josei36

風俗店にはさまざまな男性客が訪れます。多くの場合は一般常識を持った普通の方ですが、中には「変態」といわれるような、一般の方とは違った性癖を持つ方も来店します。

変態な男性とプレイ経験がある風俗嬢はとても多く、長く仕事をしている方は必ずといってよいほど体験しています。そして、風俗嬢同士で変わった趣味の男性について会話が盛り上がることもあります。

変態な男性は「オナクラ」に来店しやすい

風俗店には種類があり、変態な男性が訪れやすい店とそうでない店が存在します。こうした男性が訪れやすい店として真っ先に挙げられるのが「オナクラ」という店です。「オナニークラブ」の略で、基本的に女性は男性客に触れません。「男性客が自分の自慰行為(オナニー)を店の女性に見てもらうことを楽しむ」という店です。

一般的な多くの男性は、女性と触れ合ってのプレイを好みます。オプションで店の女性が手コキを行ってくれる店もありますが、オナクラでは多くの場合、女性は「脱がない・男性に触れない・男性から触れられない」というライトなサービスになっています。こうしたサービスで満足する男性の中には、一般の方とは違った性癖を持つ男性が来店しやすいのです。

露出狂はとても多い

変態な男性の中でも特に多いのが「露出狂」です。オナクラで仕事をしている風俗嬢には、「男性が真っ黒なコートを脱いだら全裸なのはもはや基本」とコメントする方もいます。オナクラでは女性に自分をさらけ出して喜びを感じる方が多いのです。

また、全裸ではなくても、女性用の下着を身に着けている男性も比較的多いです。女性用の下着を男性が身に付けると少し恥ずかしい姿になりますが、その姿を見られることが変態男性にとっては喜びにつながります。

さらに、こうした男性客の中には、下着姿のままで店内を歩き回ろうとする方がいます。店の女性は男性の対応に困るよりも、笑いをこらえるのに必死になることもあります。

よりレベルの高い男性客になると、下着に加えてカツラを被って来店する方もいます。女性のようなロングヘアーを演出できるカツラを身に付け、下着もこだわりの勝負下着のようなデザインのものを身につける方もいます。しかし、話してみると気さくに話せる男性で、そのギャップに驚く風俗嬢は多いです。

フェチや特殊なプレイ好きの男性も多い

いわゆる特定部分の「フェチ」の男性も多いです。尻フェチ・うなじフェチ・太ももフェチなどさまざまなフェチの男性がいます。こうした男性は「女性の好きな部位」をずっと見つめたままオナニーをします。

また、オナクラによっては、女性に触れることが許されている店があります。こうした店を訪れる変態な男性の場合、ずっと好きな部位だけをなで回してオナニーをする方もいます。

変態はオナクラでない風俗店にも来店する

また、オナクラでない風俗店にも変態な男性客はいます。女性を自宅やホテルにデリバリーできる「デリヘル」では、あるデリヘル嬢が男性客の自宅に訪れたところ、男性が普段履いているジーンズを履くように指示されました。あまり洗っていないようで臭いもしましたが、仕方なく女性が履いたところ、「いきなり押し倒されてジーンズの上から股間を舐め回された」という例があります。

「この先何をされるのだろう」と思ったデリヘル嬢ですが、舐め回され続けてプレイが終了しました。「楽なプレイではあるけれど、気持ち悪かった」と、女性は告白しています。女性はその男性客についてほかの風俗嬢に話したところ、店の多くの女性が「その男性に指名された経験があり、同じプレイをされた」と話していました。

さらに、「おしっこのかけ合いプレイ」を希望する男性もいます。ビニール製のマットでプレイができるマットヘルスという店に勤務している風俗嬢は、シャワーで体を洗っていると男性客から「おしっこをかけ合おう」と提案され、かけ合いプレイを行いました。また、別の男性客には「おしっこを飲みたがる方」もいます。

このように、風俗店を利用する男性は人によってさまざまな性癖をもっています。変態な男性は、普段の生活では満たせない気持ちを風俗店で解放しているのです。興味があれば、風俗嬢が嫌がらない程度に変態プレイを楽しんでみるのも良いといえます。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認