名称未設定-2_r2_c2

ソープランドへお客として行くことはあっても、店がどのように運営されているかを知っている方は少ないのではないでしょうか。

ソープランドを含め、風俗店は一般的なサービス業とは異なる側面があります。そのため、その内部事情は外からは分かりにくいことが多いです。

ソープランドは大きく分けて、店長・女の子・ボーイというスタッフによって運営されています。それぞれの仕事内容としては、店長は店舗のマネジメント、女の子はお客の対応、ボーイは雑務担当(お客様の出迎えや送迎など)という役割を担います。

また、店によっては店長とボーイの間にある役職として主任を置くこともあります。規模の大きな店では、主任を置くことが多いです。主任が女の子とボーイを管理し、店長から指示を受けて業務を行ったり報告したりします。

お客としてソープランドを利用する場合だと、女の子に注目する方がほとんどだと思います。ですが、可愛い女の子と日々近い距離で仕事をしている店長やボーイの仕事が気になる方もいるのではないでしょうか。

ボーイと女の子は原則会話禁止

女の子の間近で仕事ができ、楽しいこともありそうなボーイの仕事ですが、店の女の子との会話は原則禁止です。

ボーイは仕事をしていると、女の子と二人になるタイミングもあります。ですが、このときにボーイが女の子に話しかけると、女の子は店長や主任に報告を入れます。そして、ボーイは強い叱責を受けることになります。

ボーイが女の子と二人になりやすいタイミングとして、「女の子が受け持っている部屋の掃除」があります。お客へのサービスが終わったあと、ボーイは女の子の部屋掃除をします。

女の子の中にはボーイにも優しく対応する子もいます。ソープランドで働く女の子は性格もさまざまで、ボーイを一切無視する子がいれば、ボーイにも丁寧に接する人もいます。

ここで油断してボーイが女の子に話しかけると、その場は優しく接してくれても、ボーイが立ち去ったあとに店長へしっかりと報告されます。そのため、ボーイと女の子が仲良くなるというケースはかなり少ないです。

ただ、ボーイから話しかけることは禁止されていますが、稀に女の子がボーイに話しかけることがあります。

もちろんボーイは仕事に集中する必要がありますが、話しかけられたら全て無視するのは難しい場合もあります。こうしたときには会話ができることもあります。

店長・女の子・ボーイには、訳ありな人が多い

また、ソープランドで仕事をする人たちは、何らかの事情があってこの業界に入った方も多いです。

店長やボーイには、借金の返済に追われてソープランドの仕事を選んだ方や、前科がある方も比較的珍しくありません。

また、主任やボーイは生活のために寮が提供されることがあります。このときは共同生活が基本で、一緒に住んでいるスタッフの風呂に入る姿をふと見ると、背中に見事な彫り物があるという方もいます。

また、女の子もホストクラブに夢中になりお金が必要になったなど、何らかの事情からソープランドを選んだ方は一般人に比べると多いです。

過去はどうあれ、気持ちを切り替えて収入を得たい方にとって、ソープランドはひとつの希望のような場所となっています。

ソープランドの仕事は非常に激務です。そのため、生半可な気持ちでは仕事を続けていくことができません。お客もさまざまで、サービスの質にこだわる方は多いです。

店も女の子に万全の準備をさせるほか、店内の清掃やスタッフの挨拶など、細かなところにまで気を配っています。店はこうした激務の中で仕事をするスタッフへの報酬として、一般企業で働くよりも高い給料を支給する所が多いです。

一般的な職場で正社員として働くことが難しい方でも、ソープランドなら良い条件で仕事をすることができるのです。

風俗店での上下関係は非常に厳しい

ソープランドのスタッフの上限関係は非常に厳しいです。先輩の言うことは絶対で、気の荒い方も中にはいるため、厳しい叱責に耐えながら仕事をするボーイも多くいます。

叱られても口答えはせず、「すいませんでした」とすぐに謝るのが基本です。ときには理不尽な叱責に堪忍袋の緒が切れそうになることがあるかもしれませんが、そこで反論すると多くの場合はその職場から去るように命じられます。

ただし、こうした職場でも、仕事の基本は一般の職場と同じです。仕事をきちんとこなす人は認められ、明らかに反論の方が正しい場合には、店長などより上の立場の方が代わって注意をしてくれます。

ソープランドのボーイの仕事内容

このようにソープランドは、さまざまな事情を抱えたスタッフの方々と厳しい上限関係によって運営が成り立っています。男の夢を叶えてくれるソープランドですが、その裏側では日々戦いが繰り広げられています。

それでは、ボーイはどのような仕事を行っているのでしょうか。ボーイはお客様が店を快適に利用してもらえるよう、さまざまな業務を行なっています。その業務は多岐に渡っており、激務になることもあります。

女の子がソープランドの表舞台で活躍するスタッフなら、ボーイは裏方です。ボーイは日本語で直訳すると「少年」の意味ですが、仕事をしている人の年齢は幅広いです。20代の人もいれば、50代から新人として入る人もいます。

ボーイは店長や主任から指示が出され、基本的に迅速に行動するようにいわれます。店によっては少しでも休むと厳しく叱られることもあり、激務の毎日を送っているボーイは多いです。

店内の清掃

店内の清掃は、ボーイの基本の仕事です。お客が快適に過ごせるよう、常にきれいに店内を保っています。店の開店前と閉店後は必ず行ない、営業時間中も定期的にチェックして清掃をします。

ソープランドにもグレードがありますが、特に高級店は清掃に求められるレベルが非常に高いです。新人や経験の浅いボーイは少しでもほこりが残っていると店長や先輩から厳しく注意されます。

また、トイレの清掃も重要な仕事です。便器を常にきれいに拭き上げますが、やはりトイレ掃除は抵抗がある方も多いです。そのためトイレを完璧にきれいにできるボーイは、仕事がしっかりできるスタッフとして褒めてもらえることもあります。

ベッドメイキング

女の子のベッドメイキングもボーイの仕事です。ソープランドではお客様と風俗嬢が部屋の中でプレイするため、1回ごとにベッドが汚れます。お客様が店を出たらボーイが女の子の部屋に入り、清掃とタオルなどの交換、さらにはゴキブリ退治などまで行ないます。

ボーイは部屋に入る際に、女の子に挨拶をします。基本は挨拶のみで、風俗嬢とボーイが雑談をすることは許されていません。ベッドメイキングの作業に集中し、終わったら再度挨拶をして部屋を出ます。

また、この際も無駄な時間を使うことなく、スピーディかつ完璧な仕事が求められます。仕事が遅いと店長などから叱責が入るため、ボーイも必死に仕事をします。

店によってはワンフロアだけでなく、上の階にも部屋がある場合が多々あります。この場合、ボーイは上の階と下の階を何度も往復することになります。夏場はかなり暑く、シャツが汗まみれになることは多いです。

このように体力的に負担になりやすいため、ソープランドのボーイの求人には年齢制限が設けられていることも多いです。ボーイの求人は40代までが一般的です。

必要物品や食事の買い出し

必要物品の買い出しもボーイの仕事です。店内の備品で不足しているものがあれば買い足し、女の子の食事を買いに走ることもあります。

例えば女の子がおにぎりを食べたい場合、それを買いに走ります。もし売っていない場合、他の具材でも良いかを電話で確認してから購入します。買い出しは簡単な仕事なので急ぎで買いに行き、すぐに店に戻る必要があります。

ボーイも営業をすることもある

店によっては、ボーイが営業をすることもあります。基本的にソープランドを含め風俗店はキャッチが禁止されています。ですが、店の敷地内では営業が認められています。

場所によっては私服警官などが厳しく監視していることもあるため、1歩でも敷地内から出て声をかけると摘発の対象となってしまいます。そのため、敷地内で果敢に通りがかる男性に声をかけるよう、ボーイは店長から指示されます。

風俗店の業界用語で、女の子にお客様がついていない状態を「女の子がお茶を挽く」といいます。ボーイはお茶を挽いている女の子がいないよう、空いた時間は営業活動をする必要があります。

店によってはボーイが名刺を持っており、ボーイの名前を伝えて入店すると割引になる店もあります。ボーイには成果に応じてインセンティブが入るようになっており、さらなる収入アップのために営業活動を頑張るボーイもいます。

営業スキルの高いボーイになると店に在籍している女の子の特徴やメリット・デメリットを熟知しており、お客様に最適な女の子を提案します。また、お客様の好みのプレイを聞き出し、風俗嬢に対してお客様の好みに合わせてプレイするように伝えます。

中にはどのようなプレイでスタートし、さらには中盤から後半までのプレイ内容、声の上げ方やタイミングまで指示するボーイもいます。もちろんボーイは店の女の子に手を出すことは禁止されているため、こうした指示は長い経験により積み重ねられた知識によるものです。

このように、店の良し悪しはボーイによって決まる部分も少なからずあります。ボーイというのは、店の裏方として重要な役割を果たしているのです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認