風俗店で働く女性の労働環境


fad

風俗嬢の仕事は「男性と性的プレイを行う」もので、女性は非常に抵抗感を持つ方が多いです。しかし、実際に仕事をしている風俗嬢は激務のなか仕事をしている人は少なく、比較的落ち着いた環境で仕事をしています。

ここでは、普段店を利用していると気が付かないことが多い「風俗嬢の労働環境」について紹介します。

風俗店は女性に「長く仕事をしてほしい」と考えている

風俗店が日々気を配っているのが「在籍している女性の数」です。多くの女性が在籍していると、それだけ多くの男性客が店に興味を持ち、来店してくれるようになります。風俗店に在籍する女性は、人によっては短期間で仕事を辞めてしまう場合があります。そのため、風俗店は長く仕事をしてくれる女性を歓迎します。

そして、できるだけ長く働いてもらえるように女性のためにさまざまな環境を整えています。指名の予約が入っていないときは待合室で自由に過ごしてもらい、男性スタッフに要望を伝えると、希望した物品を購入してきてもらうことなども可能です。また、勤務時間も女性の希望を受け入れてもらいやすく、急な休みを許してもらえることが多いです。

法律的には、風俗店はグレーなサービスを提供する存在です。ただ、労働環境は一般企業と比べて働きやすいものとなっており、ホワイトな職場といえます。特に日本の一般企業は競争の激化により、仕事内容が苛酷な職場が増えています。

それに比べれば、「男性と肌を合わせてプレイをする」という抵抗感さえ乗り越えれば、女性にとって風俗の仕事は検討する余地がある仕事となっています。

インターネットを通じて風俗店の労働環境が可視化

年功序列を中心とした日本型雇用といわれる体制が崩壊したのは1990年ころです。同時期に普及し始めたのがパソコンとインターネットです。2000年に入るとインターネットはさらに普及し、風俗の仕事内容が徐々に明らかにされるようになりました。

それまでは、風俗がどのような仕事か分からないことから、マイナスイメージを持つ人が多かったといえます。ところが、インターネットの普及によって「意外とそうではない世界だった」ということに気付く女性が増えました。

さらにこの動きを加速させる原動力となったのがソーシャルメディアの普及です。ブログやSNSなどで、「風俗嬢が楽しそうに生活しながら高収入を上げる様子」を確認できるようになりました。

風俗嬢の中には、華やかでお洒落なファッションに身を包み、高級店で食事をし、プライベートを満喫している方がいます。インターネットを通してこうした生活に興味を持った女性が、急速に風俗の仕事を始めるようになりました。

そして、働きだした女性もインターネットを通じて自分の生活についての情報を発信し、さらに興味を持つ女性が増えるサイクルができ上がりました。

なお風俗店は、プレイについては講習を行い、質の良いサービスが提供できるように女性を指導します。しかしそれ以外は、インターネットの利用を含めて女性に対して介入せず、風俗嬢は自由に過ごすことができます。

女性が誇大広告にだまされるケースがある

働きやすさから仕事を始める女性がいる一方で、誇大広告にだまされて風俗嬢の仕事を始める女性もいます。求人広告には「日給3万5千円」「脱がない・舐めない・触らせない」「お祝い金あり」などの魅力的なフレーズが並んでおり、興味を持って応募する女性がいます。

しかし、実際の収入は広告ほどの収入にはならず、半分ほどであることが多いです。さらに、プレイ内容も広告では実際よりもソフトに書かれていることが多く、女性が詳しい話を聞いたときに、初めて性的プレイがあることを知る場合がほとんどです。お祝い金に関しても勤務日数やノルマで条件が設けられていることが多く、実際には入店する女性の多くがお祝い金をもらう条件をクリアできません。

誇大広告が蔓延しているのは、面接をする男性スタッフは「会って話をすれば何とかなる」と考えているためです。風俗店の男性スタッフは「女性を扱うプロ」です。最初は「広告の条件と違う」と思われても、会って話を進めることで女性を納得させる自信があるのです。

誇大広告から仕事を始めた女性は、風俗嬢になったものの合わずに辞めていく人がたくさんいます。しかし一部はそのまま残り、風俗の仕事をするようになります。

風俗嬢の雇用形態と納税・年金・健康保険

このように、風俗店の労働環境は女性にとって比較的働きやすいものである店は多いです。しかし、自分から応募する女性がいる一方で、誇大広告にだまされて仕事を始める女性もいるのです。

それでは、風俗嬢の雇用形態や納税はどのようになっているのでしょうか。

風俗店で働く風俗嬢は、店の従業員ではありません。風俗嬢の雇用形態は正社員ではなく、店に「登録」をして仕事をしている場合が多いです。この場合、風俗嬢は「個人事業主」として仕事をしています。風俗店が風俗嬢を雇用しないことには理由があります。

多くの風俗嬢は個人事業主

多くの風俗嬢は個人事業主として仕事をしています。風俗店には男性スタッフと風俗嬢が勤務していますが、男性スタッフは店の従業員です。これに対して風俗嬢は「店に登録し、スペースを借りて営業を行っている」という位置づけとなっています。

風俗店で提供しているサービスの中には、本番行為(セックス)などの法律違反となるものがある場合があります。「本番行為は風俗嬢が男性客と恋愛関係になり、本人の意思で行ったこと」として、法律を逃れているのです。

もし風俗嬢が店の従業員である場合、「店が本番行為をするよう指示」したことになり、店に責任が生じます。そのため、責任を負わないために店は風俗嬢を「登録」という形にしているのです。

風俗店にとって、お客様は「男性客」と「風俗嬢」の両方です。男性客は店にお金を支払ってくれる存在なので分かりやすいですが、風俗嬢がいないと店のサービスが成り立ちません。そのため、風俗店は良い環境で仕事ができるよう、風俗嬢に対してもできる限り働きやすい環境を整えています。

また、健全な運営をしている風俗店の場合は、風俗嬢を店の従業員として雇用している場合があります。この場合は以下で述べる確定申告などの必要はなく、一般企業の正社員と同じ雇用形態となります。

風俗嬢の確定申告

風俗嬢はこのように、従業員ではなく個人事業主として仕事をする方が多いです。個人事業主と従業員で大きく異なるのが、「確定申告の必要性」です。従業員の場合、確定申告を自分でする必要はありません。しかし個人事業主の場合は自己申告制となっており、風俗嬢は自分で確定申告と納税をする義務があるのです。

しかし、確定申告をしている風俗嬢の割合は少ない傾向にあります。確定申告の仕組みは風俗嬢をしている女性にとって複雑に感じることが多く、自分で申告する必要があることを知らない女性は多いです。

ただ、多くの風俗店では女性の給料から源泉徴収として10%差し引いた金額を支払っています。そのため、所得税を支払っている女性は多いです。

風俗嬢の年金と健康保険の支払い

所得税のほかに風俗嬢が支払うべきものとして、「年金」と「健康保険」があります。年金や健康保険には種類がありますが、風俗嬢は「国民年金」と「国民健康保険」に加入することになります。

この2つは両方とも支払う必要がありますが、国民健康保険は支払いをしている女性がほとんどです。国民年金は将来的に年金が受け取れるかが不透明なため、支払いをしていない女性が多い傾向にあります。

ただ、女性によっては国民健康保険料も支払いをしていない方がいます。こうした女性は支払えるお金がないわけではなく、事情により支払えない状況になっています。

風俗嬢の中には結婚したものの、旦那からDVを受けて逃げ出した方がいます。こうした方は住民票を引越し先に移してしまうと夫に居場所が知られてしまう可能性があり、再度DVを受けることを恐れてそのままにする方がいるのです。この場合、引越し先での国民健康保険の更新手続きができず、病院に行った場合の費用が高額になってしまいます。

そのため、病気になってしまっても病院に行くことができず、そのまま自宅で市販薬を飲んで休養を取る方がいます。

風俗嬢として働ける年齢的な限界

このように、風俗嬢は個人事業主として仕事をしており、一般的な従業員とは納税や年金・健康保険の支払い方が異なっています。普段お客様としてプレイを楽しんでいるとこうしたことは分かりにくいです。知っておくと風俗業界の裏側を感じることができるはずです。

ただ、風俗嬢として仕事ができる年齢的な限界が存在します。

風俗店に通う男性客の多くは、20代の若い女性を好む傾向にあります。熟女を売りにした風俗店もありますが、やはり風俗業界の主役は20代の女性です。こうしたことから、「風俗嬢は長く続けられない仕事」と考える女性は多いです。

高齢の風俗嬢はいるが、多くはない

高齢になっても風俗嬢として仕事をしている方は実際にいます。60歳を超える方や、80歳を超える女性でも風俗嬢として仕事をしている人がいます。また、海外ではなんと90歳を超える方が風俗業界で仕事をしているケースもあります。

こうした例を見ると、風俗嬢の仕事は20代だけではなく、その後も長く続けられる仕事と考えることができます。ただ、上記のようなケースは実際のところあまり多いものではありません。つまり、「可能性としてはあるものの、あまり現実的ではない」のです。

たとえ女性自身が「まだ働ける」と考えていても、需要は女性の年齢が上がるにつれて減っていきます。高齢の女性に対する男性客の需要は大きく下がります。そのため、「供給過多の状況」になりやすいのです。

一般的には、女性の年齢が50歳を超えると男性の需要は極端に下がってきます。一般的に「熟女」というと、30代後半~50代の女性を指すのが一般的です。これ以上になると熟女ではなく、「老女」となります。

風俗業界で仕事をする女性は、まずは20代後半から30代に入った時点で、需要が下がり始めるタイミングが訪れます。さらに次のタイミングが50代です。ここは多くの方の限界と考えられます。

見た目と体力の限界の見極めが必要

風俗嬢として仕事をするのに必要な要素として、「見た目」と「体力」が挙げられます。年齢が高くなってきても、見た目が年齢よりも若く見えれば、まだ風俗嬢として仕事ができる可能性があります。つまり、女性が50代でも40代に見えれば、また60代でも50代のように見えれば、仕事ができる可能性はあります。若さを保つためには日々の美容ケアがとても大切です。

また、見た目の限界だけでなく、体力の限界についても考える必要があります。風俗嬢の仕事は心身ともに負担がかかるものです。そのため、見た目の上ではまだ仕事ができる可能性があるとしても、体力が持たないことがあるのです。

女性によっては肉体的なプレイをする必要があるファッションヘルスやピンクサロン・ソープランドなどは年齢的に難しいと考えて、キャバクラに移行する方もいます。キャバクラは会話で男性客を楽しませることが主なサービスとなるため、高齢になっても勤めやすいのです。

高齢になっても仕事をしていくと決断した女性は、熟女キャバクラのほかにも、いわゆるデブ・ブス・ババアという「地雷嬢」の方を集めた地雷嬢専門店で仕事を始める方もいます。

風俗嬢はこのように見た目と体力、両方の面から自分自身の限界を見極める必要があります。そして、働く店も年齢に応じて変えることを検討する必要があります。

今後のキャリアを考えておくことが大切

風俗業界は競争が激しくなっています。こうした状況から、若い女性でも生活することができないような収入にまで落ち込んでしまう方がいます。高齢になると、さらに厳しい状況になる可能性が高いです。そのため風俗嬢は、自発的に今後のキャリアについて考えることがとても大切です。

高齢になっても風俗嬢として仕事をするのは、「一応可能だが、とても難しい道」といえます。

風俗嬢の中には若い頃から「風俗嬢として何歳まで仕事をするのか」、「その後の仕事はどうするのか」などのことについて考えている方がいます。世間的にマイナスの印象を持たれやすい風俗嬢の仕事をしていたとしても、前もって今後について考えておくことで、一般企業での仕事に復帰することができるのです。

このように、風俗嬢は高齢になっても仕事は一応可能であるものの、やはり多くの場合「30代までが一般的な限界」と考えられます。年齢を重ねてから仕事や生活について困ることがないよう、女性も将来を見据えて風俗の仕事をすることが大切なのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。