josei1

風俗嬢は世間的にマイナスイメージで見られることが多い仕事です。また、雇用形態は風俗店の正社員ではなく、あくまで「個人事業主」です。そのため風俗嬢は、例えばクレジットカード取得といった「社会的信用が必要になるさまざまなサービス」を受ける際に不利な立場に立たせられます。

ここでは、風俗嬢が「社会的信用を得るために必要なサービス」をどのように享受しているのかについて紹介します。可愛く華やかに見える風俗嬢でも、実際の生活では苦労していることがあるのです。

風俗嬢は賃貸物件の審査が通りにくい

風俗嬢が仕事を始めると困ることになるのが「引越し」です。引越しの際には次に住む賃貸物件を決める必要がありますが、物件の契約には審査があります。

不動産会社は一般的に信用情報(個人の料金支払いや、職業・収入に関する情報)を確認する「審査会社」という会社と提携しています。賃貸物件の申込みをすると審査会社によって審査が行われ、「家賃を支払ってもらえる方かどうか」の確認が行われます。

ここで、風俗嬢は審査に通りにくいことが多いです。一般的な不動産オーナーはトラブルを避けるため、水商売の職業の方を敬遠する傾向にあります。家賃が支払えるだけの貯金があったとしても、審査に落ちる可能性があるのです。

このようなことが多いため、風俗店が女性に不動産業者や物件を紹介することが多いです。風俗店は在籍する風俗嬢が住む場所に困るケースを多く見てきています。そのため、水商売の方を受け入れ可能な不動産業者と提携していることが多いです。

そして、入店して働くことになった女性に不動産業者を紹介します。また、店で一緒に働く風俗嬢が不動産業者を紹介するケースもあります。

不動産業者の中には「水商売の方の役に立ちたい」と考えている会社もあります。こうした業者では、風俗嬢でも審査が通りやすい物件を積極的に紹介してくれます。

風俗嬢のための保育所や託児所の必要性

風俗嬢の中にはシングルマザーの方もいます。仕事をしている間、「保育所や託児所に子供を預けたい」と考える方は多いですが、ここでも問題が発生します。

保育所や託児所は、「風俗嬢や水商売の方の子供を受け入れられない」としている施設が多いのです。特に、認可を受けている施設はこの傾向が強いです。シングルマザーの方で「風俗店で仕事をしよう」と考えながらも入店できていない方には、「子供を受け入れてくれる施設が見つからない」ということが理由の方もいます。

この場合、風俗店を経営している母体の会社自体が託児所を運営しており、子供を預けて仕事ができる場合があります。また、不動産の場合と同様に、店が無認可の保育園と提携して、風俗嬢の子供を受け入れてもらっているケースもあります。

アリバイ工作での社会的信用を確保する

ほかにも風俗嬢が不利になることは多くあります。クレジットカードを作る際にも審査がありますが、「審査が通らずカードを作れない」という方は多いです。この場合、風俗嬢はデビットカードをもつようにします。「銀行口座から即時引き落としとなるデビットカード」は発行されやすいため、クレジットカードを諦めてデビットカードにする女性がいます。

さらに、風俗嬢として仕事をしていることで、就職の際に不利になるケースがあります。一般企業への就職活動をする際に、風俗嬢のキャリアを書いても、逆にマイナス印象となり不利になってしまいます。

そのため、風俗店では「アリバイ会社」と提携しているところがあります。アリバイ会社は「風俗嬢として仕事をしている期間を、別の一般企業で働いていたように見せてくれる会社」です。就職活動以外にも、ローンを組む際にもアリバイ会社が「ほかの会社に勤務しているように見せかけてくれて、審査に通りやすくしてくれる」という例もあります。

アリバイ会社のしていることは法律に違反してしまう可能性があります。しかし、「風俗嬢の不自由な生活をサポートする」という意味では、必要な存在だといえます。そのため、一概に違法だからといって非難される存在とは言い切れない面があります。

風俗嬢のストーカー対策

このように、風俗嬢はさまざまな制約を抱えながら普段の生活を送っています。一般社会ではマイナスイメージが大きな仕事ですが、今後の状況の改善には、「風俗嬢をひとつの立派な職業として認める」という社会の理解が必要です。

そして風俗嬢にとって重要なものとして、ストーカー対策があります。風俗嬢は日々多くの男性客を相手にプレイを行います。接する男性客の中には、女性に好意を持つ方がいます。多くの男性は「風俗嬢とお客様」という関係をわきまえて、マナーを守って女性と接します。

しかし、中にはストーカー行為を行ってしまう方がいます。風俗嬢の多くはストーカー被害にあった経験があり、今後同じ目にあわないために対策を行っている方が多いです。

個人情報を漏らさないのは基本

風俗嬢がストーカー対策のためにまず行っていることは、「個人情報の流出を防ぐこと」です。最近はインターネットやスマートフォンの普及により、さまざまな情報が広まりやすくなりました。

風俗嬢の個人情報は女性に対して好意を持つ方や好奇心がある方から興味をもたれやすいです。そのため、流出するとすぐに広がってしまいます。女性は流出を避けるために細心の注意を払っています。

男性客によってはプレイ中の会話の中で、女性が住んでいる場所や生年月日などを聞こうとする方がいます。しかし、女性がその場の雰囲気から不用意に教えてしまうと、その後になってトラブルに発展する可能性があります。

そのため風俗嬢は、出身地・年齢・住所については「仕事用のプロフィール」として、あらかじめ決めている方が多いです。会話の中で適当に答えると嘘と気付かれてしまう可能性があるため、事前に現実味のあるプロフィールを作っておくのです。

また、携帯電話の取り扱いにも気をつけている女性が多いです。シャワーに入る際やプレイ前の準備など、女性が自分の荷物を男性の近くに置いてその場を離れるタイミングは比較的多くあります。こうしたタイミングで、悪意のある男性は携帯電話を盗み見る可能性があります。そのため風俗嬢はなるべく携帯電話を離さないようにし、画面にロックをかけている人が多いです。

さらに気をつけている女性は「仕事用の携帯電話」をプライベートのものとは別に用意していることがあります。これなら万が一トラブルがあったとしても、被害を最小限に食い止めることができます。

SNSの利用にも注意が必要

最近は風俗嬢がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を活用するケースが増えています。ブログやtwitter、Facebookなどで情報を発信することで男性に興味を持ってもらい、来店につなげている女性が多いのです。しかし、「ウェブ上にアップした写真の背景から自宅が特定され、ストーカー被害にあってしまった」というケースがあります。

そのため、こうしたSNSの利用にも注意が必要です。画像に個人情報が特定されるようなものが映っていないか気をつけるとともに、時間差で情報をアップすることも大切です。リアルタイムに情報を発信すると、駅や建物など背景の情報から熱狂的なファンが女性を探そうとその場で出向く可能性があるためです。

経験豊富な風俗嬢のストーカー対策

風俗嬢として長く仕事をしている女性は、ストーカーへの対策方法を熟知しています。ストーカーになりそうな「ストーカー予備軍」といえる男性客には、女性が「あえて頼みごとをして、男性を手なずける」という方法を取ることがあります。

例えば女性は「私は今、資格の勉強をしていて、調べたいことがある。代わりに調べてくれない?」などのお願いを男性にします。こうすることで、男性が適度な距離感で「女性と関わっている感覚」を得られるようにするのです。男性は「女性の気持ちが離れた」と感じるときにストーカー行為を行いやすいため、その対策としてこうした対策をするのです。

また、慣れている風俗嬢は「男性客をむやみにブラックリストに入れて避ける」ようなことはしません。これは、「ストーカーになるような男性客にも対応できることが、風俗嬢としてスキルアップにつながる」と考えているためです。ストーカーを上手くかわすことができれば、女性のコミュニケーション力はかなり高いものといえます。

このように考える風俗嬢は、「ストーカーを扱う対応法は、将来的に風俗嬢以外の仕事をするときにも役立つ」と考えています。非常にレベルの高い考え方ですが、このような対応をしている女性もいるのです。

このように、風俗嬢はストーカー対策を日々行っています。こうした事情を知ったからといって、さらに裏をかいて女性にストーカー行為を行うのは許されません。女性の気持ちを理解して、過度な行動は取らないことが大切です。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認