rousoku

日本の女性が持つ風俗に対しての価値観は、大きく変わりつつあります。いまや、風俗は仕方なく働く仕事から、女性が進んでやりたがる仕事に変化しています。

インターネットの発達がその理由ですが、女性の社会進出も遠因として挙げられます。また、女性からの支持も確実に上がっています。

現在、求職者が増えたことによって、風俗は熾烈な競争社会と化しています。風俗界は、供給が需要を上回る、買い手市場となりつつあるため、供給側では厳しい選定が行われているのです。

このように、風俗は「女性が身を落とす」ところではなく、「トップを競い合う」ところへと変貌しました。そのため、近年では嬢の質・サービスともに大幅な向上を見せています。また、風俗業界で働く女性としてもさまざまな背景をもつ人がくるようになっています。

風俗はもともと、女性同士が争う場だった

女性が男性を性的なサービスで癒す場所のことを風俗と呼び始めたのは、歴史の中では比較的最近です。

それ以前、風俗に該当する場所は遊郭(ゆうかく)と呼ばれており、遊女(ゆうじょ)と呼ばれる女性が男性の相手をしていました。

ここで注目すべきは、遊女の中にも階級があったということです。下層ランクに属する遊女は、しばしば女郎(じょろう)と呼ばれましたが、最高位の遊女は花魁(おいらん)と呼ばれ持てはやされました。

つまり、元来風俗というものは、努力して上を目指すべき社会だったのです。

風俗が貧しい女性の受け皿となった原因

大正時代になると、大阪に飛田遊郭(とびたゆうかく)という名の風俗街ができました。今では名目上、料亭街として運営している町ですが、もちろん風俗街です。

ここは歴史的に、借金を背負った女性がその返済のために働く場所でした。そして、それと同時に完全な実力主義社会でもありました。

つまり、借金を返せるだけの稼ぎができるかどうかは、嬢が客をどれだけ集められるかにかかっているのです。

当然、稼ぐ嬢は実力主義の飛田に残ります。ただし、稼げなかった女性は、ここですら受け入れてもらえませんでした。

そうした女性が行きついたのが、ソープランド(当時の言葉では「トルコ風呂」)、ヘルスなどの風俗でした。このような流れで、いつしかソープランドなどの風俗が下に見られるようになったのです。

イメージ刷新の時代

時代とともに、新たに現れ始めたソープランドやヘルスなどの風俗が人気を博していくようになりました。その一方で、古き時代の遊郭などは、それほどメジャーなものではなくなっていったのです。

新たな形態の風俗の中でも、特に人気だったのがソープランドです。その人気から、全国へと店舗数を増やし、今では風俗の代名詞にさえなりました。

いつしか、ソープランドなどは落ちぶれた女性がしぶしぶ行くところではなく、むしろ進んで希望するところとなりました。冒頭でも述べた通り、価値観の変容が見て取れます。

この価値観を生み出したひとつの原因は、インターネットです。

今、インターネットでは風俗に関する求人情報が多く出回っています。従来では全く風俗への接点がなかった女性でも、検索ひとつで関わり合いを持てる時代になりました。このように、気軽に風俗について知ることができるというのも、女性たちの心を動かす一因です。

また、女性で大学に進学することが多くなり、その資金を補うために風俗が選択されるようにもなりました。

ただし、2000年代以降はあまりの人気で、嬢の供給が増えすぎてしまう現象が起きました。こうして、風俗の経営者は、嬢を厳しく検定する必要に迫られたのです。

結果としては、現在風俗で働く女性の高レベル化が進行しています。これは、風俗の仕事が女性にとって魅力的に見え続ける以上、これからも徐々に進行していく現象だと推測されます。

もちろん、今までであれば採用されていたレベルの女性が、採用されなくなっているという問題はあります。ただし、男性にとっては、それだけうまみのある時代になりました。

風俗に急増している女性とは

それではどのような層の女性が、風俗界に増え始めているのでしょうか。現在、風俗には多種多様な種類があります。ソープランドデリバリーヘルスピンクサロンなどが代表的です。

また、その中にもさらに細分化された分類があります。特に、在籍している嬢の特徴を売りにしているところも多く、人妻、大学生、熟女などの専門に特化している風俗店も広く知られています。

自分の好みを選べることは、男性にとってかなりのメリットとなります。一方で、お店としても一定の需要を常に見込めるため、有利に働きます。

ただ、この状況は同時に、風俗に足を踏み入れる女性の層が広くなったことも意味しています。広い世代の女性が風俗を仕事に選んだからこそ、風俗の細分化が進んでいるのです。

女子大生

女性の社会進出に伴い増加しているのが、女子大生です。

上京したての女子大生は、学費を工面するためにアルバイトなどをするケースがあります。ところが、大学の授業が本格化すると、アルバイトに割ける時間も少なくなり、どうしても金欠になりがちです。

そうしたときに、女子大生は風俗に参入します。風俗は合間の時間に仕事をすることができ、なおかつ高時給です。こうした魅力が、女子大生を風俗へといざなっているのです。

介護職員

後期高齢者の増加する日本では、介護の仕事への需要が高まっています。そして、業界的には比較的女性の多い職場としても知られています。

ところが、介護職は平均的にかなりの低収入であることがわかっています。需要や、仕事の大変さと見合わない現在の待遇は社会問題となっていますが、依然として解決には至っていません。

そんな中、介護職の収入の低さを補うために、介護と風俗とを掛け持ちする方がだんだんと現れてきました。女子大生の例と同じように、就労時間に融通が利き、それでいて高収入という条件は、介護職員にとっても魅力的でした。

風俗を掛け持ちしている介護職員は、職場の中でも明らかに生活レベルが異なります。初めのうちは周りの介護職員もいぶかしげに思いますが、その人が風俗を掛け持ちしていることを知ると、「私もやりたい」という考えに至るのです。

こうして職場内で連鎖反応が起き、多くの介護職員が風俗へとやってくるようになりました。介護職員全般に広がっている流行であるため、風俗店は幅広い世代の女性の確保に成功しました。

人妻

人妻は昔から人気のあるジャンルのひとつです。本来、旦那のみに尽くすことがよしとされる人妻が、旦那以外の男性と関係を持ってしまうという背徳感が人気の理由のひとつです。つまり、人妻へ興奮することは、不倫に通ずるところがあります。

しかし、近年では人妻であっても、旦那以外の男性と関係を持つことに抵抗がない方が増加しています。夫婦というあり方が多様化したからこそ、このような現象が発生したと考えられます。

特筆すべきは、先ほどの女子大生や介護職員などのように、経済的な困窮をしているわけではないケースが多いということです。もちろん、生活費のために仕方なくやっている方も中にはいます。ただ、現在急増しているのは、ひとえに興味関心から風俗嬢となる人妻です。

ある方は、風俗嬢になるまではとても地味な生活を送っていたと話します。学生のころから浮いた話も少なく、就職後も日々代わり映えのない事務仕事をするだけで、結婚しても専業主婦としてやりがいを感じられない生活を送っていたそうです。

ところが、興味本位で登録した風俗求人サイトで、仕事を受けてから日々の生活に彩りが生まれたといいます。今までに体験したことのない、刺激的な経験により、生きがいができたのだそうです。

上に挙げたもの以外でも、幅広い層の女性が風俗にやってきています。容姿レベルが高く、さらにはさまざまな背景をもつ女性が風俗業界で働いているのです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認