女性の乳房から母乳が出る仕組みと、乳に含まれる成分


Kaori_0044

女性は出産すると母乳が出るようになります。男性によっては女性とエッチをするときに、「女性の乳房に吸い付いて、母乳を飲んでみたい」という人がいます。

男性は「おっぱいを飲んでみたい」という欲望はあっても、母乳が出る仕組みを理解している人はあまりいません。母乳がどのように出るかを知っておくことで、妊娠後の女性とより上手にコミュニケーションを取ることができます。

そこでここでは、「母乳が出る仕組み」や「母乳の成分」について紹介します。

母乳はどのように作られるのか

母乳は女性の乳房で作られます。母乳が作られるようになるのは一般的に、女性が妊娠をしてからです。妊娠すると女性の脳は、「子供が産まれるから、母乳を作る準備をしよう」と考えるようになります。そして女性の体内には「女性ホルモン」という物質が増えるようになります。

女性ホルモンは「女性らしさ」を作っている物質です。女性のふくよかな胸や柔らかい身体のライン、女性特有の生殖機能(体内の子供を作る機能)などは、女性ホルモンによって形成されています。女性ホルモンには種類があり、それらを総称して女性ホルモンと呼びます。

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」という物質は、女性が妊娠すると乳房の中にある「乳腺」という細い菅の集まりを発達させます。乳腺は乳房の中に張り巡らされていて、母乳を作る働きをします。乳腺が発達すると体内の母乳を作る働きは活発になり、乳がたくさん作られるようになります。

この段階では、まだ女性の乳首から母乳は出ません。これは先に述べたエストロゲンが、乳の分泌を抑えているためです。

作られた母乳が出るようになるのは、「赤ちゃんを出産したあと」です。赤ちゃんが女性の体内にできると、子宮の中に胎盤(たいばん)というものが作られます。胎盤は体内で「赤ちゃんを育てるためのベッド」の役割をします。胎盤は赤ちゃんの出産後は不要になるため、体外に排出されます。

ここで胎盤が排出されると同時に、体内にあるエストロゲンの量も減るようになります。そのためエストロゲンによって分泌を抑えられていた母乳が、出産後は出るようになるのです

こうして出産した後から、女性は赤ちゃんに母乳を与えることができます。

赤ちゃんが母乳を吸うときに体内で起きること

赤ちゃんは母乳を吸うときに、口で女性の乳首をくわえます。女性の乳首には「乳口(にゅうこう)」という小さな穴が空いていて、母乳は乳口から出るようになっています。

女性の乳首には、15~20の乳口があります。つまり左右両方の乳首で、30〜40の乳口があります。ひとつの乳口からたくさん母乳が出る女性もいれば、たくさんの乳口から少量ずつ出る女性もいます。

赤ちゃんに母乳を飲ませる最初の段階では、女性の乳口は正しく開いていないことが多いです。しかし赤ちゃんに乳首をくわえられて刺激が加わることで、乳口は自然に開きます。そして母乳が出るようになります。

初めて出る母乳は、クリーム色でとろみがあることが多いです。これを「初乳(しょにゅう)」と呼びます。

初乳が出ると、女性の脳は「よりたくさん母乳を作ろう」と考えるようになります。そして女性ホルモンのひとつである「プロラクチン」という物質が、体内で増えるようになります。プロラクチンは「体内で母乳が作られるのを促進する物質」です。

体内に存在するプロラクチンの量は、出産直後が最大です。その後プロラクチンは赤ちゃんが母乳を吸うとともに、少しずつ減っていきます。

さらに、母乳がたくさん出るように体内で働くもうひとつの物質が「オキシトシン」というものです。プロラクチンが「母乳が作られるのを促進する働き」をもつのに対して、オキシトシンには「母乳を乳頭に運ぶ働き」があります

母乳は赤ちゃんが乳首を吸うことで出ますが、赤ちゃんの吸い付く力だけでは、母乳が上手く出ません。

赤ちゃんがおっぱいを飲もうとするとき、体内ではオキシトシンが増えて、母乳が乳頭に押し出されます。こうして赤ちゃんは、スムーズにおっぱいを飲むことができるのです。赤ちゃんにおっぱいを飲ませることを「授乳」と呼びますが、授乳後から5~10分すると、体内のオキシトシン量は元に戻ります。

また、女性の乳首は平均で「直径1.5cmほど、長さ0.7cmほど」の大きさです。しかし妊娠すると、女性の脳は「赤ちゃんにおっぱいを飲ませやすくしよう」と考えて、乳首が少し大きくなることがあります。

女性の体内で母乳が作られて、赤ちゃんがおっぱいを飲むまでには、このような仕組みがあるのです。

母乳に含まれる主な成分

母乳は「赤ちゃんに栄養を与えるため」に作られます。赤ちゃんがしっかりと成長できるように、母乳にはさまざまな成分が含まれています。母乳に含まれる主な成分を紹介します。

身体に必須の成分である「たんぱく質」

母乳にはたんぱく質がたくさん含まれています。たんぱく質は人の身体の皮膚や体内の器官、髪の毛などの元になる成分です。そのためたんぱく質は「人にとって、なくてはならない成分」といえます。

たんぱく質が豊富な食材として「牛乳」が挙げられます。牛乳と女性の母乳は同じ「乳」ではありますが、含まれるたんぱく質の種類が違います。

母乳に含まれるたんぱく質は、「ホエイたんぱく質」と呼ばれるものです。ホエイたんぱく質は牛乳よりも、骨を丈夫にしたり、免疫力を高めたりする効果が高いです。また、赤ちゃんにとって消化しやすく、栄養価(体内に入ったときに、どれだけ栄養になるかを表す度合い)が高いです。

母乳には「乳糖」が豊富に含まれる

母乳の中には「乳糖」という糖分がたくさん含まれています。母乳には市販されている牛乳の約1.5倍にあたる乳糖が含まれています。赤ちゃんが生きるためには、エネルギーが必要です。乳糖は「赤ちゃんのエネルギー源」になるのです。

さらに乳糖は体内の腸にある、「乳酸菌」という菌の栄養になります。乳酸菌は腸を健康な状態に保ち、骨を作る成分であるカルシウムの吸収をうながす働きをもちます。また、他の糖分に比べて、「血糖値(血液に含まれる糖分の量)を上げにくい」というメリットがあります。

赤ちゃんのエネルギーになる「脂肪」

母乳には「脂肪」も豊富に含まれています。脂肪は乳糖と同じく、赤ちゃんのエネルギー源になります。

脂肪は太り過ぎの原因になることがあります。しかし母乳を与えることで、赤ちゃんが極端に太ってしまうことはありません。赤ちゃんはまだ身体の成長が不十分であるため、脂肪のエネルギーは身体を作るために不可欠です。

また、母乳の中には脂肪を分解しやすくする「リパーゼ」という酵素も含まれています。酵素は「人の身体を作る働きをする、体内に必要不可欠な物質」です。酵素には種類があり、その中のひとつがリパーゼです。

赤ちゃんが母乳を吸うと、脂肪が体内に入ります。リパーゼはこれを分解して、脂肪として皮膚に蓄積されるのを防ぎ、身体のエネルギーにしやすくしているのです。

身体に必要な「ビタミン・ミネラル」

母乳には赤ちゃんの身体に必要なビタミン・ミネラルも含まれています。ビタミンはビタミンA・ビタミンB群・ビタミンCなど、さまざまな種類があります。また、ミネラルにも種類があり、カルシウムや鉄分、カリウムなどがあります。母乳には、これらがバランス良く含まれています。

赤ちゃんの身体には、さまざまな栄養素が必要です。母乳は赤ちゃんの身体に必要な成分を、まとめて摂ることができるのです

母乳は時間の経過とともに成分が変わる

母乳は出産後から5ヶ月間ほど赤ちゃんに与えることが多いです。この間、母乳の成分は常に同じではなく、少しずつ成分が変化します。母乳に含まれる成分の種類に変化はなく、「どの成分が多く含まれるか」が変わります。

母乳は出始めの時期から順に「初乳」「移行乳(いこうにゅう)」「成乳(せいにゅう)」の3段階に分かれます

初乳は前述した、初めて出るときの母乳です。産まれた直後の赤ちゃんは、最も栄養を必要としています。そのため初乳は、さまざまな栄養素の濃度が高く、消化しやすくなっています。

初乳は分泌される母乳量が少ないです。しかし赤ちゃんのお腹は小さいため、新生児にとってはちょうど良い量です。初乳は出産後から3日~1週間ほど出続けます。

初乳の後に出るようになるのが「移行乳」です。移行乳には脂肪と糖分が多く含まれます。産まれたあと、赤ちゃんは生きるためにエネルギーが必要になります。赤ちゃんに必要なエネルギーを与えるために、母乳には脂肪と糖分が増えるようになるのです。移行乳が出る期間は2週間ほどです。

そして最後に出るのが「成乳」です。成乳は栄養素のバランスが良く、赤ちゃんの成長に必要なそれぞれの成分が、豊富に含まれています。初乳はクリーム色でとろみがありますが、成乳は薄くて水っぽい見た目です。一見栄養が少ないように見えますが、しっかりと含まれています。成乳が出始めた後は、母乳の成分はあまり変わりませんが、少しずつ脂肪が少なくなります。

約半年という短い期間であっても、赤ちゃんは大きく成長します。赤ちゃんに合わせて最適な栄養を与えられるように、母乳の成分は時期によって変化するのです。

大人が母乳を飲んでも問題ない

男性によっては女性の母乳を飲んでみたいと思う人がいます。ただ、人によっては「母乳は大人が飲んでも大丈夫なものなのか」が心配になることがあります。

現在まで、大人が母乳を飲んで大きな病気になったり、身体を壊してしまったりするトラブルは報告されていません。そのため、母乳を飲んでも問題ありません。

風俗店によっては乳が出る女性が在籍していて、母乳を飲んだり、かけてもらうことができたりする「母乳プレイ」を楽しめる店があります。こうしたことも身体に害はないため、興味のある人は母乳プレイを試してみると良いでしょう。

女性の母乳が出る仕組みや、赤ちゃんが飲むおっぱいに含まれる栄養素は、以上のようになっています。こうしたことを理解しておくと、結婚後に女性が妊娠したときにも、予備知識として役立てることができます。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。