work

「セフレを作る」というと、自分には到底不可能のように思えるかもしれません。「そこまでコミュニケーションスキルが高くないし、女性に対してイケイケで責めることができる人間ではない」と考えてしまわないでしょうか。

実際、私もかつてはそのように考えていました。ただ、実はセフレを作ること自体はそこまで難しくなく、適切な手順を踏めばセフレを作れてしまいます。それでは、「どのようにして女性をお持ち帰りしてセフレにするのか」について、その方法を確認していきます。

セフレとは何か

ただ、その前にセフレ(セックスフレンド)とは何かを理解する必要があります。まず、大前提として「身体だけの関係」を求める女性は少ないことを理解しなければいけません。

「セックスレスが続いている人妻」「セックス自体が大好きな女性」などであれば、肉体関係を求めてセフレになってくれる可能性があります。ただ、素人女性がエッチだけのためにあなたと付き合ってくれることはありません。

セフレと恋人は同じ

それでは、なぜ一般女性がセフレになってくれるのでしょうか。それは、「セフレを作る」というのは「恋人を作る」のと同じ意味だからです。一般女性であっても、あなたに対して好意を抱いて接してくれているからこそセフレになってくれるのです。

そのため、セフレとはいっても「都合の良いときだけ家にきて、エッチをしたらすぐに帰る」ということにはなりません。一緒にデートをするし、旅行に行くことだってあります。

セフレと恋人の違いは「告白することでお互いが恋人だと認識しているかどうか」とうい違いだけです。つまり、異なるのは「告白」という過程があるかどうかだけであって、デート内容を含めてその中身はまったく変わらないのです。告白があって一緒にいるのが彼女であり、告白せずにたまに会ってエッチする関係を保つのがセフレです。

なお、告白という過程があったとしても、将来は結婚したいと思うほど好きではなく、そのままズルズルと会うごとにエッチをする関係であってもセフレだといえます。

実際のところ、恋人同士も考え方によってはセフレだといえます。恋人もセフレも、風俗店のようにセックスをするときにお金が発生することはありません。お互い同意のうえで行う自由恋愛です。そして、エッチをさせてくれるということは、相手女性はあなたに対して少なからず好意があることを意味します。

セフレの考え方を理解する

ここまでをまとめると、以下のようになります。

・恋人:

告白することで、お互いに彼氏彼女の関係だと認識している。当然、女性はあなたに対して好意がある。

・セフレ(セックスフレンド)

女性はあなたに対して好意をもっているが告白をしていないため、彼氏彼女の関係だとハッキリと認識できていない。または、たとえあなたが「付き合おうよ」と告白していたとしても、エッチ目的で付き合っている関係。

こうした認識の違いがあるため、セフレから「私たちってどういう関係なの?」と聞かれることはよくあります。女性側としては恋人として付き合いたいと思っていたとしても、あなたが相手をセフレとして捉えている以上、そこに認識のズレが生じるのです。

こうした認識のズレを埋めることができないでいると、セフレはどこかの段階で離れていきます。そのため、何年も同じセフレが側にいるのは珍しく、どこかの段階で感づかれて逃げていくのが普通です。

いずれにしても、このようにしてセフレを作ります。セフレというのは、「告白」という工程があるかどうかというだけの違いであり、その中身は恋人を作る方法とまったく同じであることを認識しましょう。

どのようにしてセフレにするのか

それでは、どのようにしてセフレにすればいいのでしょうか。それは、会ってまだ間もないころ(少なくともデート3回目まで)に女性とエッチすれば問題ありません。

多くの人はデートして告白し、OKをもらった後にラブホテルや家に誘ってエッチしようと考えます。ただ、これは恋愛を分かっていない高校生が行うものであり、大学生以降の大人は先に告白してはいけません。告白よりも先に、セックスすることを優先しなければいけません。

このときに固定概念を崩せない人はたくさんいますが、女性は肉体関係をもった相手に対して情が移りやすくなります。もっといえば、エッチをしてしまうと高確率で女性の方から告白めいたことを言ってきたり、デートに誘ったりしてきます。このときに「付き合おうよ」と言えば彼女になるし、そのままの関係でいるとセフレになります。

先にエッチをするべき理由

彼女にしてもセフレにしても、どのような場合であっても先に女性とセックスすることだけを考えましょう。そうすれば、すべての恋愛がうまくいくようになります。

私もかつてはまったくモテない人間であり、24歳まで彼女はおらず、その彼女と半年で別れた後は30歳になるまで2人目の彼女を作れませんでした。ただ、「告白する → 彼女を作る」という過程を「先にエッチする → 彼女にする(またはセフレにする)」という順番に変えるだけですべてがうまくいくようになりました。

この考え方を知ったのは、私の周囲にいるモテる人に秘訣を聞いたときです。「先にセックスしないとダメだよ。実際、先にエッチした方が、女性は気になってくれるし、自分はここ3年で付き合ってきた人は全員先にセックスしてきたから」と言われ、衝撃が走ったのをいまでも覚えています。

しかも、モテる人に聞いてみると、やはり全員が同じことを実践していました。そこで私も同じように、先に肉他の体関係を結ぶことをゴールにした瞬間に、すべてがうまくいくようになったのです。

女性をお持ち帰りしてデートに誘う方法

セフレと聞くと、エッチだけの関係のように考えてしまいます。そのため、最初から下ネタばかりを連発するという間違いを犯す人がいます。

ただ、好きな人(=彼女にしたい人)に最初から下ネタを言わないのと同じように、セフレを作りたいのであれば必ず紳士的に振る舞うようにしましょう。前述の通り、彼女を作るのもセフレを作るのもやり方は同じだからです。

居酒屋での飲みから、女性をエッチに誘う

デートに誘った後、居酒屋で会話をして盛り上げ、恋の話をして、ボディタッチを行い、キスまでしましょう。もちろん、居酒屋で周りの目があるとイチャイチャできないため、個室の居酒屋を予約することを忘れてはいけません。

そうして良い雰囲気を作った後にラブホテルか自分の家に女性を誘うのです。きちんとボディタッチをすれば、高確率でホテルか自宅へお持ち帰りできます。「次の日、朝に用事がある」という理由で帰られるなど、その日にお持ち帰りできなかったとしても、後日デートをして同じように良い雰囲気を作れば、ほぼ間違いなくお持ち帰り可能です。

ホテルや自宅にお持ち帰りしてエッチした女性に対して、彼女にするのかセフレにするのかはあなたの自由です。いずれにしても、紳士的に振る舞うことは忘れないでください。

出会い系サイトはセフレ作りに効果的

なお、女性と出会う場としては、合コン、街コン、出会い系などさまざまです。ただ、こうした出会いの中でも最も効率的で多くの女性にアプローチでき、さらにはお金も低額なのは出会い系サイト(出会い系アプリ)です。

合コンで女性におごったり、街コンに参加したりすると1回で7000円以上の費用になります。一方、出会い系で7000円を使えば、どれだけ少なくとも1ヵ月に5人以上とは出会うことができますし、会った中の半数以上とはエッチできます。女性関係の問題を解決できるかどうかは、どれだけ出会い系を制することができるかにかかっています。

もちろん、「出会い系で会った中の半数以上とはエッチできる」とはいっても、実際にデートしたときの中身が重要になります。それでは、具体的に大学生以上の社会人男性がどのように考えてデートをすればいいのかについて学んでいきましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには