性産業における売春意識の変化と出会い系の活用


mariaC_1033

売春という言葉には、それほどポジティブなイメージを感じられません。時に売春は、「金で女性を買う卑劣な行為」という認識さえ持たれます。

家庭外でのセックスにつながりかねない売春は、明治以降とても強くタブー視されました。婚外での性行為を大っぴらに認めてしまうと、西洋的な国家統制を再現することはできなかったからです。こうして、日本は性産業全般に対して厳しい視線を向け続けるようになりました。

戦後、性産業はさらに厳しい規制に直面しました。しかし、それとともに、実際に売春を行う女性の意識も変わっていくこととなりました。いうなれば、性に対してのカジュアル化が進んだのです。

戦後に比べ現在は、貧困のために売春を行う女性はかなり少なくなりました。そのような状況の中で、いまだに女性が売春を行う理由は、意識の変化(合理的な価値観)の中に求めることができます。そして現在では、出会い系を活用して売春(割り切り)が頻繁に行われています。

それでは売春に対する意識は、戦後から現在にかけてどのように変革していったのでしょうか。

影を潜めた貧困による売春

かつて、歌舞伎町で売春を仕事としていたある女性は、「売春は身をすり減らせる行為でしかない」と語ります。確かに、彼女たちは売春によって得るものは何もないと考えているのでしょう。

とりわけ、戦前や終戦直後にはそのような考えを持っていながらも、仕方がなく売春を仕事とする女性が数多く存在しました。その原因は、もちろん貧困のためです。

売春と貧困は、歴史的に大きな関わりがあります。特に、現在でもその傾向が顕著である欧米では、娼婦を「セックスワーカー」と表現することで、社会問題として取り扱っています。

ただし、日本は経済成長とともに、貧困率を次第に減少させていきました。こうして、貧困による売春は次第に影を潜めていったのです。

好奇心からの売春

経済成長は、日本人の意識に大きな変革をもたらしました。日本は不足から余剰の社会に移行し、人々はより高いものを、よりいいものを手にしようと考えるようになりました。これはもちろん、女性にも同じことがいえました。

女性にまで浸透した物欲主義は、多くの女性を売春に向かわせました。ここで特筆すべきは、普通の生活なら十分に送ることができた女性であっても、売春という選択をしたことです。

売春はこの時すでに、貧困のために行うものではなくなっていました。女性は経済的な効率を考え、売春という手っ取り早い手段を選んだのです。

バブルが売春のカジュアル化を促進させた

1980年代になると、さらに上向きな経済が完成しました。それとともに、風俗業界も大きく変わっていくようになりました。

この時代に生まれた有名なものが、「ノーパン喫茶」「覗き部屋」のようなものです。直接的な性交渉をするわけではなく、あくまでも視覚的な楽しさに特化した風俗です。

こうした、カジュアルな風俗店は、さらに女性をこの世界に引き付けました。もちろん、これも彼女たちにとって、金を得るための活動にすぎませんでした。

不況の時代でも変わらぬ売春観

平成時代初期は、バブルがはじけ慢性的な不況が続きました。こうした状況は、バブルの余韻を引きずった女性を風俗へと歩ませました。

バブルがはじけると、今まで通りの華やかな生活を送ることはできなくなりました。ところが、不況に突入したことに気づけなかった女性は、従来の生活をやめることができませんでした。そこで、風俗へ就職し、今まで通りの生活を送ろうと考えたのです。

不況が続いたとはいえ、貧困から売春を行う女性はほとんど見かけません。もちろん、さすがに今の時代にバブルの余韻に浸って売春をする方もいません。

売春は女性の生きる手段として、いつの時代でも残り続けるでしょう。ただ、倫理的にどうなのかは別として、売春を「仕事」と定義するのであれば、何ら不思議なことではないのかもしれません。

女性が出会い系サイトを利用する理由

そして現在の日本では、出会い系を活用しての売春がメインになっています。もちろん、売春以外にも真面目な出会いを求めている人もたくさん存在します。

まず、出会い系サイトに関してどのようなイメージを持っているでしょうか。女性からしてみると、「見知らぬ男性と会って乱暴されたら……」、「もし詐欺にあってしまったら……」と、不安に感じてしまうことも多いでしょう。

確かに、過去には出会い系サイトを通した犯罪が多い時期もありました。ただ、それは今や昔の話です。

ただ、そのような紆余曲折があったにもかかわらず、出会い系サイトが今でも廃れていないのは、それだけ多くの人気を得続けているからです。もちろん、男女の出会いの場なのですから、女性の登録者も数多くいます。

出会い系サイトは安全になった

初めに、出会い系サイトに対する不安をなくすために、以前と比べどれほど安全になったかを説明します。

平成19年、確かに出会い系サイトでの犯罪は数多く起こっていました。特に児童被害が多く、TVニュースでも連日取り沙汰されていました。ところが、事態を重く見た警察は平成20年より、事業者は届け出をしなければ出会い系サイトを開設してはならないという取り決めをしたのです。

こうして、犯罪の温床となっていた悪徳出会い系サイトは徐々に閉鎖することとなり、結果的に安全なサイトが残りました。

いまや、出会い系サイトを介した犯罪件数は、他のSNSを用いた犯罪よりも少なくなっています。つまり、日常的に利用しているSNSよりも、出会い系サイトの方が安全といっても過言ではないのです。

結婚を目的に利用する女性

では一体、現在出会い系サイトを利用している女性はどのような目的を持っているのでしょうか。その答えのひとつとして挙げられるのが、結婚を目的としたものです。

現在、女性の社会進出が進み、女性も会社で働くことが普通になりました。ただ、仕事に追われているせいもあり、結婚のチャンスがなかなか見つからない女性も同時に増えていきました。

そんな女性たちに、出会い系サイトは助けとなります。イメージはわきにくいかもしれませんが、実際に出会い系サイトで知り合った男性と結婚に至った女性はかなり多く存在します。

出会い系サイトの検索機能を用いれば、好みの男性をすぐに探し出すことも可能なので、結婚相手を見つけるにはとても役立つサービスといえます。

多くの男性経験をしたい女性

上記ような真面目な出会いの他にも、さまざまな目的をもって出会い系サイトを活用している人がいます

例えば、複数の男性と関係を持ちたいとしても、通常の出会いではなかなか難しいのが現実です。たとえ、多くの男性を手玉にとっても、そのコミュニティにいる限り、「軽い女性」という印象は一生拭えません。

ただし、出会い系というインターネットでの出会いならば、ひとつひとつの出会いが独立しているため、身の回りに情報が洩れ出すケースは稀です。

また、出会い系に登録している男性のほとんどは女性に飢えているので、待っているだけで簡単に出会うことが可能です。そうした気軽さが、多くの女性を引き付けている要因なのです。

遊び感覚の女性

若い女性の中では、出会い系サイトを暇つぶしの道具として利用している方もいます。

特に、現在都心部にいる女性が暇を持て余しているとき、少しの時間だけ会える男性を募集するケースがよく見られます。

彼女たちは、その男性とは「どうせ一度限り」と考えて、ご飯をおごってもらいます。そして、その見返りに世間話などをしてあげるだけで、男性は喜んでくれるのだといいます。確かに、暇つぶしの道具としては優秀です。

売春(割り切り)目的の女性

そして、売春目的の女性もたくさん存在します。シングルマザーなど、お金に困ったための最終手段として出会い系を活用した売春を行うことがあるのです。

出会い系サイト(出会い系アプリ)を活用し、金銭のやり取りを行うことを割り切りといいます。売春と割り切りはほぼ同じような意味で使われていますが、厳密にいうと違います。路上などリアルの場で特定の男性に声をかけて売春を行うと、違法なので逮捕されます。一方、出会い系を活用して男女が会い、お金のやり取りがあっても逮捕されることはありません。

リアルの場での売春は逮捕されますが、出会い系での割り切りで逮捕されることはないのです。

そのため、男性であっても女性であっても問題なく出会い系サイトを活用し、売春(割り切り)ができるという大きなメリットがあります。

離婚していないシングルマザーによる出会い系での売春

以上のように、以前よりも安全度の増した出会い系サイトは、多くの女性の間で利用されています。実際のところ、あなたが考えている以上に出会い系サイトを活用している女性は多いです。出会い系サイトを新たな交流の場と捉え、使っていると新たな発見があるはずです。

なお、貧困のために出会い系で売春を行うとなると、いわゆるシングルマザーが多いように思います。ただ、中には離婚をしていないのにシングルマザーとして暮らしている女性もいます。

こうしたシングルマザーは生活費の足しになればと、売春を行います。そして、最終的にその舞台となるのが、いわゆる出会い系サイトなのです。

夫と別れられない妻の苦悩

シングルマザーといっても、人によって置かれている状況は全く異なります。一番連想しやすいのが、すでに夫と離婚しているシングルマザーです。

しかし、それとは異なる、隠れたシングルマザーという存在もいます。それが、夫と離婚していないシングルマザーです。

離婚していないシングルマザーの場合、夫とはいまだに婚姻関係を結んでいます。ただし、その家庭環境は劣悪であるケースが多く、家庭内暴力や、金銭の浪費、子供の育児放棄などを繰り返し、家庭環境を悪化させます。

そうした境遇に置かれている妻は、何をするにも夫への恐怖心が先立ち、何もできなくなってしまいます。もちろん、離婚をしたくても、夫からの暴力が怖くなり実行に移せないのです。

こうしたことから、離婚している純粋なシングルマザーよりも、むしろ離婚をできず実質的なシングルマザーになってしまっている女性の方が、危うい立場にいるのです。

少しでも容姿が良いうちに

常に夫の暴力を感じている妻は、実質的には普通のシングルマザーよりも優先して保護されるべき存在です。しかし、法律上では夫婦であるため、見過ごされてしまうケースが大半です。こうした場合、外部に相談することが重要なのですが、子供のことを考えてひたむきに我慢をし続けてしまう女性も多いのだといいます。

このような状況に陥っている女性は、何とかしてお金を稼ごうとします。その中には、当然体を売って働く女性も存在します。

しかし、現実は非情であり、売れるほどの価値を持つ体を持っている女性は一握りです。大多数の女性が、風俗店で「価値ナシ」と判断され、採用されることはありません。

そのため、少しでも容姿が良い若いうちに風俗へと急ごうとする女性が少なくありません。とはいえ、こうしたことも結局はその場しのぎにすぎないのが悲しいところです。

最後に集まる場所

風俗店で稼げなくなってしまった後、彼女たちはついにいき場所を失います。家庭内、家庭外どちらも閉ざされている袋小路です。

そうした女性が最後に集まるのが、出会い系サイトです。ここで彼女たちは、いわゆる援助交際(売春)などをすることによって金銭を稼ごうとするのです。

夫の暴力に対抗する手段も、自立する手段も持たない「おびえる妻」にこそ、救いの手を差し伸べなければなりません。本当の弱者というものは、世の中の見えづらいところに暮らしているのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。