nayamu

男性が女性とセックスを行う際には、ペニスを勃起させる必要があります。しかし人によっては、セックスを始める前やセックスの最中に勃起しなくなってしまうことがあります。これを「中折れ」と呼びます。

中折れになるとセックスを十分に楽しむことができません。ここでは、中折れになりやすい4つの原因を紹介します。セックスの際に中折れしてしまう場合には、参考にしてください。

年齢による精力の低下

人は誰しも年齢を重ねると体力が落ちやすくなります。精力も体力と同様に、年齢を重ねるごとに低下していきます。すると、中折れする可能性が高くなります。

年齢が20代や30代前半のうちは、十分な精力を保てる人が多いです。しかしその後は、年齢が上がるとともに精力が低下しやすくなります。

このときは体力を維持して若さを保つことで、精力も保つことができます。

体力を保つには日頃から適度な運動を行うように心掛けると良いです。もちろん、激しい筋力トレーニングやスポーツを毎日する必要はありません。日頃からこまめに歩くようにしたり、週に1~2回ほどジムに通ったりすることで体力を保つことができ、中折れを防ぐことができます。

日々の生活で感じるストレス

多くの人は生活の中でストレスを感じています。仕事が大変なことからストレスが生まれる場合や、人間関係でストレスを感じる場合があります。

心理的に不安、悩み、恐れ、焦りなどを感じていると、女性に対して興奮を覚えにくくなります。これが中折れの原因となります。

また、精神的な原因で中折れになってしまうと、人によっては「次回のセックスでも中折れしてしまうかもしれない」と不安を感じることがあります。そして中折れの状態が長引くことがあります。

ストレスを解消するにはスポーツや運動をするのが効果的です。気持ちよく汗を流すことで、ストレスを発散することができます。また、前述のようにスポーツや運動は体力の維持にも役立ってくれます。

ただ、不安や悩みの根本的な原因を解決しない限り、中折れの状態は続きやすいです。そのためじっくり悩みと向き合い、根本的な原因を解決することが大切です。自分で問題の解決方法を考えたり、自分だけで解決できない場合は周りの人やカウンセラーなどに相談したりしてみましょう。

オナニーによる精力の低下

多くの男性は性欲を満たすために自慰行為(オナニー)をすることがあります。オナニーは気持ち良いため、頻繁に行う人がいます。オナニーをすると精力が一時的に低下するため、女性とのセックス前にオナニーを行うと中折れしやすくなることがあります。

万全の状態で女性とセックスを行うためには、なるべく女性と会う数日前からオナニーを控えることをお勧めします。

また、「オナニーの仕方」が中折れの原因になっている場合もあります

オナニーの行い方は人によってさまざまです。人によっては強い性的刺激を得るために、ペニスを強く握ったり、手を動かすスピードを速くしたりする人がいます。

こうした強い刺激に慣れていると、女性器にペニスを挿入したときの刺激がオナニーで得られる刺激よりも弱く感じやすくなります。そのため、「刺激の物足りなさ」から中折れしてしまうことがあります。

女性と気持ち良くセックスをするためには、日頃から激しいオナニーの行いすぎはやめましょう。

病気による精力の低下

病気によって精力が低下し、中折れしやすくなることもあります。

男性の勃起は、男性器にある「陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)」と呼ばれる部分に血液が流れ込むことで起こります。

つまりペニスに血液が正常に流れ込まないと、勃起は起こりません。病気になると血液や血流、血管に異常が発生するため、勃起しにくくなる場合があります。そしてその結果、中折れにつながってしまいます。

この場合は女性とのセックスを行う前に、病気の治療を行うことが大切です。

中折れは以上のようなことが原因となって起こります。「セックスのときに中折れしてしまう」という場合は、上記のいずれかが当てはまっていないかを確認してみましょう。そして当てはまるものがあれば、改善するようにしましょう。

勃起改善薬によって中折れ防止をしてもいいですが、本来は薬に頼るよりも生活習慣の見直しが基本です。何が勃起障害になっているのかを考え、中折れしない生活を心がけましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認