Kaori_0044

「いつまでも精力をしっかりと保ちたい」と考える男性は多いです。こうした人が利用することがあるのが「精力剤」です。精力剤には勃起をしやすくしたり、性欲を高めたりする効果があります。精力剤を上手に活用することで、健全に精力を保つことができます。

ただ、精力剤について正しい知識を持っている人は少ないです。人によっては「精力剤を飲むと勃起をするようになるけれど、副作用が心配」のような不安をもっている人がいます。しかし精力剤は正しい知識を身に付けて自分に合ったものを選べば、安全に利用することができます。

ここでは、精力剤についての基礎知識を紹介します。生活に精力剤を取り入れて、いつまでも性生活を楽しみましょう。

精力剤の種類は3つ

精力剤は大きく分けて3つの種類に分かれます。どれも「精力を高める」という意味では同じですが、その効果は種類ごとで異なります。

身体の健康・活力を保つ「強壮剤」

種類のひとつ目は「強壮剤(きょうそうざい)」です。強壮剤はタウリンやマカなど、「身体の健康を保つ成分」や「身体の機能をしっかり働かせるための成分」が含まれています。

精力減退は「身体の衰え」が原因で起こることがよくあります。そのため強壮剤によって身体の機能を保つことで、精力も維持しやすくなるのです。

勃起をしやすくする「勃起薬」

2つ目は「勃起薬」です。勃起をしやすくする効果があり、主に勃起障害(ED)になった場合に服用します

勃起には「自律神経」という神経が深く関係しています。自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2種類に分かれています。交感神経は人が活発に活動したり、緊張したりするときに働きます。副交感神経は人がリラックスしているときに働きます。

勃起をする際には「副交感神経」が活動しています。ただ、緊張や不安を感じていると勃起をしにくくなることがあります。これは「交感神経」が働いているためです。

勃起薬には自律神経を正常に働かせる成分が含まれています。EDの人は女性とセックスをする際に体内で交感神経が働きやすくなっているため、勃起薬を飲むことで副交感神経を働きやすくすることができるのです。

ただ勃起薬の種類によっては効果が強く、それに伴い副作用が生じる場合があります。そのため勃起薬は、病院やクリニックで医師の診察を受けてから処方してもらう必要があります

男性ホルモンを摂取できる「強精剤」

3つ目の種類として「強精剤」というものがあります。強壮剤と名前が似ていますが、強精剤は「男性ホルモン」を主成分とするのが特徴です。男らしい体つきや男性器の健康は男性ホルモンによってつくられています。男性ホルモンを意識して摂取することで、性機能を健全に保つことができます。

目的に応じて3種類の精力剤を使い分けることが大切

精力を維持するためには上記3種類の精力剤を、目的に応じて使い分けることが大切です。

元気な身体を維持したい場合は強壮剤

年齢を重ねても活力のある身体を維持するためには「強壮剤」を飲むと良いです。強壮剤は勃起薬や強精剤に比べて即効性(効果がすぐに表れること)はありません。ただ、習慣的に服用することで、身体を元気な状態に保つことができます。

こうした状態を保つことでしっかりと性欲が高まるようになり、セックスの際に硬く勃起するようになります。

勃起障害(ED)や中折れの改善には勃起薬

「勃起しなくて悩んでいる」、「セックスの途中で中折れしてしまう」という場合には勃起薬がお勧めです。

前述のように勃起薬は副作用を引き起こす場合があります。また、人によって勃起不全や中折れの原因はさまざまであるため、原因に合った勃起薬を使う必要があります。

「バイアグラはよく耳にする勃起薬だから大丈夫だろう」のように、よく考えずに勃起薬を選ぼうとすると副作用でトラブルになることがあります。こうした事態を避けるために、病院やクリニックで医師に相談することが大切です。

また、医療機関に向かう前にはより自分に合った薬を提案してもらうために、勃起不全の原因を考えておくことをお勧めします。

「仕事が忙しくなってきたころから勃起しなくなったから、勃起不全の原因は仕事のストレスだろう」、「女性経験が少ないので緊張してしまい、これが勃起不全につながっている気がする」のように、思い当たる原因を考えてみましょう。そうすれば医師に相談するときに適切なアドバイスをもらうことができます。

早漏やペニスの硬さを改善したい場合は強精剤

「ペニスを硬くしたい」、「早漏を直したい」、「精子がたくさん出るようにしたい」という場合には強精剤がお勧めです。これらの悩みは「男性らしさ」に関する悩みです。強精剤に含まれる「男性ホルモン」の働きによってペニスは硬くなり、体内で精子が作られやすくなります。

また、年齢が40代や50代になると「男性更年期障害(だんせいこうねんきしょうがい)」という症状があらわれることがあります。更年期障害になると体調不良が起こりやすくなり、精神状態も不安定になりやすくなります。更年期障害は女性に見られることが多い症状ですが、男性にも起こることがあります。強精剤はこの症状を改善するためにも効果的です。

更年期障害は「ホルモンバランスの乱れ」が原因で生じます。

人の体内には「男性ホルモン」と「女性ホルモン」が存在していて、両方がバランスを保つことで健康が維持されています。男女の性別にかかわらず、男性ホルモンと女性ホルモンは両方とも体内に存在しています。

性機能が衰え始める時期を「更年期」と呼びます。更年期は身体全体の機能が衰え始める時期と重なり、40~50代におとずれるのが一般的です。

男性の場合、健康な状態では男性ホルモンが多くなっています。しかし更年期が訪れると男性ホルモンが新たに作られる量が減り、それまでのホルモンバランスが保たれなくなってしまいます。そして更年期障害が起こります。

このときに強精剤を飲むと、男性ホルモンを補給することができます。その結果ホルモンバランスを保ちやすくなり、更年期障害を改善することができるのです

精力剤の購入方法

精力剤はさまざまな方法で購入することができます。購入方法は主に「ドラッグストア(薬局)で購入」、「医療機関に処方してもらう」、「インターネットで購入」の3種類に分かれます。

手軽に購入できるドラッグストア(薬局)

精力剤の中には、自分で購入できるものがあります。

ドリンクタイプの強壮剤や錠剤の精力剤などは、「ドラッグストア(薬局)」で購入することができます。購入できる精力剤の種類や値段は幅広く、数百円ほどで購入できる強壮ドリンクや、1,000~3,000円ほどで購入できる錠剤タイプの精力剤などがあります。

強壮ドリンクはドラッグストアだけでなく、スーパーやコンビニでも販売されています。こうしたお店ではより手軽に購入することができます。

ドラッグストアでは、専門的な知識がある薬剤師のスタッフに相談することができます。どの精力剤が良いか迷ったときは、専門家に相談すると良いでしょう。「スタッフに相談するのが恥ずかしい」と感じることがあるかもしれませんが、男性スタッフに相談すれば特に変な目で見られることはありません。

勃起薬は医療機関に処方してもらう必要がある

勃起薬は効果が高いことから副作用を生じる可能性があります。そのため医師の診断を受ける必要があります。自分に合った勃起薬は専門的な知識がないと選ぶことができません。そのため医師に相談して、適切な薬を処方してもらう必要があるのです。

人によっては勃起に関する悩みを「恥ずかしいこと」と考える人がいます。しかしEDについて相談できる病院・クリニックは、プライバシーに配慮してくれるところが多いです。人目を気にせずに利用することができるため、一人で悩まずにまずは相談することをお勧めします。

インターネットでの購入は注意が必要

最近利用する人が増えているのが「インターネットでの精力剤購入」です。インターネットではさまざまな精力剤を通販で購入することができます。自宅で注文して、手軽に精力剤を手に入れることができます。

インターネットで購入する場合、誰にも知られずに精力剤を入手できます。また、友人や彼女に知られる心配がなく、店舗や医療機関に向かう手間も省けます。こうした便利さや手軽さから、インターネット経由で購入する人は増えています。

ただ、インターネットで精力剤を購入する場合、注意するべき点があります。

前述のように勃起薬を利用したい場合は、医師から診断を受ける必要があります。しかしインターネットでは「勃起薬の個人輸入サイト」があり、医師の診察なしで海外製の勃起薬を安く入手することができます。

ただ、こうしたサイトで勃起薬を購入すると、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

トラブルの例としては、「注文したのに商品が届かない」、「個人輸入サイトで購入した勃起薬の副作用が強く、体調を大きく崩してしまった」などがあります。

このようなことを避けるために、インターネットで精力剤を購入する際は「販売されている精力剤が、医師の診察を受けずに購入して良い商品なのか」、「信頼できるサイトなのか」を確認するようにしましょう

「うまく勃起しない」という悩みは、男性によっては非常に大きな悩みです。その気持ちから個人輸入サイトで購入してしまう人がいますが、信頼できないサイトは利用しないことが大切です。

以上のように精力剤には強壮剤・勃起薬・強精剤の3種類があり、目的に合わせて使い分けることが大切です。

また、精力剤の入手方法はドラッグストア・医療機関・インターネットがあります。勃起薬などの効果が強い精力剤に関しては、医療機関で処方してもらう必要があります。日々の精力を高めるために強壮剤や強精剤を利用する場合は、ドラッグストアやインターネットの通販で購入すると良いでしょう。

精力剤を正しく利用して、いつまでも精力を保ちましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認