名称未設定-1_r2_c2

風俗店の女の子はお客様にできるだけ良いサービスをしようと頑張ってくれます。ただ、風俗嬢といってもやはり人なので、お客様によって対応の差が出ることもあります。

風俗店を訪れたら、誰もが女の子のサービスを最大限楽しみたいと思うはずです。風俗店の女の子とのプレイを楽しむために大切なことはコミュニケーションです。コミュニケーションといえば、会話をイメージする方が多いですが、風俗店でのコミュニケーションはそれだけではありません。

風俗店では女の子と体を合わせてプレイを楽しみます。そのため、言葉だけでなく、体を使ってコミュニケーションすることが大切です。

エッチを楽しむ4つのポイント

以下に紹介する4つのポイントを押さえておくと、同じ料金でより良いサービスを受けることができます。

1. 清潔感に気をつける

風俗嬢から良いサービスを受けるため、まずは清潔感が重要です。清潔感には大きく2つのポイントがあります。それは、「身だしなみ」と「体をきれいにしておくこと」です。

女性は男性よりも清潔感に気を使います。これは風俗嬢でも変わりません。あなたがだらしない格好だと、女の子は第一印象で抵抗感を持ってしまい、良いプレイをしてくれなくなってしまいます。

そのため、服装には気をつけて風俗店に向かうことをおすすめします。ファッションが得意でない方も、ファストファッションブランドのシンプルなシャツとパンツ(ズボン)で行くだけでも印象は違います。こざっぱりとした印象の服装のほうが印象は良いです。

また、風俗店に向かう前にお風呂にも入っておきましょう。髪の毛にふけが付いていたり、体臭があったりすると、嫌がる女の子は多いです。しっかりとシャンプーで髪を洗い、石けんやボディソープで体を洗っておきましょう。

2. プレイだけでなく会話を楽しむ

女の子とプレイする場所に着いたときに、何も会話せずにすぐにプレイをし始める男性もいます。ですが、これではより良いプレイを楽しむことはできません。

プレイの前に女の子と会話を楽しむことが大切です。会話をすることでお互いにどんな人なのかが分かり、プレイに気持ちを込めやすくなります。

もちろん会話をするとプレイの時間が短くなりますが、それでも会話をすることをおすすめします。5分ほどの会話でも、意外とお互いに色々なことを知ることができます。会話の内容だけでなく、声のトーンや雰囲気でどんな人かということも分かります。

ただ、女性との会話が苦手という方もいると思います。ですが、風俗店で会話する時間は限られています。そのため前もって話題を準備しておけば対応できます。「元気?」「今日は暑いね」など、最初の出だしを考えておけば相手はプロなので女の子が勝手に会話を続けてくれます。

また、プレイ後も会話をすると良いです。女の子はプレイしてすぐに気持ちを切り替えられるより、余韻を楽しみたいという子が多いです。また、会話をすることで印象に残りやすくなり、次に来たときにも覚えてくれやすいです。

3. プレイ中に女の子を褒める

プレイ中に女の子を褒めることも大切です。女性は褒められるとより嬉しくなり、サービスを頑張ろうという気持ちになる子が多いです。「上手いね」「気持ちいいよ」というように、言葉で伝えてあげることが大切です。

男女の関係でも、「言ってくれないと分からない」という考えの女性は多いです。気持ち良くても何も言わずに黙っていると、「私のプレイ大丈夫かな」と女の子も不安になるのです。

女の子は褒めて伸びます。それはより良いサービスとしてあなたに返ってくるので、しっかり褒めてあげましょう。

4. 軽いプレゼントを渡す

初回は必要ありませんが、2回目から同じ女の子を指名する際には、プレゼントを渡すと喜んでもらえることが多いです。

あまりお金がかかりすぎるプレゼントをする必要はありません。例えば、前回会話した際に女の子が甘い物が好きなことが分かったら、新しく発売したお菓子を買ってあげるなどで良いです。

女の子からすると、好きな物を覚えていてくれたというだけでも嬉しく、それをプレゼントしてくれるとさらに嬉しいのです。

いわゆる「ちょっとしたプレゼント」のほうが、女の子は喜んでくれやすいです。ブランドのバッグなどお金がかかるものは「重たい」と感じられてしまい、女の子も引いてしまいます。

プレイ中に女の子が喜ぶ3つのテクニック

こうした4つのポイントを押さえておくと、風俗嬢はより良いサービスをしてくれやすいです。少し意識するだけでもサービスの質にかなりの差が出てきます。

 

さらに加えて、プレイ中に女の子とより良いコミュニケーションができ、風俗嬢も喜んでくれるテクニックを3つご紹介します。

1. 女の子の責めにはしっかり反応する

風俗店では女の子が積極的にリードして責めてくれます。フェラチオや乳首舐めなど、さまざまなプレイで楽しませてくれますが、ここでしっかりとリアクションを取ることが大切です。

具体的には感じていることを示すために腰をよじらせたり、小さく声を出したりします。これによって店の風俗嬢も「自分の責めが上手くいっている」と思いやすくなります。そして、さらに積極的なプレイをしてくれるようになります。

リアクションは会話でも大切です。リアクションをしっかり取ると、相手の方は「自分の話に興味を持ってくれている」と感じます。これと同じことが風俗店でのプレイでも言えるのです。

初心者の方は、女性の前で男性が感じる姿を見せるのは恥ずかしいと考える方もいます。ただ、無反応だと風俗嬢は「つまらない人だな」「ちゃんとサービスできているか不安だな」と考えてしまい、テンションが下がってしまいます。

つまり、お客様である自分からより良いサービスを受けるチャンスを逃してしまっているのです。最初は少しずつでも良いので、感じたり声を上げたりすることをおすすめします。

2. 自分が責めるときは、女の子を焦らすことが肝心

次は自分が女の子を責める場合です。このときはすぐに女性の陰部を舐めたり、責めようとしたりするのではなく、焦らしながら徐々に責めることが大切です。最初から一気に責めてしまうのは、いわゆる「がっつく」という状態です。

女性は男性の余裕のある雰囲気に惹かれます。また、女性は雰囲気も大切にします。最初から鼻息を荒くして積極的な責めに入るのは、女性からすると心も体も準備が整っていない状態なのです。

そのため、より効果的な責めをするためにも、少しずつ女性を感じさせていくようにしましょう。陰部以外の体のさまざまなパーツを舐めたり、乳首をフェザータッチ(やさしく触ること)で撫でたりするのも効果的です。

女性の好きな性感帯を聞いてあげるのも良いでしょう。「どこが感じる?」と聞くと、多くの風俗嬢は答えてくれます。そして、その部分を少しずつ責めていきます。ここでも、いきなり性感帯に触れるのではなく、周辺から始め、そこから徐々に性感帯を責めると効果的です。

このようにピンポイントに局部を責めるのではなく周辺から少しずつ責めることで、女の子は「早く積極的にしてほしい」という気持ちになってきます。この段階で責めるのも良いですし、さらにもう少し焦らすのも楽しいです。プレイの残り時間を考えながら責めましょう。

3. 女の子を責めるときには常に優しくする

初心者の方が行なってしまいがちなとしては、それは「AVをプレイの教材にする」ということです。AVでは女性を激しく責めるシーンが多いです。ただ、これはあくまでも男性に対する性的興奮を高めさせるようにしている演出に過ぎません。

実際は、女性はあまり激しい責めを好みません。単純に痛いからです。女性の体はとても敏感です。乳首も強く吸ってしまうと痛がる女の子は多いです。女の子がプレイ中に痛いと言っていたら、すぐに優しい責めに切り替えましょう。

男性からすると優しくしているつもりでも、女性にとっては痛みを感じていることも比較的あります。最初は「風俗嬢と常にやさしく接する」ように意識するくらいでちょうど良いです。女の子を丁寧に扱うことが、風俗店でよりプレイを楽しむためのポイントです。

以上の3つのポイントをおさえることで、しっかり女の子とコミュニケーションを取ることができます。そして、自分だけでなく、風俗嬢も喜んでくれます。

そうすれば風俗店でより満足度の高いサービスを受けることができますし、次回来店したときの女の子の反応も良くなります。ぜひ気をつけてみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新情報を確認