josei-3

女性とのセックスは楽しいものですが、場合によって性感染症(SDT:Sexually Transmitted Diseases)に感染してしまうことがあります。性感染症は性行為によって感染する病気で、さまざまな病気の総称を指します。STDの例として、性器クラミジア感染症・エイズ・梅毒などがあります。

性感染症について知っておくことは、セックスを行う上で非常に大切です。男性によってはさまざまな恋愛をする中で、たくさんの女性とエッチをすることがあります。不特定多数の女性とセックスをする機会が多いほど、STDに感染するリスクが高まってしまいます。

ここでは性感染症について知っておくべき知識を紹介します。正しい知識を得ておくことで、自分がSTDを予防できるだけでなく、セックスを一緒にする女性のSTD感染を防ぐことができます。

性感染症はどのように感染するのか

性感染症はセックスによって感染する病気です。ここでいうセックスとは、女性器にペニスを挿入することだけを指すのではありません。キスやフェラチオ、クンニリングス(女性器を男性が舐めるプレイ)などの「オーラルセックス」や、女性器ではなく、お尻の穴にペニスを挿入してピストン運動を行う「アナルセックス」などでも感染します。

これらの行為を行うと、精液や膣分泌液(ちつぶんぴつえき:女性の膣内から分泌される無色透明の液体)、唾液などが男女の間で絡み合うことになります。このときに一方の人が性感染症のウイルスや細菌をもっていると、もう一方の人に感染が起こります。

STDはウイルスや細菌が体内に入り込み、増殖することで発症します。たとえば性器クラミジア感染症は「クラミジア・トラコマティス」という細菌に感染することで、エイズ(AIDS)は「エイズウイルス(ヒト免疫不全ウイルス)」というウイルスに感染することで起こります。

性感染症は上記のように必ずウイルスや細菌の「感染」によって起こります。逆にいうと、女性と性行為をせずに過ごしていれば、STDが発症することはありません。また、STD感染者と手をつないだり、お風呂にはいったりしても感染することはありません

さらに、自慰行為(オナニー)を行っても、女性との唾液や膣分泌液の絡み合いがないため、STDの感染は起こりません。

このようなことから、性感染症の人に対して関わることを避ける必要はありません。症状が発症している人とセックスを行わなければ、一緒に日常生活を送ることができます。

人によってはSTDの人と会話したり、触れられたりするのを避けてしまうことがあります。しかしこうした行為をしても、自分に感染することはないことを知っておきましょう。

風俗店だけでなく、日常のセックスでも感染する可能性がある

性感染症はこれまで、「風俗店に通う人が感染しやすい」といわれてきました。風俗店を頻繁に利用する男性はたくさんの女性とエッチをするため、STDに感染するリスクが高くなります。また、風俗店で仕事をしている女性も毎日たくさんの男性とエッチをしているため、感染症をすでにわずらっている可能性が高いのです。

しかし近年では、一般の男女が行うセックスであっても、性感染症になるリスクが高まっています。さらに、セックスをさかんに行うことが多い20代の男女だけでなく、30代や40代の人が感染するケースも増えてきています。

現在は30代や40代でも容姿が若い人が増えていて、中高年でも積極的に恋愛をする人がいます。そのため、年齢が高い男女であってもSTDになる可能性があるのです。

このように現代において性感染症は、エッチをする全ての人に関係がある病気といえます。そのため全ての人が、STDについて正しい知識をもっておくべきなのです。

性感染症になると起こる症状

性感染症になると、さまざまな症状を発症します。症状は感染した病気の種類によって異なりますが、例として男性には尿道炎(尿が排出される尿道に炎症が起こり、痛みや腫れが生じる症状)や頭痛、吐き気などが生じます。女性には膣内の炎症や性器の痛み・かゆみなどが生じます。

また、女性は子供を妊娠できなくなる「不妊症」になってしまう場合があります。子供ができない身体になってしまうことは、女性にとって非常につらいことです。さらに、すでに妊婦がSTDに感染した場合は、流産につながってしまうことがあります。

妊婦の女性が子供を産むことができたとしても、赤ちゃんが出産の時点から性感染症をわずらう可能性もあります。このときは生まれてきた子供が肺炎になったり、目が見えなくなってしまったりします。乳幼児は免疫力が弱いです。そのためSTDによる影響は大きく、場合によっては産まれて間もなく死亡してしまう危険さえあります。

性感染症を予防するために行うべきこと

性感染症を予防するためには、次に紹介する点について気を付けることが大切です。自分の生活を振り返り、あてはまるものがないかを確認しましょう。

不特定多数の女性とセックスをしない

STDの感染を避けるためには、セックスをしないのが確実です。しかし愛する女性とセックスをしないのは現実的に難しいため、不特定多数の女性とエッチしないようにすることが大切です。

風俗店を好む男性によっては、「毎回違った女性とプレイを楽しみたい」と考えることがあります。このような行為を続けていると、性感染症のリスクが高くなります。エッチをする女性を限定すると感染確率を低くできます。お互いにSTDでない男女が何度セックスを繰り返しても、性感染症になることはありません。

また性感染症は、発症しているものの自覚症状がない「潜伏期間」がある病気が多いです。「自分はSTDに感染していない」と思っていても、気付かないうちに感染していて、潜伏期間に入っている場合があるのです。

コンドームを装着してセックスをする

セックスの際にコンドームを装着することは非常に大切です。コンドームをせず女性器にペニスを挿入すると、性感染症になりやすいです。

コンドームをしない、いわゆる「生」の状態でのセックスは気持ち良いです。しかし性感染症になるリスクを考えると、たくさんの女性と生でセックスをするのはお勧めできません。

コンドームをつけずに挿入する女性は彼女や妻だけにして、ほかの女性とセックスをするときには必ずコンドームを装着しましょう。

もちろんコンドームをしたとしても、キスやフェラチオ、アナル(お尻の穴)への責めによってSTDに感染する可能性があります。そのためコンドームを装着しても、100%の確率で感染を避けることはできません。ただ、感染の可能性は大きく下がります。

また、コンドームを装着するときには「取り扱い」に気をつける必要があります。

近年のコンドームはより生の状態に近い刺激を得られるように、薄く作られているものが多いです。そのため爪で引っかいてしまったり、どこかに引っ掛けてしまったりすることで、コンドームが破れる可能性があります。

そのためセックスのときには必ず爪を切ってやすりをかけて、女性の身体とともにコンドームも傷つけないようにしましょう。さらに、コンドームを装着するときには、机やベッドの角や椅子などに引っ掛けないように注意しましょう。

清潔な状態でエッチをする

エッチをする際には清潔な状態にしてから始めることも大切です。

前述のように、STDはウイルスや細菌が原因で発症します。不潔な状態でセックスをすると、その分だけウイルスなどが繁殖する可能性が高くなってしまうのです。

清潔な状態にするためには、エッチの前に2人ともお風呂に入ることが大切です。身体を洗い、性器やアナルもきれいにしておきましょう。このように身体の隅々まで洗うと、感染症の元になりやすい、皮膚についている細菌を洗い流すことができます。

また、歯磨きもしておきましょう。STDは唾液が原因となって感染する場合もあります。ただ、強く磨きすぎて血が出てしまうと、血液から感染してしまう可能性があります。そのため優しく磨くようにしましょう。

さらに、ベッドのシーツも清潔にしておくことが大切です。洗っていないシーツに繁殖した菌が付着し、これが原因で性感染症になる場合があります。

性感染症の検査を受ける

性感染症が発症していないかを確認する検査を受けるのも、予防のために有効です。検査は病院やクリニックの「泌尿器科」や「性病科」、女性なら「婦人科・産婦人科」や「性病科」で受けることができます。

また、クリニックによってはインターネットで「検査キット」を提供しています。忙しくて病院などに行くことができない場合、検査キットを自宅に取り寄せて初尿(出始めの尿)を摂り、病院に送ることで検査結果を郵送してもらうことができます。

自覚症状がなく「自分はSTDに感染していない」と思っていても、すでに感染していて潜伏期間に入っている場合があります。そのため念のために検査をしておくことは大切です。

検査キットの費用は検査できる病気の種類や販売元によって異なりますが、5,000~15,000円ほどで購入することができます。

女性が生理中の場合、セックスをしない

女性は毎月生理になるタイミングがあります。女性は生理になると、女性器から出血するようになります。生理期間中に女性とセックスをすることはやめておきましょう。

STDは血液が元となって感染する可能性があります。さらに、生理中の女性器は非常に敏感です。ペニスを挿入してしまうと女性器を傷つけてしまい、傷口から細菌やウイルスが入り込んで性感染症を発症してしまう可能性があります。

また、生理中の女性は精神が不安定になりやすく、セックスを気持ち良く感じることができないことが多いです。男性によっては、女性が生理期間中であっても性欲が高ぶることがあるかもしれません。しかし女性が生理中のときには我慢しましょう。

性感染症に感染する原因や仕組み、予防方法は以上のようになります。女性とセックスをする上でこうした知識があると、STDへの感染を前もって防ぐことができます。ぜひ覚えておいて、性生活に役立てましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認