フィリピンは非常に風俗遊びが盛んな国として知られています。その中でも風俗遊びの主戦場となる場所の一つにマニラがあります。

マニラでの夜遊びは種類が多いものの、基本的にはゴーゴーバー、援交カフェ、KTVに集約されます。その中でも最も基本的な夜遊び方法がゴーゴーバーです。

マニラのパサイ地区には、ゴーゴーバーの複合施設が存在します。つまり、ゴーゴーバーだけが入っている施設があるのです。これをEDSA Complex(エドサコンプレックス)といいます。

ここでは、エドサコンプレックスの遊び方やシステム、料金相場を含めて実体験をもとに解説していきます。

風俗の複合施設、エドサコンプレックス

エドサコンプレックスの様子は以下の動画で見ることができます。

EDSA Complex(エドサコンプレックス)は正式名称をEDSA Int’l. Entertainment Complexといいます。それを略してエドサコンプレックスですが、まだ名前が長いので通称「エドコン」と呼びます。

エドサコンプレックスはマニラのパサイ地区に存在しますが、マニラでの夜遊びではエドコンだけで完結することはありません。さまざまな歓楽街を回ることになります。

このとき、マニラの全体的な夜遊びエリアの地図としては以下のようになります。

歓楽街の中でも、EDSA Complex(エドサコンプレックス)は下の方に位置します。そのため、タクシーなどで出向くといいです。

なお、こうした地図や歓楽街の場所を理解したうえでホテルを取るのが基本です。基本的には、「LAカフェ(援交カフェ)とエドサコンプレックスの間」で宿泊するホテルを取るといいです。そうすれば、どの場所からであっても風俗街へのアクセスが良いです。

治安はまったく問題ない

マニラで夜遊びをするとなると、不安になるのが治安です。フィリピン・マニラはアジアの中で最も治安の悪い都市として知られています。

実際、援交カフェで知られるLAカフェの周辺は非常に治安が悪いです。また、エドサコンプレックスと同じようにゴーゴーバーが密集するブルゴス通りについても、ストリートチルドレンがいます。

それに対して、EDSA Complex(エドサコンプレックス)はマニラの中では最も安心して遊ぶことのできる風俗施設だといえます。

まず、入り口に入るためにはセキュリティを通る必要があります。セキュリティとはいっても、浮浪者やストリートチルドレンが入らないようにするためであるため、私たち旅行者はほぼ何ごともなく通されます。

風俗施設にも関わらずセキュリティが存在するわけですが、こうしたチェックがあるのでエドサコンプレックスの中では強盗・スリは起こりません。

もちろん、女性が必死で勧誘してくることはあります。ただ、それはお客さんを獲得したいからであり、あなたから金品を奪ったり騙したりするためではありません。そのため、マニラの中では最も安心して遊ぶことのできる場所だといえます。

エドコンで遊ぶときのシステム

それでは、どのようにしてEDSA Complex(エドサコンプレックス)で豪遊すればいいのでしょうか。

エドコンの中に入っているゴーゴーバーは何店舗もあり、それぞれ店の前で女性が呼び込みをしています。以下のような感じです。

店にいる露出の多い女性は全員、お持ち帰り可能です。もちろん、壇上で踊っている女性についても指名することが可能です。

エドサコンプレックスの店内に入り、どのような女性がいるのか確認することについては無料です。私も初めてエドコンへ出向いたとき、30分以上はさまざまな店をグルグルと回ることになりました。

こうした店を覗いていき、良さそうな店に入ってショーアップ(女性がズラッと並ぶこと)することになります。このとき、気に入った女性がいたら指名しましょう。ショーアップのときに好みの子がいなければ、そのまま店を出ればお金を支払う必要はありません。

もちろん、女性を指名せずにただ席に座るという方法も可能です。店内に入ってアルコールだけを注文するのです。ビール1本で150~200円ほどであり、それ以上の費用は必要ありません。ゴーゴーバーでは飲むだけの男性もたくさんいるため、これについては問題ありません。

なお、女性を指名した場合は女性にドリンクを奢ることになります。女性と会話をすることになりますが、このときは英語です。英語とはいっても中学英語で問題ないので物怖じする必要はまったくありません。実際、このとき私は数人の男友達と来ていましたが、その中には英語をまったく話せない人がいたものの非常に楽しそうでした。

そうして会話をした後、「この女性とセックスしたい!」と思った場合はバーファイン(連れ出し)をします。店にバーファイン料を支払い、あなたが宿泊しているホテルへ持ち帰ってエッチするだけです。

遊ぶときのシステムは難しくなく、「店に入って女性を指名する → 隣につけて会話する → ホテルにお持ち帰りしてセックスする」だけです。

エドコンの女性とエッチするための値段相場

それでは、エドサコンプレックスのゴーゴーバーで踊っている風俗嬢を指名し、ホテルへお持ち帰りしてセックスをするためにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。

ビールの値段や多少のシステムには違いがありますが、基本的にはエドコンの中の店舗はどれも値段が統一されています。

例えば、私が出向いたときは女性をバーファインするための値段は2,500ペソ(約5,500円)でした。バーファインは店側に支払うお金ですが、これに加えて「女性とセックスした後に女性個人へ手渡しする費用」が必要になります。

具体的には、ショートなら3,000ペソ(約6,600円)、ロングなら5,000ペソ(約11,000円)でした。ショートはセックス一回であり、ロングでは朝までコースになります。ショートではエッチしたら女性はすぐに帰るものの、ロングなら朝まで過ごすことになります。

ロングでは朝の2回戦が可能であるものの、女性次第なのでロングでの2回戦を希望する場合は事前に確認するといいです。

・営業時間

なお、EDSA Complex(エドサコンプレックス)の営業時間は19:00~翌朝3:00までが基本になります。この時間にエドサコンプレックスへ出向くようにしましょう。

中には美女も存在する

フィリピン人はどちらかというと、日本人好みの顔でないことが多いです。要は、ブスがたくさんいます。フィリピン女性は欧米人好みのサル顔をしているのです。

これはどの風俗店でも同様であり、あまり美人な風俗嬢は在籍していません。これは、エドサコンプレックスでも同様です。

ただ、エドコンには何店舗ものゴーゴーバーが存在し、そこには何人もの女性が在籍しています。また、エドサコンプレックスはゴーゴーバーの中ではそれなりにレベルの高い店なので、探せばかわいい子を見つけることができます。

私もエドサコンプレックスへ出向いたときは女性をバーファインしましたが、非常に美人の子でした。セックスする女性は一人なので、店の中で自分好みの子を見つけることができるまで探すといいです。

EDSA Complexでのセックス経験

私がフィリピン・マニラへ出向いて夜遊びをしたとき、エドサコンプレックスへも立ち寄りました。そこで女性を指名してエッチすることになったのですが、22歳の女性とセックスしました。

タイ・バンコクにも同じようにナナプラザというゴーゴーバーの複合施設が存在します。エドサコンプレックスはナナプラザに比べると規模が小さいです。ただ、セキュリティや店のキレイな雰囲気はマカティ地区のエドサコンプレックスの方が優れています。

店に呼び込むため、女性は店の中で踊っているだけでなく、外にもいます。バンコクにあるゴーゴーバーのように腕をガシッとつかまれて店の中へ引っ張られることはないものの、それなりに呼び込みをしてきます。

前述の通りゴーゴーバーでは、女性を見るだけなら無料です。その日は男性数人で出向いたわけですが、何店舗も店の中に入ってはすぐに出るのを繰り返すことになりました。

ただ、何十分か回った後は「とりあえずどこかの店に座ろう」ということになりました。ドリンクを注文してもそこまで高くないし、まずはゴーゴーバーを体験することになったわけです。

ゴーゴーバーとはいっても、店によって趣味嗜好の違いがあります。単に女性が踊っている店があれば、KTV(キャバクラ)のような店も存在します。

私はキャバクラ形式のゴーゴーバーへ入店することにしました。

このとき、ショーアップがあります。目の前に女性がズラッと並ぶことになりました。

並んでいる女性の中には、明らかに他の店舗で見た女性もいます。エドコンの中には系列店があり、ショーアップのときはそこから女性が駆けつけるのでしょう。

20~30人ほどの女性の中から、良さそうな女性を指名します。私は小柄のフィリピン美女を指名することにしました。

この店の場合、「1時間の席料、自分用の2ドリンク、女性用の1ドリンク」がついて1,000ペソ(約2,200円)でした。他のゴーゴーバーとは違いKTV(キャバクラ)の形式であるため、時間制になっています。

フィリピン女性の中には、普通に日本語を話せる子がいます。風俗嬢とはいっても、日本人客が多いので日本語を勉強しているのです。ただ、私が指名した女性は英語しか話せず、中学英語で何とかコミュニケーションを取ることにしました。

KTVは本来、カラオケを楽しむ店なので店内ではカラオケやバンドを含め、さまざまなものがあります。それらを楽しんでいると、すぐに1時間が経過してしまいました。

その後、バーファインする人がいれば、バーファインせずに店を出る人もいます。私の場合、その子をバーファインしてホテルへ連れ出すことにしました。

子持ち女性とセックスする

店にバーファイン代を支払った後、女性を連れて店を出ることになります。女性は私服に着替える必要があるため、指名した子が出てくるまで私は店の入り口で待つことになりました。

エドサコンプレックスの外には何台ものタクシーが止まっています。私たちのような男性が女性をバーファインするとき、タクシーは必須です。そうしたタクシー客を狙って、何台ものタクシーが止まっているのです。

こうしたタクシーを活用してホテルまで出向いてもいいですし、アプリを使ってタクシーを呼んでも問題ありません。いずれにしても、タクシーを使ってあなたが宿泊しているホテルまで女性を連れていきましょう。

その後、ホテルで一緒に少しだけ飲んでもいいし会話を楽しんでも問題ありません。

私の場合も同様に、英語にはなりますが女性との会話を楽しみました。フィリピン女性は基本的にノリがいいため、言語の問題はそこまで大きな壁ではありません。

そうした後はシャワーを浴びることになります。フィリピンの風俗嬢では、シャワーを別々にする人が意外と多いです。ただ、この女性は何もいわなくても私と一緒にシャワーを浴びるようにしてくれました。

脇からペニスの先までを洗ってもらい、身体をキレイにしていきます。そうして、私が先にシャワーから出ることになりました。その後、女性が出てきます。

部屋を暗くした後、やることは一つしかありません。そのまま、女性と合体するためにタオルをはがしてエッチすることになりました。

ただ、このとき気づいたことがあります。それは、女性に妊娠線がくっきりと残っていたことでした。後からわかったことですが、彼女には3歳になる息子がいます。年齢は22歳と若い女性ですが、フィリピンでは子持ちの風俗嬢はたくさん存在します。

彼女はシングルマザーであり、一人で子供を育てているようです。フィリピンではシングルマザーが非常に多いため、これは珍しくありません。

私は妊娠線や子供がいることについてあまり気にしません。ただ、気にする場合は事前に子供がいるかどうか聞いておくといいです。

さて、そうして前戯をしたあとはセックスをすることになります。このときは女性からコンドームを要求されました。フィリピンでは生セックスが可能な女性は非常に多いものの、この女性は既に子供がいて反省しているのかコンドームが必須でした。

私も日本からコンドームを持参してきたため、それを活用することにしました。

中は狭く、非常に気持ちいいです。正常位からスタートしましたが、なぜかこの女性は正常位しか受け入れてくれません。理由はわかりませんが、騎乗位やバックなどはできませんでした。

仕方ないので、正常位のまま腰を振っていきます。そのままスピードを速くしていき、限界がきて果てることになりました。

こうして、フィリピン女性とのセックスが終わりました。エッチをした後、女性と軽く会話をします。子供のことを含め、女性の方からいろいろ話してくれました。

シャワーを浴びた後、女性とお別れすることになります。ショートのため、3,000ペソ(約6,600円)を手渡することになりました。また、チップとして100ペソ(約220円)を渡し、お別れのキスをしてバイバイです。

安全に女遊びするならエドコンが優れる

フィリピン・マニラは夜遊びスポットとして優れています。その中でもEDSA Complex(エドサコンプレックス)は有名な風俗スポットの一つです。

マニラの中でも、エドコンは最も治安が良いです。少なくとも、エドコンの中で襲われることはありませんし、浮浪者やストリートチルドレンが入ってくることもありません。

ただ、ゴーゴーバーはフィリピンで代表的な夜遊びであるものの、値段が高いのは一番のデメリットです。私がエドコンで夜遊びをしたとき、飲み代を含めると女性とセックスするために約7,000ペソ(約15,400円)ほどの支払いが必要でした。フィリピンでこの値段は非常に高額です。

しかし安全に遊べるのは優れています。フィリピン・マニラの代表的な歓楽街がエドサコンプレックスであるため、マニラでの夜遊びを検討している場合は出向いてみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには