飛田新地の町並み(嘆きの壁・鯛よし百番)と歴史


飛田新地は1918年に設立された遊郭(ゆうかく:風俗街のこと)です。現在の飛田新地の街並みを見ると、現在でも設立当時の歴史や文化を感じることができます。

ここでは、飛田新地の主な町並みを紹介します。その中でも、嘆きの門と鯛よし百番は現在でも残っている貴重な文化財だといえます。

飛田新地の入り口である「大門(おおもん)」

飛田新地の入り口には「大門(おおもん)」という大きな門がありました。

大門はもともと「城の門」として造られたものでした。そして、飛田新地を含めた各地の遊郭がその造りにならい、大門を設けるようになりました。そのため飛田新地だけでなく、全国の遊郭に大門がありました。

かつての飛田新地は、周辺が刑務所を彷彿とさせるような高い塀で囲まれていましたが、現在は取り壊されてなくなっています。

飛田新地の大門はコンクリート造りで、洋風の外観でした。柱にはアールデコ風(1910~1930年代にパリで流行した装飾様式)の凝った装飾が施されていました。さらに、柱の上端にも突起物のような装飾が施されており、特徴的なデザインとなっていました。

また、ほかの地域の有名な遊郭として東京の「吉原遊郭」、京都の「島原遊郭」があります。これらの遊郭にも大門がありましたが、両方とも柳の木が門の前に立てられており、和風の外観となっていました。

飛田新地が設立された1918年は大正時代(1912~1926年)です。大正時代の前の明治時代(1868~1912年)以降、日本は近代化の象徴として洋風の建物を多く建てるようになりました。飛田新地はこの流れの中で設立された遊郭のため、吉原遊郭や島原遊郭とは異なる、洋風の大門が造られたのです。

現在では大門はなくなっています。しかし柱だけはわずかに残っており、当時の飛田新地を感じることができます。

大門の横に交番がある理由

飛田新地では大門を入ったところに「大門交番」という交番がありました。現在は「飛田交番」という名称に変わっています。

飛田新地の入口を入ってすぐのところに交番があるのには理由があります。

明治時代の遊郭は風俗街として親しまれていましたが、罪を犯した人が紛れ込みやすい街でした。そのため、大門を通り抜ける際に不審な行動をする人は、交番で確認や取り調べが行われました。また、大門を通過する人だけでなく遊郭内で不審者や罪人が見つかった場合も、その人を大門交番に連れてきて取り調べを行っていました。

また、大正時代の飛田新地で働く女性の多くは風俗店に借金を抱えていました。こうした女性が飛田新地から逃げ出すことがあったため、大門交番は風俗嬢が逃げないように監視する役割も担っていました。

飛田新地の出入り口は大門だけであり、ほかは高い塀で囲まれていたため、罪人や風俗嬢が逃げることは困難でした。

飛田新地の道の名称

飛田新地には5本の東西に伸びる「通り」と、3本の南北に伸びる「」と呼ばれる道がありました。

通りは北から順に桜木通り・山吹通り・大門通り・弥生通り・若菜通りという名称でした。また、筋は西から順に下山下筋・北門筋・山下筋という名称でした。

現在では、青春通り(桜木町会)・メイン通り(山吹町会)・妖怪通り(弥生町会・若菜町会)という通りの名前が一般的に使われています。

飛田新地は大阪にありますが、飛田新地が設立された大正時代に人気があったものとして「宝塚歌劇」がありました。飛田新地も宝塚と同じく「遊郭としての雰囲気作りが大切」と考えられ、それぞれの道ごとに上記のような名称がつけられたと考えられています。

また、かつての飛田新地には、「段葛(だんかずら)」という、車道よりも一段高い歩道がありました。脇には小ぶりな松と桜が植えられて、華やかな雰囲気が感じられるようになっていました。段葛は宝塚歌劇場にもあり、この点でも飛田新地が街の雰囲気作りを大切にしていたことがうかがわれます。

風俗嬢の脱走を防いだ「嘆きの壁」

飛田新地の東側には壁があります。飛田新地と壁を隔てて、高くなった場所には壁の先には一般道路が通っています。

現在は飛田新地と一般住宅街を分ける壁として利用されていますが、この壁は「嘆きの壁」と呼ばれていました。

飛田遊郭(現在の飛田新地)が作られた当初、借金返済などさまざまな理由で女性は遊女(風俗嬢)として飛田遊郭で働くことになりました。ただ、遊女として男性客とセックスをする毎日を送るため、女性の中には逃げ出したくなる人も出てきます。

そうしたとき、遊女の脱走を防ぐ目的で壁が設置されました。当時は飛田新地の四方を壁が囲っており、女性は自力で壁を乗り越えて逃げることは不可能でした。そうして女性が嘆いたことから、嘆きの壁という名前が付けられました。

飛田新地にある門のうち、普段は西の大門だけが開いていたといいます。嘆きの壁があったため、外に出るために女性はこの門を通る必要があるため必ず分かってしまいます。嘆きの壁があったため、女性の脱走は少なかったとされています。

それでは、現在の嘆きの壁はどのようになっているのかというと、飛田新地の東側に「単なる高い壁」として残っています。しかし、高い壁とはいっても、飛田新地と阿倍野区の住宅街を分ける壁として非常に役立っています。

飛田新地と隣の阿倍野区はつながっており、階段で行き来することができます。飛田新地の嘆きの壁を登り、阿倍野区へ行くと高層マンションが立ち並んでおり、飛田新地とは別世界のように思えてしまいます。

一方で飛田新地の方へ一歩でも踏み入れると、江戸時代にタイムスリップしたような感覚に陥ります。

当時、嘆きの壁は「飛田遊郭と外の地域を分ける壁」としても機能していました。この機能については、現在でも活用されているのです。

飛田新地で女性が働くとき、いまでは「面倒」「疲れた」などの理由で簡単に辞めることができます。ただ、かつて飛田新地で働く女性は逃げ出すことができず、非常に大変でした。

現存する遊郭「鯛よし百番」

また、飛田新地へ出向いたときに必ず見るべき建物として鯛よし百番があります。大正時代に建てられた遊郭として、現在でも当時の姿を残したままの姿を残しています。

飛田新地では、風俗店は建前上は料亭として経営されています。料亭に立ち寄った男性が料亭の店員さん(風俗嬢)と出会ったその場で恋に落ち、店内でセックスに至ったという形式にしているのです。

ただ、鯛よし百番はきちんとした料理が出る本物の料亭として運営されています。かつての遊郭ではあるものの、現在ではエッチなどのサービスは提供しておらず、純粋に料理を楽しむ施設です。

店は完全予約制であり、二人以上でないと予約することができません。ただ、建物の中は当時の遊郭そのままの状態で残っており、登録有形文化財にも指定されている施設で食事できることを考えると、必ずいくべき料亭だといえます。

飛田新地ではカメラを取り出して写真を撮ることが禁止されています。ただ、鯛よし百番を撮影することについても問題ありません。

ちなみに、私は実際に鯛よし百番へ予約して店内で食事をしました。まず、入り口を入るとスリッパが置かれています。基本的に出迎えてくれる人はいないため、「すみませーん」と大声をあげる必要があります。

玄関の横には、以下のような場所があります。かつて、花魁などの遊女(風俗嬢)がいて女性遊びができたころ、ここに女性が並んで顔見世をしいていました。

スリッパを履いて入口のロビーを抜けると、そこには待合室があります。鯛よし百番の内容は非常に趣があり、中を探索すると感動します。

日光東照宮を模倣した待合室では、壁や天井に絵が描かれており、まばゆいばかりの豪華絢爛な造りになっています。この待合室を見るだけでも価値があります。

かつて、この施設が遊郭として運営されていたころ、この待合室で呼ばれるまで男性はここで待機していたのです。

部屋だけでなく、階段も凝っています。「京名所」と書かれていますが、京都の三条大橋に非常にそっくりな支柱が立っていました。

案内されて二階にのぼっていくと、廊下も非常におしゃれです。壁には絵が描かれており、当時の面影をそのまま残しています。

ガラスからは中庭を眺めることができます。手入れだけでも非常に大変であることが想像できる中庭です。建物の中に中庭があり、ロの字で囲うのは遊郭特有の造りです。

案内された部屋は、こぢんまりとして部屋でした。ただ、二人で予約したので二人にしては十分な広さです。

部屋に案内された後、すぐに建物を探検することにしました。写真を撮るため、施設を歩き回ります。

鯛よし百番の建物には、階段が二つあります。一つの階段は既に写真で載せましたが、もう一つの階段は壁に絵があります。

また、一階の橋を渡った先には大部屋があります。大人数で宴会する場合、この部屋を活用することになります。

一階でも同じように壁に趣のある絵が描かれています。

また、一階にあるトイレも凝っています。トイレの天井に絵が描かれており、非常にキレイです。

昔の遊郭であったためか、男性トイレだけが設置されており、女性トイレはありませんでした。ただ、この日の鯛よし百番には他の部屋で女性客もいたため、店員さんにいって別のトイレを利用させてもらうか、男性トイレを活用することになります。

鯛よし百番の内装は手入れが行き届いておらず、壁の絵が剥げてしまっていることが多いです。ただ、そうした古ぼけた感じが非常に良い味を出しています。

実際の食事については、会席料理でした。非常に多くの食事が出され、食べきれないほどの量で満腹になりました。以下では、出された料理の一部を載せます。

これだけの建物を味わうことができ、昔の遊郭を堪能しながら食事できることを考えると、非常にコストパフォーマンスは良いです。たとえ飛田新地での風俗遊びに興味がなかったとしても、鯛よし百番で食事をするのを体験するのは大きな価値があります。

このように、飛田新地の街並みにはさまざまな特徴があります。飛田新地を訪れると女性に目がいきがちです。しかし、街並みに目を向けてみると飛田新地の歴史や文化を感じることができ、さらに味わい深い楽しみ方ができます。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。