gdahjyr

社会人であると、出会いの場が必然的に少なくなるケースがよくあります。学生のころは周りに女性がたくさんいた人であっても、サラリーマンとして会社で働くようになると周囲はほとんどが男性であったり、女性がいても既婚者だったりするケースは多いです。こうした場合、どこで出会いの場を作り、さらにはどのようなステップを踏んで彼女を作ればいいのでしょうか。

社会人が彼女を作ろうとするとき、適切な3つのステップがあります。このときのステップは学生のころとはまったく違うため、「社会人が行うべき彼女の作り方」を実践しなければいけません。

どのようにして社会人男性が女性と出会い、さらには彼女にするのかを順序立てて理解することができれば、あとはその通り行動するだけでかわいい彼女を作ることができます。

ステップ1. 出会いの場を作る

当然ですが、彼女を作るためには女性と出会わなければいけません。このとき、どのようにして出会えばいいのでしょうか。この答えは簡単であり、まずは出会いを提供してくれている場へ積極的に足を運んでください。例えば、街コン、合コン、婚活イベントなどです。

結婚までは考えていない人であっても、合コンを開催してくれる友人がいなかったとしても、街コンであれば参加しやすいはずです。

ただ、地域によっては田舎すぎて街コンすら開催されていないケースがあります。しかしながら、それでも問題ありません。離島などの極端な例は除き、基本的にどの地域に住んでいたとしても女性と出会うことのできるツールが存在します。それは、出会い系サイト(出会い系アプリ)です。

かつて、出会い系サイトは犯罪の温床でしたが、いまは法律も整備されて安全なものになっています。実際、私は出会い系を何年も使っていますが犯罪に巻き込まれたことはありませんし、身バレも一切ないです。

地方でも問題なく出会える

そして、地方に住んでいても問題ありません。私が初めて出会い系サイトを活用したときは島根県に住んでいましたが、人口が最も少ない県と呼ばれていた地域であっても、出会い系サイトを活用して問題なく女性と会ってデートを重ね、彼女にしています。

島根県であると、街コンや婚活イベントはほぼありません。また、私がこれまで住んだことのない地域であったため、当然ながら男友達も皆無なので合コンの機会もありません。ただ、会社の同僚から「出会い系サイトならかなりの女性と会える」ことを聞き、半信半疑で使い始めるとそこには別世界が待っていたのです。

なお、現在の私は東京に住んでいますが、人口が多い分、出会い系によってさらに簡単に女性と会えることを実感しています。

いずれにしても、家と会社を往復するだけで出会いの場を作るのは不可能です。自ら出会いの場を創造する努力をしなければいけません。その中でも出会い系はどの地域に住んでいても通用するツールだといえます。

ステップ2. ボディタッチを行い、自ら惚れる

上記のように、出会いを提供してくれている場は意外と存在します。面倒であってもこうした場に顔を出したり、ツールを活用したりしなければいけません。

そうして女性と出会った後は、デートをすることになります。このとき、最初はランチやディナー(飲み)のどちらかにしましょう。いきなり遊園地や水族館など、長時間のデートは重たすぎです。最初、軽い食事を行うのが社会人として行うべきデートの鉄則です。

このとき、ボディタッチをすることを意識してください。いきなり最初から手をつなぐのは難しかったとしても、食事の席でボディタッチをするのはそこまで難しくありません。肌が触れることによって、相手は親近感を覚えてくれるようになります。

自然なボディタッチが必要

ただ、当然ながらボディタッチをするまでの流れが不自然だと相手に嫌われます。そこで、自然な流れを会話の中で作ってください。

別に難しく考える必要はなく、例えば「手がきれいだね、ちょっと見せてよ」と言って相手の手を握ればいいです。または、「肌の色が白いね」と言いながら、相手のほっぺをつんつんしてもいいです。

・手を握る

・ほっぺをつつく

・肩を触る

・頭をなでる

などは下心なく普通に行える行為です。「肩を回す」などはハードルが高くても、上記のボディタッチを積極的に活用して、相手との心の距離を近づけるようにしましょう。

ただし注意点があります。それは、手を握ろうとしたりほっぺをつつこうとしたりしたとき、相手女性が拒否反応を示すときです。体をのけぞらしたり、顔を遠ざけたりしたとき、相手はあなたに対して恐れの心があります。この状態でボディタッチを何度も試みるとよけい嫌われるため、拒否反応があった場合はボディタッチを控えるようにしましょう。

自ら惚れる重要性

そして、自ら惚れることが重要です。例えば、たとえ好きでない女性であっても「好きです!」と言われれば、あなたは悪い気はしないはずです。むしろ、それまで好きでも何でもなかったその人のことが気になり始めるようになることもあります。

これと同じように、相手女性に好意をもっているのであれば、「相手を自分に惚れさせる」という傲慢な考え方は捨て去りましょう。そうではなく、自ら相手のことを完全に好きになってしまい、それを必ず言葉で表しましょう。

なぜ、世の中でチャラ男と呼ばれる人種がモテるのかというと、「今日も君はキレイだね」「いまの髪型、最高に美しいよ」など、普通の男性が言わないことをサラッと伝えているからです。

もちろん別にチャラ男と同じ行動をする必要はありません。実際、私はわりと真面目な部類の人間ですし、いまでもナンパは無理です。

ただ、「ちょっと惚れてしまいそうだよ~」「それだけ周りに気を使える人は好きですよ」などをさりげなく言うようにしています。「好きです」という単語であっても、先ほどのように「周りに気を使える人は好きですよ」なら自然で問題ないはずです。

これらを言えるようになるには、「慣れ」が必要です。スポーツで練習しなければ試合で結果を出せないのと同じように、まずは出会いの場を作ることで「キレイだね」「惚れてしまうよ」「好きだよ」などの言葉を自然に出せるようにしましょう。

ステップ3. 告白はせず、先にセックスをする

高校生など、学生と社会人の恋愛も最も大きな違いには「告白は絶対にせず、先にセックスをするべきだ」ということがあります。多くの人は告白をしたあとに彼氏彼女の関係になるべきいう固定概念があります。ただ、「付き合ってください」などの言葉を社会人男性は絶対に使ってはいけません。そうした行動は高校生までにしましょう。

そうではなく、2~3回など数回デートした後、自分の家に女性を連れてくるようにしましょう。または、場合によっては相手女性の家に行くのが良いかもしれません。ラブホテルに連れていくのが良いのかもしれません。これについては、臨機応変に変える必要があります。

このときは飲み会などによってお酒を飲むのが最も効果的です。例えばラブホテルへ連れていく場合、「これだけ飲んでいて一人では危険だよ」「部屋だけ取って、俺は先に帰るから」などのように言うといいです。

決して、ラブホテルへ一緒に行きたいなどと言ってはいけません。相手女性を心配した配慮の言葉が必要です。

家に連れ込む場合であっても、「家にDVDがあるから一緒に見ようよ」「(あらかじめ自分でケーキを買っておき)友達の結婚式で大きなケーキをもらったけど、一人で食べきれないから手伝ってよ」などの理由を用意すれば問題ないです。

女性とエッチをしなければいけない

そうして自分の家(または女性の家やラブホテル)へ行った後は、エッチするのはそこまで難しくありません。いつも通りの会話をして、お酒(相手がお酒を飲めない場合はジュースなど)を用意して体を密着させるようにしましょう。部屋はあらかじめ暗くしておき、ボディタッチを増やしていきます。そうして気分が高まると、自然に唇を奪うことができます。

何度かデートを重ねた後、家(またはラブホテル)で男性と二人きりになるということは、その後どのような展開になるのか相手女性も分かっています。そのため、むしろキスをしたりエッチしたりしない方が相手の心に深い傷をつけます。相手のことを想うからこそ、そうしてエッチな展開にもっていくべきなのです。

※当たり前ですが、ゴム(コンドーム)は必ず用意しましょう

先に告白するのは恋愛初心者

そうしてセックスをすると、女性はさらにあなたのことを好いてくれるようになります。女性はセックスをした男性に情が移るため、先にエッチをしてしまった方がその女性と恋仲になることができるのです。

女性は雰囲気を大事にする生き物であるため、適切なシチュエーションを設定してセックスを行い、そこから彼女にするのが「社会人が行うべき彼女の作り方」です。

「付き合ってください」という告白では、相手女性は冷静になってあなたと付き合うことのメリット・デメリットを考えます。そのため、どれだけ良いデートをしたとしても成功確率はそこまで高くありません。ただ、「あなたとセックスをした」という既成事実を作ってしまえば、女性側は必然的にあなたのことを気にするようになるのです。

社会人であるほど、告白は絶対にしてはいけません。そうではなく、本気で相手女性が好きで付き合いたいと思うからこそ、適切なシチュエーションを用意して女性をお持ち帰りし、セックスすることを考えましょう。経験上、先にエッチをした方が彼女を作りやすく、さらには良い関係を長く続けることができます。

ここまで述べてきたことが、社会人が彼女を作るときに行うべき3つのポイントになります。多くの人は固定概念に縛られていますが、そうした概念を壊して女性と接することができれば、たとえ忙しい社会人であっても問題なく彼女を作ることができます。

それでは、実際に女性とデートをするとなると、どのような点に注意しなければいけないのでしょうか。これについて、次の記事で確認していきます。

社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認