男性であれば、キャバクラやデリヘルを含め全員が必ず夜遊びをした経験があるでしょう。ただ、多くは日本での風俗遊びだと思います。しかし、海外に行けば日本では考えられないレベルでの女遊びを経験することができます。

海外では「実際の女性を見て指名できる」「セックス(本番行為)が基本」なのは当然として、女性を一日中連れまわして恋人のように接してもらったり、大勢の女性に囲まれながら乱交したりすることも可能です。

当サイトでは、どのようにして海外風俗を楽しめばいいのかについて詳しく解説しています。

海外の風俗を知る

タイ

香港マカオ

インド

ヨーロッパ

フィリピン

カンボジア

オセアニア

異性との付き合い

セックスの方法

出会い系攻略

不倫・セックスレス

女性との出会い

夜遊びの基本

風俗の基礎知識

ソープランドの遊び方

風俗嬢の実態

夜遊びを楽しむ

日本の風俗

男女のカラダ

風俗の移り変わり

性風俗の歴史

吉原

売春

飛田新地

外に目を向ければ、最高の夜遊びが可能になる

あなたは日本の風俗店には行ったことがあるでしょうか。おそらく、「実は同性(男)が好き」など特別な理由がない限り、男性であればほぼ全員が風俗店に出向いたことがあるはずです。

このとき、どのように感じるでしょうか。おそらく、非常に不満が大きいと思います。実際、私も日本の風俗店には大きな不満があります。

私も風俗や出会い系などが大好きであり、日本でも頻繁に夜遊びをします。ただ、それ以上に海外の風俗街も楽しんでいます。

そうしたとき、日本の風俗店に対して私は疑問に感じることがあります。このときの主な疑問は以下の3つに集約されます。

  • セックス(本番行為)が基本ではない
  • パネルマジックが存在する
  • 値段が異常に高額

これらについて、より詳しく確認していきます。

海外では実物を見て指名し、セックスが基本

海外では女性とセックスできるのが普通です。しかし、日本では違法なのでエッチのときに本番行為ができません。

もちろん、日本でもソープランドやちょんの間へ行けばセックス可能です。ただ、デリヘルなどの風俗店では女性との相性が良くない限り本番行為はできません。

また、日本ではパネルマジック(通称、パネマジ)も存在します。基本はパネル(写真)を見て指名するため、女性の顔の原型がないほど写真を加工しています。このように、美人に見せるという「世の中の男性にとってデメリットしかないマジック」がパネルマジックなのです。

私を含め、これまで多くの男性がパネマジに引っかかり、部屋で対面したときに「実際はこんな顔の女性だったのか」と涙を流したはずです。それと同時に、お金を無駄にしてしまった感覚に襲われます。

ただ、海外では実際の女性を見て指名するのが基本です。パネル(写真)など存在しないため、そもそもパネルマジックという概念が存在しません。

もちろん、風俗店の中に入って女性を確認するだけなら無料の場合がほとんどです。「入店=お金の支払いが発生する」というわけではないため、気に入った女性を見つけるまで店を歩き回るといいです。

そして前述の通り、女性とセックスできるのが基本です。本番できないなど、海外では考えられないのです。

海外風俗は非常に安い

また、日本は異常なほど風俗遊びが高額になります。一方で海外であれば、非常に安い値段で女性とセックスできます。

例えばフィリピン・アンヘレスであれば、6,000円ほどの費用で女性とのロング(朝までコース)が可能です。もちろん交渉して料金を支払い、一夜を過ごした女性と次の日も一緒に過ごすことも可能です。

女性を一日24時間レンタルするとなると、日本なら35万円以上の費用がかかります(デリヘル1時間15,000円で計算)。ただ、海外では同じ遊びが1万円以下で可能です。

ありえないほどの美女と1万円以下でセックスでき、さらには一緒の食事やデートまで含めて可能であることを考えると、非常にコストパフォーマンスがいいです。

<関連記事>
アンヘレスのゴーゴーバーでフィリピン美女と夜遊びする方法

先進国の風俗も安い

また、日本でソープランドを利用する場合、3万円ほど出さないといい女性に当たりません。2万円以下のソープランドに行ってもいいですが、私の経験上ブスしかいません。

一方で先進国ではどうでしょうか。例えば、ドイツでは以下のような大人のディズニーランドが存在します。世の中の男性にとって、まさに夢の国が広がっているわけです。

ドイツの場合、施設使用料が50ユーロ(約6,000円)です。施設によりますが、これでビール飲み放題、食事を食べ放題です。施設は早朝4:00や5:00などまで開いているため、何時間いても問題ありません。

これに加えて、女性とセックスする場合は30分50ユーロ(約6,000円)です。これだけのサービスを受け、白人美女とエッチしても合計12,000円ほどです。

オーストラリアも同様であり、実際の白人女性を見た後、指名してのセックス代金が13,000円ほどです。そのため、格安でエッチできます。

<関連記事>
ドイツ風俗 FKKでの白人女性との遊び方・値段・プレイ内容
メルボルンの売春宿で青い目の金髪オージーガールとセックス体験

日本の風俗が勝てるのは「おもてなし」しかない

このように考えると、海外風俗に比べて日本の風俗店が勝っているものはほとんど存在しません。本番行為が基本ではなく、パネルマジックが存在し、さらには異常なほど値段が高いからです。

ただ、私は日本の風俗を全否定するわけではありません。唯一、日本風俗の方が勝っている点があります。それは、女性によるおもてなしの心です。

日本の女性であれば、風俗嬢とはいってもほとんどの人で私たち男性を満足させようと頑張ってくれます。この点については、どの国よりも優れているといえます。ただ、これは日本人女性に元から備わっているものであり、風俗店のシステム面でいえば日本風俗は海外風俗に何一つ勝てません。

日本だけでなく、私は海外を含めあらゆる風俗街を歩いているからこそわかるものがあります。日本の風俗店のシステムは世界基準からみれば明らかに異常であり、コストパフォーマンスが圧倒的に悪いです。

海外旅行は非常に安く行ける

ただ、いくら海外でのセックス代金が安いとはいっても、航空券やホテル代などを含めると非常に値段が高くなるのではと考える人がいます。

しかし、それは単なる勘違いです。そもそも、海外旅行は非常に安く行けるのが基本です。それまで安い航空券の取り方を知らなかっただけであり、実際はかなり格安の旅行費用になります。

なぜ、「海外旅行が高い」という固定概念があるのかというと、これはJTBやHISなどの大手旅行代理店の影響を受けているからです。確かに、旅行代理店を通して予約すると非常に高いです。しかし、航空券やホテルなどを自分で予約すれば、旅行代理店の半額(またはそれ以下)で旅行できます。

例えば、格安航空券を利用すれば往復でも以下のような値段になります。

  • 東京-マニラ(フィリピン):約21,000円(直行便)
  • 東京-香港:約20,000円(直行便)
  • 東京-バンコク:約28,000円(直行便)
  • 東京-プノンペン(カンボジア):約36,000円(1回乗り継ぎ)
  • 東京-フランクフルト(ドイツ):約67,000円(1回乗り継ぎ)
  • 東京-シドニー(オーストラリア):約46,000円(1回乗り継ぎ)

アジアへの旅行であれば、国内旅行よりも圧倒的に安い値段で行くことができます。新幹線の方が価格は高く、海外への航空券の方が安いのです。

<関連記事>
格安で航空券を取得し、海外の風俗旅行を楽しむ方法

海外ではホテル予約も安い

これと同じことはホテルにもいえます。日本では、部屋の狭いビジネスホテルであっても、土日では一泊10,000円を超えます。ぼったくりのような値段設定をしてくるわけです。

一方で海外であれば、アジアはもちろんのこと先進国であってもホテルの値段は安いです。特にアジアとなると、一泊5,000円ほどの宿泊費用でも非常に優れたホテルに泊まることができます。

例えば、以下は私がフィリピンに滞在したときに宿泊したホテルですが、一泊4,000円という価格でした。

海外の方が「質は高くて値段が安い」のは、風俗施設だけでなくホテルも同様です。非常に安い値段で高級ホテルに宿泊することができます。

<関連記事>
海外風俗のホテル選びでは、歓楽街からのアクセスや部屋が重要

持ち物やアプリのインストールなど、事前準備をする

こうして海外旅行への誤解を解いたあと、実際に海外風俗旅行をするための準備を整えなければいけません。セックス旅行をするからこそ、必要な荷物があるのです。

例えば、事前にシアリスなどのED治療薬(勃起改善薬)を持参しておくといいです。ただ、シアリスは非常に高価であるため、ジェネリック医薬品を利用するといいです。個人輸入をすることでシアリスのジェネリック医薬品を購入できます。

私も海外へ行くとき、メガリス(シアリスのジェネリック医薬品)を必ず持参することにしています。

また、海外風俗では日本製のコンドームを用意しておいた方がいいですし、タクシーでのぼったくりを防ぐアプリを事前にインストールすると便利です。

さらには、現地の空港で必ずSIMカード(現地のプリペイド用SIMカード)をスマートフォンに挿入し、格安でネット通信できるようにセッティングしておく必要があります。

こうした事前準備をすることにより、海外で最高の夜遊びを実現できるようになります。

<関連記事>
海外での風俗旅行で必要な持ち物やアプリ、現地SIMの設定

海外風俗での注意点

もちろん、外国だからこそ注意しなければいけないことがあります。非常に楽しい外国での風俗旅行ですが、海外ならではの注意点が存在するのです。

まず風俗旅行に限らず、すべての外国旅行では「下痢」に注意する必要があります。要は、胃腸の健康面が重要になります。

水道水を飲まないのは当然として、ビールに氷をいれるのも避けましょう。特に東南アジアではビールに氷を入れて飲むのが普通です。このときの氷がミネラルウォーターから作られていればいいですが、水道水を凍らせたものであると下痢になります。

別に氷に雑菌が含まれていなくても、海外では硬水(日本は軟水)なので通常の水であっても下痢をします。ビールを注文するとき、「No ice.(氷なしでお願いします)」と伝えるようにしましょう。

また、これらに気を付けても食事が違うので人によっては体調を壊します。そこで、私であればいつも以下のような整腸剤を持参して、海外で毎日飲むようにしています。

海外旅行で最も多い病気は圧倒的に下痢なので、腸内環境から整えるようにしましょう。

女性は容姿よりも愛嬌で選ぶ

体調面を整えた後、今度は女性選びの注意点を理解しなければいけません。確かにパネルマジックは存在しないため、容姿でのミスはほとんどありません。ただ、あなたが指名した女性が濃厚セックスをしてくれるかどうかは指名した子によります。

このとき、本人を見て選ぶことができるため、どうしても顔だけで判断してしまいがちです。ただ、それではダメです。必ず女性の愛嬌を重視するようにしましょう。

例えば、以下のような店で女性を指名するとき、「どのような点を最重要視すべきか」というと、それは女性からの「ニコッとした笑顔」です。

女性を見つめていると、必ず目が合うようになります。このとき、どれだけ美人で顔が好みであったとしても、無表情の女性は選んではいけません。高確率でエッチのときに塩対応されるからです。

これについては、私も失敗した過去があります。海外風俗の経験が少ないとき、ゴーゴーバー(連れ出しOKのバー)で女性を顔だけで選んでしまい、塩プレイをされた挙句に射精する前にセックスを切り上げられてしまったのです。

こうした事態を避けるため、目が合ったときに笑顔を振りまいてくれる女性を指名しましょう。そうした子であれば、部屋に入った後もあなたを楽しませてくれる可能性が非常に高いです。

また、海外では女性とエッチする前に席の隣につけ、会話できることがよくあります。ドリンク代はおごる必要があるものの、一緒に会話をして微妙そうであればホテルへのお持ち帰りを断っても問題ありません。一緒に飲むだけであれば、ドリンク代だけで非常に安いことがほとんどです。

当然、言語が違うので話がたどたどしくなるのは仕方ありません。しかし、そうしたときであってもコミュニケーションを取ろうとしてくれる女性は確実に最高のエッチの時間を提供してくれます。

こうした「基本的な海外風俗の遊び方」について、現地の日本人の風俗ガイドから教わった後は、海外風俗での失敗がなくなりました。しかしそれ以前は、塩プレイする風俗嬢に何度も当たっていたのです。これについては、世界共通の法則だといえます。

<関連記事>
タイ・ゴーゴーバー(ソイカウボーイ、ナナプラザ)の特徴と体験談
マニラ風俗・ゴーゴーバーでフィリピーナ女性と夜遊びする方法

清潔感とコミュニケーションを意識する

なお、海外風俗ではあなた自身の清潔感を意識するようにしましょう。

女性を選ぶまでについては、女性は選ばれる側にあります。ただ、あなたが女性を指名した後、今度は女性から選ばれる側になります。つまり、女性からの濃厚セックスを引き出せるかどうかはあなた次第だといえます。

このとき服がヨレヨレだったり、口が臭くて顔がヒゲだらけであったりすると、当然ながら女性は心の中で「あまり近寄りたくない」と考えます。その結果、清潔感がないために女性から濃厚セックスを引き出すことができません。

女性と濃厚セックスすることができない場合、その原因はあなたにあるかもしれません。そのため、必ず清潔感を意識した見た目にしましょう。

これは、「イケメンでなければいけない」という意味ではありません。服装を整え、爪を切り、ヒゲをそり、服からの体臭を消し(臭いがある場合は新しい服に着替える)、前日にきちんとシャワーを浴びているのであれば大丈夫です。

要は、当たり前のことができていれば問題ありません。ただ、意外と多くの男性ができていないことでもあります。

例えば、海外では素人の女性が集まる援交バーがあります。以下のようなバーが海外には国ごとに存在します。

こうしたバーでは女性にも断る権利があり、清潔感のない男性では声をかけようとしても女性から「No!」といわれてしまいます。そのため、男性によってはショックを受けることがあります。

ただ、女性にも断る権利があるのは平等といえます。しかし、そうした中から女性に選んでもらえる男性になればいいだけです。

女性に断られる人は共通して清潔感がありません。そのため、海外で素人女性と濃厚な一夜を過ごし、最高の夜遊びを実現するためにも最低限の身だしなみを整えるといいです。

<関連記事>
タイ・バンコクのテーメーカフェで女性とエッチする流れと料金

現地ガイドがいれば、夜遊びはさらに楽しい

国が違えば夜遊びの方法が異なります。そうした中で格安で美人女性と遊ぶ方法としては、現地での風俗遊びを熟知している人と一緒に出向くのが最適です。

先ほど、「日本人の現地ガイドに依頼してからは、海外風俗での夜遊びで失敗することがなくなった」と述べましたが、実際のところ初めて訪れる国であれば必ず現地の風俗ガイドに依頼したほうがいいです。

実際のところ、現地ガイドに頼んだ方が値段は安くなります。外国人ばかりが行く高級店ではなく、現地の街を知り尽くしているからこそ入れる「格安で美女と豪遊できるスポット」を知っているためです。

また、普通の人では入れない場所に行くこともできます。

例えば、私の場合はタイ・バンコクで遊んだときに現地ガイドが保有しているVIPカードを活用して、マッサージパーラー(ソープランドのような場所)でVIPルームを無料で使わせてもらいました。私を含めた「男性4人」と「指名した女性4人」の合計8人で同じお風呂に入り、エッチを楽しむだけでなく友情まで深めました。

素人同士で海外の風俗街へ出向いてもいいですが、残念ながらその地域の10分の1ほどしか楽しさを理解できないことになります。

本当の海外風俗というのは、現地の遊び方を知り尽くしている人と出向くからこそ楽しさがわかるのです。また、当然ながら現地の人と一緒に夜の街を歩くため、治安の問題も回避できます。

総合的に考えると夜遊び代が安くなり、どの風俗店に行けばいいのか確実な店を教えてもらい、現地での夜遊びの秘訣を授かることができ、さらには治安の問題を解決できるとなると、現地ガイドに依頼するのはメリットしかありません。

これまで見たことのない世界に足を踏み入れるため、現地ガイドを活用してみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認