不倫をするときには、相手の女性にプレゼントを贈りたくなることがあると思います。不倫をする上では、基本的にプレゼントを不倫相手にあげることは避けるほうが良いです。それは「プレゼントを贈ったことが奥さんにバレてしまい、不倫が発覚する可能性があるため」です。

しかし奥さんに見つからないよう上手にプレゼントできるのであれば、不倫相手に喜んでもらうことができます。ここでは「不倫相手にプレゼントをするときの注意点」について紹介します。

不倫相手にプレゼントを贈ることは非常に危険な行為

前提として、不倫相手にプレゼントを贈ることは「非常にリスクのある行為」であることを自覚しておきましょう。

通常の恋愛でプレゼントを贈ることは良いことですが、不倫している女性にプレゼントをあげてしまうと、「不倫の証拠」が残りやすいです。

人によっては「自分は注意深いから、不倫の証拠を残さないようにすることができる」と思うかもしれません。しかし人はふとしたことで、ミスをしてしまう場合があります。万が一のことを考えて、「不倫が発覚する可能性があるものを、できるだけ残さないようにすること」が大切なのです。これはプレゼントだけでなく、不倫をする際の行動全てにいえることです。

不倫相手にプレゼントを贈ることは、「自分から証拠を残そうとする行為」であることを理解しましょう。そしてその上で「どうしても不倫をしている女性にプレゼントを贈りたい」と考えるのであれば、自己責任の上で行動に移してください。

レシートを残さないようにする

不倫相手にプレゼントを贈る際には、購入した品物そのものだけでなく、「レシート」にも気を付ける必要があります。購入したレシートがきっかけになり、不倫が判明してしまうことはよくあります。

レシートには「購入したお店」「購入した日にちと時間」「品物」が記載されています。もし奥さんや、奥さんが不倫についての調査を依頼している「探偵」が不倫相手のために購入した品物のレシートを見つけてしまうと、不倫の証拠をつかむための重要な手がかりになってしまいます

レシートが見つかっただけでは、不倫をしていることの決定的な証拠にはなりません。しかしレシートに記載されている情報から、あなたがどのような行動をしているかが分かるようになります。例えばプレゼントを購入したお店からは「行動範囲」を、購入日時からは「いつ不倫をすることが多いのか」などを推測することができます。

もし不倫相手のために購入したプレゼントのレシートが探偵の手に渡った場合、探偵はレシートから上記のような情報を深く推測します。そして、不倫が発覚してしまう可能性が高くなってしまいます。

そのためプレゼントを購入した際にレシートを受け取ったら、自宅ではない場所で捨てるようにしましょう。財布に残したり、自宅にレシートを持ち込んだりすると、奥さんにバレる危険があります。「レシートなんて、単なる紙切れじゃないか」と安易に考えず、細心の注意を払うことが大切です。

クレジットカードを使わないようにする

不倫相手へのプレゼントを購入する際には、クレジットカードを使わず現金で支払うようにしましょう。これは「クレジットカードの利用履歴」が残ることを避けるためです。

クレジットカードを利用すると、「利用明細」に購入した日時や品物、金額が記録されます。これが奥さんや探偵に見つかることで、不倫を突き止められる原因になってしまいます。

人によっては「利用明細は自分しか見ないから大丈夫」と考えるかもしれませんが、油断は禁物です。奥さんは不倫を疑い始めると、「不倫をしていることを突き止められる証拠が必ずあるはず」と考えて、さまざまなところを調べるようになります。そして普段は見ないクレジットカードの利用明細も、確認することがあります。

また、「明細の書面発行を止めて、インターネットで明細を確認する形式(WEB明細)にしているから、他の女性にプレゼントを購入したことはバレないだろう」と考えることも避けるべきです。WEB明細にすることで、奥さんにバレにくくなるかもしれません。しかし履歴は残ってしまっているため、何かのきっかけで明細を見られてしまう可能性があります。

このようなことからプレゼント購入の際には念のため、履歴が残らない「現金支払い」を選択するほうが良いです。支払い方法まで注意して、不倫相手とのデートを楽しみましょう。

プレゼントを選ぶときには、不倫相手の女性に配慮する

不倫相手へのプレゼントを選ぶときには、「彼女にはこのネックレスが似合いそうだ」のように、「自分が不倫相手の女性にあげたいもの」を思い浮かべてしまいがちです。しかし不倫相手のためにプレゼントを選ぶ際には、「相手の女性に配慮すること」が大切です。

あなたからプレゼントを受け取った不倫相手の女性は、それを自宅に持ち帰ることになります。相手女性が旦那持ちで、その贈り物が「その旦那さんに見つかってしまった場合」を想像しましょう。

もしあなたがネックレスを贈ると、不倫相手の女性は旦那さんに「このネックレスは、誰からプレゼントされたのだ」と問い詰められたときに、言い逃れをすることができません。そして、不倫を続けることができなくなる可能性があります。「不倫相手を幸せにしよう」と思って渡したプレゼントが、結果的に2人の関係を壊してしまうことになるのです。

そのため不倫相手へのプレゼントを検討するときには、「万が一プレゼントが女性の配偶者に見つかったときに、女性が言い訳をしやすいもの」を選ぶと良いです。

例えば「観葉植物」「手帳カバー」「アロマグッズ」などは、もし浮気相手の女性が旦那さんに見つかってしまっても、「家族のために購入した」「自分のために購入した」と言い訳をすることができます。

また、このように配慮してプレゼントを贈ると、浮気をしている女性は「この男性は私に気を遣ってくれている」と嬉しく感じることが多いです。

不倫相手の女性は「不倫は本来、するべきではない恋愛である」ということを理解しています。そのため女性は「男性がネックレスをプレゼントしてくれたらたしかに嬉しいけれど、不倫がバレやすいから受け取っても困るな」と考えているのです。

プレゼントを選ぶときには、「女性の趣味」に合わせる

不倫相手の女性に贈るプレゼントを選ぶ際、人によっては「この手帳カバーはお洒落なデザインだから、きっと彼女が喜んでくれるだろう」と考えることがあります。しかし、自分の趣味でプレゼントを選ばず、「女性の趣味」に合わせることが大切です。

例えば不倫相手の女性が「花柄」を好むとします。この女性に「シンプルで大人っぽいデザインの手帳カバー」をプレゼントとして贈ると、不倫をしている女性が旦那さんから「その手帳のデザイン、いつもの『花柄』趣味が違うね。どうして買ったの?」と不審に思われる可能性があります。

このように自分の趣味でプレゼントを選んでしまうと、トラブルに発展してしまうことがあるため気を付けましょう。女性の趣味を理解しているのであれば、それに合わせたプレゼントを贈るべきです。

人によっては「不倫をしている女性にこのピアスを身につけてほしい」「プレゼントを渡すときに、女性を驚かせたい」のように考えるかもしれません。しかし自分の感情に流されて行動してしまうと、不倫の関係が壊れる可能性があります。

プレゼント選びは楽しいですが、不倫は「ひそかに楽しむ恋愛」という性質があります。そのため冷静に考えて、「プレゼントを女性の趣味に合わせること」が大切です。

女性の趣味が分からないときには、不倫をしている女性とデートを楽しんでいるときに、女性がどのような物やデザインを好むのかを確認しておくと良いでしょう。また、前もって女性が欲しいものを聞いておいて、お店へ行って2人でプレゼントを選ぶことをお勧めします。

クリスマスや女性の誕生日などにプレゼントを渡さないようにする

不倫相手の女性にプレゼントを贈る際には、クリスマスや女性の誕生日などに渡すことを避けましょう。こうしたイベントが近い日にプレゼントを渡すと、もし女性がプレゼントを旦那さんに見つけられてしまった場合に、不倫がすぐにバレてしまいます。イベントの日や記念日などにプレゼントを贈ることは、「自分から不倫をバラそうとする行為」といえるのです。

女性との恋愛では、クリスマスなどにプレゼントを渡すことは自然なことです。しかし不倫をする上では、これを絶対に避けるべきです。

ただ、イベントの日にプレゼントを贈ることができないと、恋愛を楽しむことができません。これに代わる方法として、「女性と出会った日」や「女性と出会って半年後」「初めて2人でキスをした日」など、不倫相手と一緒に記念日を作ると良いです。

2人にしか分からない記念日」を作ると、不倫相手の女性は喜んでくれやすいです。そのためクリスマスや誕生日にプレゼントを贈ることができなくても、恋愛を楽しむことができます。

品物ではなく、食事やコンサートに誘う

不倫相手へのプレゼントは、品物だけから選ぶ必要はありません。「高級レストランでの食事」や「コンサート」も、良いプレゼントといえます。

このような「形の残らないプレゼント」であれば、不倫相手の女性が旦那さんにバレてしまう可能性を下げることができます。不倫をしている女性によっては「品物ではないプレゼントのほうが、不倫がバレにくいので助かる」という人がいます。

また、コンサートのチケットを思い出に残しておきたくなるかもしれません。ただ、終わったあとは不倫を隠すために、自宅ではないところで捨てることをお勧めします。

さらに、食事やコンサートは形に残らないものの、クリスマスやホワイトデーなどが近いときに誘ってしまうと、前述のように不倫がバレてしまいやすいです。そのためできるだけ「イベントがない普通の日」に誘うようにしましょう。また、こうした日は比較的空いていることが多いため、「2人でゆっくりと過ごすことができる」というメリットがあります。

メッセージカードをつけないようにする

不倫相手に対して贈るプレゼントには、「メッセージカード」をつけないようにしましょう。

プレゼントには気持ちを込めるために、「いつもありがとう」などのメッセージカードをつけることがあります。ただ、不倫相手に対してこれをしてしまうと、不倫がバレる原因になりやすいです。

メッセージカードは気持ちがこもっているものであるため、不倫相手の女性はカードを捨てずに保管しておくことが多いです。

しかし、もし「愛してるよ。これからもよろしくね」のようなメッセージを書いたカードが不倫相手の旦那さんに見つかってしまうと、不倫をしている女性だけでなく、あなたも問い詰められる可能性が高いです。不倫をしている女性の旦那さんが「このメッセージは誰が書いたものだ」と追求するためです。

不倫をする上ではレシートやプレゼント、メッセージカードなど、「形のあるもの」を極力残さないように行動することが大切です。「自分の名前を書いたメッセージカードをつけて、女性にプレゼントを贈ること」は、論外ともいえる危険な行為です。

人によっては「メッセージカードのほうが直接話すよりも、気持ちを伝えやすい」と考えるかもしれません。しかし不倫がバレるリスクを避けるために、不倫相手に対する愛情は、直接言葉で伝えるようにしましょう。

不倫相手の女性にプレゼントを贈る際には、以上のことに気を付ける必要があります。

不倫は配偶者に見つかってしまうと、大きなトラブルに発展してしまいます。不倫相手の女性にプレゼントを贈ることは、「不倫していることをバレやすくする行為」といえます。不倫している女性を大切に想うことは大切です。ただ、このような危険があることを十分に理解した上で、プレゼントを贈るようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認