吉原の遊女の階級制度


kaikyu

吉原の遊女には階級がありました。階級が上位の遊女はルックスや気立てが良く、男性客から非常に人気がありました。遊女の仕事ぶりは妓楼(ぎろう:現代でいう風俗店)での女性の待遇にも反映され、上位と下位の遊女で待遇には歴然とした差がありました。

妓楼の店主は「遊女の待遇に差をつけることで女性同士が競争し、より質の高いサービスを提供してくれる」と考えていました。さらに、男性客は見栄を張りたくなり、「上位の遊女と遊びたい」と思いやすくなります。

妓楼の遊女の階級制度は、妓楼のビジネス的なアイデアとして生まれたものだったのです。この階級制度は幕末まで続きました。

ここでは吉原の遊女の階級を紹介します。

上級遊女「花魁(おいらん)」

遊女の中でも上級の女性は「花魁(おいらん)」と呼ばれます。花魁はさらに3つの階級に分かれており、昼三(ちゅうさん)・座敷持(ざしきもち)・部屋持(へやもち)と呼ばれていました。

最も上級なのが「昼三」です。この名称は遊女との遊ぶための費用である揚代(あげだい)が金三分(ぶ)であったことに由来します。

昼三の女性は、普段生活するための個室が与えられており、男性客を迎え入れる部屋も別に与えられていました。昼三は2つの部屋を行き来して、男性客にサービスを行っていました。さらに、与えられている部屋はほかの位の遊女と比べて豪華なつくりとなっていました。

昼三の中でも最高位の女性を「呼出し昼三」と呼びます。吉原の中でも最高峰に位置する女性です。

呼出し昼三は男性客とのプレイだけでなく、お供を従えて吉原の「仲の町」という大通りを練り歩く「花魁道中(おいらんどうちゅう)」というパレードを行っていました。その様子は非常に華やかで、浮世絵などにも多く描かれ、現代に至るまで芸術作品として保存されています。

昼三の次に高い階級の「座敷持」は昼三ほどの豪華な部屋ではありませんが、自分が生活するための部屋と男性客を迎える部屋を持っていました。

花魁の中では最も下の階級である「部屋持」は、自分の部屋を持っており、男性客とプレイをする際には、男性を自分の部屋に招き入れていました。

このように、上級遊女の中でも階級によって与えられる部屋数や部屋の豪華さが異なりました。遊女たちは上級遊女になりたいと考え、とりわけ昼三にあこがれていました。

oiran花魁と振袖新造・禿

下級遊女「新造(しんぞう)」

上級の遊女に対し、下級遊女を「新造」と呼びます。新造もさらに2種類に分かれており、振袖新造(ふりそでしんぞう:略して振新)と番頭新造(ばんとうしんぞう:略して番新)の2つの階級がありました。

振袖新造」は普段は20畳ほどの部屋に雑居して生活しており、男性客の相手をする際は「廻し部屋(まわしべや)」と呼ばれる部屋でプレイを行いました。

番頭新造」は上級遊女の雑用を手伝う役割を担っていた遊女です。男性客を取らないのが基本です。番頭新造は年齢が高い女性が多く、30歳を過ぎた人が就いていました。

遊女として修行をする「禿(かむろ)」

さらに、遊女としての修行をする少女を「禿」と呼びました。10~15歳くらいの少女のことを指し、花魁のもとで雑用を行います。これに加えて妓楼のしきたりを学び、15~16歳で新造になり、遊女としての仕事をスタートする仕組みとなっていました。

妓楼では遊女に「源氏名(げんじな)」という名前が付けられます。禿にも名前が付けられていましたが、「みどり」や「よしの」など、ひらがなで3文字を付けられることが多い傾向にありました。

前述の花魁道中では花魁がお供を付けて大通りを歩きますが、その際のお供は新造や禿です。

また、上級遊女の最上級である昼三には「禿が一人前の遊女になるまで面倒を見なければならない」という決まりがありました。

遊女としてデビューする際の儀式・お祝い

このように吉原の遊女にはさまざまな階級がありました。現在の風俗店は高級店や一般店があり、そこに勤める女性にはランクが存在しています。これと似た仕組みが、江戸時代の吉原にもあったのです。

吉原の遊女は、「少女のころから吉原で遊女としての修行を積み、男性客を取るようになる場合」と、「吉原に住むようになってすぐに男性客を取る場合」の2通りの女性がいます。

前述の通り、吉原の遊女として修行を積む少女のことを「禿(かむろ)」と呼びます。吉原の遊女としての仕事は「最長10年、年齢は27歳まで」という原則がありました。しかし、これはあくまでも原則で、遊女は借金返済のために10年より長く仕事をしたり、27歳以上になっても仕事をしたりすることがありました。

そうした遊女として働く人生の中で、どのようにして遊女としてデビューをしていったのでしょうか。

遊女としてのお披露目「新造出し(しんぞうだし)」

禿が新造になる際にはお披露目が行われますが、これを「新造出し」といいます。禿を卒業して、ここから遊女として仕事を始めます。

江戸時代には5~8歳で吉原に入り、禿として吉原で遊女の修行を始める少女が多くいました。この場合、13~14歳で新造出しが行われるのが一般的でした。新造出しは遊女としてのデビューではありますが、すぐに男性客を取ることはしません。まずはお祝いが行われます。

新造出しの10日ほど前から、新造出しを行う女性は風俗店である妓楼(ぎろう)の関係者、妓楼に男性客を案内する引手茶屋(ひきてぢゃや)などに蕎麦(そば)を配るのが一般的でした。また、赤飯を炊いて周囲の人達や知人に配っていました。

こうしたお祝いを催すためには大きな費用がかかります。新造出しをする女性には、まだ収入がありません。そのため、遊女になるための指導を新造出しするまで行い、また面倒を見てきた花魁(おいらん)が、費用を負担しました。花魁は吉原の上級遊女を指します。

ただ、花魁は費用を出してくれますが、「新造となった女性の借金扱い」になります。そのため、新造となる女性は、今後男性客を取ることで花魁に借金を返す必要がありました。

yoshiwara6花魁と新造

初の性行為を行う「水揚(みずあげ)」

幼いころに吉原に来て、禿として生活していた女性の中には、性行為をまだ一度も体験したことのない人がいます。この場合「水揚」という、初の性行為をする儀式が行われます。なお、すでに遊女としての経験がある女性や既婚の女性には水揚は行われません。

水揚には「ほかの遊女がよく知っている男性客で、40歳を過ぎた男性に性行為を依頼する」というルールがあります。

40歳というと中年男性にあたる年齢です。若い男性に水揚を依頼しないのは「手荒なプレイをする可能性があるため」です。40歳を過ぎた男性は比較的柔らかいプレイをする人が多く、女性を傷つけることがありません。いわゆる「女性の扱い方」をわきまえているのです。

妓楼は女性の水揚に気を遣っていました。それは、妓楼にとって「遊女が商品」だったためです。女性が初体験で手荒な性行為を行われて男性恐怖症になってしまうと、女性はその後仕事ができなくなってしまいます。そのためスムーズに性行為に慣れることができるように、妓楼は女性に配慮していました。

遊女として一人前になるための「突出し(つきだし)」

女性が新造出しと水揚を終えると、遊女として初めて男性客を取ります。これを「突出し」と呼びます。突出しを終えると、晴れて遊女として一人前になります。

突出しをする当日は新造出しと同じようにお祝いとして、金銀の扇や杯(さかずき)を配るのが一般的でした。さらに、吉原内の各地に強飯(こわめし)という、「もち米を蒸してあずきで赤く色をつけた飯」を配りました。

また、着物や「夜具」と呼ばれる布団などを新調する必要がありました。この費用は妓楼が負担してくれて、原則的に遊女が費用を支払う必要はありませんでした。

以上のように遊女としてデビューをする際には、女性はさまざまな儀式やお祝いを行います。こうして、長い遊女としてのキャリアがスタートするのです。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。