セックスに必要不可欠な「コンドーム」は時代とともに進化した


kaishun

女性とのセックスを安心して楽しむために必要不可欠な存在が「コンドーム」です。コンドームはゴム素材でできており、男性器を覆うことができるようになっています。セックスの際に男性がコンドームを装着することで、女性が妊娠せずにすみます。

普段何気なく使っているコンドームは、実は長い歴史があります。日本におけるコンドームの歴史は江戸時代(1603~1868年)から始まりました。

ここでは、日本のコンドームの歴史について紹介します。

日本において、コンドームは江戸時代に登場した

日本で初めてのコンドームは、江戸時代に登場しました。当時のコンドームにあたるものは「茎袋(きょうたい)」と呼ばれていました。もともと茎袋はオランダから輸入されたもので、動物の皮でできていました。

「茎袋」という名称は、男性のペニスを「茎」と見なし、茎を入れる袋のような形であったことに由来しています。

江戸時代は輸入品の価格が非常に高い傾向にありました。そのため茎袋も「舶来品(はくらいひん:輸入された商品)」として、高価な商品でした。そのため一般庶民の男性は、茎袋を使いたくても使うことができませんでした。

ただ、茎袋は高価ではあったものの、付け心地は快適なものではありませんでした。

さらに江戸時代は、性に寛容な雰囲気がありました。そのため男性は女性とセックスをする際、いわゆる「生の状態(男性器にコンドームなどを一切つけない状態)」でプレイをするのが一般的でした。こうしたことから、茎袋はあまり普及しませんでした

明治時代になり、日本製のコンドームが誕生した

江戸時代が終わり明治時代(1868~1912年)に入ると、1909年(明治42年)に初の日本製コンドームである「ハート美人」が誕生しました。

発案者は薬局を経営していた小島久太郎(こじまきゅうたろう)という人でした。小島氏は風船にインスピレーションを得てコンドームのアイデアを考えました。そして風船屋に製造を依頼し、試行錯誤の末にハート美人の開発に成功したのです。

当時のハート美人の値段は「1ダース(12個入り)で1円」でした。ここから日本のコンドームの歴史が本格的に始まったのです。

ちなみに、ハート美人は現在、コンドーム販売企業として有名な「オカモト」が商標を取得しています。そして、現在も改良されて販売され続けている商品です。

戦争とともにコンドームが普及

明治時代が終わり大正時代(1912~1926年)や昭和時代(1926~1989年)になると、さまざまなコンドームが登場するようになりました。ハート美人に似た商品であった「敷島サック」や、日本軍兵士用のコンドームとして「突撃一番」や「鉄兜」などの商品が販売されました。

日本軍用のコンドームが製造されたのは、当時の日本では戦争がさかんに行われたためです。

戦時中は兵士のために「慰安婦(いあんふ)が待機するための施設」が各地に設置されました。慰安婦は「兵士の性欲を満たすために、セックスの相手をする女性」のことを指します。慰安婦はたくさんの男性とセックスをしていたため、戦時中は性病が蔓延するようになりました。

こうした状況から、性病を予防するためにコンドームが積極的に使われるようになりました。そして、兵士用のコンドームが製造されたのです。

「より薄く」を追求するために品質が向上

また、1933年(昭和8年)には、ポーランドで初の「ラテックス製コンドーム」が開発されました。ラテックス製コンドームは、継ぎ目のない「シームレスタイプのコンドーム」として注目されるようになりました。

当時のコンドームは継ぎ目があり、そこから破れてしまうことがありました。そのためシームレスタイプのラテックス製コンドームは非常に画期的だったのです。こうして日本でもラテックス製コンドームの開発が行われるようになりました。

また、このような動きの中、1979年(昭和54年)にエイズウィルスが発見されました。エイズは性感染症として現代でも重大な病気とされており、コンドームの重要性が再認識されるようになりました。

さらに、コンドームは日本の各企業で開発が進められ、基本的な避妊機能は十分なものとなりました。そのため「生での挿入に近い感触」を追求する開発が始まりました。

コンドームメーカーの積極的な開発によってコンドームはより薄く、表面がなめらかになりました。男性はこうしたコンドームを装着することで、セックスの際にコンドームなしの状態に近い感触を得ることができるようになりました。

また、新しく開発されたコンドームは、ゴム製品特有のにおいの除去やさらなる強度の向上など、より安心して使える品質となりました。

さらに、コンドームの品質が高まる中で登場したのが、1998年(平成10年)に相模ゴム工業が発売した「サガミオリジナル」というコンドームです。

サガミオリジナルは「ポリウレタン」という新素材を使用していました。これによってサガミオリジナルは、強度を保ちながらもさらなる薄さを実現したのです。

2000年代に入るとコンドーム販売メーカーの間で、「0.01ミリの差」にこだわる争いが始まりました

2000年代初頭には各社で厚み0.03ミリのコンドームが、2005年ごろには0.02ミリのコンドームが主流となりました。そして2010年代に入り、ついに厚み0.01ミリのコンドームが発売されるようになりました。

日本のコンドームメーカーは「薄さの限界」を追求して、コンドームの研究開発を進めています。そしてその企業努力は、世界でも「日本製コンドームの品質は非常に高い」として認められています。

このように日本のコンドームの歴史は江戸時代から始まりました。そして現在では、日本のコンドーム製造技術は世界に誇るものとなっています。コンドームメーカーは男女のセックスの快感と安全を追求して、現在も成長し続けているのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。