shawa

風俗の中でも人気の高いソープランドですが、一見複雑なシステムに見えることもあり、初心者の方はなかなか一歩踏み込むことができないのではないでしょうか。

一度も経験したことがない初心者であると、どのような手順で物事が進行していくのか、また初心者であることを笑われないかなど、考えてしまいがちです。

しかし、ソープランドでは、あなたが初心者であることを誰も笑いません。嬢の誘導にさえ従っていれば円滑にソープ遊びを楽しむことができます。ただ、何も知らない状態で挑戦することは誰であっても不安なはずなので、ここでは入店から退店までの流れと費用についてをざっくりと見ていきましょう。

まずは店へ予約をする

風俗では、町をふらつき気になったお店に入店するのもかまいません。むしろ、飲み会後のノリであれば、そっちのほうが自然かもしれません。

ただ、ソープランドのみを堪能したいのであれば、事前のリサーチは必須です。なぜならば、多くの場合ソープランドは公式サイトを持っており、そこには在籍している嬢や、出勤表などが明記されているからです。

つまり、事前に調べておけば目当ての嬢を指名することができ、満足の行くサービスを受けられる可能性が高まるのです。

リサーチがすんだら、目当ての嬢と確実に遊べるよう、電話などで予約を入れておきましょう。その際、名前を聞かれるのですが、恥ずかしいのであればもちろん偽名でもかまいません。

指定の時間までに来店し、受付で入浴料と指名料、そして場合によってはサービス料を支払います。サービス料については、嬢に直接支払うケースもあるので事前に確認しておきましょう。また、支払う額は何分間コースかによって上下するので、そこも注意が必要です。

支払い後は、一旦待合室にて待機させられます。

待合室でしばらく待っていると、ボーイさんがあなたを呼びます。個室にまで案内されると、ようやく嬢と対面することとなります。

店によって異なりますが、大抵、初めの数分は嬢と挨拶を交わした後、世間話などでアイスブレークを行います。高級店だと、それらをスキップしてすぐさまプレイを開始してくれるところもあります。

湯船に浸かる前に、まずは洗体

ソープランドではプレイをする部屋が個室になっており、それぞれの部屋にバスタブとマットやベッドがあります。マットでプレイをする前に入浴をします。入浴はいきなりバスタブに入るのではなく、洗体をしてから湯船に浸かります。

洗体は「自分で指名、もしくはソープランドのスタッフが選んでくれたソープ嬢(ソープランドでプレイをしてくれる女性スタッフ)」が行なってくれます。石けんを泡立て、体全体をしっかり洗ってくれます。股間もきちんと洗ってくれます。

洗ってくれることで体がきれいになるだけでなく、ソープ嬢が指を使って体のいろいろな部分を刺激してくれます。これだけでもかなり興奮でき、その後のマットプレイの前に臨戦態勢を整えることができるのです。

また、ソープ嬢は洗体する前にバスタブにお湯を溜めてくれます。ちょうど洗い終わる頃にバスタブにお湯が一杯になり、入浴の準備が整います。湯加減も調節してくれるので、もし熱いと感じるなら女性に伝えると良いでしょう。

女の子の体のラインを眺めながら、いざ入浴

こうして体がきれいになり、バスタブの準備が整ったら「いざ入浴」です。最初に男性客がバスタブに入り、そこにソープ嬢が入ってきてくれます。入り始める際にはバスタブで滑らないよう、女性が手で支えてくれます。それに合わせて、股間を握ってくれることもあります。

女性が入浴する際には片足ずつ入ってくれます。このときにバスタブに浸かりながら女性の体のラインを眺めることができます。これから始まる楽しいの時間を思い浮かべながら女性の体を眺めるのは、まさに至福のひとときといって良いでしょう。プレイも楽しいですが、ビジュアルを楽しむのも、とても大切なポイントです。

バスタブは一般的な家庭用のものよりも大きめとなっており、十分なスペースがあります。二人で浸かっても多少の余裕があり、プレイもしやすいです。ここでソープ嬢がさまざまなプレイによってサービスしてくれます。

女性が体を密着させてきたり、キスやフェラチオなどのプレイをしたりしてくれます。風呂に浸かりながらこうしたプレイを楽しむのは、マットでのプレイやほかの風俗店でのプレイとはまた違った楽しさがあります。気持ちも高まるはずです。

また、バスタブでのプレイには「潜望鏡」と呼ばれるソープランドならではのプレイがあります。潜望鏡では男性客が性器を湯船から覗かせ、ソープ嬢がフェラチオをしてくれます。チンコが湯船から見える様子が「潜水艦のレンズが海面から覗く様子」と似ているところから名付けられたプレイです。

潜望鏡はソープランドならではのプレイなので、体験しておくのをお勧めします。

高級店はバスタブにも特徴がある

このようにバスタブではさまざまなプレイを楽しむことができますが、高級ソープランドではバスタブに特徴があることが多いです。

例えば、貝殻のような柄がついており、よりエッチな雰囲気が演出されていたり、ジャグジーが設置されていたりすることもあります。店によってバスタブは異なります。店選びでホームページを確認する際に、バスタブについても情報がないか見てみると良いでしょう。

さらに、店によっては入浴剤を入れてくれるところもあります。良い香りを楽しめることで、さらにリラックスしてソープ嬢とのプレイを楽しむことができます。また、既婚者の方などで体に入浴剤の香りが付くのに抵抗がある方は、配慮して入浴剤を入れるのを控えてくれます。

なお、ソープ最大の山場はやはり本番行為です。一連の前戯が終了すると、ベッドやマッサージ台へと場所を移し、ここでセックスを楽しむのです。

終了の合図はタイマーの音です。初めに選ぶコースによって時間の長さは変化しますが、追加料金を支払えば、延長することも可能です。

終了後は、服を着て退店という流れになりますが、出口まで嬢が手をつないで同伴してくれるところもあります。これが大まかなソープランド遊びの流れとなっています。

注意すべき点

ソープランドは時間内であれば、何度でも射精することが許されているところが多いといいます。ただ、だからといって男性の精力回復には時間がかかるため、射精のペース配分には細心の注意を払う必要があります。

また、風俗全般にいえることですが、たとえ嬢がゴム無しOKだと言ったとしても、挿入の際には必ずゴムをつけておくと安心です。嬢は一日に何人もの客と相手をするため、性病感染のリスクが極めて高いためです。

聞くだけではまだ理解に及ばないところもあるかもしれません。百聞は一見に如かずということわざもある通り、大体の知識をつけた後は、実践で理解していくことが重要です。

ソープランドの費用

それでは、実際にソープランドで遊ぶときはどのような料金体系になるのでしょうか。ソープランドにはクラスがあり、独自の料金体制が採用されています。この中から選ばなければいけません。

結論からいうと、初心者の方は、できるだけ自分の出せる最大限の金額設定をしている店を選ぶようにするべきです。ただし、店が提示する入浴料だけがすべてだと考えていると、思わぬ落とし穴にはまってしまうので注意が必要です。

入浴料がすべてではない

多くのソープランドは、入店に際して入浴料を請求してきます。ソープランドは一応浴場として営業をしているため、浴室を利用客に貸し出すという体裁が必要なのです。そのため、店頭やホームページには入浴料が事前に明記されている場合がほとんどです。実際に、お店へ支払うのは、この入浴料のみとなっています。

ただし、実質的なサービスがなくては意味がありません。そこで、入浴料とは別にサービス料というものを払う必要性が生まれます。このサービス料はお店に払うわけではなく、嬢に直接支払うこととなります。

つまり、ソープランドで最低限かかる費用は、入浴料とサービス料との和の金額なのです。大体サービス料は入浴料と同額が相場だと思っておけば大丈夫です。そのため、例えば入浴料が2万5000円であれば、サービス料も2万5000円で合計5万円になります。

その他の費用

最低限必要な費用は入浴料とサービス料ですが、実際にはほとんどの場合、指名料という費用が加算されます。

ソープランドに来たならば、それは可愛い子のサービスを受けたいに決まっています。ところが、好みの子を指名するためには、追加料金、すなわち指名料が発生するのです。指名料はたいてい、1から5千円程度が相場です。

指名料は払わなければ、払わないでいいお金なのですが、この指名料は指名された嬢に直接給料として支給されることが多いです。ですから、指名を重ねれば重ねるほど、嬢は利用者を上客として見込めるようになり、通常よりもいいサービスができるように努めてくれるのです。

このようなことから、ソープに通うようになったのであれば積極的に指名をしていくことを推奨します。もちろん、初心者の方があえて指名する必要はありません。ただ、通うにつれて気に入った子が必ずできるはずです。指名料の仕組みを理解しておいて損はありません。

できるだけ高級店を目指すべき理由

ソープランドを初めて利用したいけれど「手持ちのお金が少ないから激安店で済まそう」という考えに至る方も少なくありません。ソープランドはたとえ激安店といえども、1万円以上は確実に支払うことになるのですから、決して安い娯楽ではありません。

ただし、初めての場合は背伸びをしてでも、身の丈よりも少しだけ高級なお店に行くべきです。なぜなら、ソープランドというものは、金額と質とが完全に比例しているからです。

お金がないからといって1万円台の激安店で済まそうとしても、こういっては失礼ですが、むしろ行かない方がよかったレベルの低クオリティな店であることがほとんどなのです。

それが風俗経験豊富な方であれば、笑い話で済むでしょう。しかし、初めての風俗であったり、ましてやこれが初めて女性を抱く機会だったりした場合、トラウマになりかねません。初めてのソープを失敗に終わらせてしまうと、性風俗全般に行く気力は以後生まれないでしょう。

こういったことを防ぐためも、初めはできる限りの高級店へ行くべきです総額5万円クラスの店であれば、大失敗の可能性はかなり低くなります。

初心者にとって、ソープランドは憧れの対象でもあれば、恐怖の対象でもあります。最初の一歩を踏み出せれば、ソープに対する印象はがらりと好転します。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認