役を任せきりの会では、楽しさに差が生じやすいです。

コンパニオンがその場を楽しめると、さらに女性は積極的に男性を楽しませてくれます。コンパニオンにとっても居心地の良い空間となるよう、男性も「盛り上げる気持ち」をもつべきなのです。

ただ、場を盛り上げるといっても、過度な行動をとるべきではありません。派遣コンパニオンを利用する男性客の中には、バイブなどのアダルトグッズを持ち込んでいたり、女性に乱暴な行為をしたりする人がいます。また、強引にセックスをしようと試みる男性もいます。

このように悪質な行為をする男性がいた場合、コンパニオンは派遣会社や警察に通報できるようになっています。「女性と一緒にお酒を飲める」という興奮から過剰な行動に出てしまうと、楽しい会のはずが警察に逮捕されてしまう可能性があるのです。派遣コンパニオンを利用する際には、十分に気をつけてください。

コンパニオンを派遣してもらえる場所

コンパニオンを派遣してもらえる主な場所は、ホテル・旅館の宴会場や居酒屋です。居酒屋へコンパニオンを派遣してもらう場合、雰囲気にこだわった店以外にも、大手のチェーン居酒屋へ派遣してもらうことも可能です。

普段よく利用している居酒屋などでの飲み会あっても、コンパニオンがいるだけで楽しさは大きく変わるはずです。

ただし、「鍵のかかる部屋」へコンパニオンを派遣してもらうことはできません。ホテルの客室や自宅、車の中などは鍵をかけることができ、万が一の場合にコンパニオンが逃げられません。女性の安全を確保するために、密室になる場所への派遣はできないのです。

また、「このようなところでも、コンパニオンを派遣してもらえるのか」という場所があれば、コンパニオン派遣会社へ相談してみましょう。

派遣コンパニオンの料金相場

派遣コンパニオンの料金は、一般的な飲み会の時間である90分や120分あたりの料金で設定されていることが多いです。

ノーマルコンパニオンの相場は女性1名を派遣してもらう場合につき、120分で13,000~15,000円、コスプレコンパニオンは15,000~18,000円です。また、ソフトコンパニオンやスーパーコンパニオンを派遣してもらう場合、女性1名につき、120分で20,000~25,000円です。

また、コンパニオン派遣会社によってはコスプレ衣装の種類などで、より細かく料金を設定していることがあります。

例えば「メイド服、チャイナ服の場合、ノーマルコンパニオンの料金にプラス2,000円」「水着やバニーガールのコスプレはプラス5,000円」のように決められています。基本的に露出度の高い衣装をコンパニオンに着てもらうほど、料金は高くなります。

派遣コンパニオンを利用する際には、上記以外にも料金がかかります。

コンパニオンは「男性が飲み会や宴会を実施する飲食店」へ向かう必要があります。そのため電車代やタクシー代など、「女性の交通費」がかかります。交通費は「コンパニオン1人につき1,000円」が相場です。

また、コンパニオンを指名できる場合もあります。この場合、「女性の指名料」もかかります。指名料の相場は、コンパニオン1名につき2,000円です。

さらに飲み会や宴会では王様ゲームや野球拳など、さまざまなゲームを行うことがあります。このとき「ゲーム料金」として、1ゲーム1,000円ほどかかる場合があります。

12月や1月は、忘年会・新年会を開催する人が多いです。そのためコンパニオン派遣会社はこの時期になると、料金を割増しすることがあります。この場合コンパニオン1人あたりの料金が、通常料金よりもプラス1,000円などになります。

派遣コンパニオンを利用するためには、以上のような料金がかかります。ノーマルコンパニオンやスーパーコンパニオンなど、選ぶコンパニオンの種類にもよりますが、「コンパニオン1名あたり15,000~30,000円の料金がかかる」と考えてください。

例えば男性3人が、3人のノーマルコンパニオンを飲み会に派遣してもらうとします。この場合、合計で5万円ほどの料金がかかるイメージです。また、会社の宴会で5名や10名のコンパニオンを派遣してもらう場合は、10~30万円の料金、もしくはそれ以上の料金がかかります。

キャバクラで男性が女性と飲む場合、1時間あたり5,000円ほどが相場です。つまり120分で10,000円となり、派遣コンパニオンの料金はキャバクラよりも高めといえます。コンパニオンが男性のいる飲食店へ出向いてくれるため、キャバクラよりも料金がかかることは妥当といえます。

以上のような料金であることから、頻繁に派遣コンパニオンを利用することは難しいかもしれません。しかし「たまには盛大にお酒を楽しみたい」という場合には、派遣コンパニオンを利用してみると良いでしょう。

派遣してもらうコンパニオンの人数

場合によっては、派遣してもらうコンパニオンの人数で迷うことがあります。

ノーマルコンパニオンを派遣してもらう場合、「飲み会・宴会の席を華やかにする」という目的で利用することが多いです。男性が会話をリードしながらコンパニオンにも話してもらうことで、場が盛り上がります。

男性が3人など少人数の場合は、男性と同人数のノーマルコンパニオンを呼ぶと良いです。

これに対して10人以上などの大人数で宴会を行う場合、「男性4~5人あたりノーマルコンパニオン1人」という割合で派遣してもらうと良いです。例えば20人で飲み会を開催する場合、コンパニオンは4~5人派遣してもらう計算になります。このような割合で女性に来てもらえば、十分に場の雰囲気は華やかになります。

一方、スーパーコンパニオンを派遣してもらう場合、「女性と間近で接したい」と思う男性が多くなります。

そのためスーパーコンパニオンの場合は、「男性2~3人あたり、スーパーコンパニオン1人」という割合で派遣してもらうと良いです。例えば10人で飲み会を開催する場合、スーパーコンパニオンを3~5人派遣してもらう計算になります。

以上のようなイメージで、予算の範囲に収まるようにコンパニオンの人数を検討してください。

派遣コンパニオン利用の流れ

「派遣コンパニオンを利用したい」と思ったら、コンパニオン派遣会社に連絡します。以下の流れで手続きを行ってださい。

飲み会・宴会の詳細について、明確にしておく

派遣コンパニオンを依頼する際には、飲み会・宴会の詳細をコンパニオン派遣会社に伝える必要があります。次の点について、派遣会社へ詳細を伝えましょう。

代表者の連絡先・団体名・宴会への参加人数

コンパニオン派遣会社には、代表者の連絡先を伝える必要があります。飲み会や宴会の参加者で幹事や代表者を決めて、派遣会社へ連絡先を伝えましょう。

また、これと合わせて、「団体名」や「宴会への参加人数」も伝える必要があります。

利用する飲食店の店名・住所

派遣コンパニオンは、男性のいる飲食店へ出向いてくれます。そのため女性が確実に店へ来てくれるよう、「利用する店の名称と住所」をコンパニオン派遣会社へ伝える必要があります。

店によっては、似たような名称の店が近くに複数ある場合があります。そのためコンパニオンが確実に店を特定できるように、店名・住所を正しく伝えましょう。

ホテル・旅館にコンパニオンを呼ぶ場合、施設に確認しておく

ホテルや旅館へコンパニオンを派遣してもらう場合、事前に施設への確認が必要です。

ホテルや旅館によっては、コンパニオンの派遣を禁止していることがあります。そのため「コンパニオンの女性を呼びたいのですが、可能ですか?」と施設に問い合わせておきましょう。

またこの場合、ホテルや旅館によっては「コンパニオンの受け入れ料金」として別料金が発生します。

飲み会や宴会の開始時間・コンパニオンの派遣人数

コンパニオンは飲み会や宴会の開始に合わせて、店へ来てくれます。そのため会の開催時間をコンパニオン派遣会社へ伝えましょう。

また、希望するコンパニオンの人数を伝える必要もあります。このときコンパニオンの人数は、男性と同人数である必要はありません。例えば男性3人で飲み会を実施する場合であっても、コンパニオンは2人でも3人構いません。予算に合わせて、コンパニオンの人数を決めましょう。

ただ、コンパニオン派遣会社によっては、「コンパニオン1名のみでの派遣」を行なっていないことがあります。

派遣コンパニオンの希望コース

前述のように派遣コンパニオンは、「コスプレコンパニオン」や「スーパーコンパニオン」など、種類があります。そして種類によって、料金が異なります。希望のコースを伝えましょう。

また、コスプレコンパニオンの場合、「希望の衣装」も決める必要があります。チャイナ服やバニーガールなど、参加する男性と相談してコンパニオンの衣装を決めてください。

コンパニオン派遣会社へ予約の連絡をする

上記の項目を確認したら、コンパニオン派遣会社へ予約の連絡をします。電話やメールで予約することができます。

予約は当日でも受け付けているものの、派遣会社によっては既に予約がたくさん入っていることがあります。そのため飲み会や宴会の詳細が確定次第、早めに予約することをお勧めします。

特に前述した忘年会や新年会シーズン、さらに初夏や秋の行楽シーズンには、派遣コンパニオンの予約が増えやすいです。これら時期に派遣コンパニオンを利用するときは、早めの予約を意識してください。

予約をキャンセルすることもできますが、場合によっては派遣会社が設定しているキャンセル料金が発生します。

当日はコンパニオンの到着を待ち、乾杯

飲み会や宴会の当日になったら、コンパニオンの派遣会社から最終確認の連絡がきます。派遣会社が「本日のご予約で大丈夫でしたか?」と確認してくるため、了承すると指定の時間にコンパニオンが到着します。コンパニオンは多くの場合、宴会などが始まる15~10分前に到着します。

コンパニオンが到着したら乾杯をして、女性と一緒にお酒や会話を楽しみましょう。

なお、コンパニオンの利用料金は、コンパニオンの女性に直接支払う場合が多いです。派遣されるコンパニオンの中で「リーダー」が決められているため、リーダーの女性に料金を支払います。

飲み会や宴会が始まる前に、「お金を支払っていい?」のようにリーダーのコンパニオンに声をかけましょう。最初にお金の支払いを済ませると、コンパニオンが安心してくれます。そして女性が、心置きなく接客してくれるようになります。

また、コンパニオンの派遣会社によっては、飲み会や宴会の開催日より前に支払うこともできます。この場合は「銀行振込み」での支払いとなり、派遣会社が指定する銀行口座へ料金を支払います。事前に料金を支払って当日に追加料金が発生した場合、追加分の料金は現地で支払うことになります。

なおクレジットカードについては、利用できない派遣会社が多いです。そのためカード払いを希望する場合は、派遣会社へ相談する必要があります。

飲み会・宴会を盛り上げる方法

派遣コンパニオンを利用する際には、男性も女性と共に場の雰囲気を盛り上げましょう。お酒を楽しむときは以下の点を意識すると、場の空気がさらに良くなりやすいです。

明るく元気に女性と接する

コンパニオンの女性は、いわゆる「ノリが良い男性」を好むことが多いです。そのためコンパニオンと会話を交わす際には、明るく元気に振る舞うと良いです。

男性のリアクションが薄いと、女性は「私の話は面白くないのだろうか」「男性の元気がなく、自分もテンションが下がってしまう」と感じてしまいます。つまり男性自身が、飲み会や宴会の雰囲気を悪化させてしまうのです。

コンパニオンを呼ぶ際は、普段よりもテンションを上げるよう意識しましょう。そうすればコンパニオンと一緒に、宴会を存分に楽しめるはずです。

コンパニオンに配慮する

飲み会や宴会は、コンパニオンと一緒に楽しむことが大切です。そのためにはコンパニオンにリラックスしてもらうよう、配慮すると良いです。

コンパニオンは接客時、正座をしていることが多いです。そのため「足を崩していいよ」と促すことで、女性が楽に接客することができます。また、「好きなドリンクを飲んでいいよ」と伝えることで、コンパニオンは嬉しくなります。

また、男性から話題を振ることで、さらにコンパニオンと会話を交わしやすくなります。

会話だけでなく、ゲームを適度に取り入れる

コンパニオンとお酒を楽しむときには、会話だけでなくゲームも取り入れましょう。すると、さらに場の雰囲気が盛り上がります。単純なゲームであってもお酒を飲んでいると、十分に楽しく感じます。

宴会のゲームにはトランプで遊べる「大富豪」や、マシュマロを投げて口に入れる「マシュマロキャッチ」など、さまざまな種類があります。コンパニオン派遣会社でゲームを用意していることが多いため、前もって準備してもらうと良いです。ゲームを利用するときには多くの場合、オプション料金が発生するため気をつけてください。

ゲームを取り入れることで会話の話題に困ったときにも、女性と楽しく過ごすことができます。コンパニオンがタイミングを見計らって「ゲームしませんか?」と誘ってくれることが多いですが、必要に応じて男性からもゲームの提案をしましょう。

また、「罰ゲーム」を取り入れることもお勧めです。ゲームで負けた人が一発芸を行なったり、初恋について話したりすると、飲み会や宴会が楽しい雰囲気になります。

コンパニオンに嫌われる男性客

コンパニオンは仕事として接客をしてくれるものの、場合によってはコンパニオンにとって抵抗を感じてしまう男性もいます。男性客は、マナーを守ってコンパニオンと接することが大切です。以下では、「どのような行動をとると、コンパニオンから嫌われるのか」について紹介します。

過度なボディタッチをする

前述のように、コンパニオンが最も嫌うことに「セクハラ」が挙げられます。

男性によってはノーマルコンパニオンを依頼しているにもかかわらず、女性に積極的なボディタッチを試みることがあります。また、ソフトコンパニオンやスーパーコンパニオンであっても、過度なボディタッチは女性が敬遠してしまいます。

場合によっては前述したようにコンパニオンが派遣会社へ連絡して、接客が中断されてしまう可能性があります。派遣会社に支払った料金は「自己責任」として、返金されない場合がほとんどです。

コンパニオンを利用する男性には、いわゆる「おじさん」が多いです。女性は不潔な中年男性に触られることを、非常に嫌がります。女性が嫌がっているのにボディタッチを続けてしまうと、場の雰囲気が悪くなってしまいます。

若い女性やセクシーな衣装を着た女性に、つい興奮してしまう気持ちは理解できます。しかし紳士的な態度でコンパニオンと接するほうが、結果的に女性から好印象をもってもらうことができるのです。

連絡先の交換を迫る

男性によっては、コンパニオンに連絡先の交換を迫ることがあります。キャバクラではキャバ嬢が、男性に連絡先を教えてくれることがあります。これはキャバ嬢が男性客に好意を抱くためではなく、「営業」を行うためです。

キャバクラで働く女性は、店から「ノルマ」が課されています。キャバ嬢は男性客にキャバクラへ来店してもらい、自分を指名してもらう必要があるのです。そのため男性に連絡先を教えて、「明日はイベントで、料金が割引になるよ」「サトシさんにまた会いたいな」のような営業メール(メッセージ)を送ることがあります。

これに対してコンパニオンには、キャバ嬢のようなノルマがありません。そのためコンパニオンは、男性客と連絡先を交換する必要がないのです。男性が強引に連絡先の交換を迫ると、女性は嫌がってしまいます。また、場合によってはボディタッチと同様に、派遣会社へ通報されてしまうことがあります。

そのため基本的には、「コンパニオンと連絡先の交換をすることはできない」と考えてください。

ただ、「会話を交わす中で女性と仲良くなった場合」や「コンパニオンの女性にとって、あなたが好みのタイプであった場合」などには、女性が連絡先を教えてくれることがあります。

コンパニオンと話す中で「良い雰囲気だ」と感じたら、「良かったら連絡先を教えてくれない?」のように聞いてみましょう。ただしくれぐれも、しつこくお願いしないよう気をつけてください。

お酒を強引に飲ませる

コンパニオンへ強引にお酒を飲ませる男性客も、コンパニオンから嫌われます。

女性は男性よりもお酒に弱い人が多いです。また、男性は「ビール」を好む人が多いですが、女性はあまりビールが好きではない人が多いです。そのためビールを無理に勧めると、コンパニオンは嫌がってしまいます。

また、「客が勧めるお酒を、君は飲めないの?」のような、高圧的な言葉を女性に投げかけることもやめましょう。コンパニオンが「嫌な雰囲気の飲み会だ」と感じて、テンションが急激に下がってしまいます。

コンパニオンを楽しい気持ちにさせるほど、女性は接客を頑張ってくれます。そのためには、お酒を無理に飲ませるべきではありません。

お酒を飲みすぎない

男性によってはコンパニオンと一緒に過ごす時間の楽しさから、自分がお酒を飲みすぎてしまうことがあります。しかし泥酔すると、コンパニオンに嫌われてしまいやすいです。

コンパニオンの女性は「ほど良くお酒に酔い、楽しい気分になっている男性客」に対しては好感をもちます。このような男性は自分も楽しみながら、上手く場を盛り上げてくれるためです。

しかし泥酔した男性は、いきなり女性に暴言を吐いたり、机を散らかしたりしてしまうことがあります。また、他の人に介抱をしてもらう必要が生じる場合もあります。

酔っ払った男性はコンパニオンを含めて周囲の人に迷惑をかけるため、女性にマイナス印象をもたれやすいです。

コンパニオンと一緒に過ごす時間は、確かに楽しいです。しかしこのような雰囲気でもマナーを守り、酔いすぎないように楽しんでください。

コンパニオンを撮影する

男性客によっては、コンパニオンを撮影する人がいます。しかしコンパニオンは、撮影されることを嫌がる人が多いです。

最近はSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)が普及しており、個人が写真をネット上にアップすることができます。アップされた写真はネット上で、どんどん広まる可能性があります。

コンパニオンの女性は多くの場合、昼間に学生やOLなど、別の生活を送っています。コンパニオンとしての写真がネット上に広まることで、女性は副業をしていることが昼間に勤務する会社へバレてしまったり、人間関係のトラブルに発展したりしてしまうことがあります。

例として「女性がコンパニオンの仕事をしていることが彼氏にバレてしまい、別れる原因となってしまう」などの場合があります。

このように、コンパニオンを無断で撮影することは控えるべきなのです。

派遣コンパニオンは、以上のように利用します。派遣コンパニオンでは、ノーマルコンパニオンを呼んで合コンのような雰囲気を楽しんだり、スーパーコンパニオンを呼んで女性とエッチなコミュニケーションを楽しんだりすることができます。普段の飲み会や宴会とは違った雰囲気を楽しめるため、興味が湧いたら派遣コンパニオンを利用してください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。