外国へ行くとき、男性であれば必ず意識しなければいけないのが風俗遊びです。日本に比べると海外の夜遊びは非常に楽しいため、海外へ行くときは必ず風俗を楽しむべきです。

私であれば、海外風俗をメインに考えて外国へ行くほどです。もちろん普通の観光もしますが、女遊びまで含めて楽しむのが真の海外旅行だといえます。

ただ、航空券を取得するとなると高額な費用が必要なのではと考える人が多いです。しかし、実際には非常に安い費用で海外へ行くことができます。

ここでは、どのようにして格安航空券を取得すればいいのかについて解説していきます。

旅行ツアー会社は非常に高額

本来、海外旅行は国内旅行よりも安いです。しかし、実際は海外旅行が非常に高額だと勘違いしている人が多いです。これは、多くの人はJTBやHISなどパック化された旅行ツアーに申し込むためです。

例えば、旅行ツアー会社を経由するもので最も安いツアーとしては、「航空券とホテルだけ取られており、終日自由行動」というものがあります。

例えば、以下はJTBが出しているバンコク5日間のツアーですが、どの日も自由行動です。

このときの値段ですが、以下のように79,800円が最安値でした。

もちろん最安値で売られているわけはなく、通常は82,800円という値段です。また、ゴールデンウィークなどの繁忙期ではどこも最高値の130,800円でした。

これではさすがに値段が高すぎてなかなか海外へ行くことができません。海外の風俗街には夢のような世界が待っているとわかっていたとしても、これでは躊躇してしまいます。

格安で航空券を取得する方法

ただ、海外風俗遊びの大原則は「ツアーパッケージは利用せず、個人で航空券を取得して出向く」ことが基本です。こうした方法であると、非常に安く海外へ行くことができます。

あなたも国内旅行をするとき、ツアーパッケージを利用してもいいですが、電車や新幹線、飛行機などの移動手段を自分で調べ、出向いたことが何度もあると思います。これと同じことを実践すれば問題ありません。

それでは、海外へ行くための航空券を取得するとき、どのようなものを活用すればいいのでしょうか。これには、「スカイスキャナー」というサイトを利用するようにしてください。海外へ行くとき、私がいつも利用しているサイトです。

方法は簡単です。出発地と目的地を入れ、さらには出発日(日本を出る日)や現地出発日を入力するだけです。以下では、「東京-バンコク」で入力しています。

その後に検索すると、どの航空会社を利用すれば安いかをすぐに検索してくれます。

今回の検索であれば、「東京-バンコク」で5/14~17の航空券では26,939円が最安値だという検索結果がでました。

もちろん直行便であり、LCCにはなりますが3万円以下でバンコクに行けるのは普通です。

また、ゴールデンウィークなどの繁忙期であっても非常に値段は安いです。5/1~5/4とゴールデンウィークのど真ん中で検索したのですが、以下のように直行便だと58,914円という結果が出ました。

また、乗り継ぎが1回入る場合は最安値が46,602円となります。つまり、ゴールデンウィークなどであっても4万円代(東京-バンコク)で航空券を取得できるのです。

なぜ、スカイスキャナーがこれだけ安いのかというと、すべての航空券予約サイトを使って値段を比較しているからです。

予約サイトによって航空券の値段が違うことはよくあります。例えば、以下は先ほどの「東京-バンコク」で最安値だった26,939円の航空券です。

スカイスキャナーで調べた結果、「スクートという予約サイト経由なら26,939円だが、エクスペディアというサイト経由なら28,549円になる」という具合に値段が違うことがわかります。

このように予約サイトによって価格が異なるため、それらを総合して最安値を提示してくれるのです。

海外風俗を楽しむなら個人旅行にするべき

旅行ツアー会社を通してもいいですが、無駄に旅行費用が高くなるだけです。旅行ツアー会社を通すと人件費や日程調節などの経費がかかるため、値段が高くなるのは当然の結果だといえます。

そこで、自ら航空券を取得して出向くようにしましょう。

また、日本とは違い海外のホテルは安いです。先進国であっても、一泊5,000円ほどで日本のビジネスホテルと同等のホテルに宿泊できます。東南アジアなどの発展途上国であれば、一泊3,000円でも非常に優れたホテルになります。

そのため、航空券代だけでなくホテル代を含めたとしても、旅行ツアー会社の半額(またはそれ以下)ほどの値段で海外へ出向くことができます。

もちろん、タイ・バンコクに限らず以下のような安い値段で往復航空券を取得できます。

  • 東京-マニラ(フィリピン):約21,000円(直行便)
  • 東京-香港:約20,000円(直行便)
  • 東京-プノンペン(カンボジア):約36,000円(1回乗り継ぎ)
  • 東京-フランクフルト(ドイツ):約67,000円(1回乗り継ぎ)
  • 東京-シドニー(オーストラリア):約46,000円(1回乗り継ぎ)

アジアの値段が安いのはわかりますが、オセアニアやヨーロッパの航空券も非常に安いです。

実際、私は北京経由で66,470円にて「東京(成田)-フランクフルト」の航空券を取得して、ドイツの風俗店で豪遊しました。

ドイツやオーストラリアへ旅行するとなると、20万円以上の費用が必要だと考えている人は多いです。ただ、実際のところ非常に安い値段で航空券を取得することができます。

スカイスキャナーを利用すれば、実際にこうした値段が出てくるため試しに行ってみてください。

国内旅行の方が高くなる

このように考えると、アジアに行くよりも国内旅行の方が値段は高いです。実際、東京-新大阪の新幹線は往復で27,240円です(最安値)。これは、東京-バンコクの航空券代よりも高いです。

「海外は高いから日本での旅行にしよう」と考える人は非常に多いですが、単なる勘違いです。格安航空券の取得方法を知るだけで、海外旅行が非常に気軽になります。

もちろん、私は日本が好きなので国内旅行も行きます。ただ、それ以上に海外旅行へ行きます。理由は単純であり、格安で遊べて非常に楽しいからです。

なお、東京ではなくその他の地方に住んでいる場合、自分の地域を出発地に設定すればいいです。例えば、「那覇-バンコク」「札幌-バンコク」などにするのです。そうすれば、あなたが住んでいる地域での最安値が算出されます。

海外での国内移動も自分で取得する

今回の航空券の取得方法を理解すれば、どのような場面にも対応できるようになります。例えば、「バンコク-プーケット」の片道航空券を取得したと考えたとき、どのようにすればいいでしょうか。このとき、出発地に「バンコク」と入力し、到着地に「プーケット」と入れ、日にちを記入して検索するだけです。

往復の航空券だけでなく、片道の航空券であっても問題なく検索することができます。そのため、どのような日程を組んでも問題ありません。

例えば、私がフィリピンでの風俗遊びをしたとき、「マニラ → アンヘレス → セブ → マニラ」という順番で移動していきました。このとき、以下のような交通手段を使いました。

  • マニラ → アンヘレス(タクシー:陸路で2~3時間ほど)
  • アンヘレス → セブ(飛行機:スカイスキャナーで片道予約)
  • セブ → マニラ(飛行機:スカイスキャナーで片道予約)

LCCの場合、片道の航空券であっても非常に安いです。そのため、さまざまな旅を実現することができます。

なお、スカイスキャナーで最も安い航空券を探した後、航空会社の公式サイトに出向いて予約しても問題ありません。

スカイスキャナーの画面では予約しにくいことがあるため、最安値を調べた後にLCC(格安航空会社)の公式サイトに出向き、そこで予約するのは私もよく行う方法です。いずれにしても、往復や片道を含めて飛行機代は非常に安いと考えてください。

旅行の日程を考える

航空券の料金が非常に安いことがわかったら、まずは旅行の日程を考えましょう。別にゴールデンウィークやお盆、年末年始でなくても問題なく海外へ行くことができるはずです。

例えば土日の前と後(金曜日と月曜日)の両方で有給休暇を使えば、4日の休みを作ることができます。これでアジアへ飛べば、到着日を入れて3日は夜遊びできます。場合によっては、4日も風俗店をめぐることができます。

  • 1日目(到着日):ホテルで荷物を降ろした後に女遊び
  • 2日目:当然ながら夜遊び
  • 3日目:当然ながら夜遊び
  • 4日目(帰国日):フライトが15:00以降の場合、昼の早めに女遊び

私はサラリーマンでありながら外国での夜遊びを楽しんでいます。これは、このような日程を組んでいるからです。

また、2日も連続で有給休暇を取得できない場合、有給休暇は1日だけでも問題ありません。3連休の前後に1日、有給休暇を取れば同じ日程を組めます。

さらにいえば、4日でなくても問題ありません。通常の土日の前後に有給休暇を1日入れて、休みが3日であっても問題なく風俗遊びをすることができます。この場合、以下のようになります。

  • 1日目(到着日):ホテルで荷物を降ろした後に女遊び
  • 2日目:当然ながら夜遊び
  • 3日目(帰国日):フライトが15:00以降の場合、昼の早めに女遊び

これだけでも、海外風俗を満喫することができます。さすがにヨーロッパや中南米では難しいものの、アジアであれば気軽にこうした旅行日程を組むことができます。

多くの人は付き合いでの国内旅行に何万円もの費用をかけます。ただ、それ以下の値段で海外で豪遊できることを知りません。そのため、国内ではなく海外へ視野を広げるようにしましょう。

到着時間に気を付ける

航空券を取得するとき、必ず意識するべきものとして到着時間があります。風俗遊びをするのであれば、現地への到着時間は必ず意識するべきです。

夜、遅い到着であるとその日の夜遊びができません。

一般的な旅行では、初日は単なる移動日です。しかし、風俗遊びを考えるとなると話は別です。女遊びは夜がメインであるため、夜遅くに空港へ到着してはいけません。

現地へはどれだけ遅くても16:00までに到着しておくようにしましょう。空港から市内に出てホテルまで移動し、チェックインまで済ませるには2時間ほどかかります。この時点で18:00です。

ここから準備して夜の街を散策するとなると、19:00になります。ここから夕食も食べなければいけないため、現地で夜遊びするギリギリの時間になります。こうしたことを考えると、海外の美女と遊ぶためには遅くても16:00まで(できれば15:00まで)に到着する便を選ぶといいです。

ちなみに、例えば空港へ20:00に到着するとなると、ホテルに着くのは22:00くらいになります。ここから夕食を食べて夜遊びをするとなると遅いです。現地への到着時間は意外と重要なのです。

空港での航空券の取得方法

それでは、航空券を予約した後に空港で飛行機に乗るためにはどのようにすればいいのでしょうか。方法は簡単であり、「予約したときに送られたメールの控え(あらかじめ印刷しておくといい)」とパスパートをもっていくだけです。

例えば、私がセブパシフィックというLCCを利用したとき、以下のような記載があるメールが送られてきました。

LCCの場合、自分でチェックインするための機械があります。そこに予約ナンバーを入力するだけでチェックインが完了します。そのため、非常に簡単です。

もしわからなかったとしても、窓口の人に聞けばいいだけです。特にトラブルが起こることはないため、国内線の飛行機に乗るのと同じ感覚で搭乗できます。

ただ、LCCによっては「フライトの2時間前でないとチェックインできない」などのルールがあったり、遅延が高頻度で発生したりするため、こうしたことが起こることは理解しておくといいです。

海外旅行は非常に安い

ここまで、外国へ行くために必要な航空券の取得方法について解説してきました。実際のところ、飛行機代は非常に安いです。むしろ国内を新幹線で移動する方が高くつきます。

フィリピン・マニラへ行く費用は2万円ほどですし、タイ・バンコクにしても値段は3万円を切ります。費用相場は非常に安いのです。これはアジアに限らず、アセアニアやヨーロッパについても同様です。

また、海外での風俗遊びは非常に格安です。例えば、タイやフィリピンなどのアジアでは1万円以下で女性とセックスでき、さらには交渉によって一緒に食事をしたり観光地を巡ったりすることができます。

ドイツでも白人美女とセックスする費用は12,000円ほどです。日本の風俗よりも圧倒的に安く、コストパフォーマンスがいいのです。

当然、すべての国で本人を見て指名することができ、セックス(本番行為)があるのは普通です。パネルマジックなどは存在しません。

このように考えると、海外での風俗旅行が非常に安く、身近に感じるのではないでしょうか。

海外風俗のハードルは高くなく、手軽に行くことができます。格安で航空券を取得し、安い値段で外国での夜遊びを楽しんでみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認