カンボジアのシアヌークビルはリゾート地として知られています。シアヌークビルは風俗が盛んな地域でもあり、多くの夜遊びを体験することができます。

その中の一つとして、KTVがあります。KTVは「カラオケTV」のことであり、要は個室でカラオケを楽しむことができる店を指します。もちろん単なるカラオケではなく、女性を指名して隣につけ、キャバクラと同じように女性との会話やセクハラを楽しむことができます。

それだけでなく、カンボジアのKTVでは女性をお持ち帰りすることができます。あなたのホテルへ連れ帰った後、セックスするのです。

ここでは、カンボジア・シアヌークビルでKTVへ行き、どのように女性をお持ち帰りしてセックスするのかについて料金や地図を含めて解説していきます。

カンボジアで主要なKTV

カンボジア風俗の中でも、KTVは主要な風俗店です。おそらく、風俗の最高峰に位置するのがKTVです。そのため、シアヌークビルにもKTVが存在します。

シアヌークビルは中国人が多く、ほとんどKTVは中国人向けとなっています。欧米人はKTVに行かず、KTVの客は中国人ばかりです。ただ、当然ながら日本人であっても問題なく受け入れてくれます。

カンボジアのKTVでは、店によってグレードがあります。中級店や高級店など、店によってさまざまです。

高級KTVになると、さすがに女性の質はかなり上がって美人女性がたくさん在籍するようになります。ただ、一回の夜遊びで3万円以上になるなど非常に高額になるため、正直なところコストパフォーマンスが悪いので利用する意味はあまりありません。

そこで高級JTVではなく、基本的には中級店に行くことになりますが、シアヌークビルで夜遊びをするときにKTVも視野に入れるようにしましょう。

KTVで女性を連れ出す方法

カンボジアのKTVで夜遊びをする方法はそこまで難しくありません。まずは店に出向き、中に入るようにしましょう。

プノンペンのKTVであれば、「店頭に座っている女性を指名して中に入る」「店内に入った後、部屋に並んだ女性の中から良さそうな子を選ぶ」の2つがあります。

シアヌークビルの場合、地元のローカル男性はほとんどKTVを利用せず、基本は中国人観光客などお金持ちの人たちがKTVを利用します。そのため、基本は入店後に女性を選ぶようになります。KTVの中でも、店頭に女性が座っている形式は格安店が取るスタイルだからです。

実際、シアヌークビルにあるKTVの外観はどれも豪華です。中級店であっても、プノンペンのKTVよりも豪華さは一段上です。

例えば、以下はシアヌークビルにある中級店です。

内装は意外とぼろかったですが、このように外観はしっかりしているのです。

さて、入店後はショーアップ(女性がズラッと並ぶこと)を頼み、その中から良さそうな子を選ぶようにしましょう。

微妙そうであればパスしてもいいですが、キャバクラと同じシステムであり、女性を指名しないとあまり楽しめません。海外で男だけでカラオケをしても意味がないのです。基本は、何かしら女性を指名して隣につけるようにしましょう。

そうしてカラオケを楽しんだ後、連れ出し交渉をします。店によってシステムが異なり、既に店側で値段が決められていることがあれば、女性と交渉してエッチの価格を決めることもあります。これについては、それぞれルールが違いますし、店のグレードによってセックス代が大幅に変わってきます。

ひとまず交渉成立したら、後はあなたのホテルに連れ出すだけです。ホテルまで女性を招き入れ、セックスを楽しむようにしましょう。

KTVの場所や料金相場を理解する

シアヌークビルのKTVに出向いて夜遊びを楽しむためには、実際にKTVの場所について理解しなければいけません。

カンボジア・シアヌークビルのKTVは市街地にあります。基本は都市部にあるため、市街地にホテルを取っている場合は徒歩で出向くことができます。そのため、非常にアクセスは良いです。

実際のKTVの地図としては、以下のようになります。

こうした地図はあるものの、どこにKTVがあるのか調べる方法は簡単です。シアヌークビルに到着後、Google mapなどの地図アプリを起動し、「KTV」と入力して検索するだけです。これで、シアヌークビルにあるKTVを完全に把握できるようになります。

中級店と高級店が存在する

シアヌークビルのKTVには中級店と高級店が存在します。中級店では、女性を指名して遊んだとしても部屋代は50ドル(約5,000円)ほどです。そこまで金額は高くなく、キャバクラで考えると非常に安い費用で遊ぶことができます。

一方で高級KTVになると、部屋代や女性を隣につける値段が非常に高くなります。それらを総合すると、軽く2万円以上になると考えてください。もちろん、女性を連れ出してセックスするとなると、さらに高額な費用がかかるようになります。中級店と高級店では値段はまるで違います。

確かに高級店ではそれなりに美人の女性がいます。ただ料金を考えると、その値段を出してまで遊ぶいいがあるのかと考えてしまいます。

そのため、シアヌークビルのKTVで遊ぶときは中級店を利用するようにしましょう。中級店のKTVであれば、高級店と比較するとかなり安い費用に抑えることができます。

参考までに、私が出向いたところの中級KTVであると、以下のような料金体系でした。

  • 部屋代:1時間7ドル
  • ドリンク代:2.4ドル×8本
  • 女性の指名代:一人20ドル
  • ママさんへのフィー:10ドル(チップを加えたので実際は20ドル)
  • お世話係の女性:10ドル

1ドル約100円で計算してください。今回は2人で出向いたのですが、ほぼ100ドル(約10,000円)でした。

女性とエッチしたい場合、ここにセックス代が加わります。女性を連れ出すことをペイバー(別名、バーファイン)といいますが、ペイバーするとさらに費用が必要になります。

ショート(一回だけのエッチ)であれば、100~150ドル(約10,000~15,000円)です。基本は100ドルで問題ありません。また、ロング(朝までコース)となると、150~200ドル(約15,000~20,000円)になります。

中級店であっても、KTVで遊ぶとこのように高くつくことは理解しましょう。

シアヌークビルのKTVで女性を抱く

少し値段は高くなりますが、カンボジア・シアヌークビルへ出向いたときにKTVを体験することにしました。

シアヌークビルは中国人観光客の街と化しています。そこらへんに中国人がいて、街には中国語があふれかえっています。中国人はKTVが大好きなので、シアヌークビルでは必然的にKTVが盛り上がるようになります。

そこで、どのような感じになっているのか実際に出向くことにしました。

最初は高級KTVに行くことにしました。高級すぎて遊ぶことはないため、どのような価格相場になるのか調べることにしたのです。以下のように、内装は非常に豪華です。座っている女性も美人でした。

ただ、値段は非常に高いです。最も小さな部屋であっても、部屋代は約160ドル(約16,000円)からです。ここに女性への指名料や飲み物代、お手伝いへのフィーなども含めると20,000円を超えます。

さらに女性とエッチするとなると、女性とのセックスにたどり着くまでに3万円以上は余裕で必要になってしまいます。なお、中国人の女性と指名する場合は総額4万円以上を覚悟しなければいけません。

そのため、値段だけ聞いて他のKTVへ移動することになりました。中級店のKTVへ移動することにしたのです。その中でも、外観が非常に豪華な中級KTVを発見しました。名前をCITY GOLD KTVといいます。

値段もKTVの中では普通だったので、そのまま入店することにしました。

入り口までは豪華だったものの、階段の壁が微妙に剥がれ落ちています。また、部屋についてはそこまで豪華というわけではなく、わりと普通です。やはり、ここは中級店のようです。

ただ、女性が現れません。このKTVでは店頭に女性がいなかったため、ショーアップ(部屋に女性がズラッと並ぶこと)が基本になります。しかしビールは来ても、いくら待っていてもショーアップが開始されません。

そこで部屋のお手伝いに女性を呼んでもらうことにしました。そうして10分後、少し時間は立ちましたが女性たちが部屋に入ってきました。

合計8人の女性であり、思ったよりも少ないです。中級店なので、これくらいなのでしょう。容姿レベルはそこまで高くありませんが、一人気になった子がいたのでその子を指名することにしました。

KTVはカラオケを楽しむ場所ですが、キャバクラと同じです。ひとまず、女性との会話を楽しむことにしました。

中級店では、多くの女性は英語を話せません。しかし、今回の女性は英語を扱うことができるため、中学英語で何とか意思疎通を図ることができました。

ちなみに、女性は中国語を話せます。KTVの客のほとんどが中国人であるため、頑張って中国語を勉強しているようです。これは、タイやフィリピンに行ったときに日本語を話せる風俗嬢がいるのと同じ感覚です。

シアヌークビルは中国人が異常に多い街であり、日本人は稀です。そのため、私たちは珍しいようです。

それにしても、この子は意外と巨乳です。そのため、セクハラをしながらも胸を揉みながら巨乳を堪能することにしました。女性によって許してくれるセクハラの度合いは異なりますが、この子はキスをしても大丈夫ですし、乳首を触っても笑顔で許してくれます。

なお、ある程度の時間が経つと女性はカラオケを勧めてきました。本来はカラオケ店であるため、これは自然の流れです。

そこで、カラオケを入れるための分厚い本を渡されました。なんと、日本語の歌を入れるための本があります。

ただ、あいうえお順に並んでいません。また、曲名は書かれてあったとしても歌手名がありません。そのため、目的の曲を探すのが異常なほど難しいです。

そこで洋楽のリクエストを入れることを考え、洋楽のアルバムを見せてもらいました。洋楽ならアルファベット順に並んでいるはずなので、曲を選びやすいです。しかし、なんと洋楽についてもアルファベット順に並んでいません。これは、さすがに不可思議でした。

中国人がメインであり、おそらく中国の会社が作成したカラオケのシステムを入れているため、中国人がわかりやすいように曲のリストを作っているのでしょう。ひとまず、ひとつの曲を探すのに15分以上はかかる面倒なカラオケでした。

KTVの女性をペイバーし、セックスする

そうして2時間ほど経過したため、そろそろ頃合いです。女性にペイバーを打診して、連れ出すことにしました。

女性にバーファインしたいことを告げ、値段交渉に移ります。電卓を女性に手渡すと、150と入力しました。参考までにロングの値段を聞くと200と入力します。

ただ、さすがに値段が高いです。そこで、私はショート(一回だけのセックス)で100と電卓に入力して女性に見せました。すると、すぐに隣の女性は納得してくれました。どうやら、100ドル(約10,000円)でもまったく問題ないようです。

そうして女性は着替えるために部屋を出ました。私服になった後、一緒に私のホテルへ帰ります。部屋に入った後、シャワーを浴びることになりました。

それまでたくさんキスをしてきたため、シャワーの中でもディープキスを繰り出します。キスをしながら、女性の豊満な胸を揉みます。脇からペニスまでを洗ってもらい、身体を拭いてベッドの中に入ることにしました。

ベッドの中でもたくさんキスをすると、私のちんこは勃起してきます。女性の胸にペニスをあててパイズリをしてもらったり、女性の胸に顔をうずめたりします。そうして前戯をした後はセックスです。コンドームを装着し、最初は正常位で挿入することになりました。

正常位から騎乗位、さらにはバックと体位を変えていきます。そうして腰を振っていくと限界が近づくため、そのまま射精することになりました。

シャワーを浴び、服を着替えます。女性はベッドで少しくつろいでいたため、抱き寄せながら会話をすることになりました。その後、100ドルを女性に手渡してお別れです。

KTVでも楽しい時間を過ごすことが可能

このようにシアヌークビルにはKTVが存在し、連れ出し可能なキャバクラとして女遊びを楽しむことができます。

カンボジアの夜遊びの中でも、KTVは値段が高いです。バービアに比べると飲み代やエッチ代を含め、3~4倍以上の費用相場になります。ただ、バービアにはない楽しさがKTVにはあります。そのため、シアヌークビルに出向いたら一度は訪れてみてください。

しかし、高級KTVはさすがに値段が高すぎるので利用する必要はありません。出向くのは中級KTVで大丈夫です。中級KTVでもそれなりの値段になります。これが高級KTVになると、いくらお金があっても足りません。

こうしたことを理解したうえで、KTVを利用しましょう。女性にたくさんセクハラしながらカラオケを楽しみ、ホテルでのセックスまで堪能するといいです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新情報を確認