日本の風俗店と警察とのつながり


osake

いかに風俗という商売が一般的になろうとも、社会的にグレーな産業であることには変わりません。風俗のやっていることは、違法行為である売春と同じです。風俗は「客と嬢とが自由に恋愛しているだけ」という言い訳をすることで成り立っているにすぎません。

この言い訳をわかりやすく示す例は、パチンコ店での三店方式です。日本では、賭け事も売春と同じく法律で禁止されているものです。ただし、「パチンコ店での商品を、たまたま隣接していた古物商が一定の金額で引き取ってくれた」という理論で、賭博ではないとういう解釈がなされます。

すでにおわかりの通り、こうした言い訳は、実態をとらえていません。それは誰もがわかっていることで、ましてや警察がその事実を全く知らないわけがありません。

つまり、警察はある程度このような産業とつながりを持っているのです。法を原理的に働かせれば、これらの産業は存在するはずがないのです。

ここでは風俗と警察とが、どのような関係を持っているのかを見ていきたいと思います。

風俗店の摘発

風俗店といえば、警察の摘発が定期的に行われるものです。これは、摘発対象の風俗店がきちんと法や法令に従って営業をしていなかった場合、その是正(ぜせい:正すこと)を目的に行われます。

摘発の際、警察は長い時間をかけて摘発対象の店をリサーチします。その長さは、実に2か月間ほどとも伝えられています。

ただ、こうした綿密な摘発準備を行う警察ですが、2か月でたったの数店舗しか摘発をしないのは、非効率に感じられないでしょうか。確かに、これは合理的とはいえません。

摘発をする意味

警察がどうしてこれほどまで非効率な手段を用いるかというとは、摘発をする意味を考えてみるとわかります。

警察が摘発をする最も大きな意義とは、ノルマの達成です。各警察が受け持つ所轄には、それぞれ摘発件数のノルマがあり、それをこなしていかなければなりません。そこで、目をつけられるのが風俗店です。風俗店は、暴力団とのつながりもあるため、摘発の大義名分となりやすいのです。

つまり、多くの警察が風俗店を摘発する理由は、摘発を正当化する言い訳が容易だからです。

風俗店は担当刑事に接待をする

ここで警察から、風俗店へ目線を変えてみると、風俗店にとって警察がいかに恐ろしい存在かがわかります。

もちろん、風俗店は警察の摘発から逃れたいに決まっています。そこで、店側は所轄の刑事たちを自店へと招待し、接待を行います。こうして親睦を深めておけば、警察も摘発の対象にしにくくなるのです。

いかにも安直な話ですが、実際に警察はひいきの店を見つけると、摘発対象にしません。むしろ、他の悪徳風俗店をリサーチする拠点として、その店を利用するようになります。

こうして、警察に気に入られた風俗店は、その界隈でのヒエラルキーの頂点に君臨します。そして、そのヒエラルキー(上下関係)の末端に行くにしたがって、警察の摘発を受けやすくなってしまうという構図ができ上がります。

また、刑事たちの接待だけではなく、所轄の署長が変わった際にも、その地域の風俗店たちで上納金を供出します。この金額を合計すると、1億円ほどになるともいわれており、署内の上層幹部たちで山分けされることが予想されます。

風俗店によって、日本の警察はこれほど多くの恩恵を受けています。ここだけを見れば、権力と、それに従うしかない弱者との一方通行の構図です。ただし、風俗はそれだけでなく、暴力団とも関係しているため、これ以上に複雑な社会を構成しています。

風俗は確かにグレーな産業です。ただ、そうはいっても社会の一産業として成り立っているのも事実です。このような存在の裏には、一般庶民の常識とは異なった、とても複雑な駆け引きが隠されているのです。

風俗店へのガサ入れはどのように行われるのか

ただ、いくら担当刑事へ接待をしていたとしても、風俗店は常に警察から摘発されるリスクがつきまといます。警察が摘発のために風俗店に調査に入ることを「ガサ入れ」といいます。

風俗店は業界のルールを守って適切に営業していたとしても、警察当局の判断しだいで、何らかの理由をつけて摘発される可能性があるのです。それでは、どのように警察が風俗店にガサ入れに入るのでしょうか。

摘発は多くの場合、「営業時間内」に行われる

ガサ入れは多くの場合、風俗店の営業時間外ではなく「風俗店が営業している時間」に行われます。警察が営業時間外にガサ入れをしても、「店が男性客にどのようなサービスを提供しているか」を確認することができません。そのため、警察は基本的に店が営業している時間に不意をつくようにガサ入れをするのです。

そのため、場合によっては自分が店でプレイしているときに警察のガサ入れがある可能性があります。デリヘルなどの無店舗型の風俗店の場合は、ガサ入れがあったとしても警察は事務所に入るため、男性客がガサ入れを見かけることはありません。

デリヘルで利用されるホテルなどに警察のガサ入れがあった例は今のところありません。遭遇する可能性があるのは、ピンクサロンやソープランドなどの「店舗型の風俗店」です。

警察がガサ入れのために店内に入ると、まずは「動くな!」と言い放ち、風俗嬢と男性客を写真撮影します。プレイの現場を写真に収め、「証拠」とするためです。

このときに警察の言うことを聞かず、プレイを続行しようとしたり、風俗嬢が男性客から離れたりすることはできません。もし警察の言うことを聞かなければ、「公務執行妨害」という罪として逮捕されてしまう可能性があります。警察のガサ入れに遭遇した際には、警察の指示に従う必要があります。

来店している男性客が連行されるケースもある

また、「ガサ入れがあっても逮捕の可能性があるのは店のスタッフで、お客は関係ない」と考える方がいるかもしれません。しかし、来店している男性客が連行されるケースもあります。

摘発の際には、店長・店の従業員・風俗嬢などの店のスタッフは全員が逮捕、もしくは任意同行となります。そして、店の容疑が違法営業の場合、男性客も連行される可能性があるのです。任意同行で済むことは多いですが、逮捕になる可能性もあります。

男性客が逮捕されるケースはあまり多くはありませんが、日本有数の歓楽街である「歌舞伎町」では事例があります。店が摘発されると同時に、来店していた男性客も逮捕となりました。逮捕された男性客は当日中に釈放となりましたが、精神的にダメージを受けた方は多いはずです。

また、営業が禁止されている場所にある店があり、違法の店と知らずに男性客が来店しているケースもあります。こうした店は摘発にあう可能性があります。

そのため、基本的には風俗ポータルサイトに掲載されている店を利用することをお勧めします。風俗ポータルサイトはサイトの信頼が損なわれるのを避けるため、法律を守っている店しか掲載しません。

ガサ入れの対象になりやすい風俗店

風俗店の中にはガサ入れの対象になりやすい店とそうでない店があります。特にガサ入れの対象になりやすい店として、「ストリップ劇場」があります。女性が裸になってステージに上がり、観客の前でダンスをします。男性客はダンスを眺めながら楽しむことができます。

ストリップ劇場では「オープンショー」という、女性器を観客に見せつけるパフォーマンスが行われています。さらに、「まな板ショー」という観客をステージに迎えての本番行為(セックス)も行われています。

公共の場で性行為をすることは「公然わいせつ」として法律で禁止されており、ガサ入れの対象になることが多いです。

さらにショーの模様を撮影していた男性も、店の従業員と合わせて逮捕されたケースがあります。「公然わいせつの共謀容疑」が理由です。このように、ストリップ劇場に行くときには注意が必要です。

また、法律を守っている店がガサ入れ・摘発の対象になることもあります。警察は「法律に違反しているから」ということを理由に摘発することが多いですが、「周りの風俗店への牽制目的」で、法律を守っているにも関わらず店を摘発することがあるのです。この場合は、来店している男性客が任意同行や逮捕になる可能性は低いです。

このように、風俗店は楽しい店である一方、警察から摘発のリスクがあるのです。特に風俗遊びに慣れていない方は、風俗ポータルサイトや情報誌に掲載されている店以外で遊ぶときは十分気をつけることをお勧めします。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。