家出少女による売春・援助交際の現実


Mei_3947

多くの家出少女は、都会の繁華街にて売春をしながら生活を送ります。もちろん、売春は法に触れる行為ですが、彼女たちがそれを知っているかどうかは不明です。ただし、売春をしなければ生きていけないため、違法と知っても続けるほかありません。

そんな彼女たちの中には、売春を送る日々から抜け出すことに成功した人もいます。例えば、売春でのお客や先輩などと結婚をし、主婦になってしまえば、もう売春を行わなくても生きていくことができます。また、売春婦をまとめ上げる組織の幹部にまで上り詰めれば、実際に売春を行う機会もなくなります。

このように、売春の現場から離れていく女子は存在します。しかし、落ちこぼれて歓楽街の中に埋没していってしまう少女の方がはるかに多いのです。こうした女子は、無縁障害という足かせにとらわれ、現状を打開することができません。

歓楽街の底なし沼に沈んでいくように、落ちこぼれた少女たちはゆっくりと、そして確実に最貧困の地へと向かうのです。

なぜ落ちこぼれてしまったのか

売春をし続けなければならない少女は、いったいどのような特徴を持っているのでしょうか。それを知るために、逆に売春を卒業できた少女の特徴を見ていきましょう。

まず、結婚を機に売春から離れることができたという場合、少女に求められる条件は「男受けする顔だちやスタイル」です。また、風俗店に勤めるための条件も、これと同じことがいえます。

続いて、売春婦の管理に回る方法ですが、この場合も「管理ができるほどの頭の良さ」が少女には求められます。そのため、管理に回ることができるのは、家出少女の中でも頭の切れる人材だけなのです。

つまり、落ちこぼれてしまう少女は、上記の条件に合致しない人物です。すなわち、言葉を悪く言えば「可愛くなく」、「頭が悪い」女性が売春から抜け出せなくなってしまうのです。少々、言葉がきついのですが、それが現実です。

無縁と障害による貧困

彼女たちがこの現状から抜け出すことができない理由は、無縁と障害にある可能性が高いです。

基本的に、彼女たちに縁がある人物というものは、限りなく少数です。もしあるとすれば、売春を斡旋してくれる業者ぐらいでしょう。

こうした無縁の状態にあると、救いの手を差し伸べてくれる人物が全くいません。自力ではどうやっても這い上がることができない売春の世界においては、無縁ということがどれほど恐ろしいかがわかります。

それに加え、こうしたギリギリの生活をしている女性は、障害を抱えている場合があります。明らかなのは、彼女たちの多くは自身のコントロールがうまく取れないがために、落ちるところまで落ちてしまったということです。

彼女たちの持つ障害の種類は多種多様です。ただし、複合的に抱えているケースもあり、社会的生活はそもそも難しいとされるようなかたも売春業界には存在します。

特に、重度の知的障害を抱えている女性も、売春業界には少なからず存在します。もちろん、国の公的支援を受ければ、彼女たちも救済対象となります。しかし、頑なに売春の世界にとどまり続け、過酷な日々を送っているのです。

売春の世界に足を踏み入れ、脱出できない方は多くいます。むしろ、落ちこぼれていってしまうのがこの世界における普通です。そのため、脱出できなかった人が落ちこぼれなのではなく、脱出できた人物がすごいのです。

売春の現実を知らない人はしばしば、「売春に足を踏み入れたのはその人の自己責任であるから同情できない」と語ります。しかし、彼女たちの置かれた状況の悲惨さを考えれば、「自己責任」なんていう言葉は発すことはできません。見て見ぬふりをするのではなく、こうした現状があることを理解しなければいけません。

家出少女が売春・援助交際から抜け出す方法

虐待などを受けて育った少女は、家出することでつらい現実から抜け出すことがあります。ところが、逃げ出した先でも若さゆえに、まっとうな仕事に就くことができず、仕方がなく売春や援助交際などをして生計を立てているというケースも少なくはありません。

そうした家出少女が、このような生活から抜け出すためには、どのような方法があるのでしょうか。基本的に、彼女たちが売春をやめるためには、さまざまな条件がそろわなければなりません。そうした条件は彼女たちが持つ「運」や「能力」が関係してくるのですが、容易なことではないのは確かです。

結婚で抜け出すケース

家出した少女の多くは、「援デリ(援助交際デリバリー)」という方法で売春・援助交際を行っています。

援デリとは、出会い系サイトで援助交際の呼びかけを行い、それに応じた男性のところへ在籍している少女を派遣させる形態の売春のことを指します。このとき、実際に呼びかけを行うのは少女ではなく、彼女たちを取りまとめる「打ち子」と呼ばれる人物であるということが注目すべきポイントです。つまり、援デリで派遣されるのは、打ち子の支配下にある少女たちなのです。

こうした売春組織の中に組み込まれている限り、自身の力で抜け出すことは困難です。ただし、客としてついた男性がその少女のことを気に入れば、この組織の中から抜け出すことが可能となります。男性が少女を気に入り、交際や結婚に至れば、売春の世界から身を引くことができるのです。

相手となる男性で多く見られるのは、いわゆるガテン系の職(肉体労働をメインにした職)に就いている男性です。職人系の方は考え方もアウトローであることが多いため、家出少女に理解があるケースが大半なのです。

このように、結婚によって売春業界から足を洗うためには、「男性に気に入られる容姿を持っていること」が条件となります。

援デリの管理に回るケース

先ほども述べた通り、ほとんどの家出少女は援デリによって生活費を得ています。もちろん、売春の現場に出ている少女が客から得た収入の何割かは、打ち子へと流れていく仕組みとなっています。

こうした体制であると、実際に売春をする少女が収入を増加させたければ、数をこなすほかありません。ただ、打ち子の場合、したがえる少女が多くなればなるほど、収入が上昇する仕組みとなっています。つまり、現場から打ち子などの管理側へと回れば、生活水準は上昇するのです。

援デリでの売春を仕事としていた家出少女の中には、見事援デリの管理側に回った方もいます。そうして、間接的には関わっているものの、その少女は売春の現場自体からは卒業できたのです。

こうしたケースで売春現場から身を引くためには、少女に「管理を任すことができるほどの賢さがある」という条件が必要となります。

風俗に就職する

売春とほとんど同じ業務内容でも、風俗店に勤めてさえいれば合法的な生き方が可能です。

ただ、風俗業界では18歳未満の性労働禁止に関して厳しい取り決めがなされています。そのため、まだ18歳未満の少女が風俗で働きたい場合、合法的ではない店(違法な店舗)へ就職するか、年齢を詐称する必要があるのです。

そうはいっても、数年働けば少女も18歳以上になり、合法的に風俗店で働くことができるようになります。非合法店での勤務などは、それまでのつなぎといっていいでしょう。

このように、少女が売春の世界から足を洗うためには、いくつかの条件が必要であることがわかります。

ただ悲しいことに、こうした方法を用いても、売春から卒業できる少女はほんの一握りでしかありません。ほとんどの少女は、援デリ組織の中に組み込まれ続け、用済みとみなされたらすぐに捨てられてしまいます。こうしたことが、日本で当たり前のように行われているということを、忘れてはいけません。

少女買春を行う男性の心理

それでは、こうした少女たちを買春する男性はどのようなことを考えているのでしょうか。

成年、未成年に関わらず、売春をすることは犯罪です。また、売春防止法には「何人も、売春をし、又はその相手方となってはならない」と記載されており、買春をする側にもなってはならないことがわかります。すなわち、買春もれっきとした犯罪行為です。

成人した女性の買春も許されないのに、ましてや年端もいかないいたいけな少女を買春するということは許されざる行為です。もっとも、売春をしなければ生きていけない少女もいるのですから、買春男性は必要悪としてこれからも根絶することはできないでしょう。

そうした男性は一体何を思って少女とセックスをしたがるのでしょうか。彼らの欲求は、買春によってしか発散させることができないのでしょうか。そんな彼らを突き動かす原動力は、「自己陶酔」にありました。

買春男性の特徴

買春男性は、意外なことにかなりの高所得者であり、知的レベルも高水準であることが多いです。

しばしば、買春によって摘発された容疑者が、東京在住であるにも関わらず、札幌や大阪などの遠方で買春をしていたという報道が流れます。もともと買春は犯罪であるため、自身のテリトリーよりも離れた地域で行いたいと考えるのは至って当然です。

ただ、こうした男性は毎週のように遠征をしていることが多いため、その旅費を考えると、やはり彼らに高所得者が多いことの裏付けとなります。

高所得者で、知識レベルも高いとなると、彼らは社会でそれなりの地位を築いていると考えられます。そのため、かなり「上から目線で、説教臭い」という特徴を持っています。こうした特徴からか、彼らはある思い上がりをしている傾向にあります。

「誰よりも売春少女を知っている」という思い上がり

彼らは、実際に買春を行うことで、「売春少女の現実を誰よりも知っている」という一種の自負を持ってしまっています。また、彼らは買春を終えた後に、少女に諭吉を握らせながら説教をすることがあるといいます。そして、彼らは説教をしたことによって、「少女は感動して涙を流した」などと自慢気に話すのです。

こうしたことを彼らが本気で考えているのであれば、思い上がりもいいところです。彼らは実際のところ、彼女たちの置かれている状況も、その心理も、まったく理解してはいません。本当の意味で理解しているのであれば、自ら積極的に買春をすることはないはずです。彼女たちに本当に必要なのは、社会復帰のための教育であり、社会的手続きだからです。

これをせずにして、彼女たちを理解したと発言するのは「自己陶酔」にほかなりません。彼らは自身の買春を正当化する手段として、彼女たちに同情し、理解した気になっているにすぎないのです。

自信を得るための買春

前項で、買春男性は自身の行為を正当化するために彼女たちへの「理解」を示していると述べました。ただ、中には「理解」をしたいがために買春を行っている男性も少なからず存在します。

もっとも、買春をしている時点で、彼女たちへの理解はお粗末なものと化してしまっています。ところが、そうした男性は「彼女たちを理解してあげた」という自身の有能感を得たいがために買春に手を出すのです。

そうした男性は、「自分に自信がなく、売春少女の気持ちをわかってあげるふりをするくらいでしか、満足を得ることができない」のだと予想されます。

また売春であるため、彼らはお金を少女に支払っています。そうした事実が、彼らを「可愛そうな少女に金銭的サポートをした」という気にさせているのであれば危険です。へたに少女に対する執着心ができてしまうと、大きな事件にも発展しかねないからです。

いずれにせよ、買春をしたとしても少女の現実は理解できないし、改善もされません。また、少女たちは実際のところ、どのような現実を生きてきたのか話してはくれません。そこで、実際はどのような現状なのかを理解したうえで彼女たちと接しなければいけません。

男性による買春と性売春がなくならない社会構造

それでは、男性による買春がなくなることはないのでしょうか。売春は貧しい女性がどうにか生活をしていくためにとられる手段です。売春をしなくても生きていくことができるのであれば、彼女たちはおそらく違う道を選んでいたでしょう。

ちなみに、風俗と売春は異なります。風俗は営業が許可されている場合、法律で認められた存在です。ただし、売春の場合は何も届け出をしておらず、違法行為となります。

そのため、売春をするくらいであれば風俗店で働けばいいと考える方もいるかもしれません。しかし、近年風俗店も嬢の採用基準を厳しく設定しているため、誰でも就職ができるわけではないのです。むしろ、風俗嬢は選ばれし者のみが就ける職業になりつつあります。

こうして、容姿に恵まれない貧しい女性は、望まない売春に手を伸ばすことが大半です。売春をすれば、一定の稼ぎを得ることが可能だからです。

ただ、売春という行為は、「男性が必ず買う」という前提に基づいて行われます。こうした前提は果たして正しいのでしょうか。売春を根絶しようという流れは存在しますが、買う側である男性の意識について対策がなされることはまれです。

男性の性欲についてのあきらめ

売春をしている女性や、若くして風俗店で働いている女性に対し、「なぜ、こんなところで働いてしまうのかなぁ」という考え方を持つ方は多いです。一般的に、「体を売ることで生きていく女性を憐れむこと」は、常識を持つ大人として当然の態度だという風潮があるのです。

実際、こうした考え方は日本における売春観として主流です。そのため、売春をする側に対しては、しばしばバッシングにも似た行為がされることも珍しくありません。

一方で、「(男性に対して)なんで買春をしてしまったのだろう」という感想は持たれにくい傾向にあります。売春防止法では、男性が女性の体買うことについても禁止しています。それなのに、買った側の男性に対して、世間は「こういう人もいる」程度の認識しか持ちません。

売春と買春は表裏一体のものです。しかし、その間には大きな溝が生まれてしまっています。女性に比べ、男性は「性に貪欲な生き物」という認識を受けやすい立場にあるのです。

もちろん、そんな言い訳で買春が正当化されてしまうわけはありません。ただし、「男性は性欲旺盛、女性は清純」という明治以来の前提がある限り、売春と買春との間にある意識的な格差は埋まりません。むろん、男性の買春は正当化されたままです。

売春は男性に都合のいい構造

以上のように、売春という世界では男性の買春が半ば正当化されています。一方で、女性の売春は「はしたないことである」という印象を持たれがちです。正直なところ、売春は高潔な職業であるとはいえません。

そのため、男性であっても女性であっても、はしたないことには変わりません。

ただ、売春の世界は買い手市場です。つまり、この市場においては買う側である男性の方が強いのです。もっとも、売春婦もこの市場の一定の需要に期待をし、身を投じていくため、供給もなくなりません。すなわち、男性が買春をする限り、売春はなくならないのです。

業界では、こうしたパワーバランスが保たれ続けています。売春の世界が存在し続けているのは、「男性が女性を買い続けること」が根源的な原因です。ただし、男性の買春は半ば正当化されているため、売春の罪を受けるのは、いつの時代も女性だけです。

売春婦は売春婦でいる限り、常に後ろ指をさされてしまう境遇から抜け出すことができません。対照的に、男性は買春や強姦などの決定的な証拠がなければ罪人として扱われることはありません。売春はなんとも、男性に都合のいい社会構造となっているのです。

専門家が売春に関する問題を考える上で、買う側の男性についての議論は盛んになされています。しかし、一般にはそうした考え方はほとんど浸透していないと考えられます。視野を広げるためにも、女性だけでなく男性についても深く考えなければいけません。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。