現在、風俗はさまざまな形態で営業しています。近年では店舗型での新規参入は難しいため、デリバリーヘルス(デリヘル)などが隆盛を誇っています。

このように、店舗型の風俗が衰退している昨今ですが、それであってもソープランドは根強い人気を持つサービスです。

ソープランドの特徴としては、原則的に本番行為が可能であるということです。そのため、脱童貞を目指したい方や、疑似行為では満足のできない方が利用するケースが多くなっています。

とはいえ、ソープランドも価格帯によって分類がなされています。大きく分けて、「高級店」「一般店」「大衆店」があり、価格に比例したサービスを受けることが可能です。これらのソープランドについて、それぞれの特徴や価格相場について確認していきます。

高級ソープランドの価格相場

初心者で何も経験がなければ、どのラインからが高級ソープランドかがわかりません。そのため、自身の金銭感覚で決めてしまう人も少なくありません。

しかし、そうした自分の基準では高いと思っている店であっても、相場で見ると一般店クラスであったという結末にもつながりかねません。

基本的に、高級ソープランドに分類されるのは、総額が5~6万円台の店です。

ここで総額と表現するのは、ソープ独自の価格表示に由来します。ソープランドは基本的に、入浴料サービス料とを分けて表示しています。そのため、そのふたつの合計をもって、総額とするのです。

もっとも、現在はそのような複雑な表記を用いず、総額のみを提示する店も増え始めています。ただ、誤解を生じさせないよう「総額」、「入浴料」、「サービス料」があるということは認識しておく必要があります。

高級ソープランドのサービス

ソープランドは嬢と対面しても、そのまま行為に及ぶわけではなく、しばらくはアイスブレーキング(打ち解けるための世間話など)をします。

しかし、高級ソープランドの場合、すぐさまフェラチオをしてくれるサービスがあります。これを「即尺(そくしゃく)」といいます。

また、即尺が可能な場合、「即ベッド」というものもついてくることがあります。これはすなわち、フェラチオからの流れで、ベッドでの本番行為が行うことができるということです。

以上の即尺、即ベッドがセットとなって、「即即」と呼ばれています。即即は高級ソープランドならではのサービスなので注意しておきましょう。

高級ソープランドでのプレイ時間

一般的なソープランドでのプレイ時間は、90分ほどに設定されています。これを長いと感じるかは人それぞれですが、高級店の場合、その1.5倍である120分コースがベーシックです。

長時間にわたるプレイが可能なため、射精に至る回数も3回までと多めです。その内訳は、即尺での1回、マットプレイでの1回、そして本番での1回となっています。

注意すべき点は、射精に関して自己コントロールする必要があるという点です。なぜならば、ペース配分を考えず無駄撃ちすると、せっかくのプレイ時間を無駄に消費してしまうからです。

コンドームはつけるべき

高級ソープランドの特徴としては、「コンドームを着用せずとも生で挿入が可能な嬢が在籍していることもある」という点が挙げられます。

しかし、やはりコンドームは確実に着用することをお勧めします。

いくら高級店といえども、性病にかかるリスクは変わりません。むしろ、他の客と生でしているため、他の風俗よりも性病リスクは高めです。

生での行為は甘い誘惑のように感じられますが、欲望を断ち切る冷静な判断も必要です。

このように、高級ソープランドは他のソープと比べても大変リッチなサービスを受けることができます。そのほか、高級ソープランドの嬢はルックスもテクニックも桁違いです。風俗でいい思い出を作るためにも、初心者にはぜひ高級ソープランドをおすすめします。

一般店の料金相場は3~4万円

一方で一般のソープランドの料金相場は3~4万円です。これは、店に支払う「入浴料」とソープ嬢(ソープランドでサービスをしてくれる女性)に支払う「サービス料」、さらにソープ嬢の「指名料」、これらを全て合計した金額です。高級店は5~6万円が相場となっているので、それに比べるとリーズナブルに遊ぶことができます。

遊びやすいので定期的に通いやすく、お気に入りの女性を見つけたら通うことで仲を深めやすいです。

プレイ時間は幅広くコースが設けられており、90分からコースが設けられていることが多いです。90分あれば十分にソープランドのサービスを楽しむことができます。ソープランドの入門に最適なので、初心者の方は、まずは90分から始めてみることをお勧めします。

高級店の女の子が移籍することがある

基本的に、料金が高くなるほど在籍しているソープ嬢の質が高くなります。料金が高いほどルックスが良く、プレイのときのサービスの質も高いものが期待できます。ただ、一般店には「高級店に在籍していた女性が何らかの理由によって移籍してくる」ことがあります。

そのため、本来なら高級店にいてもおかしくないような女性と、一般店の料金で遊ぶことができる場合があります。これは全国のソープランドで比較的よくあるケースです。こうしたお得感が味わえるのも一般店の大きなメリットです。

一方、格安店まで遊ぶ店を下げてしまうとソープ嬢やプレイのサービスの質は下がりやすいです。高級店のような可愛い女性が在籍している可能性は低くなります。

また、一般店ではソープ嬢のタイプも幅広く揃っています。可愛い系や美人な女性、中にはテクニック重視の熟女系の女性も在籍しています。自分の好みに合わせて選ぶことができ、満足のいくプレイを楽しむことができます。

一般店のプレイ内容

一般店ではソープランドで楽しめるスタンダードなプレイをひと通り楽しむことができます。一般店にはマットとベッドが設けられており、基本的にはシャワーに入ったあとにマットで1回目のプレイ、その後休憩を挟んでベッドで2回目のプレイ、という流れが多いです。

一般店はソープランドならではのマットプレイを十分楽しむことができ、プレイをしてくれる女性もひと通りのプレイ技術を持っています。ソープを満喫したい方には十分な内容といえます。また、マットとベッド、どちらかを2回にすることもできます。希望する方はソープ嬢にお願いすると良いでしょう。

コンドームは着用する必要がある店がほとんどです。ただ、地域や店によっては「NS(ノースキン)」によるコンドームなしでプレイができる店もあります。ソープ嬢の裁量で男性客にコンドームを着用してもらうかを決めることができるところもあります。ソープランドで遊び慣れていないという方は、まずはコンドームを着用したほうが安心です。

一般店はソープ嬢にとっても働きやすい職場です。それは、「店から求められるサービスの水準が高すぎず、ストレスなく仕事をすることができるため」です。さらに、ルックスの基準も高級店ほど高くないため、多くの女性が働きやすいです。

そのため、自分らしいスタイルで仕事をしたい女性が一般店には多く集まっており、男性は幅広いタイプの女性とプレイを楽しめるようになっています。

仕事に対して高級店ほどのプロフェッショナル意識が女性にないのは、実は遊ぶ際にメリットになります。それぞれの女性らしさや女性の気持ちがプレイに現れるので、親密なプレイを楽しみやすいのです。また、男性は女性に対して紳士的に接することで、より質の高いサービスを期待できます。

このように一般店は多くの男性にとって遊びやすい店といえます。ソープランド初心者の方から比較的慣れている方まで、幅広い方にお勧めです。

大衆店(格安店)の基礎知識と価格相場

大衆店(格安店)はソープランドの中でも最も下層に属しています。そのため、料金設定も通常のソープランドと比較すると大変安価です。

大衆ソープランドの価格相場は、総額でも1万円前後です。高級店で5万円、一般店でも3万円であることを念頭に置くと、その特異性がわかります。

また、大衆店の特徴として回転率が高いことが挙げられます。一般的なソープランドでは90分ほどのコースが主流ですが、大衆店では45~60分程度の時間が基本的です。客の入りを多くして、より利益を出すということが狙いです。

このような手軽さの反面、どうしても全体としてのサービスの質は下がります。嬢自体もバイト感覚で仕事をするケースが多く、技術が追い付いていません。また、他の店舗では不採用になるルックスの嬢も、ここでは働けるという場合もあります。

こうしたことから、大衆店に技術やルックスを期待していくことはお勧めできません。

運が良ければ大当たりもあり得る

全体としては低クオリティですが、ごくまれに大当たりを引くことができるのも大衆店の魅力です。

例えば、大衆店では高級店にも劣らぬルックスを持った嬢が働いている場合があります。これは、いきなり高級店で働くことにハードルを感じている嬢が、練習のために在籍しているというケースが多いです。

またルックスや技術が高くとも、入れ墨を入れているがために、高級店や一般店で働けない嬢もいます。そうした嬢が大衆店にいる可能性もあるのです。

ただし、そのような大当たり一発で引き当てるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

大衆店ならではの魅力

大衆店は、そのクオリティの低さを補うために、さまざまな付加価値をつけて営業しています。

特に、近年では「コスプレソープ」を売りにした店も増え始めてきました。コスプレとは、実際の職業(婦警、看護婦など)や、アニメの登場人物などの服装となることです。コスプレソープでは、このような格好でプレイをしてくれるのです。

また、別途料金を払い、いろいろなオプションを付けることが可能な店もあります。電マやパンスト破りなど、店によって種類はさまざまですが、組み合わせによってプレイの幅が広がります。

元の総額が安いため、これらのオプションをたくさんつけて遊ぶことができます。これも大衆店ならではの楽しみ方です。

ちなみに、大衆店にはいわゆる「素人っぽい女性」が嬢として多く働いています。これは、先ほども述べた通り、大衆店には「いきなり高級店や一般店で働くことに緊張している女性が集まる」という特性があるためです。

高級店でプロの技術を堪能することももちろん魅力的です。ただ、風俗全般において素人っぽい女性に一定の需要があることも事実です。そこは各人の好みによりけりといえるでしょう。

このように、大衆店には、他のソープランドとは一線を画した楽しみ方があります。ぜひとも、バラエティに富んだ大衆店で遊んでみてはいかがでしょうか。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには