25歳スレンダーなキャバ嬢をセフレにした経緯

josei93

セフレを作るというと、普通に生活していては不可能のように思えます。ナンパ師など、特別なスキルをもっていないとできないのではと考えがちです。ただ、私のような30代男性でイケメンでなく、単なるサラリーマンであっても出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用すればセフレへと発展させることが可能です。

私がセフレを作ったときの経緯はそれぞれ異なりますが、「出会い系を活用した」「真面目な出会いを考えている人を狙った」という共通点があります。どちらかというと、セフレを作ろうと考えて出会ったというよりも、デートをする中でたまたまセフレになったという言い方が正しいです。

その中でも、今回はハッピーメールという出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用して、25歳スレンダーなキャバ嬢をセフレにした経緯について解説していきます。

25歳スレンダーなキャバ嬢と出会うまで

出会い系で女性と会うとき、「プロフィール検索をする」「男性が掲示板に書き込む」「掲示板に書き込みをしている女性を探す」というパターンが基本です。

このとき、真面目な出会いを求める女性が掲示板に書き込むことはあまりありません。そのため、真面目な出会いでは「プロフィール検索をする」または「男性が掲示板に書き込む」のどちらかを選択する必要があります。

今回であれば、休日の暇な時間を持て余したときにピュア掲示板に投稿して女性の反応を見ることにしました。掲示板投稿では、どの女性も反応してくれないことがあります。これについては、そのときの運やタイトル設定ミスなどさまざまな要因があります。ただ、別に反応がなくても大きなダメージを受けるわけではないため、そこまで気にする必要はありません。

ちなみに、真面目な出会いを探すときにアダルト掲示板を使ってはいけません。セフレというのは、お金のやり取りをせずにセックスする存在です。アダルト掲示板にいるのは、「割り切り」と呼ばれる金銭のやり取りをすることでセックスしようとする売春・援交女性がほとんどです。そのため、きちんと使い分けをする必要があります。

さて、そうして掲示板に昼に投稿した後、夕方までに2人の女性から反応がありました。当然、2人にメッセージを送るのですが、1人はメッセージが返ってきません。こうしたことはよくあるので、これについて気にする必要はないです。

ただ、もう1人の人からメールの返信が返ってきたため、すぐにメッセージのやり取りを開始しました。このときは好きなアーティストが同じであり、相手女性はお酒も好きなことがわかりました。最初は「プロフィールにある好きなアーティストが同じですね」「結構、お酒飲むんですか」などの会話をしました。

そして、今回は掲示板でのやり取りであり、「これから食事しましょう」という内容のタイトルに引っかかった人であるため、メールのやり取りをして3通目くらいに「じゃあこれから飲みでもどうですか?」と送りました。

そうすると、承諾のメッセージと共に向こうからLINE(携帯電話のメールアプリ)のIDを送られてきたため、LINE交換することになりました。

ハッピーメールの写真では、相手女性の顔は隠されていました。ただ、LINEにある画像では顔が載ってあり、かなりかわいかったので緊張しながら夜に出かけることになりました。

1回目の飲みデートでキスをするも、敗北者の気持ちで退散する

このときの待ち合わせ場所と時間は女性側が指定してきました。池袋で21:00からという、なぜか遅い時間に会うことになりました。

「いけふくろうの前」と指定されたため、あらかじめインターネットで「いけふくろう 場所」などと調べて行くことにしました。池袋駅東口に21:00ちょうどに到着すると、そこからLINE電話をすることになります。

電話をすると2メートル先にいた女性が携帯を取り出し、あきらかに口の動きと電話の声の波長が合っていたため、私から声をかけることにしました。LINEの写真にあったとおり、かなりキレイな人です。ギャルというわけではなく、わりと普通そうなスレンダー美人女性でした。

「はじめまして」のあいさつと共に、そのまま世間話をしながらその日に予約した焼き鳥系の居酒屋へ入れていくことになります。このときは2時間くらい飲み屋で話をしました。

どうやらキャバ嬢をしているらしく、いろんな経営者男性を相手にしているようです。「経営者の男性と夕食を共にして、そのまま店に連れていって指名してもらう」などの営業をかなり行っていると話してくれました。

ただ、キャバクラにくる男性はおじさまが多く、若い人がきたとしても高級キャバクラなので一回きりがほとんどらしいです。そのため、若い男性と会うときは出会い系を活用しているようです。

もちろん、出会い系の場合は営業目的で使用しているわけではないため、純粋に食事を楽しむなど「普通の女性として接してね」とキャバ嬢に言われました。

josei24

また、目の前のキャバ嬢は双子らしく、妹と2人で暮らしていると話してくれました。ただ、妹はやんちゃで金髪であり、ホストに入り浸っているようです。

そうして時間が過ぎた後、「まだ飲みますか」と提案して2軒目に行くことになりました。このときは適当に歩き、目に留まったバーに入ることになります。ただ、そのバーにはピアノを演奏する人がいるなど、わりと高級なバーで入ってビックリしてしまいました。

そうして1時間くらいすると、当然ながら終電を逃すことになります。「この後どうしようか」という会話になった際、ホテルという選択はあったのですが、スレンダーキャバ嬢の趣味が音楽だったことから、そのままカラオケに行くことになりました。

ただ、カラオケで分かったこととしては、そのキャバ嬢は非常に歌が下手だということです。音程はまったく合っていません。今風でかわいいのに、唯一その点だけが残念でした。このとき隠し撮りした写真は以下になります。

josei25

そうしていると、キャバ嬢は「眠い」と言い始めます。このときは私のひざの上で寝はじめ、横たわります。私は男性であるため、目の前に女性がお酒を飲んで横たわり、ひざの上で寝ているとなると「何かいたずらをしないといけない」と考えるのは普通です。そこで、軽いキスからはじまり、覆いかぶさるようにして何度もキスをすることにしました。

ただ、「休憩するためにホテルに行こうか」と聞いたところ、「嫌だ!」と断られました。そこで引き下がらずに「やっぱり行こうよ」と提案したのですが、それでもかたくなに拒否をするため、そのままカラオケルームで過ごすことになりました。

朝5時になり、電車が動き始めるのでカラオケを出てそのまま別れて帰宅することになります。途中でラブホテルへ行くのを断られ、私の気持ちは沈んだままです。「拒否されたし、この子と会うことはもうないのだろうな」と考えながら、敗北者の気持ちを味わいながら暗い気持ちで自宅へ戻ることにしました。

ただ、意外と嫌そうではなかったらしく、メールが来て「昨日はありがとう。また行こうよ」という内容のメッセージが届きました。その瞬間、私の気持ちは一気に上がります。「そうか、そこまで嫌われていたわけではなかったのか」と心を持ち直したわけです。

line12

そこですぐに次回デートの約束を取り付け、今度は恵比寿で飲みに行くことになりました。

2回目のデートでキャバ嬢とエッチし、そのままセフレへ

「ホテルお断り事件」から一週間後、再び25歳のスレンダーキャバ嬢と再開することになります。このときは21:00という再び遅い時間に再会し、恵比寿のイタリアンに入りました。飲み放題メニューを頼み、お互いに飲む気まんまんです。

そうしてビールやワインを飲み、次の店としてダーツバーへ入りました。このとき、なぜかダーツでゲームをすることになり、負けたらテキーラを飲むというかなり凶悪な内容でした。ただ、やるからには頑張るしかありません。

ただ、情けないことに私がダーツでかなり負けてしまい、テキーラをかなり飲むことになってしまいました。しかも、テキーラを飲むたびにフラフラになって目の焦点がずれ、ゲームに負けるという悪循環に陥ります。

ただ、キャバ嬢も私に合わせてかなり飲んでくれたため、女性側もそれなりに酔っていました。そのときはまだ23:30くらいであり、終電がありました。ただ、どう考えてもそれ以上飲めないほど泥酔状態だったので、店のカウンターで休んで座ることにしました。すると、周囲に店員がいるにも関わらず、女性の方からキスしてきました。

「今日はいけるかもしれない」と心の中で思い、そのまま支払いをして店の外に出た後、今度はこちらからキスをしました。そこで「ホテルにでも行こうか」と言い、キャバ嬢も「そうだね」とうなずいたため、そのまま恵比寿にあるラブホテルへと向かいました。

ラブホテルに入ったあと、泥酔状態で部屋に入ることになります。ただ、かなり私の気分が悪くなっており、吐き気を催してきたため、「ちょっと待ってもらってもいい」という言葉を残し、カバンや携帯電話を放り出してトイレに駆け込むことになります。

このとき、女性に「トイレで吐いている音を聞かせてはいけない」と本能的に考え、部屋のトイレではなく、ラブホテルロビーまでフラフラしながら走って駆け下り、胃の中にたまっている異物を吐き出しました。

悪酔いしていても、胃に溜まったアルコールを吐き出してしまえばかなり頭がスッキリします。また、気分の悪さも一気に解消され、口をゆすいだりペットボトルのお茶を買って飲んだりして、できるだけ「吐いていた」という証拠隠滅を図り、軽く歯磨きまでした後に何食わぬ顔でラブホテルの部屋に戻りました。

キャバ嬢はソフェでグデッとなっていましたが、軽く肩を叩いた後に隣に座りキスをします。そこからは、すぐにエッチすることになりました。酔ってはいましたが、胃のアルコールを外に出したからか、こっちはかなり元気を取り戻しています。

そうした中で相手の服を脱がし、全身へのキス責めをしていきます。あくまでも女性とエッチをするときは優しく接しなければいけません。たとえキャバ嬢であっても、女性は乱暴に扱う男性をかなり嫌います。そのため、基本はソフトタッチで時間をかけながら少しずつ気分を高めていきます。

エッチが進んでいくとお互い全裸になります。このとき、「ゴム(コンドーム)はきちんと付けてね」と言われたので、きちんとその言葉に従ってコンドームを装着した後にセックスすることになりました。

二人とも泥酔状態ですが、スレンダーキャバ嬢はセックスしながらもキスをせがみ、身体を密着させてきます。告白しているわけではないものの、ある意味恋人以上の濃厚なセックスを楽しみました。

セックスが終わった後、大量のお酒を飲んでいるためかキャバ嬢は「眠くなっちゃった」と言い始めます。私も次の日は友達の結婚式があったため、セックスを1回した後はおとなしく寝ることにしました。

josei92

josei93

次の日の朝遅く、睡眠不足の中で私は友達の結婚式に間に合うギリギリの時間に起きることになりました。ただ、このままバイバイするのは問題だと考えてキャバ嬢に声を掛けますが、その子は「眠いからやめて」と寝起き声で言うため、申し訳ないですがホテルにその子を置いてラブホテル代だけ先に払って出ることにしました。

さすがに女性を置いて行ったのは問題だったかなと思い、「もうあの子とは会えないかな」という不安がよぎりましたが、意外とそうでもなく次回は10日後に会うなど定期的にスレンダーキャバ嬢と会うことができました。

そのたびに大量のお酒を飲んでラブホテルへ行き、セックスをするというセフレのような感じになりました。ただ、年末が近づくと忘年会シーズンが始まり、キャバ嬢はかなり忙しくなります。そのため、メールの頻度が少なくなります。

また、キャバ嬢という性質上、朝までお酒を飲んで朝に帰ることは慣れているのでしょうが、私は普通のサラリーマンなのでオール(翌朝まで遊んで過ごすこと)は肉体的にも精神的にも非常にキツイです。ただ、その子と会うときは常に朝までオールが基本でした。

また、大量のお酒を飲むことから、毎回の飲み代(おごり代)はかなり高額になります。その子が働くキャバクラに行き、今回の女性を指名して飲むよりは安いのかもしれませんが、それでも毎回の費用はラブホテル代を含めて2~3万円ほどになります。サラリーマンである私にとっては厳しい出費であったため、年末になってメールの頻度が減ると共にその女性とのやり取りは少なくなっていきました。

もちろん、年が明けて連絡さえ取ればスレンダーキャバ嬢はセフレとして復活していたでしょうが、そのときは出会い系を活用して他の女性と連絡を取って会っていたため、別の女性と大人の関係になることに優先順位を置いたわけです。

このように、ハッピーメール(出会い系サイト)を活用することで、25歳のスレンダーキャバ嬢をセフレにすることができました。

冒頭で述べた通り、セフレになるかどうかはそのときの運や、出会う女性の考え方に大きく左右されます。そのため、狙ってセフレにするというよりも、たまたまそういう関係になったというケースがほとんどです。

こうしたことを理解したうえで、出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用してみてください。今回利用した出会い系はハッピーメールですが、日常生活をしているだけでは絶対に出会えない属性の人と会えるはずです。

今回活用した出会い系 → ハッピーメール


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


女性をお持ち帰りしてセフレにする方法
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。