club

風俗店はプロの女性とプレイを楽しむことができますが、素人の女性が好きな方にお勧めなのが「クラブ」です。音楽が大きなボリュームで流れており、お酒を飲んだりダンスを楽しんだりできる店です。クラブは風俗店ではありませんが、男女の出会いの場として訪れる方は多く、人気を博しています。

クラブは全国にありますが、都市部を中心として数が多い傾向にあります。ここではクラブの特徴や料金について紹介します。

来店するのは20~30代の若い男性・女性が中心

クラブに訪れるのは20~30代の比較的若い男性・女性が多いです。ライブハウスのような雰囲気があり、大きなボリュームと重低音を強調した音楽が流されているため、若い方のテンションが上がりやすいです。中には30代後半や40代、もしくはそれ以上の年齢の方もいますが、比較的少数です。

クラブによっては年齢層が高めの店舗もあり、こうした店は「大人のためのクラブ」として運営されています。落ち着いた雰囲気が良い方にはこちらがお勧めです。ただ、高めの年齢でクラブに行く方は少なめのため、大人向けのクラブが存在するのは東京や大阪などの都市部に限られます。

クラブ内は「フロア」と呼ばれるダンスができる空間と、カウンターがあります。カウンターではお酒などのドリンク類を注文することができます。店によっては食事を注文できるところもあります。フロアはいくつかに分かれており、それぞれで違ったジャンルの音楽が流れています。DJが途切れないように次々に音楽を流してくれて、さまざまな音楽を楽しむことができます。

流れている音楽はオールジャンルと呼ばれる、海外の人気曲で構成されるジャンルや、ヒップホップ・R&B・レゲエ・トランスなどがあります。クラブによってはひとつのジャンルに特化しているところもあります。

クラブは2,000~4,000円ほどの料金で楽しむことができます。地域によって相場が異なりますが、入場料3,000円で2杯ほどのドリンクチケットが付いてくるというのが一般的です。

また、クラブが賑わい始めるのは多くの場合22時以降です。24時を過ぎて盛り上がってくることも多いです。そのため飲み会の2次会や3次会として訪れる方も多いです。

素人女性が好きな方にお勧め

クラブに訪れるのは一般の男性・女性です。風俗店では店に在籍している女性とプレイをしますが、クラブの場合は素人の女性と会話を楽しむことができます。

ただし、男性は待っているだけでは何も始まりません。いわゆる「ナンパ」をする必要があるのがクラブの特徴です。男性が女性に声をかけて、その場の雰囲気を盛り上げたり、女性を楽しませたりする力がないと、女性は「つまらない」と感じてすぐに立ち去ってしまいます。

クラブに来ている男性や女性は、比較的垢抜けた雰囲気の方が多いです。流行のファッションで身を包み、気軽なトークを駆使してその場の会話を楽しみます。ときにはそのまま恋愛関係に発展することがあり、クラブを出て居酒屋で飲みなおしたり、ラブホテルに行ったりすることもあります。

男性が女性をクラブからラブホテルに連れていき、セックスをすることを、通称「お持ち帰り」といいます。お持ち帰りができる男性はクラブでは「勇者」として、ほかの男性から尊敬の眼差しを向けられます。

女性に声をかけたことがない方は緊張することが多く、さらにその場を盛り上げる会話をするには「レベルの高い会話力」が必要です。そのため、素人の女性が好きというだけではお持ち帰りはできず、ファッションセンスや会話に自信がある方に向いている場といえます。

積極的に声をかければ出会いが多い

このようにクラブは、自分から女性に声をかける必要があります。ここで尻込みしてしまう方には不向きですが、声かけができるようになると、たくさんの出会いがあります。自分からどんどん声をかけることで次々に女性と連絡先を交換したり、お持ち帰りできたりする方もいます。

また、クラブに来ている女性は美人や可愛い人も多いため、「頑張りがいがある」という方もいます。クラブは向き不向きが出やすい出会いの場といえます。体験したことがない方は、自分に向いているかを確かめるために、一度出向いてみると良いでしょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認