mariaD_2009

風俗嬢はさまざまな理由から風俗の仕事をしています。生活費に困り、経済的な事情から風俗を選択する方がいる一方、一般企業で仕事ができるにもかかわらず風俗の仕事を選択する方もいます。

こうした女性は「風俗の仕事のほうが自分にメリットがある」という合理的な理由から風俗嬢となっています。

合理的に判断して、一般企業より風俗を選択

グローバル化が進み、外国人が日本に多く住むようになりました。外国人はさまざまな仕事を安い人件費で担ってくれるため、日本人の仕事が少なくなっています。そして給料もそれに伴い低下しています。実際、日本の一般企業で働く方の平均年収は減少傾向にあります。

また、企業によっては過酷な仕事を強いるにもかかわらず残業代が出なかったり、安い給料のままであったりすることがあります。

こうした状況の中、「頑張って仕事をしているのに満足できる収入を得られない」と不満を持つ女性が増えています。そして、「風俗の仕事なら高収入で、時間にも余裕を持って働ける」と考えて、風俗嬢となる女性がいます。

昭和の時代に生まれた女性は、風俗嬢に対してマイナスイメージを持つことが多いです。そして、風俗の仕事に抵抗を持つ方が多い傾向にありました。しかし、平成の時代に生まれた女性は、比較的抵抗なく風俗の仕事を選択します。「風俗嬢も数ある仕事のひとつ」として、ほかの仕事と同列に考えているのです。

風俗の仕事に偏見がない女性にとって、収入が高く、自分のペースで働ける風俗嬢の仕事は魅力的に映るのです。

昼間は一般企業、夜は風俗のダブルワークの例もある

昼間は一般企業で仕事をして、夜はキャバクラなどでアルバイトをする女性も増えています。女性によっては、このダブルワークのスタイルを最も合理的と考える方がいます。

こうした女性は周りの友人などには「一般企業で仕事をしている」と伝え、偏見の目で見られることを避けることができます。キャバクラなどの風俗の仕事は割が良いため、一般企業の収入を補うのに役立ってくれます。

合理的に考えて風俗の仕事を始める方は、平均的な相場よりも高めの風俗店、もしくは高級店で仕事をする傾向があります。「風俗店は収入が高いのがメリット」と考えているため、風俗店の中でも割が良い店を選ぶのです。

合理的に風俗嬢を選択する女性は裕福な家庭に多い

合理的に判断する女性は比較的裕福で、ゆとりのある環境で育ってきた女性が多いです。有名私立大学を出た女性なども比較的多くいます。こうした女性の中には、女子大生のころから風俗の仕事をしている方もいます。周りの友人たちと日々遊んだり、好きなファッションアイテムを購入したりするためにお金が必要なことから風俗嬢になります。

また、就職活動を経て一般企業で仕事を始めるものの、「仕事内容に給料が見合わない」として、割の良い風俗の仕事に戻る方もいます。

ただ、風俗嬢として高収入が得られるのは、20代が中心です。それ以降の年齢になっても仕事をすることはできますが、男性客の多くは20代の若い女性を好むため、生き残りは難しくなります。

しかし、合理的な女性は将来のプランについてもきちんと考えている方が多いです。風俗嬢としてお金を得て好きなことを満喫しながらも、貯金や結婚についても冷静に考えています。こうした方は20代のうちに結婚をして、30代になる前に風俗業界から身を引く傾向にあります。

将来の計画を立てる女性は風俗の仕事を「自分の生きたい人生を送るための手段」として考え、上手く活用しています。

女性はどのように風俗店で仕事を始めるのか

このように、昭和の時代には風俗の仕事にマイナスイメージを持つ方女性が多くいましたが、平成に入り、現在ではその状況は変わってきています。女性の価値観が変わるにつれ、風俗嬢の仕事もより一般的なものになる可能性があるといえます。

ただ、風俗嬢の仕事は一般社会からすると少し特殊な仕事です。そこで働く女性がどのようにして仕事を始めるのか、気になる方もいると思います。女性が風俗店で働く方法は、大きく分けて3つあります。

1. スカウトマンによる紹介

まずはスカウトマンによる紹介です。都市部などではスカウトマンが路上で女性に声をかけ、「風俗店で仕事をしませんか」と話をもちかけることがあります。最初は興味がない女性でも話を聞くうちに興味が湧く方もおり、入店につながります。

スカウトマンは最初から風俗店の仕事の話を持ち出すのではなく、ナンパのような形で最初は女性と仲良くなろうとします。そして、話を聞いてもらえる関係ができたところで、風俗店での仕事の話を始めます。女性の中には「もっとお金があったらいいのに」と考えている方もおり、高収入な風俗の仕事に興味を持つ方がいます。

スカウトマンから女の子を紹介してもらった風俗店は、その女性が店で仕事をしている間、一定のマージン(手数料)をスカウトマンに支払います。これにより、店は今後もスカウトマンから女の子を紹介してもらうことができます。スカウトマンも風俗嬢も、トップクラスの方になると月100万円以上の収入がある方は多いです。

また、スカウトマン経由の女性の入店は、事件に発展することがときどきあります。例として、「女性に借金を作らせるように仕向け、その返済をするために風俗店を勧める」というケースがあります。スカウトマンは女性を風俗店に入店させたいあまり、行き過ぎた行動に出てしまうことがあるのです。

このようなことからスカウト行為は迷惑行為として、場所によっては「迷惑行為防止条例」で禁止されていることがあります。見知らぬ男性から声をかけられるのは、スカウトであっても「女性からすると怖い」という理由もあります。

2. 友人・知人の紹介

友人や知人の方がすでに風俗店で働いていることから興味を持ち、紹介で働き始める女性もいます。身近な方がすでに風俗店で仕事をしていると、「不安な点を確認することができるため、仕事を始めやすい」という大きなメリットがあります。

風俗店の仕事は高収入ですが、やはり女性にとって不安なことが多いです。「お客の男性とトラブルになることはないのか」「店から過度なプレイを強要させられることはないか」など、それぞれの女性が気になることを友人に聞き、すべての疑問をつぶした後に仕事を開始できます。

また、知人や友人の方からの紹介は、「信頼できる仕事が多い」というのもメリットです。知人の方も気持ち良く働けているからこそ紹介することが多いです。そのため友人からの紹介であると、入店後すぐに仕事を辞めてしまったり、トラブルに発展したりする可能性が低くなります。

3. インターネットの求人を見て応募

最近増えているのがインターネットの求人経由での応募です。風俗店のホームページを見ると、男性向けと女性向けの情報が掲載されている店がほとんどです。そうした店のホームページでは、一見男性向けの情報が目立つようになっていますが、ページのどこかに女性向けの求人情報が掲載されています。

最近の風俗店は特に競争が激しくなっており、「いかに魅力的な女の子を集めるか」が大きなポイントになっています。ホームページの求人情報に嘘があると、すぐに女性は辞めていってしまいます。そのため多くの店では「高収入」「安心して仕事ができる環境」「初心者歓迎」などの条件を整えています。

また、体験入店ができる店も多いです。女性もいきなり風俗店で働いていけるか不安な方は多いため、まずは体験を行ない、そこで納得すれば本格的に仕事がスタートします。

風俗店のホームページには求人が掲載されていることがほとんどで、店は常に働いてくれる女性を求めています。女性はいわば「売り手市場」で、より好条件で快適に働ける職場を比較して選ぶことができます。

また、求人は風俗系の情報誌にも掲載されています。しかし最近はインターネットの普及により、情報誌からの応募は少なくなっています。

このような3つの方法で風俗店での仕事を始める女性が多いです。雑学として参考にしてみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認