出会い系サイトの女性と食事へ行く場合の店選び・店での振る舞い方


出会い系サイトで女性と直接会うことになったら、「食事やお茶をする場所」を検討する必要があります。ほとんどの場合、女性と会ってからすぐにホテルへエッチをしに行くことはありません。まずはカフェやレストラン、居酒屋などでお茶や食事をすることが多いです。

ただ、初心者の場合、「女性とどのような店に行けば良いか分からない」「自分が選んだ店を、女性が気に入ってくれなかった」ということがありえます。そこでここでは「出会い系サイトで出会った女性と向かうべき飲食店の選び方」や「食事中に気をつけるべきポイント」について紹介します。

飲食店選びの基本は、「女性の好みに合わせる」

飲食店選びは大切なポイントです。その理由は、選択するカフェやレストランによって「女性と関係を深められるかどうか」に差が出てくるためです。

出会い系サイト上では、メールで女性とコミュニケーションをとることができます。例えばこのときのやり取りで、「女性はワインが好き」ということが分かっているとします。

この場合「ワインがたくさん揃っているバーを知っているから、良かったら行かない?」のように誘うと、女性に喜んでもらえる可能性が高くなります。選ぶ店を、女性の好みに合わせているためです。

また、相手の女性が「お酒を飲めない」ということが分かっている場合、居酒屋やバーなどを選ぶべきではなく、レストランやカフェなどを選ぶと女性が楽しんでくれやすいです。

このように、選ぶべき飲食店は女性によって異なります。女性の好みに合わせて店を選ぶよう気をつけてください。

飲食店は男性が決めるべき

恋愛に慣れていない男性は、女性とデートへ行くことになったとき、「何が食べたい?」「どんな店でもいいよ」と女性に決定権を委ねることがあります。しかしこれは、間違った行動です。基本的に飲食店は、男性がリードして選ぶべきです。

女性は男性よりも優柔不断な傾向にあります。女性は飲食店を選ぶときに迷ってしまったり、飲食店で注文するメニューに迷ったりすることがあるのです。

また、女性は本質的に「男性から守られたい。男性に自分をリードしてほしい」と考えています。女性は男性よりも身体的に弱く、昔から男性に守られて生きてきました。この本能が、現在の女性にも受け継がれているのです。

このようなことから、女性に「何が食べたい?」のように聞くのではなく、男性から「美味しい焼き鳥屋があるのだけど、一緒に行かない?」のように提案したり、「2つの店が気になっていて、どちらの店に行きたい?」のように誘ったりする必要があります。

ここで気をつけたい点として、「男性が一方的に決めすぎない」ということが挙げられます。

女性は上記のように「男性に向かう飲食店を決めてほしい」と考えつつも、「私の好みを理解してほしい」と考えています。

そのため女性の好みを事前に聞き出し、それに合わせて店を提案したり、選択肢を2~3つ用意して、その中から女性に選んでもらったりすると良いです。このような工夫をすることで、女性が「私に合わせてくれている」「私の意向も汲み取ってくれている」と感じてくれます。

飲食店を予約しておく

出会い系サイトで知り合った女性と会う際には、人気のレストランや居酒屋などに行くことがあります。このとき予約をせずに店へ出向いてしまうと、満席で入店できないことがあります。そのため、心配な場合は前もって予約をしておくと良いです。

このときは「新宿 デート」「渋谷 居酒屋 個室」などのように地名で検索して店を探すようにしましょう。

また、大手の口コミグルメサイトを活用して店を探しても問題ありません。こうしたサイトでは値段や店の場所だけでなく、リアルな口コミまで確認することができます。

ただ、場合によっては女性が「付き合っているわけではないのに、店の予約までされると緊張する」と感じることがあります。要は女性があなたを「重たい男性」と考えてしまうのです。

女性と一般的な居酒屋(大衆居酒屋)に行く場合や、昼間にレストランへ向かう場合は、予約をする必要はありません。デートの当日に直接店へ向かいましょう。ただ、上記のように「人気店へ行こうと考える場合」は、予約をしておくべきです。

また、一般的な居酒屋であっても、週末の夜などは混み合っていることがあります。そのため、前もって複数の店を候補として考えておくと良いです。

もしひとつ目の店で満席だった場合は「他の店で良ければ、お勧めの店があるよ」と女性に提案しましょう。飲食店へ入れなかったときに「どうしようか」と迷ったり慌ててしまったりすると、女性から「頼りない」と思われてしまいます。気をつけましょう。

「昼間」か「夜」、どちらで会うか

女性と初めて会うとき、「昼間にランチやお茶をしに行く」または「夜に食事へ行く」で、迷うことがあります。これらは、それぞれに特徴があります。昼間の食事と夜の食事、それぞれについて特徴を説明します。

昼間のランチやお茶は、警戒心を抱かれにくい

女性と昼間にランチやお茶へ行く場合、「警戒心を抱かれにくい」というメリットがあります。

女性は出会い系サイトでの出会いにおいて、「男性に突然ホテルへ連れ込まれたらどうしよう」という不安を感じています。

特に男性から「夜に居酒屋へ行こう」と誘われた場合、女性は「お酒に酔ってしまうと、男性からホテルへ誘われたときについていってしまうかもしれない。危険だから、提案を断ろう」と考えることがあります。

josei85

これに対して「お茶やランチにでも行きませんか?」と誘われた場合、女性は安心しやすいです。女性は「昼間に食事へ行くなら、ホテルへ誘われる危険はないだろう」「初対面の男性と話すことは緊張するけれど、お茶をするくらいなら時間が短いから大丈夫だろう」のように感じるのです。

また、女性によってはあなたに対して、「この男性は昼間の食事を提案することで、私が不安を感じないように配慮してくれているのだな」と好印象をもつこともあります。

夜の食事では、お酒を飲むことができる

夜に食事をしに行く場合、「お酒を飲める」という点がメリットです。

お酒を飲むと気分が高揚して、性欲が高まる女性は多いです。そのため女性と夜に食事へ行くと、お酒を飲むことによって女性とエッチできる可能性が高くなります。

josei78

アルコールの耐性は人によって異なりますが、多くの女性は男性よりもお酒が飲めません。そのため一緒にお酒を飲んでいると、女性のほうが先に酔ってしまうことが多いです。

このとき女性に冗談を言って、さらに気分を高揚させるように促すと良いです。「けっこう酔ってきているよね? リンゴみたいな顔色になってる」のように楽しませることで、女性は「この男性と、もっと一緒に過ごしたい」と思いやすくなります。そして、ホテルへの誘いにも応じてくれやすくなるのです。

出会い系サイト上でのメールで「女性がお酒を飲める」と分かっているのであれば、初回のデートから居酒屋やバーヘ誘って問題ありません。ただ、女性が「真面目な出会い」を求めていたり、出会い系サイト上でのメールが丁寧な雰囲気だったりする場合には、初回のデートは昼間に食事やお茶へ誘うほうが良いです。

飲食店ごとの特徴を把握する

女性とのお茶や食事で向かう飲食店には、大きく分けて「カフェ」「レストラン」「居酒屋」「バー」があります。「女性がどのようなことを求めているか」に合わせて、飲食店を使い分けることが大切です。以下では、それぞれの店について特徴を紹介します。

女性と気軽に会いやすい「カフェ」

「カフェ」は最も女性と気軽に会うことができる店です。

カフェは女性が好みやすく、昼間に行くことが多いです。また、注文するものはコーヒーや紅茶、パスタ、ケーキなどで、アルコール類を注文することはあまりありません。そのため、女性が警戒心を抱きにくいです。

また、女性を「お茶でも行こうよ」と誘えば、「気軽な雰囲気」を演出することができます。女性は「昼間に1、2時間くらい話すだけなら気軽だな」のように考えるため、誘いに応じてくれやすいのです。

さらにカフェは「金銭的な負担が小さい」という点もメリットです。コーヒーや紅茶であれば1杯500円ほどで注文でき、デート代が1人1,000円以内で収まりやすいです。

出会い系サイトの利用に慣れてくると、何人もの女性とデートをする機会が生じます。すると食事代が大きくなってくるため、金銭的な負担になることがあります。その点カフェを利用すれば、デート代を節約することができます。

昼でも夜でも使いやすい「レストラン」

「レストラン」は、昼夜問わず利用しやすい点が特徴です。

昼間にレストランへ向かえば、「ランチ」を楽しむことができます。パスタやビザなどが食べられるレストランはお洒落な雰囲気があり、女性が好みやすいです。また、お酒を注文しないことが多いため、デートへ誘ったときに女性が応じてくれやすいです。

夜のレストランでは「ディナー」を楽しむことができます。この場合は、食事と合わせてワインなどのお酒を飲むことができます。

居酒屋へ誘うと、女性が「お酒を飲むことになるのか」と警戒しやすいです。これに対して「夜にレストランへ行こうよ」と誘えば、女性にお酒を飲むことについて気付かれにくいです。女性がお酒を飲むつもりがなかったとしても、「ワインを注文してみる?」のように聞くと、「せっかくだし、食事と合わせてワインも頼もうか」と考える女性は比較的多いです。

レストランのランチは平均的な店であれば1人1,000~1,500円、ディナーは3,000~5,000円であることが多いです。

女性とお酒を楽しみやすい「居酒屋」「バー」

「居酒屋」や「バー」では、女性とお酒を楽しみやすいです。居酒屋は1軒目として、バーは2軒目として向かう店として適しています。

前述のように女性はお酒を飲むと、気分が高揚しやすくなります。そして、ホテルや自宅へ誘いやすくなります。そのため女性とのエッチを目的とするのであれば、居酒屋やバーヘ行くことをお勧めします。

居酒屋によっては、「個室」で女性と過ごすことができます。出会い系サイトで出会った女性と初めて会う場合、個室の居酒屋だと女性に警戒心をもたれやすいです。そのため個室ではない、ワイワイと賑わっている居酒屋を選ぶほうが、女性が気楽に過ごしてくれやすいです。このような店で過ごしても女性と親密なムードになり、その後ホテルや自宅へ向かうことは可能です。

また、居酒屋やバーでは、「向かい合って座る店」と「横並びで座る店」があります。向かい合って座るとお互いに正面から顔を合わせるため、緊張してしまうことがあります。ただ、「相手の表情を確認しやすい」というメリットがあります。

女性と横並びで座る場合、「お互いの顔を正面から見ることがないため、緊張しにくい」というメリットがあります。

また、横並びの場合、お互いの身体が近い距離にあります。そのため、酔ってお互いが良いムードになってきたら、「ボディタッチ」をすることができます。ボディタッチをされると、人は相手に対して親近感を抱きやすい性質があります。横並びの場合はこの性質を利用して、女性との仲を深めることができます。

特にバーヘ行くときには多くの場合、女性がある程度酔っています。このときにボディタッチをすることで、女性がホテルへの誘いに応じてくれやすくなります。また、女性と十分に仲を深めることができていれば、女性があなたにもたれかかってくることもあります。

このようなことから、私は「女性と横並びで座れる居酒屋やバー」を利用することが多いです。

josei90

1度目のデートでカフェやレストランへ行った場合、2度目のデートでは居酒屋やバーを利用することをお勧めします。すると1度目のデートではエッチできなかったとしても、2度目に会ったときには、居酒屋やバーを出たあとエッチできる可能性が高まります。

飲食店には以上のように、それぞれで特徴があります。状況に応じて飲食店を使い分けましょう。

「焼肉屋」「ラーメン屋」「高級レストラン」は避けるべき

出会い系サイトで出会った女性と初めて食事に行く場合、「焼肉屋」や「ラーメン屋」、「高級レストラン」を選ぶことは避けるべきです。

焼肉屋はにおいが服につきやすいです。女性はこのような服に焼肉のにおいがついたり、油が飛び散ったりすることを嫌がります。焼肉は美味しいですが、特に初回のデートでは避けるべきです。

また、ラーメン屋もデートで向かう店として適しません。ラーメンは男性が好みやすい料理ですが、女性は好みが分かれます。また、ラーメン屋にお洒落な雰囲気でゆっくり過ごせる店は少なく、慌ただしい雰囲気の店が多いです。

ラーメン自体は美味しかったとしても、ラーメン屋の雰囲気は女性と会話を交わして過ごすには適していません。そのため、デート先として選ぶことは控えるべきです。

さらに高級レストランも、初回に食事をする店として選ぶべきではありません。理由は「女性がお洒落すぎる雰囲気に緊張してしまい、あなたと会話しにくくなってしまうため」です。

男性によっては、「高級なお店に連れていけば、女性が喜んでくれるだろう」と考えることがあります。しかし逆に、ほど良く賑やかな店に行くほうが、女性と気軽に会話を交わすことができます。実際、私が女性とよく利用する居酒屋は、1人3,000〜4,000円ほどで済む一般店です。

高級レストランは、女性と付き合うことになったら利用すると良いです。交際するまでは女性と話しやすい、一般的な店に行くことをお勧めします。

女性との食事で気をつけるべきこと

女性と会う際には店選びも大切ですが、食事中にも気をつけるべきポイントがあります。以下の点に注意してください。

男性がリードしてメニューを決める

食事のメニューを決めるときには店選びと同様、男性がリードして決めてください。

女性に「好きなものを注文しなよ」のように伝えると、女性は「あなたが決めてくれたらいいのに。メニューを全て任せるなんて、私との食事がつまらないのかな」と感じてしまいます。そのため女性に「どれも美味しそうだね! 僕が適当に注文していい?」のように確認して、自分で注文するメニューを決めましょう。

ただ、このとき「女性に確認しながらメニューを決めること」が大切です。「シーザーサラダと大根サラダ、どっちが好き?」「この鉄板焼、美味しそうじゃない?」のように、自分が選ぶように見えて、さりげなく女性の同意を得ながら注文を進めるのです。

もしくは「パスタとビザを1品ずつ注文して分けようよ。僕はピザを選ぶから、君はパスタを選んでよ」のように、メニューの一部を女性に決めてもらうことも有効です。

このように女性にもメニューの選択権を与えることで、女性は「上手くリードしてくれている」と感じます。女性に何も確認せず、一方的に「この5品をお願いします」のように注文してしまうと、女性から「配慮がない」と見なされてしまいます。

メニューを注文する際には、「お互いが美味しく食べられるもの」を頼む必要があります。そのため上記のように率先してメニューを決める中で、女性にも確認をとりましょう。

また、注文をするときには店のウエイターやウエイトレスを呼ぶ必要があります。これも基本的には男性が呼びましょう。ウエイターやウエイトレスと目を合わせて手を挙げたり、店のスタッフが近くにいれば「すいません」と呼んだりすれば、注文をとりにきてくれます。

ときにはウエイターやウエイトレスが近くにおらず、なかなか料理を注文できないことがあります。このときにイライラしてしまうと、場の空気が悪くなります。そのため「店が賑わっているね。週末だから仕方ないね」のように雑談を交わして、雰囲気が気まずくならないよう場をつなぎましょう。

お酒を注文するときは、女性の様子を伺う

レストランや居酒屋、バーなどでは、料理と合わせてお酒を注文することが多いです。女性がお酒を飲むかどうか分からない場合は、女性に「お酒を飲む?」のように確認しましょう。そして、女性がお酒を飲みたそうであれば、「僕も飲みたいから、お酒を注文しようよ」のようにリードしましょう。

もし女性がお酒を注文しない場合、あなたがお酒を注文するかどうかについては、どちらでも良いです。ただ、お酒を注文する場合であっても、1人で何杯もお酒を飲まないほうが良いです。女性は酔っていないのに、あなただけが酔っ払ってしまう可能性があるためです。そのため、1~2杯程度に留めておきましょう。

また、男性が注文するお酒は、「ビール」や「ワイン」がお勧めです。逆にカルーアミルクやカシスオレンジ、ピーチサワーなどの「甘いカクテル」や「チューハイ」を注文することは控えるべきです。

女性は男性の「男らしさ」に惹かれることが多いです。甘いカクテルやチューハイは、女性が好みやすいです。そのためこのようなお酒を注文すると、女性から「女々しい」と思われてしまいます。

女性によっては男性がこのようなドリンクを注文しても、マイナス印象をもたない人もいます。ただ、多くの女性は上記のように感じやすいため、甘いお酒は避けるほうが良いです。

ビールは男性が好みやすいため、女性からマイナス印象をもたれることが少ないです。また、女性がワインを注文する場合は、「僕もワインを飲もうかな」と言って女性に合わせると良いです。2人でワインを飲むと、デートの雰囲気が盛り上がります。

食べる早さを女性に合わせる

食事をするときには、「食べる早さ」に気をつけてください。

一般的に男性は、女性よりも食べるスピードが早いです。女性が食事の途中なのに男性が食べ終えてしまうと、女性は「男性はもう食べ終わっているから、私も早く食べ終えないといけない」と気を遣ってしまいます。これでは女性があなたとの会話に集中できません。

また、あなたが料理を食べ終わった後に「ゆっくり食べてね」と女性に伝えたとしても、女性が緊張してしまうことは変わりません。女性は「ゆっくり食べていいと言われても、この男性はもう食べ終わっている。私も早く食べないといけない」と思うのです。

そのため男性は女性に配慮して、普段よりゆっくり食べるよう気をつけてください。

料理を取り分けるときなどに、女性の顔から目を逸らすことがあるはずです。このときにさりげなく「女性の料理がどれくらい残っているか」を確認しましょう。あからさまに食事の進み具合を確認すると、女性が「男性が気を遣ってくれていて、申し訳ない」と感じてしまいます。女性から気付かれないよう、さりげなく食事のスピードを確認することが大切です。

食べながら話さない

食べたものを噛みながら女性と会話を交わすことはやめましょう。食べながら話すと、女性に口の中を見られてしまいます。このとき女性は、不快に感じやすいです。

そのため1~2口ずつ食べて飲み込んでから話したり、食べ物を噛んでいるときには「うん」などの簡単な返事のみに留めたりしましょう。

また、どうしても食べながら少し話したくなったときには、手を口にあてながら話しましょう。このように口元を隠すことで、「食べ方に配慮していること」が女性に伝わります。

くちゃくちゃと音を立てて食べない

女性と食事をする際には「くちゃくちゃと音を立てて食べないこと」にも気をつけてください。

女性は噛むたびに口を開けて、音を立てながら食べる男性を嫌います。服装や身だしなみに気をつけていたとしても、このような食べ方をするだけで女性に嫌われる可能性があります。

このとき女性から「食べ方が汚いよ」と注意してくれることはありません。女性はこのような男性に対して、内心で「この人は食べ方が汚いから、恋愛対象として見れないな」と考えます。そして初回以降、デートに誘っても応じてくれなくなります。

そのため、自分が普段どのように食事をしているか確認しましょう。そして音を立てて食べていると気付いたら、改善するべきです。

くちゃくちゃという音は、口が開くときに生じます。そのため、口を閉じて食べるように気をつけてください。

片手だけで食べない

人によっては、片手だけを使って食事をする人がいます。例えば右利きの人であれば、食事中に右手だけを使い、左手はずっと膝に置いておくことがあります。また、人によっては左手で肘をつきながら食事をすることもあります。

これは日本でよく見かける、食事のマナー違反です。左手を食器に添えることで、正しい食事の姿勢になります。

片手だけを使って食べていると、食事がつまらないように見えます。そのため女性が「私との食事が楽しくないのだろうか」と感じやすくなります。基本的なマナーを守って食事をしましょう。

食事中のタバコを控える

男性によっては、日常的にタバコを吸うことがあります。ただ、女性との食事中にはタバコを吸わないよう気をつけてください。

多くの女性は、タバコを吸いません。そしてタバコのにおいを敬遠したり、タバコのにおいが服につくことを嫌がったりすることが多いです。そのため女性に配慮するため、タバコを吸わないように気をつけてください。

お会計は男性が全額、もしくは多めに支払う

食事を終えて店を出るときには「お会計」をします。基本的に「男性が全額を支払う」もしくは「女性よりも多めに支払う」ことをお勧めします。

これは男女のデートにおいて、「暗黙の了解」となっています。男性は女性をリードする立場であり、多くの場合、女性よりも経済力があります。そのため女性に配慮して、男性は上記のような対応をとるべきなのです。

お会計のときに「君にもお金を支払ってほしい」という様子を見せてしまうと、女性からマイナス印象をもたれやすいです。

例えばお会計が7,000円であった場合には、全額を支払うか、女性から申し出があった場合「1,000円でいいよ」のように小額を女性に支払ってもらいましょう。女性にお金を支払ってもらう場合は、男性がお会計を済ませて店を出た後に、女性からお金を受け取りましょう。

お会計では「スマートな対応」が求められます。女性に支払ってもらう金額について迷ってしまったり、店内で戸惑ってしまったりすると、女性があなたに対して幻滅しやすいです。

また、2軒目としてカフェやバーなどへ行く場合には、1軒目よりも食事代が安くなりやすいです。そのため1軒目の店であなたが食事代を全額支払った場合には、女性に「2軒目でコーヒーをご馳走してよ」のように伝えると良いです。

女性は1軒目で男性に奢ってもらうと、「ご馳走してもらって、少し申し訳ない」という気持ちになりやすいです。そのため上記のようにスマートな提案をすることで、女性が「負い目」を感じにくくなります。

出会い系サイトでたくさんの女性に出会っていると、食事代が大きな負担になりやすいです。このような場合、初めて会う女性とはカフェなどに行き、食事代を抑えると良いです。

なるべく女性とお酒を飲む

「出会い系サイトで出会った女性と、エッチをしたい」と考える男性は多いです。女性とエッチできる可能性を高めるためには、女性とお酒を飲むほうが良いです。

女性にお酒を勧めるときには、「楽しい雰囲気」を意識しましょう。「今日は飲むしかないね!」のように冗談を込めながら、強引にならないよう注意してお酒を勧めましょう。

「僕はお酒を飲みたいけれど、君も飲む? 嫌なら無理に飲まなくていいよ」のような優しい勧め方は、一見すると正しい勧め方のように思えます。しかし女性は男性からこのようにお酒を勧められると、男性に対して「弱々しい雰囲気」を感じます。そのため、逆に抵抗感を抱きやすいです。

また、このような弱々しいお酒の勧め方をすると、女性は「この男性は、下心から不自然な態度になっているのではないか」と疑うこともあります。

このように丁寧なお酒の勧め方は、逆に女性から断られやすいです。そのため「楽しい雰囲気」と「リードする意識」をもって、女性にお酒を勧めましょう。

お酒を飲んで良いムードになってきたら、女性と「恋愛話」を交わすと良いです。恋愛話は誰とでも交わすことができる話題ではありません。そのため恋愛について話すことで、女性にあなたを「恋愛対象」として意識してもらうことができます。

また、それまでの会話やデートで親密な雰囲気を作れていれば、酔うことで女性が大胆になることもあります。このときには、女性がいわゆる「下ネタ」にも寛容になります。エッチな話を交わすことができれば、ホテルへの誘いに女性が抵抗を感じにくいです。

女性は下ネタを敬遠することが多いです。しかしお酒に酔うと、女性によってはエッチな話題を好むことがあります。人によって好みが分かれるため、下ネタは女性の様子を見ながら切り出してください。

私の場合は女性とお酒を飲んで楽しい雰囲気になってきたら、急に「ところで、今日の下着は何色なの?」「ところでずっと気になってたけれど、巨乳だよね」のような冗談を言うことがあります。

急にエッチな話題を女性に振る理由は、「女性を驚かせるため」です。「なぜ急に下着の色を聞いてくるの!?」と女性はビックリしながら、思わず笑ってしまいやすいのです。下心を笑いで紛らわせることにより、女性がエッチな話題を受け入れてくれやすくなります。

女性にボディタッチをする

女性とお酒を飲むときに席が横並びであれば、女性にボディタッチをすると良いです。ボディタッチをすることで、女性があなたをより恋愛対象として見たり、エッチをしたくなったりします。

ただ、ボディタッチといっても、女性の胸やお尻を触らないように注意しましょう。女性の肩や頭、手などにボディタッチをすることが効果的です。

例としては「手がすごく小さいよね」と言いながら、自分の手と女性の手を重ね合わせます。このように手が触れ合うことで、女性はドキッとした気持ちになります。また、お手洗いへ行き、戻って来たときに頭や肩をポンと叩くことも自然です。

出会い系サイトで出会った女性と食事へ行く際には、以上の点に気をつけてください。飲食店の選び方や、店での振る舞い方によって、女性とエッチできるかどうかに差が生じます。紹介したポイントを参考に、女性と楽しい時間を過ごしてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。