josei-1

風俗街は日本の全国各地にありますが、山梨県の甲府市にもあります。甲府市の風俗街の歴史は、江戸時代(1603~1868年)から始まりました。ただ、甲府で現在営業されている風俗街と、かつてにぎわっていた風俗街は別の街でした。

ここでは、山梨県にある甲府の風俗街の歴史について紹介します。

江戸時代から始まった甲府の風俗の歴史

甲府の風俗街の歴史は、江戸時代にさかのぼります。かつての甲府は「甲府城を中心とする城下町」が形成されていました。当時、城下町周辺は多くの人でにぎわっていました。

そのため当時の将軍であった徳川家治(とくがわいえはる)は、現在の甲府市中央4丁目にあたる「甲府柳町」という場所で、風俗店の営業を許可しました。

当時、甲府には「旅籠屋(はたごや)」という旅館が多くありました。徳川家治は旅籠屋に風俗嬢を置くことを許可しました。また、家治は「ひとつの旅籠屋に在籍できる女性は2人まで」というルールを設けました。

旅籠屋にいた風俗嬢は「飯盛女(めしもりおんな)」と呼ばれました。これは、旅籠屋の女性が男性とセックスをしただけでなく、宿のスタッフとして食事の提供を行っていたためです。

明治時代(1868~1912年)に入ると、徐々に旅籠屋で働く女性は増えてきました。そこで1871年(明治4年)、政府は旅籠屋で働いていた飯盛女を一カ所に集中させることにしました。こうしてできたのが「新柳遊郭(しんやなぎゆうかく:遊郭は風俗街のこと)」です。

新柳遊郭は当時「増山町」という町にありました。そのため「増山遊郭」と呼ばれることもありました。明治時代、新柳遊郭は大きく発展しました。

しかし1907年(明治40年)に、新柳遊郭で大規模な火災が起こりました

出火元は風俗店のひとつであった「福伊藤楼(ふくいとうろう)」という店でした。当時の建物は木造であったため火災は周辺に広がり、新柳遊廓は全焼してしまいました。この火災は後に「上府中大火(かみふちゅうたいか)」と呼ばれました。

新柳遊廓の歴史はここで途絶えてしまったのです。

新柳遊廓にかわり設立された「穴切遊郭(あなぎりゆうかく)」

新柳遊郭が全焼したことにより、それまで営業していた風俗店の業者は、甲府の「官町(現在の甲府市相生1丁目)」という場所で仮営業をしていました。

そして新柳遊廓が全焼した翌年である1908年(明治41年)に、「穴切遊郭(あなぎりゆうかく)」という新たな遊郭が設立されることになりました。穴切遊郭は「穴切新地」と呼ばれることもあります。

穴切遊郭は現在の「甲府市宝1丁目」にあたる場所に設立されました。また、当時はこの場所は「穴切町」という町でした。

新柳遊郭の全焼によって途絶えたかに見えた甲府の風俗街でしたが、穴切遊郭が設立され、また大きくにぎわうようになりました。

穴切町は遊郭ができるまで、田畑が広がる地域でした。しかし遊郭ができたことによって状況は大きく変わり、風俗店のほかに飲食店も多数開業され、人口も増えました。当時、穴切遊郭は「甲信地方(こうしんちほう:山梨県と長野県を合わせた地域)最大の遊郭」と称されました。

明治時代に設立された穴切遊郭は、昭和時代まで盛況ぶりが続きました。昭和の時代に入ると、穴切遊郭にはカフェーやダンスホールが建設されるようになっていました。カフェーは現在の飲食が楽しめるカフェとは異なり、現代でいうバーやスナックに近い店でした。そして店によっては、店内で女性と性行為(セックス)を行うことができました。

こうした新しい形態の風俗店が営業されたことにより、男性客はさらに穴切遊郭に夢中になったのです。

第二次世界大戦の空襲により、穴切遊郭は消滅

昭和初期まで人気となった穴切遊郭ですが、1939年から1945年にかけて行われた第二次世界大戦によって、甲府も打撃を受けました。戦争の終盤の1945年(昭和20年)に「甲府空襲」と呼ばれる空襲があり、穴切遊郭は全焼しました

戦後は、政府が風俗嬢を公認する「公娼制度(こうしょうせいど)」が廃止されました。代わりに政府は「赤線地帯(政府が売春を許可する地域)」を設け、穴切遊郭があった場所には風俗店が再度営業されるようになりました。甲府周辺には温泉があったため、店によっては「風俗嬢と一緒に温泉で過ごすサービス」がありました。

ただ、1958年(昭和33年)には「売春防止法」が施行され、売春が禁止されました。かつての穴切遊郭は赤線地帯として復活するかに見えましたが、売春防止法によって再営業は上手くいきませんでした。そして売春防止法の施行と同年の1958年、穴切遊郭は完全に消滅してしまいました。

現在の甲府市には昭和の時代に建てられたと思われる古い建物がわずかに残っており、当時の看板を見ることができます。ただ、こうした建物はごくわずかで、新柳遊郭、穴切遊郭の痕跡はほとんど残っていません。

ただ、現在の甲府市は「中央1丁目」という地域に「中央商店街」という歓楽街が新たに形成されています。この地域は男性客から「裏春日(うらかすが)」と呼ばれており、ピンサロやソープランドなどが集まっています。山梨県の風俗店は、現在も甲府市に集まっているのです。

また、甲府市には隣の県である長野県からも男性客がやってきます

長野県は風俗店の新規開業が条例によって禁止されています。また、以前から営業している風俗店はあるものの、ほかの地域に比べて店舗数は少なくなっています。さらに長野県は教育に力を入れていることも、風俗店が少ない理由となっています。

こうした事情から長野県の男性は隣の甲府市まで、風俗遊びのためにやってくるのです。

このように山梨県の甲府は、新柳遊郭、穴切遊郭という2つの遊郭の消滅がありました。しかし現在は再度風俗店が形成され、山梨県だけでなく長野県からも男性が訪れる風俗街となっています。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには