江戸時代の風俗街は大盛況だった


aya

江戸時代(1603~1867年)には風俗街が数多くありました。そして、そのどれもがたくさんの男性客でにぎわっていました。

江戸時代に最も人気のあった遊郭(ゆうかく:風俗街のこと)に「吉原」があります。吉原はかつて「遊女三千(ゆうじょさんぜん)」と呼ばれました。遊女は風俗嬢のことを指し、上記の言葉は「吉原には遊女が三千人いた」ということを表現しています。

吉原の遊女の数だけでも多いですが、江戸には吉原以外にも各地に風俗街がありました。また、吉原には多くの男性が通い、ガイドブックまで存在していました。ここでは、江戸時代の風俗について解説していきます。

江戸時代にあった風俗街の種類は大きく分けて4種類

江戸時代の風俗街の種類は大きく分けて4種類ありました。

ひとつ目は前述の「吉原」で、政府公認の遊郭として江戸時代に最も栄えていた風俗街です。

二つ目は「宿場(しゅくば)」と呼ばれる風俗街です。宿場も政府公認の風俗街で、品川・新宿・板橋・千住の4カ所の風俗街を指しました。

三つ目は「岡場所(おかばしょ)」という風俗街です。このような政府から認可されていない違法営業の風俗街も、江戸の各地にたくさんありました。

四つ目は「夜鷹(よたか)」です。夜鷹は街ではなく、「江戸にあった各地の路上に出没した風俗嬢(立ちんぼ)」のことを指します。夜になると現れるため、上記の名前で呼ばれるようになりました。

吉原や宿場の風俗街はもちろん繁盛していましたが、岡場所もにぎわっていました。

江戸時代の安永(あんえい:1772~1781年)のころには、江戸には岡場所が約50カ所ありました。その中でも特に栄えていたのが「入江町(いりえちょう)」という場所です。

入江町は「現在の墨田区緑4丁目」にあたる場所でした。入江町には41の路地があり、路地の至る所に女郎屋(じょろうや:風俗店のこと)がありました。そして、1,300人もの遊女がいました。

しかし岡場所は違法に営業されていたため、1787年に松平定信(まつだいらさだのぶ)によって行われた「寛政の改革(かんせいのかいかく)」という改革により、全て摘発されてしまいました。

どの風俗街も多くの男性客でにぎわった

寛政の改革によりなくなった岡場所でしたが、松平定信が辞任すると復活するようになりました。そして、改革前よりも繁盛しました。

寛政の改革後の岡場所は全部で約40カ所ありました。「深川(ふかがわ)」という地域には特に岡場所が多く設置されました。深川で評判だった岡場所は7カ所あり、「深川七場所(ふかがわななばしょ)」と呼ばれていました。

また、宿場は寛政の改革の前後で変わらず、安定して繁盛していました。品川・新宿・板橋・千住の4カ所の中で、特に人気があったのが「品川」です。品川は政府から「遊女を500人まで働かせて良い」という認可を得ていました。しかし実際に品川にいた遊女は、認可された人数を上回る1,300人ほどでした。

このように江戸は吉原と宿場を筆頭として、岡場所も人気でした

外国人は江戸の風俗のオープンさに驚いた

江戸時代の歴史に名を残した外国人として、ドイツ人医師の「シーボルト」という人物がいます。シーボルトは「江戸参府紀行(えどさんぷきこう)」という書物を残し、その中で宿場のひとつである品川について書いています。

品川には「東海道(とうかいどう)」という、道幅が約9メートルのメインストリートがありました。道の両脇には料理屋や商店などが並んでおり、その中に女郎屋がありました。

シーボルトは東海道で「昼間に遊女屋に入っていく男性」や「遊女と遊び終えて店から出てくる男性」を目にしました。

シーボルトはこの光景について江戸参府紀行で、「日本での遊女屋は料理屋などと同じように、生活に必要な店と考えられている。昼間に遊女屋から出てくるのは、いわばドイツでコーヒー店から出てくるのと同じである。恥ずかしいことではないのだ」と述べています。

シーボルトは日本の風俗を否定したわけではなく、その様子にただ驚いていました。

江戸のテーマパーク「吉原」へ行く人たちの交通手段

江戸時代の風俗街は大盛況でした。そしてその盛況ぶりは外国人も驚くものだったのです。その中でも、特に反映したのが江戸にある吉原です。それでは、江戸時代に吉原に通っていた男性の交通手段はどのようなものだったのでしょうか。

現代でも風俗店に向かうために、徒歩で向かうのか、電車やタクシーを利用するのかなど、人によって交通手段は異なります。江戸時代の男性も人によって吉原への向かい方が異なりました。

一般庶民は徒歩が多かった

江戸時代、吉原の評判は日本の各地に広まっていました。そのため地方から江戸に訪れた一般庶民の中には「吉原に行ってみたい」と考える人がたくさんいました。

こうした一般の人は、徒歩で向かうのが一般的でした。

吉原は江戸時代の1618年に現在の「日本橋人形町」周辺に設立されました。ただ、周辺地域への風紀上の影響から、1657年に現在の「東京都台東区の浅草寺裏」に移転しました。移転前を「元吉原」、移転後を「新吉原」と呼ぶことがあります。

新吉原に人々が向かうには「日本堤(にほんつづみ)」という道を通る必要がありました。日本堤は現代の浅草にもある聖天町(しょうてんちょう)という町と三ノ輪(みのわ)という町を結んだ道です。日本堤は「吉原に行くための道」として知られるようになりました。

日本堤は周辺を流れていた隅田川の氾濫(はんらん)を防ぐために作られ、当時は堤防の役割を果たしていました。現在でも日本堤は存在していますが、今は閑静な雰囲気が感じられる町並みとなっており、当時の面影は感じられません。

武士は馬で吉原に通っていた

吉原が移転して新吉原となった初期のころは、馬が移動手段として使われることがよくありました。当時、吉原に通う人の中には武士がたくさんいました。武士は日ごろから好んで馬に乗っていたため、吉原に訪れる際にも馬を利用していました。武士は白い馬に好んで乗っていました。

また、裕福な町人が馬を利用することもありました。徐々に馬で吉原を訪れる人が増えると、吉原ではたくさんの馬を見かけるようになりました。

こうした馬は吉原を訪れる人の邪魔になることがあったため、江戸幕府は吉原に馬で向かうことを禁止しました。しかしこの取り決めはあまり守られず、馬で吉原に通う人はたくさんいました。

ただ、時代が経つにつれてより便利な乗り物が増えたため、馬を使う人は少なくなりました。

裕福な人は駕籠(かご)という乗り物を使った

現代では移動にタクシーを使うことがあります。江戸時代のタクシーにあたるものが「駕籠(かご)」と呼ばれる乗り物です。

駕籠は「座席に人を乗せて、人力で運ぶ乗り物」です。長い棒に座席を吊るし、その前後を人がかついで移動します。利用するには費用が必要で、裕福な男性は駕籠を利用することがありました。

kago

駕籠には種類があり、「駕籠に乗る人が外側から見えなくなるタイプ」と、「周りの人から駕籠に乗っている人が見えるタイプ」がありました。

人によっては、外から見えないタイプの駕籠で吉原に向かいました。ただ、吉原の入り口である大門(おおもん)という門では必ず駕籠を降りて顔を見せる必要がありました。これは「罪人が吉原に入り、トラブルが起こることを避けるため」でした。

また、駕籠を利用した人の職業は、医者や商人、文人(ぶんじん:知識があり、詩や俳句などを詠む人)などでした。こうした職業の人は当時の富裕層で、お金をたくさん持っていました。そのため積極的に駕籠を利用していました。

船を使う人もたくさんいた

吉原への移動手段として駕籠のほかに、船を利用する人もいました。江戸時代は農業で田んぼに水を引くために、川や用水路が発達していました。そのため、川を渡ることができる船が移動手段として積極的に使われたのです。そして船は吉原に向かうためにも利用されました

船も駕籠と同じく種類があり、1~2人用の船である「猪牙舟(ちょきぶね)」、それ以上の人数であった場合は「屋根舟(やねぶね)」という船が利用されました。

猪牙舟は小型な船でしたが、その分スピードが出ました。「イノシシのように速い」ということに由来して、猪牙舟の名称がつけられました。

屋根船は雨や日よけのための屋根が付けられている、大きめの船でした。

現在では屋形船という宴会や食事を楽しめる船があります。屋根舟は猪牙舟よりは大きいものの、屋形船よりは小さなサイズの中型船でした。

船に乗るための船宿は、男性客の休憩のためにも使われた

上記の2種類の船は「船宿(ふなやど)」という店から乗ることができました。男性は各地の船宿から船に乗り、隅田川を通って吉原に向かいました。そして男性は、吉原の最寄りの場所であった「山谷堀(さんやぼり)」という場所で船を降りて吉原に向かいました。

山谷堀には、吉原を利用する男性客をターゲットとした船宿がたくさん営業されていました。

また、船宿は「吉原へ向かう人の休憩所」として利用されることもありました。船宿のスタッフは吉原の妓楼(ぎろう:現代でいう風俗店のこと)の空き状況を確認し、段取りを整えてくれました。これは「男性客が吉原に行った後に妓楼で待たされることがないようにするため」でした。

ただ、船宿のこうしたサービスには別途料金がかかり、男性客はその分だけ多くのお金がかかりました。

船宿をよく利用していた男性として「僧侶」がいます。

僧侶は「修行のさまたげになる」として、女性とのセックスを禁止されていました。しかしときには性欲を我慢できなくなることがあり、寺の同僚に秘密で吉原に行っていたのです。

当時の僧侶は坊主頭が一般的でした。医者も同じく坊主頭の人が多かったため、僧侶は医者に変装して吉原に行っていました。僧侶は吉原に向かうときには船宿で医者の服装に着替えて、帰りも船宿を利用してもとの僧侶の服装に着替えました。

江戸・吉原のガイドブック「吉原細見(よしわらのさいけん)」

江戸時代の人たちはさまざまな交通手段で吉原に通っており、江戸時代の吉原には妓楼と呼ばれる風俗店が多くありました。妓楼ごとに在籍している女性が異なり、男性客は妓楼にどのような遊女がいるのかを気にしました。

男性客の妓楼選びに役立ったのが「吉原細見(よしわらのさいけん)」という書物です。妓楼の名称や妓楼ごとに在籍している遊女の名前、さらには揚代(あげだい)と呼ばれる遊女との遊び代を記した本です。現代でいう「風俗遊びのガイドブック」のような存在として多くの男性に親しまれていました。

ここでは吉原細見について紹介します。

吉原細見の販売方法

吉原細見は吉原のさまざまな場所にある「版元(はんもと)」という発行所で出版されていました。その中でも代表的なのが蔦屋(つたや)という店です。

蔦屋は本屋として営業されていましたが出版も合わせて行っており、吉原細見以外にも当時有名だった写楽(しゃらく)や歌麿(うたまろ)という浮世絵師による浮世絵なども販売していました。

また、吉原細見は蔦屋などの本屋以外にも「細見売り(さいけんうり)」という男性からも購入することができました。細見売りは吉原のあちこちにおり、路上に立って声をあげながら吉原細見を販売していました。

吉原では遊女のことを女郎(じょろう)と呼ぶのが一般的でした。そして、揚代を払って遊女と遊ぶことを「女郎買い(じょろうがい)」といいます。吉原細見は女郎買いをしたい男性客が購入するだけでなく、吉原を見物するためにきた男性も記念に購入していくことが多くありました。

吉原細見は発行初期のころは一枚刷り(いちまいずり)という、一枚の紙に印刷されたものでした。

その後「横本形式(よこほんけいしき)」という、縦に対して横が長い書籍となりました。さらにその後の安永四年(1775年)に蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)氏によって「縦本形式(たてほんけいしき)」になり、その後は縦本形式が定着しました。現在の書店に並んでいるような、横に比べて縦が長い一般的な本が縦本形式です。

吉原細見による妓楼の格付け

吉原細見に掲載されていた妓楼は、大見世(おおみせ)・中見世(ちゅうみせ)・小見世(こみせ)という3つの店に格付けされていました。これらは現代の風俗店でいう高級店・一般店・格安店にあたりました。

大見世には昼三(ちゅうさん)という、吉原の遊女の中でも最上級の女性がいました。小見世には昼三はいませんでした。中見世は昼三の女性がいれば、それより下の階級の遊女もいるため、交り見世(まじりみせ)という呼び方をされることがありました。

saiken-1

吉原細見には大見世・中見世・小見世の名称と合わせて印が付けられており、読者はひと目でそれぞれの妓楼の規模が分かるようになっていました

遊女の階級も印で記載

吉原細見には遊女の名前が掲載されていましたが、遊女の名前と合わせて、女性の階級も印で分かるようになっていました。女性の名前の上に階級が、下に揚代が記載されていました。

saiken-2

山形」と呼ばれる、山のような印は上級遊女であることを示していました。山形が2つ連なると最上位の遊女である「昼三」を指します。また、山形の下に「星(●)」がつき、星の数が多いほど階級が上の遊女を指します。「山にひとつ星」、「山にふたつ星」というように呼ばれました。

山形が二つ連なった印に星がつかないものは、「座敷持ち(ざしきもち)」という上級遊女の中間の階級を指します。また、山形がひとつの場合は、上級遊女の中で最も階級が低い「部屋持ち(へやもち)」という女性です。上級遊女には昼三・座敷持ち・部屋持ちという3つの階級があります。

昼三は自分用と男性客の相手をするための部屋を持っており、両方とも豪華なつくりでした。座敷持ちは自分用と男性客の相手用の部屋を持っており、昼三よりは部屋のつくりが劣りました。部屋持ちは自分用の部屋を持っており、男性客の相手は妓楼内の共用の部屋を使っていました。

このように、男性客は吉原細見を見ることで妓楼ごとの特徴が分かり、自分の予算や目的に合った店で遊ぶことができました。吉原細見は、吉原を訪れる男性にとって「欠かせない存在」だったのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。