通常、イスラム教の国だと夜遊びが終わっています。ただ、インドネシアはイスラム教の国のくせに夜遊びが非常に盛んなことで知られています。しかも、場所によって値段は異なりますが、3,000円ほどで女性とお相手することができます。

こうした格安施設であれば、たとえ3Pをしたとしても値段は5,000円ほどです。

日本で3Pが可能な店となると、高級店になります。そうなると一人5万円以上になるため、3Pだと値段は10万円以上です。ただ、インドネシアだとわずか5,000円になってしまうのです。そのため、初めての3Pがインドネシアという人は多いです。

また、値段の高い夜遊びスポットであったとしても、最高級店のスパ(ソープランドのような場所)で総額16,000円ほどです。以下のような非常にキレイな施設があり、アルコールを飲み、実物の女性を指名してこの値段です。

そのため、非常にコストパフォーマンが良いです。圧倒的な低価格にて、インドネシア女性との夜遊びが可能です。そこで、インドネシアで安全に夜遊び可能な方法を記した「インドネシアの夜遊び情報(マップ付き)」を販売します。

インドネシアの夜遊び場所はジャカルタとバリ

まず、どのような都市で夜遊び可能かというとインドネシアではジャカルタとバリになります。

ジャカルタについては、特に観光地はありません。そのため、夜遊びだけを楽しみたい人に向いている都市になります。

一方のバリについては、リゾート地として有名ですが多くの人が観光のために出向きます。ただ、同時に夜遊びが非常に面白い都市でもあります。そのため、単に観光するだけでなく隣に現地の女の子を付けながら観光案内してもらっても問題ありません。

以下にそれぞれについて、簡単に説明していきます。

ジャカルタの夜遊び

アジアの中でも、夜遊びの種類が非常に多い都市がジャカルタです。このとき、以下のような種類があります。

  • パラダイススパ
  • ホテル置屋
  • ローカル置屋
  • カラオケ(KTV)
  • エロマッサージ
  • 援交バー
  • ロイヤル(線路脇)
  • 立ちんぼ

これらの中から、優先順位をつけて回らなければいけません。また、それぞれの場所はかなり遠く離れているため、ホテルの宿泊場所を変えながら夜遊びするのがコツです。

そこで、ジャカルタで正しく夜遊びを実現するために、インドネシアの夜遊び情報(マップ付き)ではそれぞれの店舗の値段や注意点に限らず、ホテルの正しい取り方まで含めて解説しています。

バリの夜遊び

インドネシアへの旅行を検討するとき、多くの人はバリ島へ出向きます。インドネシア旅行の定番がバリ島であり、非常に有名なリゾート地でもあります。

そうしたバリ島ですが、夜遊びスポットとしても問題なく楽しむことができます。首都ジャカルタに比べると遊びの種類は少なく、それなりに値段もかかりますが、女遊びを楽しむことが可能です。

それでは、バリ島の夜遊びにはどのような種類があるのでしょうか。これには、以下の3つがあります。

  • 置屋
  • スパ
  • カラオケ(KTV)

どれも女性と本番して最後まですることができます。ただ、夜遊びをするにしてもそれぞれのシステムや料金、遊び方、店の地図について理解する必要があります。そこで、これらをすべて掲載しています。

インドネシアの情報販売ページ

当然、情報販売の内容については余白を少なくして、情報をできるだけ多く記すようにしています。以下のような感じです。

それでは、以下にそれぞれの値段や販売ページについて記します。

ジャカルタの夜遊び情報(マップ付き)

販売価格 980円(税込)
決済方法 カード決済のみ(paypal)
ページ数 92ページ
合計文字数 3万2,151文字

バリの夜遊び情報(マップ付き)

販売価格 500円(税込)
決済方法 カード決済のみ(paypal)
ページ数 35ページ
合計文字数 1万1,197文字

免責事項

・海外風俗の場合、店舗の場所や時間、値段などは時間とともに変わっていきます。そのため、「いまは閉鎖されていた」「値上がりしていた」など必ずしも情報の通りとは限りません。そのため、正確性や最新性などの保証は致しかねます。また、トラブルになったとしても責任は一切負いません。

・なお、本情報の内容は当サイト「恋愛スタイル」にも記載しており、それをまとめたものになります。免責事項として事前に記しているため、「情報の内容がネット上にあるものと同じ」というクレームは受け付け致しかねます。

・本製品は情報サービス販売という性質上、返金には一切応じることができません。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ