josei-2

風俗店は全国各地にあり、地方都市にも存在しています。茨城県の「土浦」は地方の風俗街として、ほかの地域とは異なる特徴的な発展の仕方をしてきました。

ここでは茨城県の土浦について、風俗街の歴史について紹介します。

兵士が通う風俗街として成長

土浦の風俗街としての歴史は、大正時代(1912~1926年)から始まりました。当時、土浦は徐々に発展していました。大正時代の前の時代である明治時代(1868~1912年)にJR常磐線が設置され、人の通行量と物資の流通量が増えるようになりました。そして駅周辺には、商業施設が建設されました。

こうした土浦の成長にともない、軍の整備も土浦で行われるようになりました。1921年(大正10年)、現在の阿見町にあたる場所に「霞ヶ浦海軍航空隊」が設置されました。かつての阿見町は阿見村という名称であり、土浦に隣接していました。

霞ヶ浦海軍航空隊が設置されたことにより、軍隊が移動しやすいように道路が整備されました。さらに兵士が住むための住宅も多数建設され、土浦の人口は急激に増加するようになりました。

こうして増えた土浦の男性たちをターゲットとして、風俗店が営業されるようになりました。現在の土浦市の桜町1丁目周辺には、風俗店が数多く建ち並びました。

当時、霞ヶ浦海軍航空隊の兵士は約7,000人にまで増えていました。こうした男性が風俗店を求めるのは当然で、土浦の風俗街は大きくにぎわいました。建ち並んでいた風俗店は、表向きは旅館や飲食店、喫茶店などとして営業されていました。しかし、店内で女性とセックスを行うことができました。

風紀の改善のために、風俗店が一カ所にまとめられた

大盛況となっていた土浦ですが、風俗店に訪れる人は軍隊の兵士が中心でした。そのため、暴力事件がときおり発生していました。

当時の風俗街は「現在の桜町1丁目」を中心として、各地に点在していました。1926年(大正15年)、土浦町長はさまざまな場所にあった風俗店を、現在の桜町2丁目にあたる場所に集中させることにしました。目的は「周辺地域の風紀を改善するため」でした。

再開発の中心的存在になったのは「耕地整理組合長」という役職であった久松五右衛門(ひさまつ ごえもん)という人物でした。久松五右衛門は土浦町長と協力して新しい風俗街の開発を行いました。こうして約100店舗の風俗店が移転を命じられ、現在の土浦の風俗街ができあがりました。

再開発によってできあがった街は、路地が整然と並んだ区画となっています。これは、「分かりやすい区画のほうが治安を維持しやすい」と考えられたためでした。

さらに、移転前は兵士の上級将校はあまり風俗街を利用せず、高級料理店に行っていました。しかし移転後の風俗街には上級将校も足を運ぶようになりました。こうして訪れる人が増え、土浦の風俗街はさらに成長したのです。

戦後の土浦は筑波の成長によって再成長を遂げた

順調に成長した土浦の風俗街でしたが、ここで起きたのが1939年から1945年にかけての第二次世界大戦です。日本全国の都市が大きな打撃を受けましたが、土浦は大きな被害にあうことはありませんでした。ただ、さすがに戦時中は風俗街への客足は遠のきました。

さらに戦後の1958年(昭和33年)に、風俗業界に大きな変化をもたらした「売春防止法」が施行されました。この法律により、売春行為が禁止となりました。また、戦争が終わった後なので霞ヶ浦海軍航空隊の兵士たちは人数が急激に少なくなり、廃業に追い込まれる店が出るようになりました。

しかしここで新たな転機が土浦に訪れます。それが「筑波研究学園都市」の設立計画でした。筑波研究学園都市は「高水準の研究や教育を行うための拠点」となる都市で、昭和40年代前半から建設が始まりました。

筑波研究学園都市の建設には大規模な工事が必要だったため、多くの労働者が集まりました。さらに開発は長期にわたり、最終的に建設が完了したのは1980年(昭和55年)でした。また、労働者だけでなく研究者も筑波に集まり、近隣の都市であった土浦も再度活気を取り戻すようになりました

風俗店も営業を再開し、男性客が土浦に戻ってくるようになりました。

こうして人気となった風俗店が「トルコ風呂」です。現代のソープランドの前身(ぜんしん:前の形態)にあたる店で、女性と入浴をしたり、セックスをしたりすることができました。

土浦のトルコ風呂の特徴として、コスプレを売りにした店が多くありました。女性が和服でプレイを行ってくれる店や、チャイナドレス風の服装、さらに当時は人気があった尼の服装をした女性がサービスをしてくれる店がありました。

現代でもコスプレ風俗店は人気がありますが、昭和時代の土浦ですでに人気となっていたのです。

現在の土浦は昭和時代の面影を残しながら、さまざまな風俗店が営業されています。かつての飲食店の看板なども多数残されており、風俗店とともに、当時の土浦の面影を感じることができるのです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認