セックスで使われるローションとバイブレーターの歴史と現在


easy

セックスの際に広く使われているのがローションバイブレーターです。

ローションはとろみのある液体で、身体に塗ると、ぬるぬるとした感触を得ることができます。セックス中に男性器を女性器に挿入する際、摩擦で女性が痛みを感じることがあります。これを防ぐために男性器にローションを塗ることで、摩擦をなくすことができます。また、男女の身体にローションを塗って、その感触を楽しむプレイのためにも使われています。

ローションは女性用の化粧品を指すことがあります。そのため、セックスで使われるローションは正式には「ラブローション」と呼びます。以下では、ラブローションのことをローションと呼びます。

また、アダルトグッズとして活用されるバイブレーターも広く知られています。ここでは、ローションやバイブレーターの歴史と現在について紹介します。

ローションの起源にあたるものは、昔から存在した

現在にあるような液体のローションが普及し始めたのは、昭和時代(1926~1989年)からです。ただ、ローションの起源にあたるものは昔から存在していました。

昔の人々は現代人と同じように、セックスを行っていました。そしてローションの代わりとして、「葛(くず)や寒天をお湯に溶かした液体」を使っていました。葛や寒天をお湯に溶かすと、粘度の高い液体ができ上がります。この液体に、現代のローションに似た「潤滑効果(じゅんかつこうか:すべりを良くする効果)」があったのです。

昭和時代、日本初のローション「Zローション」が誕生

昭和時代に入ると日本の技術は向上し、さまざまな商品が作られるようになりました。その中で1960年(昭和35年)に、日本初のローションが誕生しました。商品名は「Zローション」です。Zローションは塗るだけで簡単に潤滑効果を得ることができるため、人気商品として広く普及するようになりました。

しかし、Zローションには「洗い落とすのが大変」という欠点がありました。Zローションを使用した人は、塗った部分を石けんでしっかりと洗わないと、完全に落とし切ることができなかったのです。

こうしたことから1973年(昭和48年)に新しく発売されたのが、中島化学産業という会社の「ペペローション」という商品です。

ペペローションは従来のローションの欠点を改善した「水溶性のローション」でした。水で簡単に洗い落とすことができ、しかも今までのローションと同じようなぬめりがありました。

ペペローションは「画期的な商品」として広く使われるようになり、男女のセックスの際に使われたり、風俗店に導入されたりするようになりました。

こうしてペペローションは大ヒット商品となり、現在における「ローションの代名詞的存在」となりました。

ちなみにかつてのZローションは、改良が加えられて現在も販売されています。そのため現代でもペペローション・Zローションともに、名称が残っています。

現代におけるローションの進化

ローションは1970年代に、「潤滑効果を得ることができ、洗い落としやすい」という基本的な性能を満たす商品が作られました。しかしその後も改良が行われ、ローションは進化を遂げました。

2000年代に入るまでのローションの成分は「海藻」が主成分として用いられていました。海藻にはぬめりがあり、この成分を抽出することでローションが作られていたのです。

しかし海藻は天然成分であることから、防腐剤を加える必要がありました。そしてこの防腐剤が、「人体に害を与える可能性がある」として不安を持たれていました。

こうしたことから2000年代に入ると、ローションの成分として「ポリアクリル酸ナトリウム」が主流になりました。ポリアクリル酸ナトリウムは食品添加物(保存料や着色料など、食品に加えるもの)のひとつで、「人体に無害」とされています。

また、ローションは成分だけでなく、種類も多様化しました。2000年代に入るまで、「ローションといえばペペローション」といわれるほど、ペペローションが広く普及していました。

しかし2000年代に入ると、風俗店の種類は豊富になり、アダルトビデオ(AV)やいわゆるエロ本なども数多く販売されるようになりました。これによって男性の性癖は多様化し、男性は「より自分の性癖にあった商品・サービス」を求めるようになりました。

こうした性癖の多様化から、ローションもさまざまな種類が販売されるようになったのです。

ペペローションは前述のポリアクリル酸ナトリウムを主成分とする「ポリアク系」と呼ばれるローションです。これに加えて最近ではジェルのような質感の「ヒドロ系」、潤滑効果が長時間にわたって持続する「シリコン系」、オイルのようにさらりとした使い心地の「ポリクオ系」などのローションが登場しました。

こうして現代では、さまざまな種類のローションから自分に合ったものを選べるようになっています。また、現在もさらに多様なニーズに応えられるよう、ローションメーカーはさまざまなローションの開発を続けています。

ローションは以上のようにして発展してきました。これまでローションをあまり使ったことがない場合は、気になったローションをセックスの際に取り入れてみてください。

バイブレーターは時代とともに多様化した

それでは、バイブレーターはどのような歴史があるのでしょうか。

バイブレーターは通称「バイブ」と呼ばれるもので、スイッチを入れると電動で振動が起きる仕組みになっています。男性がバイブを女性の乳首にあてたり、女性器の中に挿入したりすることで、女性は快感を得ることができます。

バイブは昭和時代に初の商品が販売されました。そしてそこから現在に至るまで、さまざまな種類が販売されるようになりました。

昭和30年代、初のバイブが誕生

昭和時代、日本は急速に技術革新が進み、さまざまな商品が開発されました。とくにプラスチックや電気を用いた商品がたくさん登場するようになりました。そしてそのひとつとして「ニューハニーペット」という、初の電動バイブが登場しました。ニューハニーペットが発売されたのは昭和30年代なかばでした。

ニューハニーペットはペンのような形をしており、スイッチを入れると振動するようになっていました。ニューハニーペットはアダルトグッズとしてではなく、マッサージ器として販売されました。

ニューハニーペットは材質がプラスチックであったため量産しやすく、ヒット商品として広く普及するようになりました。

ちなみにこのころ、世界をみても電動バイブは存在していませんでした。つまり、ニューハニーペットは「世界初の電動バイブ」でもあったのです。昭和時代、日本の商品は海外の商品を真似て製作されることがよくありました。しかし電動バイブは、日本人のアイデアによる商品だったのです。

「電動こけし」の呼び方が普及

ニューハニーペットに続いて人気商品となったのが1971年(昭和46年)に発売された「熊ん子」という電動バイブです。熊ん子はこけしのような形をしており、男性器と同等のサイズとなっていました。また、形状も男性器のような形でした。

このころから電動バイブは「電動こけし」と呼ばれるようになりました。この呼び方は、熊ん子の形状がこけしのようであったことに由来しています。熊ん子はニューハニーペットに続いて人気商品となり、1990年までに100万本が販売された「大ヒット商品」となりました。

当時は電動こけしと呼ばれることが多かったバイブレーターですが、人気となったことからさまざまな類似商品が販売されるようになりました。そして徐々に「バイブレーター」や「バイブ」という呼び方が一般的になりました

また、以前はシンプルな形状、色の商品が主流でしたが、最近では形状や色、振動の方法などが多様化しています。

現在では男女ともに、人によって性癖はさまざまです。現在のバイブは種類が豊富に揃っているため、それぞれの人に合ったバイブレーターを選べるようになっているのです。

現在のバイブの主な種類

現在のバイブは大きく3つの種類に分けることができます。

ディルド型のバイブレーター

ひとつ目は「ディルド型」です。ディルドはアダルトグッズのひとつで、「男性器の形を模したプラスチック製の棒」を指します。ディルドを女性器に挿入することで、女性は快感を得ることができます。

以前のディルドは、女性が性器にディルドを挿入したり引き抜いたりすることで、性的刺激を得ることができました。電動ディルドは従来のディルドに振動を加えられるようになっています。ディルドを挿入する刺激と振動の刺激による二重の効果で、女性はさらに興奮することができます。

カプセル型のバイブレーター

二つ目は「カプセル型」です。これは「ピンクローター」や「ローター」とも呼ばれます。プラスチックでできた小さなカプセル状のような形をしており、コードがつながれたリモコンがついています。リモコンのスイッチを入れると振動が起き、女性に刺激を加えることができます。

pink

ピンクローターはさまざまな方法で女性に刺激を加えることができます。乳首にあてることで刺激を加えたり、女性器に入れて膣内に振動を与えたりすることもできます。また、男性が自由にスイッチをオン・オフすることができるため、より多彩なプレイを行いやすいのがメリットです。

ただ、女性の膣内に入れている際に無理にコードを引っ張ると、コードが切れてしまうことがありました。最近ではコードの強度が高められていますが、コンドームに包んで使用するとより安全です。コードが切れた際には、女性器からはみ出たコンドームを引っ張ることで取り出すことができます。

ハンディ型のバイブレーター

三つ目は「ハンディ型」です。ハンディ型のバイブはマイクのような形をしており、先端部分が丸みを帯びています。これを女性のさまざまな部位にあてることで、刺激を与えることができます。

denma

ハンディ型のバイブは、肩や腰などに使うマッサージ器として、一般の量販店でも販売されていることがあります。こうしたことから、電動マッサージ器を略した通称「電マ」と呼ばれることが多いです。一見はアダルトグッズのように見えないため、扱いやすいのがメリットです。

バイブは以上のような種類があり、昭和時代から現在に至るまでさまざまな商品が開発されてきました。バイブは日本で初めて開発され、世界を含めて広く使われる商品となっているのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。