ソープ嬢の高い収入から、人生を好転させる人は多い


名称未設定-1_r2_c2

ソープランドで働く女性は通称「ソープ嬢」と呼ばれます。風俗店では、基本的に本番行為は許されていませんが、ソープランドは入浴が目的で、本番行為(セックス)はあくまでも女性の「自由恋愛」として黙認されています。

本番行為は風俗店のサービスの中で高級なものとして位置づけられています。そのためソープランドの料金の相場は、ほかの風俗店よりも高額です。そのため、ソープ嬢の収入も高い傾向にあります。

「どのくらいソープ嬢が収入を得ているのか気になる」という方のために、ここではソープ嬢の収入と支出について紹介します。なお、ソープ嬢の中には経済的な理由からソープランドで働くようになり、人生の勝ち組に入った女性も存在します。

ソープ嬢の取り分の仕組み

ソープランドでは、大きく分けて入浴料・サービス料・指名料という3つの料金があります。入浴料は「店の利益になるお金」です。サービス料は「ソープ嬢の取り分となるお金」です。指名料は、「女の子の指名にかかる料金」で、全てソープ嬢の取り分になるか、何割かが店の取り分になる場合もあります。これは店によって異なります。

ソープ嬢は特にサービス料を気にします。また、在籍している店によっては、指名料も気にしている場合があります。ソープランドでは一般的に、入浴料に対してサービス料が1.5〜2倍ほどの料金に設定されていることが多いです。

また、ソープランドでは入店すると入浴料・指名料とサービス料を分けて支払う店が多いです。入店すると先に入浴料と指名料を店側に支払い、その後に女の子と対面してからサービス料を女性に直接支払います。

基本的に本番行為は禁止されているため、ソープランドも表向きは「個室付き特殊浴場」として営業されています。サービス料まで含めた料金を最初から掲示してしまうと、警察に「風呂に入るだけでどうしてこれだけの料金がするのか」というように指摘されてしまいます。そのため、ソープランドは自主規制として3つの料金の合計を最初から表示しないようにしています。

収入から差し引かれる「雑費」

サービス料と指名料がソープ嬢の収入になりますが、そこから差し引かれる「雑費」というものがあります。これは、「ソープ嬢がソープランドに支払う費用」です。

店が男性客にサービスを提供するためには、さまざまな消耗品が必要です。プレイ前の歯ブラシ・マウスウォッシュ・プレイをする際のローション・コンドーム・プレイ後のドリンクなどがあります。これらを用意するためには費用がかかります。

さらに、店の光熱費もかかります。電気代のほか、ソープランドでは風呂に入るのでガス代・水道代がかかります。

こうした店の経費の一部分をソープ嬢が負担する必要があるのです。1人の男性客あたり、1,000~5,000円ほどの雑費が女性の給料から差し引かれる店が多いです。基本的には店が高級店になるほど雑費も高くなります。質の良いサービスを提供するにはそれだけさまざまなものが必要になります。調度品やアメニティもグレードが高いものを使うためです。

店によっては雑費を差し引かないところもありますが、その分サービス料が低めに設定されていることが多いです。そのため最終的なソープ嬢の取り分は、雑費が差し引かれる店とそうでない店とで比べても、あまり変わらないことが多いです。

ソープ嬢が支払う「経費」

ソープ嬢の出費には「経費」もあります。ソープ嬢は「コンパニオン業」という個人事業主です。そのため、税金を支払う必要があります。確定申告をして税金を支払いますが、仕事に必要な物品の購入費用は経費として計算することができます。

ソープ嬢が経費として計算できるものには、プロフィールの写真代・メイク代・性病検査代・マット代などがあります。毎月かかる費用は、数万円ほどになることが多いです。店によってはこうした費用を負担してくれるところもあります。

ソープ嬢の収入はどれくらいなのか

以上のような収入・支出があるソープ嬢ですが、おおよその月収例をあげて計算してみます。

「入浴料2万円・サービス料4万円で、トータルで6万円」のソープランドがあるとします。ここでは指名料はなしとします。つまり、1人の男性客でソープ嬢は4万円の収入を得ることになります。

「1日に男性客3人、週5日勤務」で仕事をしたとします。すると、4万円×15人=60万円が週の収入、月にすると240万円の収入になります。ただし、店がタイムサービスを行なったり、時期によってはお得な料金に設定したりすることがあります。また、上で説明した雑費や経費が収入から差し引かれます。

こうしたことを考慮して、ある程度お客がつくソープ嬢なら月に100〜200万円ほどの収入を得ていると考えることができます。もちろんこの金額はソープ嬢の人気や勤務日数によって変動します。より人気の高いソープ嬢の中にはさらに高い収入を得ている方もいます。

ソープランドは風俗店の王様といわれますが、ソープ嬢は風俗嬢の女王様といえます。

風俗嬢がプレイで使うアイテムの準備

それでは、風俗嬢が使用するアイテムはどのように準備しているのでしょうか。

風俗嬢は男性客とプレイをするときに、さまざまなアイテムを活用します。多くの場合、女性は小さなプラスチックのカゴにアイテムをまとめて入れており、必要なときに使用します。用意しているものはローションやうがい薬などを始めとして、バイブレーターなどを持っていることがあります。

風俗嬢が何気なく使っているアイテムは、実は風俗店の運営体制が見えるものなのです。

アイテムは風俗嬢自身での購入が必要な場合がある

風俗嬢がプレイで使うアイテムは、全て用意してくれる店と、風俗嬢自身での購入が必要な店があります。

一般的なピンクサロンなどの風俗店の場合、多くの店はおしぼりやローションといった基本的なアイテムを店で用意しており、バイブレーターやピンクローターなどのオプションで使うアイテムは風俗嬢自身での購入が必要となっています。

また、店によっては風俗嬢がプレイする部屋に「冷蔵庫」が置かれていることがあります。中に入っているドリンクは、風俗嬢が自分で用意していることが多いです。さらに冷蔵庫がない店でも、男性客に缶などのドリンクを提供してくれる場合、女性が購入して提供しているのが一般的です。

さらに、風俗店の中でも料金が高い傾向にあるソープランドの場合、ソープ嬢(ソープランドで働く女性)がほとんどのアイテムの費用を支払っています。

ソープ嬢は、実はソープランドの従業員ではありません。「女性がソープランドの個室を借りて個人で営業をしている」という体制を取っており、営業に必要なものは女性自身で用意する必要があるのです。収入が高いソープ嬢ですが、その分だけ仕事での出費も大きくなりやすいです。

また、中にはソープランドで働くボーイのボーナスをソープ嬢から徴収する店もあります。数万円などの比較的高い金額が差し引かれる場合があり、これが嫌で店を辞めてしまうソープ嬢もいます。

アイテムを購入して活用することで収入アップが見込める

風俗店で使われるアイテムの中には、プレイで必須のアイテムと、なくても基本的なプレイはできるアイテムがあります。バイブやピンクローターはなくても通常のサービスはできます。しかし、これらを使ってプレイする「オプション」を基本料金にプラスして男性に付けてもらうと、その大部分が風俗嬢の収入として還元される場合が多いです。

そのため、最初は費用がかかりますが、アイテムを活用することで元は取れるようになっています。新人の風俗嬢は購入しない方が多いですが、徐々に仕事に慣れてきてステップアップしたいと考えるときに、バイブなどの購入を検討する方は多いです。

男性にとって風俗店でオプションを付けるのは、よりこだわりのサービスを楽しむためです。風俗嬢にとっても、オプションは「収入アップに直結する、メリットが大きいもの」なのです。バイブなどは一度購入すれば繰り返し使えるため、風俗嬢にとっての良い自己投資といえます。

勉強熱心な風俗嬢は、店で用意されていても購入する

また、風俗嬢の中にはほかの風俗嬢よりも勉強熱心な方がいます。「風俗嬢として人気になり、より高い収入を得たい」と考えている方や、「風俗嬢の仕事に慣れてきて、さまざまなプレイに興味が出てきた方」は、アイテムが店で用意されていたとしても自分で購入する方もいます。

ある女性はローションを粘度の違いで2種類用意しており、男性客の希望に応じて使い分けています。さらに、コスプレ好きな女性は自分でコスプレ衣装を集めており、ほかの風俗嬢ではできないコスプレで楽しませてくれる女性もいます。

基本的に風俗嬢は店のルールに従ってプレイを行っていますが、人によってはオリジナルのサービスを提供してくれることがあるのです。

このように、風俗店のアイテムは何気なく使われていますが、女性が自分で費用を払っていることがあります。風俗店は多くの店が出店しており、競争が以前より激しくなっています。そのため、経費を女性に負担してもらうことで利益を上げているのです。

吉原のソープランドで働き、大手企業に就職した慶應義塾大学生

なお、中にはソープランドで働くことによって良い人生を手にした人もいます。

女性が風俗の仕事を始める理由は人によってさまざまですが、理由として多いのが「経済的な理由」です。その中でも。「女子大生が学費のために風俗の仕事を始める例」が増えています。

そこで、日本の中でも数多くのソープランドが建ち並ぶソープ街として有名な「吉原」で働き、大手企業に就職した女子大生の例を紹介します。ここでは仮にYさんとします。

普通のアルバイトでは生活できない

Yさんは高校時代、普通に勉強を頑張る女子高生でした。勉強の末、第一志望だった東京の慶應義塾大学に入学しました。ご存知の方も多いと思いますが、慶應義塾大学は名門の私立大学です。入学する方は幅広く、経済的に裕福な家庭の方が多くいるほか、一般的な中流家庭の方もいました。

学費は入学金として20万円、さらに毎年の学費として130万円ほどが必要でした。130万円は半年ごとに半分ずつ支払いが必要となっており、65万円を半年に一度支払わなければいけません。

Yさんの親世帯の収入は中流家庭より少し上くらいの水準で、年収600万円ほどでした。Yさんの大学の入学金はご両親が出してくれましたが、その後の学費を支払うのは難しい状況でした。

どうしても入学したかったYさんは奨学金で学費を賄い、大学入学後にアルバイトをして生活費と今後の学費を稼ごうと考えました。

しかし、Yさんの生活費は学費分を除いても、ひと月に14万円ほどが必要でした。家賃6万円・交通費2万円・食費3万円・携帯代1万円・交際費や服代2万円という内訳です。ご両親からの仕送り5万円と、飲食店や家庭教師のアルバイトをしても、これらをまかなうのに精一杯で、学費を稼ぐことができない状況でした。

学費を捻出するためにソープランドへ

そこでYさんが検討するようになったのが「高級ソープランド」の仕事です。Yさんは自分の体を売りにするのに抵抗がなかったわけではありませんでしたが、「将来のため」と考えてこの仕事をしようと決意しました。Yさんが選んだのは東京の中でも高級ソープランドが多くあることで有名な「吉原」です。

Yさんは慶應義塾大学の現役女子大生で、さらにGカップという胸が大きなアピールポイントでした。知的でスタイル抜群、さらに年齢からのフレッシュさもありました。ソープランドの面接は通過し、Yさんは仕事をするようになりました。

Yさんは仕事を真剣に行いました。「お客様がリピートしてくれるようになれば、自分の収入はさらに上がる」と考えていたためです。Yさんには「学費を稼ぎ、さらにその先の就職活動の費用も稼ぐ」というはっきりとした目的がありました。

Yさんが勤めたソープランドの料金は120分のコースで6万5千円でした。プレイに使用するアイテムや消耗品などの費用を差し引いて、Yさんには1回あたり3万円の収入が手元に残ります。Yさんはコンスタントに1日2人のサービスをひと月に15日こなし、月に90万円を稼ぎ出しました。そして、1年半ほど仕事をした時点で1620万円を稼ぎ、学費を払っても500万円以上の貯金を残すことができました。

目標金額を稼ぎ、就職活動にも成功

Yさんがソープランドの仕事を辞めたのは、「就職活動に専念するため」です。貯金した費用を活用してYさんは積極的に活動を行い、見事志望していた大手企業から内定をもらうことができました。

Yさんは、「周りの友達の女の子も、将来を真剣に考えている子ほど風俗を選ぶ」と話していました。

このように風俗嬢の中には、風俗店での仕事によって人生を好転させるにきっかけにする方もいるのです。もちろんYさんの目的意識やソープランドの仕事を真剣に取り組む姿勢は、誰もが真似できるものではないかもしれません。しかし、将来に不安を持っている女子大生にとっては、とても参考になる例のひとつといえます。

風俗嬢は男性にとって性欲を満たしてくれる希望の星のような存在ですが、Yさんは同年代の女性にとっても希望の星なのです。吉原のソープランドには美女が多いですが、そこで働く女性はYさんのように目標を持っている方が多くいます。

 ソープ嬢のホストクラブ通いについて

ただ、ソープ嬢の中には人生を好転させるどころか、ホストクラブ通いにはまってしまう人もいます。

ソープランドは一般的な風俗店よりも料金が高いことが多いです。そして、その分ソープ嬢(の収入も高くなります。月に100万円、もしくはそれ以上の収入を得ているソープ嬢は比較的多くいます。そして、高収入なソープ嬢が夢中になりやすいのがホストクラブなのです。

ホストクラブでは、格好良く会話の上手な「ホスト」と呼ばれる男性が、女性に対して接客のサービスを行ってくれます。至れり尽くせりのサービスで、女性はお姫様のような気分に浸ることができます。一般の女性がホストクラブに夢中になることは少ないですが、ソープ嬢は比較的多いです。

自尊心を満たすためにホストクラブに通う

ソープ嬢は普段は男性にサービスをする側で、さまざまな男性客を相手にしています。こうした日常とホストクラブはいわば逆の世界で、お金さえ払えば理想の男性にサービスをしてもらうことができます。

日々男性客が女性に高いお金を払う姿を見ているため、その逆で「男性にお金を払ってサービスを受けよう」と考えるソープ嬢は多いです。

ホストクラブのノルマは非常に厳しく、風俗店の中でもノルマが厳しいキャバクラ以上となっています。そのため、「ホストが女性と恋愛関係になり、言うことを聞いてもらえるようになったところでホストクラブにお金を使うことを勧める」という色恋営業が積極的に行われています。

ホストは自分の成績を伸ばすために、「ホストクラブでお金をたくさん使ってくれる女性を見つけたい」と考えています。

その点でソープ嬢はまさにうってつけの存在です。仕事でストレスを抱えているため虜にしやすく、お金を持っているので、夢中にさせればどんどんお金を払ってくれる存在なのです。

恋愛関係になっても、純粋なものではないことが多い

ホストは「女性の心をつかむプロ」です。日々、男性客と接するソープ嬢の中には、寂しさを感じている方もいます。寂しさから心に空いたすき間を埋めるように、ホストは女性の自尊心を満たします。満たされた気持ちになったソープ嬢の中には、ホストを好きになる方も多いです。

お姫様のように自分を持ち上げてくれるホストに対しては、月に100万円単位でお金をつぎ込む女性もいます。このような大金が恋愛関係に絡んでしまうと、純粋に恋愛感情だけの関係は維持しにくくなります。女性は「本当に好き」という気持ちを持っていたとしても、ホストは利害関係で考えてしまうのです。

ホストは自分に恋愛感情を持ってくれるソープ嬢に対して、本気の恋愛をすることは少ないです。むしろ金払いの良いパトロン(経済的に援助してくれる人)のように考えていることが多いです。

分かっていてもホストクラブ通いにハマる女性は多い

ホストクラブや特定のホストが好きになったソープ嬢は、日々男性客を相手にして得たお金を、そのままホストクラブに捧げてしまうようになります。大金を稼いでもそのままホストクラブで散財してしまい、何も残っていない女性もいます。そして、お金がなくなっても「ホストクラブに行きたい」と考えるようになり、身も心もぼろぼろになってしまう方がいます。

ホストはもともと本気の恋愛感情を持っていないため、お金がないソープ嬢はすぐに見限ってしまいます。

こうしたホストに夢中になる女性の話は、テレビやマンガ・書籍などでご存知の方もいるかもしれません。ソープ嬢もこうした話を知っている方は多いですが、それでもホストに入れ込む女性は後を絶ちません。また、ソープ嬢がホストクラブに行くようになるきっかけは、同僚のソープ嬢から誘われたというケースが多いです。

ソープランドでは、店から「ホストに入れ込まないように」と注意があったり、同僚のソープ嬢同士でホストに気を付けるように連絡を取り合ったりするなど、ホスト対策を実施しているところもあります。

ソープ嬢は魅力的な女性が多いですが、そうした可愛い女性や美人な女性がホストクラブに夢中になり、破滅のような状態になってしまうのはとても寂しいものです。華やかな雰囲気を持つソープ嬢の裏側には、このような危険な側面もあるのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。