女性と不倫をするときには、ホテルを利用することが多いです。不倫をするときには行動に気をつけないと、不倫をしていることがバレてしまいます。ホテルを利用するときにも、注意するべき点を守る必要があります。

ここでは「不倫でホテルを利用するときの注意点」について紹介します。ホテルに行って女性とエッチを楽しむ人は多いです。しかし浮気が発覚することを避けるため、油断しないようにしましょう。

不倫でホテルを利用する際の心構え

ホテルを利用する際の心構えとして「奥さんが探偵に調査を依頼している可能性がある」と考えておきましょう。

「もしかしたら、旦那が不倫をしているかもしれない」と感じた女性は、探偵事務所に「浮気調査」を依頼することがあります。浮気調査では探偵事務所の調査員が尾行や張り込みなどによってあなたの行動を監視します。そして浮気の証拠となる写真を撮影したり、音声を録音したりします。

「おそらく奥さんは不倫に気付いていないだろう」と油断していると、思わぬことが原因でバレてしまう場合があります。そのため最初から「探偵に監視されている可能性があること」を前提として考えるほうが、自分の行動の細かなところまで注意を払うことができるようになります

不倫が見つかってしまうと離婚や裁判など、大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。そのことを十分に理解した上で、行動する必要があるのです。

ホテルを利用する際の注意点

以下では、不倫相手とホテルを利用する際の注意点を紹介します。全て大切なので、きちんと守るようにしてください。

ラブホテルではなく、シティホテルやビジネスホテルを利用する

不倫をする上で利用するホテルは、「ラブホテル」ではなく「シティホテル」や「ビジネスホテル」が良いです。シティホテルは「都市部の繁華街にあり、上質な雰囲気でていねいな接客を行ってくれるホテル」です。ビジネスホテルは「主にビジネス用途で利用する、シンプルな設備のホテル」を指します。

ラブホテルは「エッチをする場所」というイメージがあります。ラブホテルに不倫相手と2人で入店すると、それだけで不貞行為(ふていこうい:配偶者以外の人とセックスをすること)を疑われてしまいます

これに対してシティホテルやビジネスホテルを利用する場合、すぐに「女性とエッチをするためにホテルを利用している」と疑われることはありません。これらのホテルは仕事で利用することがあるためです。

このようなことから、「不倫相手の女性とエッチをしよう」と思ったときにはラブホテルを選ばないようにしましょう。そしてその代わりとして、シティホテルやビジネスホテルを利用するようにしましょう。

また、シティホテルとビジネスホテルでは、シティホテルを利用するほうが不倫相手の女性は喜びます。シティホテルのほうがビジネスホテルより料金が高い傾向にあります。ただ、その分だけ女性は「この男性は経済力がある人だ」と思ってくれやすくなります。

ビジネスホテルを利用すると、女性が「この男性はケチなのかもしれない」と感じることがあります。そしてあなたに対する好意を失ってしまう可能性があるため、気を付けましょう。

ホテルの予約をしないようにする

不倫相手の女性とホテルで会うときには、「女性と確実にホテルで過ごせるように、予約をしておこう」と考えるかもしれません。しかしホテルを予約することで、奥さんにバレる可能性が高くなってしまいます。

奥さんと一緒にいるときに、ホテルから「予約を確認する電話」があったとします。ホテルからと気付かずに電話に出てしまうと、「何か怪しい」と奥さんに感付かれてしまう可能性があります。あまりこのような連絡がホテルからくることはありません。しかし、できる限りバレる可能性を下げるためには、予約をせずにホテルを利用するほうが良いです

また、初歩的なことですが、予約やチェックインの際に自宅の電話番号をホテルに伝えることは絶対にやめましょう。自宅にホテルから連絡があり、奥さんが電話に出てしまうと、不倫がバレる可能性は非常に高いです。

不倫相手の女性と一緒にホテルへ入らない

不倫相手とホテルに向かう際には、別々に入るほうが安全です。この理由は「2人で一緒にホテルへ入るところを、探偵や知人に見られてしまう可能性があるため」です。

浮気相手と時間をずらしてホテルへ入るようにすれば、知人に見られても不倫を悟られることはありません。また、探偵は「あなたと不倫相手が一緒にホテルへ入っていく姿」を撮影しないと、不倫の確証を得たことにはなりません。そのため別行動をすることで、証拠をおさめられる危険性が低くなくなります

利用するホテルを毎回変えるようにする

一度利用したホテルを、次に不倫相手と会うときにも利用してしまうことがあります。しかしこのような利用の仕方は、不倫がバレてしまう可能性が高くなります。そのため、やめておくほうが良いです。

都市部のホテルは混み合っていることが多く、比較的空いているホテルを見つけると、ついそのホテルばかりを利用してしまいがちです。しかし不倫相手の女性と会う際に毎回同じホテルを利用すると、デートをするときの行動がいつも似たものになってしまいます。

すると奥さんが浮気調査を依頼している場合に、探偵があなたの行動を監視しやすくなります。探偵があなたの行動について「旦那はいつも利用しているホテルに向かう可能性が高い」と推測するようになり、不倫の証拠をつかまれる可能性が高まってしまうのです。

新しいホテルを探すことは、手間がかかります。しかしそれでも、不倫をするときには利用するホテルを毎回変えるようにしましょう。「いつも違った雰囲気のホテルで不倫相手の女性と過ごせる」と考えるようにすると、ホテル選びが楽しくなるはずです。

ホテルにチェックインした後も、警戒して行動する

ホテルにチェックインした後は「誰にも不倫の現場を見られることはないだろう」と思うかもしれません。しかしチェックイン後も不倫がバレる可能性はあるため、気を付ける必要があります。

特に探偵は不倫の証拠を写真で撮影したり、映像としておさめたりするために、あなたに近い場所まで接近してくることがあります。例えばエレベーターに乗ってドアが閉まりそうになったときに探偵が突然近付いてきて、2人でいる状況をカメラで撮影されてしまうことがあります。

ホテルの部屋に入室すれば、誰かに見られることはありません。しかしそれ以外の場所では、ホテル内であっても不倫相手の女性と2人で行動することはやめましょう

部屋に入室するときには予約した部屋がある階とは別の階で一度エレベーターを降りて、怪しい人影がないかを確認してから改めて部屋に向かうと良いです。また、部屋から出てホテル内の廊下を歩くときは、1人ずつ部屋から出て歩くようにしましょう。

別々に行動していたとしても、2人が同じ部屋に入室したり、退室したりする現場を撮影されると、不倫の証拠になってしまいます。そのため部屋に出入りする際には、十分に注意する必要があります。また、ホテルからチェックアウトする際も、不倫相手と時間をずらして出るようにしましょう

不倫がバレることを恐れるあまり、動揺しないようにする

不倫でホテルを利用する際には、上記のように気を付けるべき点がたくさんあります。男性はこれらをしっかりと守って行動する必要があります。

しかしホテルで神経質になりすぎると、女性が「不倫がバレることを気にしすぎて男性が焦っている。この人は頼りない」と感じてしまいます。

女性は不倫をするときに「刺激のある恋愛を楽しみたい」と考えていることがあります。不倫がバレないように気を付ける必要はありますが、女性の前では堂々と振る舞うようにしましょう。探偵に見つかることを恐れて動揺していては、ホテルで女性と楽しく過ごすはずが、逆に不倫相手との関係が悪化してしまいます

不倫でホテルを利用する際には、以上のようなことに気をつける必要があります。細かな点まで注意して行動する必要がありますが、不倫は発覚すれば夫婦関係のトラブルに発展する恋愛です。そのためこのように行動が制限されることは、仕方ない面があります。十分注意して行動するようにして、不倫を楽しんでください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認