派遣型JKリフレの遊び方と裏オプによる本番セックス体験談


女子高生を活用したビジネスとして、JKビジネスが知られています。女子高生は隠語でJKと呼ばれているため、JKビジネスという名前です。JKビジネスとしては、個室で添い寝やマッサージを受けるJKリフレや一緒にデート感覚で街を歩くJKお散歩などが知られています。

そうしたJKビジネスの中でも、現在は派遣型JKリフレ店がメインになっています。ただ、派遣型JKリフレは店舗を構えているわけではないため、実際に利用するとなるとシステムを事前に理解しておく必要があります。

そこで、私の体験談を踏まえて派遣型リフレの遊び方を解説していきます。もちろん、このときは表のオプションにはない裏オプション(裏オプ)もしてきたので、それについても触れていきます。

派遣型JKリフレの現状

現在のJKリフレ店では、18歳未満の女子高生は在籍できなくなっています。かつて、JKリフレで女子高生と男性客が個室でセックスを行い、その対価として金銭のやり取りをする援助交際が問題になったからです。

そのため、現在のJKリフレは18歳以上の女性がメインであり、JKビジネスとはいっても「女子高生に似せたリフレ店」となっています。ただ、18歳や19歳など10代の女性を集めてサービスを提供するため、女性が制服を着てサービスを提供することに違和感はありません。

JKリフレの中には現役女子高生も混ざっており、こうしたJKとしては「高校を中退している」「隠れてバイトしている」など、特殊な事情があります。ただ、現役女子高生とはいっても誕生日が来て18歳になった人たちです。

派遣型JKリフレを活用する場合、健全店であれば大きな問題にはなりません。ただ、個室で男女が一緒にいるとなると、当然ながら表に出ているサービス以上の性的サービスの交渉が行われるようになります。こうして登場したのが先ほどの裏オプション(裏オプ)です。

派遣型JKリフレ店によっては、裏オプが横行している店があります。中には本番(セックス)の裏オプが可能な女性もいます。

ただ、日本では本番行為は法律で禁止されています。また、風俗店である届出をしていない店の場合、裏オプとして性的サービスを女性にさせると摘発対象になります。

こうしたことがあり、現在のJKビジネスは店舗型はなく、デリヘル(デリバリーヘルス)と同じように派遣型がメインになっています。

JKリフレを派遣で頼むときの流れ

それでは、一般的なJKリフレを活用して遊ぶときの流れについて確認していきます。流れはデリヘルとほぼ同じですが、若干異なる部分があります。

女性を指名する

まず、デリヘルであっても派遣型JKリフレであっても、ネットから女性を選んで指名します。女性の多くは顔が隠れているため、「どの女性を指名すればいいのだろう」と悩みながらになりますが、これについては仕方ありません。

デリヘルもJKリフレも実際に女性と会うまでは、どのような女性なのか分からないという点で共通しています。そこで、「リフレ店が公開しているランキングを確認する」「女性の日記やSNSで雰囲気を探る」などをして指名する女性を選んでいきます。

JKリフレによっては、回転コースといって「30分おきに女性が入れ替わるコース」を用意していることがあります。これであれば、何人かの女性と会うことができるため、初心者にとって非常に優しいシステムになっています。

こうして、指名する女性が決まったら電話予約します。多くの場合、電話予約すると「利用する1~2時間前に電話をかけなおしてください」といわれます。風俗店とほぼ同じであるため、突然のキャンセルをする客が多いからです。

また、女性についても「急に体調が悪くなって出勤をキャンセルする」ことがあります。指名した女性と遊べなくなることすらあるため、確認電話は必須です。

指定された場所へ向かう

予約を行い、1~2時間前の確認電話を済ませた後、実際に女性と遊ぶためにラブホテルへ向かう必要があります。

デリヘルの場合、出張料金を支払えば多少距離が離れていても来てくれます。例えば、「デリヘル池袋店」に在籍している女性に対して、「新宿・歌舞伎町のラブホテルで遊びたいから、新宿までデリヘル嬢をお願いしたい」と電話で伝えて問題ありません。

距離が長くなると、その分だけ出張料金は高くなりますが受け入れてくれます。このとき、ラブホテルに限らず自宅に風俗嬢を招いても問題ありません。

一方で派遣型JKリフレの場合、遠くまで出張してくれません。例えば「JKリフレ池袋店」であれば、あなたは池袋まで出向く必要があります。

また、例えば池袋にあるJKリフレ店を利用するとはいっても、池袋駅は非常に広いです。そのため、多くの場合で「池袋東口の○○まで来てください」などのようにいわれます。他にも新宿であれば、「新宿・歌舞伎町の△△までお越しください」という具合です。

そうして目的の場所に到着した後、近くにあるレンタルルームやラブホテルに入ります。このとき、派遣型JKリフレ店のすぐ近くにあるレンタルルームやラブホテルを使うことが多いです。要は、デリヘルと違って利用するラブホテルが決まっていることがほとんどなのです。

ただ、店が指定するレンタルルームやラブホテルは利用料金が非常に安いため、財布にやさしいです。

ラブホテルに入り、女性と遊ぶ

実際にレンタルルームやラブホテルに入った後、店に電話をして部屋に入ったことを告げ、「ラブホテル名(レンタルルーム名)、部屋番号」を伝えます。そうすると、数分後に指名した女性が現れます。これについては、デリヘルと同じ要領です。

あとは、女性からサービスを受ければ問題ありません。

派遣型リフレはJKお散歩と組み合わせることが可能

なお、多くの場合で派遣型リフレではJKお散歩をお願いすることもできます。そのため、お散歩コースとJKリフレを組み合わせても問題ありません。

JKお散歩の場合、多くの男性は指名した女性を食事に連れ出します。一緒にカフェをしてもいいし、時間が夜なのであれば夕食を共にしても大丈夫です。その後、レンタルルームやラブホテルへ入ってリフレコースをお願いします。

お散歩を頼む場合、当然ながらプラス料金がかかりますし、女性へのおごり代も必要になります。ただ、一緒にご飯を食べながら会話した後にラブホテルへ行くため、疑似恋愛を楽しむことができます。

同じJKビジネスの中でも、店を構えている店舗型JKリフレの場合、お散歩コースはありません。派遣型JKリフレであるからこそ、JKリフレとJKお散歩を組み合わせることができるのです。

派遣型リフレを利用するときの値段

それでは、JKリフレで遊ぶときにはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか。

まず、女性と遊ぶときの時間を決めなければいけません。このとき、60分コースが一般的です。派遣型JKリフレであれば、指名料を合わせて60分10,000円が妥当な金額です。これに加えて、レンタルルームやラブホテル代が必要になります。

ただ、前述の通りJKリフレ店が紹介してくれるレンタルルームは格安です。60分の利用であれば、レンタルルーム1,500円、ラブホテル3,000円ほどです。一般的なラブホテルでは休憩利用で5,000円以上が普通なので、非常に安上がりだといえます。

しかし、派遣型JKリフレを活用してこれだけの値段で終わることはまずありません。ほとんどの人がオプションを頼みます。

多くの男性がJKリフレに求めるのは性的サービスです。もちろん女性と会話だけを楽しんでも問題ありませんが、抜きサービス(女性が射精へと導くサービス)を提供する裏オプについて知らなければいけません。

それでは、裏オプの値段相場がどのようになっているのかというと、ザックリと以下のような感じです。

・手コキでの射精:10,000円

・フェラチオでの射精:20,000円

・本番(ゴムありセックス):30,000円

裏オプの価格は女性の言い値であるため、当然ながら女性によって大きく変動します。本番行為(セックス)が20,000円という人がいれば、50,000円など強気の値段設定をする人もいます。

ただ、いずれにしてもこうした一般的な相場は理解しておいた方がいいです。値段が高いのか安いのかをあらかじめ知っておけば、そこから女性と交渉することができます。

新宿の派遣型JKリフレでした裏オプ体験

JKリフレが最も盛んな都市はいうまでもなく東京です。東京の中でも池袋、秋葉原、新宿などで盛んに行われています。その中でも、最もJKリフレが活発なのは池袋です。

そうした中で、私の家から近いという単純な理由で新宿の派遣型JKリフレを利用することにしました。どの店舗を利用しようか考えましたが、JKリフレの中で多店舗展開している大手を活用することにしてみました。この店舗には、ネット上で「新宿店で本番の裏オプができた」という情報がありました。

その日は平日で会社帰りでしたが、事前に店へ電話して女性を予約しておきました。このとき、2時間前に確認電話をしてほしいといわれたため、会社の業務が終わる少し前に電話することになりました。

そうして会社から飛び出た後、欲望と誘惑がうずめく街として知られる新宿・歌舞伎町まで出向きました。

JKリフレでは店舗の近くにあるレンタルルームかラブホテルへ入るのが基本です。そこで、リフレ店から「○○というレンタルルームへ入ってください」と指定されたのでそこへ入りました。

レンタルルームは60分1,500円と非常に安かったです。お金を支払い、部屋に入った後は店に電話して部屋番号などを伝え、女性が来るのを待ちました。

安いのもあり、部屋は非常に狭いです。小さいベッドにシャワーだけがあります。

19歳の女子大生にアロマエステをしてもらう

そうして5分ほど待っていると、部屋がノックされます。ドアを開けると、黒髪で清楚そうな女性が立っていました。決して美人というわけではありませんが、どちらかというとかわいい系の女性です。

若いからか、JKリフレ店ではハズレを引く確率が非常に低いです。

デリヘルを含め風俗店にはデブ、ブス、ババアがたくさん在籍しているのは普通です。そうした人に当たると、お金をドブに捨てた気分になります。

しかし、JKリフレではそうしたことがほぼないように思えます。また、たとえ顔が好みでなかったとしても、高齢女性に当たることはまずありません。

部屋に着いたら、まずは料金を支払います。このときは60分コースであり、合計10,000円ほどでした。先にお金を支払い、私一人でシャワーを浴びることになります。

シャワーを浴びた後、腰にタオルを巻いてマッサージを受けることになりました。アロマエステといって、ローションを活用して女性からマッサージを受けるサービスです。

もちろん、このときは19歳の女子大生と会話しながらになります。今回おお願いしたリフレ店の場合、裏オプができることで有名です。そこで、「どのような客がいるのか」「実際のところ、裏オプでどこまで可能なのか」を会話中に聞き出すことにしました。

裏オプについては、当然ながら行っているようです。ただ、本番(セックス)は禁止であり、池袋や秋葉原など他店は分からないが少なくとも新宿店で本番をしている女性はいないようです。以前は新宿店にも本番OKの子が一人在籍していたらしいが、2chなどを含め情報が簡単に広がるので店側にバレて辞めさせられたようです。

この女性についても本番は一切しておらず、キスやフェラチオもダメなようです。ただ、おっぱいを揉んだり手コキで射精に導いたりなどの裏オプは可能でした。

気になる値段ですが、おっぱい揉みや手コキの裏オプをするとなると11,000円になります。これは、非常に高額です。ただ、裏オプの値段まで店側である程度まで決められているようでした。

この派遣型リフレ店の場合、お客さんが裏オプで支払ったお金について、半分は女性の取り分であり、もう半分は店側に渡すようです。そのため、裏オプの値段についてもわりと細かく決められていました。

ただ、女子大生とセックスできないことが分かって私のテンションは下がってしまいました。ただ、女性にまったく触れずに帰るわけにはいかないため、「女性に対してお触りできる6,000円コース」だけ頼み、服の上から女子大の胸や太ももをモミモミして堪能することにしました。

池袋にある別の派遣型リフレで本番セックスを果たす

こうして、新宿にある派遣型リフレではセックスすることができず、欲求不満のままレンタルルームを後にすることにしました。

ネット上では、今回利用した店の新宿店で「裏オプで本番できた」などの情報が載っていましたが、ウソであるか情報が古いかのどちらかです。ただ、JKリフレでこうしたことはよくあります。

なお、欲求不満のまま終わるわけにはいきません。そこで、今度はJKリフレの本場である池袋へ次の日に出向くことにしました。このときは利用する系列店を変え、まったくの別店舗を選びました。裏オプ可能なので詳しい店名はいえませんが、この店も裏オプでセックス可能だという噂のある店です。

そこで、夕方あたりにこの店に電話してサービスを受けることにしました。この日は土曜日でしたが、出勤している女の子も多いのかすぐに案内してもらいました。

お願いしたコースとしては、「30分×3人(合計90分)」です。30分おきに女の子が変わっていくコースであり、3人と話ができればいろいろ調査することができるだろうと考えました。

19歳の女子大生とハグをして過ごす

そこで、電話してすぐ案内してもらえることを確認した後、池袋駅東口まで行きました。池袋駅東口がJKリフレの盛んな地域であり、私が予約した店も池袋駅東口を拠点にしていました。

池袋駅東口には近くに安いレンタルルームがあったり、ラブホテルがあったりと非常に便利です。

なお、店に予約するときに「○○というラブホテルに入った後、部屋番号を教えてください」といわれました。派遣型JKリフレでは、入るレンタルルームやラブホテルを指定されるのが基本なのでそれに従います。

この日は土曜日だからか、指定のラブホテルに向かったら受付が非常に混雑していました。また、エレベーターに乗ろうとする若い女性もたくさん並んでいました。

前述の通り、池袋駅東口はJKリフレが非常に盛んです。そのため、こうした若い女性たちが何人も並ぶことになるのです。ちなみに、合計90分コースなのでラブホテルは120分にしました。費用は120分3,200円とラブホテルの中では安いです。

ラブホテル代を支払い、エレベーターを登った後は部屋に入ります。その後、店に電話をかけて部屋番号を伝え、女性が入ってくるのを待ちました。

そうして5分ほど経過したら、部屋のピンポンがなりました。ドアを開けると、若い美形の女性が立っていました。

部屋に招き入れた後、「30分×3人」のコース代13,000円を支払います。このときは女性に手渡しです。

そうして、女性と会話をすることになります。19歳の女子大生であり、いまは二年生のようです。学費を含めすべて自分で支払っているため、リフレ嬢として頑張っていると話してくれました。

ただ、気になるのは裏オプです。裏オプについて聞いてみると、この子の場合はこれまで本番をしたことがないようです。フェラチオもなく、手コキで射精まで導くことは可能なようです。

そうはいっても、働き始めて3日目と非常に浅く、「絶対に本番はダメ」という雰囲気ではありませんでした。また、このときはハグのオプション(5,000円)をお願いしましたが、抱き合っているうちに女性の方から「おしりも触っていいよ」と言ってくれました。

こうしてフェザータッチによって女性を触っていると、女性は徐々に甘い吐息をもらすようになります。

ただ、ここで30分になる5分前のタイマーが鳴ってしまいました。30分ではなく60分コースなど、もっと時間があれば私が女性にとって初めて裏オプセックスする相手になったのかもしれないのに残念です。

なお、ハグや手コキのオプションが可能だとはいっても、この女性は清潔感のない人ではそうしたオプションを断るようです。「口臭や体臭など、臭いがする」「お風呂に入ってなさそう」など、清潔感がない人では何度もオプションを断ったことがあると会話中に話してくれました。

そのため、やはり事前に歯磨きをしてシャワーを浴びる(または洗濯したばかりの服に着替えて出向く)などの配慮は必須だと認識しました。

18歳の高校中退女性と本番セックス

19歳の女子大生を見送った後、次の女性を待つことになります。このとき、女子大生が部屋を去って5分後に部屋のチャイムがなり、足早にドアを開けました。

すると、そこにはこれまで見たことないほどのロリ顔美人が立っていました。デリヘルなど、一般的な風俗では容姿が微妙だったりデブであったりする女性が多いにも関わらず、これだけ美人ばかりが派遣されてハズレがないのはJKリフレならではです。

部屋に入れた後は同じように会話をして、場を和ませなければいけません。口数の少ない女性でしたが、何とか笑顔を引き出すまでは成功しました。

この女性は18歳であり、高校を中退しています。高校に行っていれば高校三年生に当たるため、現役の女子高生(JK)と同じ価値があります。

会話をした後は裏オプについて聞いてみました。すると、本番行為(セックス)までOKだと話してくれました。セックスの裏オプは30,000円を提示されたため、女性にこの料金を支払いました。

お金を払った後、服を脱ぎます。その後は一緒にシャワーに入り、乳首やチンコなどを簡単に洗ってもらいました。シャワーから私が出てタオルで体を拭いている途中、ロリ女性は自分の体をシャワーで洗います。そうしてお互いの準備が整ったら、ベッドでエッチを開始することになりました。

肌は弾力があり、体は若く引き締まっています。エッチを始めるときに抱きついてみましたが、18歳の肌はとても感触が良いです。しかも、非常に美形のロリ女性です。

お世辞抜きにしても、今回の女性は「もし高校に通っていれば学年トップ3に入るくらいかわいいのではないか」と思います。胸はBカップかCカップほどと小ぶりですが、おっぱいは形がよく乳輪もピンク色をしており最高の条件が整っています。

また、キスをしたら女性の方から舌を絡ませてきてディープキスをしてきました。裸で抱き合いながら、キスを重ねたり乳首を吸ったりします。すると女性からフェラチオによる攻撃を受け、私のペニスはそそり立つように勃起してしまいました。

しかし、時間は30分と非常に短いです。本当はもっと前戯を楽しみたかったのですが、ロリ女性とのキスや乳首なめなどを堪能した後はコンドームを装着し、挿入してセックスを開始することにしました。

小さめのおっぱいをもみながら、正常位でのセックスになります。ローションをつけていないのか、最初は入りにくかったですが、少しずつゆっくりとピストン運動をすることにより、問題なく最後まで挿入できました。

エッチを開始すると、女性の中は非常に締まりが良いです。肌も弾力があり、さすが現役女子高生と同じ18歳だと納得しました。目の前には学年トップクラスの美形のロリ顔があり、くびれもあって最高に幸せの気分でエッチすることになります。

正常位の後はバックへと移ります。正常位のときに既に興奮が高まっていましたが、セックスを開始して15分ほどで射精することになりました。

射精が終わるのとほぼ同じタイミングで女性のアラームが鳴りました。どうやら、25分が経過して30分になる5分前のようです。そのため、ティッシュで私のペニスを軽くふいた後はすぐシャワーを浴びなければいけません。

ただ、女性は裸の状態で私に寄りかかってきて甘えてきます。どうやら、30分を過ぎてもあまり気にしない女性のようであり、そのまま抱き合いながらキスを堪能しました。

その後はシャワーを浴びてお互いに服を着ることになるわけですが、シャワーを浴び終わって着替えた後も女性と抱き合ってキスをして過ごしていました。

ただ、30分3人の回転コースで頼んでおり、次の女性が待っています。本当は今回の女性とそのままずっと居たかったのですが、泣く泣く諦めて女性をドアまで見送ることにしました。

19歳の専門学生にJKリフレの内情を聞く

こうしてピチピチの18歳のロリ美女と最高のエッチを済ませた後、次の女性を待つことにしました。しばらくするとピンポンが鳴り、ドアを開けるとほんわかした雰囲気の女性がいました。

先ほどセックスした女性に比べると、容姿は劣ります。ただ、それはさっきの女性と比べるからであり、3人目の女性もかなりの美女です。

ただ、私は射精し終わった後なので賢者タイムに突入しています。そのため、今回の女性とは純粋に会話を楽しむことにしました。女性に対しても、そのことを伝えると笑顔で納得してくれました。

年齢は19歳ですが、高校を卒業して4ヵ月ほどの非常に若い女性です。専門学校の1年生をしているようです。ひとまず、ベッドに座って学校のことなど会話を楽しむことにしました。

また、このときは裏オプに関しても聞いてみました。この女性の場合、裏オプで本番行為(セックス)まで可能なようですが、かなり人を選ぶようです。つまり、「裏オプできない」ように言うことがたくさんあり、裏オプによるセックス回数はそこまで多くないらしいです。

私の場合はどうなのか聞いてみたところ、「お兄さんなら問題なく本番してもいいですよ」と笑顔で答えてくれて、非常にテンションが上がりました。

どういう基準で選ぶのか聞いてみたところ、1人目の女性と同じように「清潔感」です。口臭や頭皮の臭いなどがあったり、服が汚れていて洗濯をしてなさそうだったりする男性の場合、「裏オプで本番はしていない」と宣言するようです。

また、威圧的に「君はどこまでできるの?」などのように言い放ち、上から目線でくる人についても「本番はできない」と反射的に言ってしまうと話してくれました。

10代の女性は非常にデリケートです。そのため、良いサービスを引き出すためには私たち男性側は清潔感に気を付け、女性に対して優しく接してあげることが重要です。

なお、「裏オプで本番をしない」と判断した場合はどうするかというと、手コキなどの裏オプによって射精へと導くようです。この店の場合、裏オプで得たお金はすべて女性の懐に入るらしく、やはり稼がないといけないのでセックスをしない代わりに手で射精させるのです。

ちなみに、この女性の場合は裏オプで本番行為(セックス)をする場合の費用は30,000円でした。これについては2人目の女性と同じ値段であり、美人で年齢も若いので妥当な金額だといえます。

なお、女性と話をしていると、相手側から私の隣に座って手をつないでくれました。私は今回のリフレ店に行く前に歯磨きをすませ、服を着替えましたが、その成果があったからか女性からは「清潔感のある男性」と思ってくれたようです。

こうして会話をしていると、すぐに30分が経過してしまいました。その後は女性と一緒に部屋を出て、一階に降りてバイバイすることになりました。

JKリフレでは店選びと清潔感が重要

派遣型JKリフレを活用することで、結果として18歳の非常に美人なロリ女性と本番セックスをすることができました。また、清潔感には気を付ける必要があるものの、池袋で遊んだ店舗では3人中2人で裏オプによるセックスが可能でした。

ただ、清潔感がない男性の場合、裏オプについて聞いても女性から「裏オプはしていない」といわれたり、「(通常なら30,000円だが)50,000円なら本番してもいい」などのように値段を吹っ掛けられたりするようになります。そのため、臭いや服装については必ず気を付けるようにしましょう。

また、お願いする派遣型JKリフレの店舗が違うと、「在籍している女性すべてで本番行為を一切禁止にしている」「女性によっては裏オプによるセックスが可能」など、対応が異なることが分かりました。

JKリフレで遊ぶ場合、ネット上に「裏オプでのセックスが可能」と書いてあったとしても、実際に出向いてみないとその情報が本当なのかどうか分からないとういことは再認識する必要があります。

こうした注意点があり、セックスの費用が30,000円と非常に高額ではあるものの、「18歳の現役女子高生」「高校を卒業したばかりの18歳や19歳の女子大生(または専門学生)」と裏オプによってエッチできる点は非常に優れているといえます。

また、デリヘルやファッションヘルスなどの一般的な風俗店とは異なり、ハズレの女性に当たる確率が圧倒的に低いのもJKリフレの良い点です。

JKリフレで遊ぶとき、ここまで述べてきたような注意点を守り、目的に合わせた店を選べば非常に満足することができます。特に10代の若い肌を感じたい場合、派遣型JKリフレを試してみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。